飛行機搭乗。荷物検査で引っかかったもの【駄】

レス240
お気に入り525
トピ主のみ1

七色

口コミ

このトピのレス

レス数240

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 爪切り

    離島(国内)に住んでいて、帰省時にひっかかりました。
    手荷物に入れた、赤ちゃん用爪切り(ハサミ型)です。

    エックス線で見れば、確かに形状こそ「ハサミ」なのですが…
    大きさは眉毛を整えるハサミより小さくて、刃先も丸い。
    安全ガードが付いていて、刃先も1〜2cmしか開きません。
    どう頑張っても凶器になんかなりません(笑)

    実物を見た係員さんも苦笑して、「機内では出さないでね」で終わりました。
    帰りはちゃんと預けましたよ。

    ユーザーID:2491944489

  • いろいろあります

    ・大学時代、初めての海外旅行。ドイツから帰国する際の飛行機でX線にひっかかったのは、ホッカイロ。出発時は大丈夫だったのに・・。当時9.11テロの2年後で空港内も厳戒態勢だったので、ドイツ人の職員さんに「これは何だ!?」と詰め寄られて心臓バクバク。カイロって英語でなんて言うんだ!?と冷や汗流しつつ「イッツアジャパニーズウォーマー!!」と連呼して、何とか通してもらえました。

    ・友人の話です。美大の入試のため上京する際の機内持ち込みでひっかかったのは、これ以上ないってくらい鋭利に削ったデッサン用鉛筆30本。大量の鋭い鉛筆を不審がる職員さんに、これがないと試験受けれません!と涙目で説明したそうです。

    ・またまた友人の話です。機内持ち込みのリュックがひっかかり、中には覚えのない緑色したペットボトル。職員に中身を聞かれたけど、本人も心当たりがないと応えたので、一時騒然となったそうです。実は、叔母さんがお土産にとペットボトルに詰めてくれたハチミツだったそうで・・。

    ユーザーID:5539156875

  • 万能?爪切り。

    札幌へ行く時、缶切りと5cmほどのナイフが一体化されてる爪切りが手荷物検査で引っ掛かりました。

    荷物受け取りの手間が嫌で普段使用しないリュックを使用したのが間違いだったのです。

    入ってる事さえ忘れてるので引っ掛かった事を理解出来ぬ表情の私に係員がリュックの底の隅を指さし「この辺です」。

    中身をだし底を探ると問題の爪切りが出てきました。

    係の方が「破棄しますね」と当然そうに言われたので反射的に「いえ、必要な物ですから破棄しません」と私。

    実際ビジネスホテルをよく利用する私には缶切りとナイフが付いてる品は便利だったのです。

    すると係りの方が爪切りを持ち猛ダッシュで走り預り荷物の手続きをして下さいました。

    杖を持ってる私を見て荷物預かり手続きをするには時間がかかると判断されたのでしょう。

    新千歳空港の手荷物受取所で待ってると流れてきました。
    大きな箱にポツンと納まった小さな爪切りが…

    この爪切りを見ては係りの方に感謝の思いを強くすると共に少しの手間を惜しんだ我が身を戒めています。

    ユーザーID:7603266155

  • すごく恥ずかしかったのは一度だけ

    搭乗直前に買った缶ジュースを、コートのポケットに入れて潜ったらブザーが鳴りました。
    慌てて取り出そうとしたら「動かないで」と怒鳴られ、全身くまなくチェック。
    その後、「ポケットの中身をゆっくり取り出してください」と言われたので、その通りに。
    とても居た堪れませんでした。当然中身は缶ジュース。
    飛行機なんて毎年何度も乗るのに、なぜその時だけそんなことをしたのか、自分でも不思議です。

    海外ではバレッタの金具でひっかかったことがあります。
    緊迫感ゼロで、空港職員から友人までぼやっと。
    「これだね」「うん、これだね」と検査の棒を私の頭に翳して確認し、「OK」と。

    ユーザーID:3998412237

  • 救急かばんのハサミ

    修学旅行の引率で飛行機に乗った時のこと。

    手荷物の救急カバンの中のハサミが引っかかって空港預かりになりました。

    どうしても必要だから・・と粘ったけど許してもらえませんでした。

    帰りは別の空港だったから取りに行けず・・・

    翌年から必ず預け荷物に入れるようにしています。

    ユーザーID:2684379416

  • チェコにて

    手荷物検査で引っかかるのはまだしも、荷物をあずけるときに引っかかって
    そこでスーツケース開けるのってめっちゃ恥ずかしいですよね、、、

    当時まだ社会主義国だったチェコスロバキアにて。
    搭乗の時ではなく、現地について中々ターンテーブルで荷物が出てこないなあと
    思っていたらついにターンテーブルが止まってしまった
    でたーロストバゲージーーー!!と思いながら、拙い言葉でスタッフに言って
    かなり待たされたあげく結局出てきましたが。。。

    鍵が壊され、中身がぐちゃぐちゃ。友人は生理用のナプキンを盗られてました。
    西側の国から東側へ入るのには、こんなに苦労するのね・・・と改めて思いましたよ。

    ユーザーID:8904908609

  • 間違ったのではなく、電池でひっかかった

    のでしょう。今は電池の預け入れは神経質になっています。

    電池に関する注意喚起は、あちこちに書いてあると思いますが・・・。

    ユーザーID:4762626732

  • ハンカチ

    10年少し前の羽田空港にて。

    ベルトも外し小銭入れ等の金属類も全て取り出していたのですが、引っかかりました。

    再検査ということで金属探知機を体中に当てられたのですが、反応は無し。

    「念のため、ポケットの中の物を全部出してください」と言われて、ポケットをまさぐったのですが出てきたのはハンカチだけ。

    職員さんは「ハンカチに反応したのかもしれませんねえ・・・」と。

    ずっこけそうになりました。

    ユーザーID:7750900974

  • 手裏剣

    手裏剣...

    おもちゃでしたが、先が丸くなかったので...

    当方海外に住んでおりまして、日本に帰省したときに忍者村かなんかで子供が購入したものと思われますが、アメリカでひっかかり、「お前は忍者か」といわれて子供は得意げでした。

    たまたま家族がまだ荷物をチェックインしていなかったため、いったん退出してあずけ入れに入れた記憶があります。

    今でも家族の語り草です。

    ユーザーID:8123851237

  • 折り畳み式のヘアブラシ

    アムステルダムかどこかで乗換えの手荷物検査でひっかかりました。
    乗り換え時間がすごく短くて、ギリギリで焦っている時でした。

    機内持ち込みのバッグに入っていたのは1回分の着替えとお財布くらい。
    英語が全くできないので、相手が何を言っているのかもわからず、とにかく金属が入っていそうなものを出してみるのですが首を振るばかり。
    ついには周りに男性がたくさんいる中で「ワイヤー入りブラジャー」まで出したのに・・・(涙)
    レントゲン画像を見せてくれたら7〜8cmほどの棒が2本並んでいます。
    結局、全ての中身を全部、台の上に広げ、一個ずつ検証して行ったら
    ゴムにプラスチックの歯がついていて、真ん中に歯だけ折り畳めるようになっていたブラシでした。
    外観はプラスチックとゴムなので、そこに金属が入っているとは露ほども思いませんでした。

    大慌てで中身をしまい、なんとか乗換に間に合いましたが
    ツアーの皆さんにかなり迷惑をかけたみたいで申し訳なかったです・・・

    ユーザーID:1577841134

  • 私も乾電池

    昔々、まだウォークマンが全盛の頃。

    いちいちバッグから出すのが面倒だったので、コートのポケットに
    予備の乾電池を入れておくクセがありました。

    うっかりとそのまま、空港の出国ゲートを通ってしまい、
    ボディチェックをされました。
    むき出しの乾電池のみだった所為か、乾電池を出した後は
    すんなりとゲートを通過させてもらえました。

    ユーザーID:2052480859

  • 都こんぶ

    25年位前、初めての欧州旅行の際、シャルルドゴール空港で
    手荷物に入れていた「都こんぶ」が引っ掛かりました。
    若いお兄さんの係員が二人、にこにこ笑いながら、バッグの中から
    取り出した都こんぶを「これは何なの?」
    片言の英語で「食べ物です」と答えれば「何で出来てるの?」
    「海産物」半泣き状態の会話の末、やっと解放されました。
    団体ツアーだったのですが、添乗員さんが言うには「ここの係員は、
    若い女の子だとああやってからかって楽しむので気にしないで大丈夫」
    と慣れた様子でした。


    それから時は流れて、5年程前オランダ旅行から帰国する際に私の
    手荷物がX線で引っ掛かりました。
    どうやらデジタルカメラか携帯ゲーム機が引っ掛かったみたいなのですが、
    物凄く真剣な眼差しでバッグの中のものを全てひとつひとつ確認されました。
    余りに真剣なので、「このまま日本に帰れないんじゃないか」と足が
    がくがく震えてしまいました。
    空港まで送ってくれた現地係員さんがゲートの向こうで物凄く心配そうに
    こちらを見ていて、解放された時には彼も本当に嬉しそうだったなあ。

    ユーザーID:7183713345

  • 手荷物検査ではないけれど…

    ヨーロッパへ行った時に国内旅行でも使う程度のキャリーバッグで、南京錠で留めておいたのですがホテルについたら、その鍵がなくなっていました。
    なんで?と思ったのですが、特に中身には問題はないように思いました。
    その後、気付いた事があります。
    ファスナー部分に革製の小さな小物入れ型「キーホルダー」をつけておきました。
    そのキーホルダーが明らかにこじ開けられていました。
    それで、キャリーバッグのカギは意図的に切り取られて中身を確認されたのだと気付きました。

    実はそのキーホルダーは「お清め塩入れ」で、海外のホテルが怖かったのでビニールに包んだ「塩」を入れておいたのです。

    ・・・もしかして、ヤバいブツだと思われたのでは・・・・・・・

    最初はキーホルダーや鍵を壊された事に腹が立っていましたが
    よくよく考えると 一歩間違えば拘束もされかねなかったのかも、と思うとあとでゾッとしました。

    以後、お清めの塩は持参せず、機内食についているお塩で間に合わせるようにしています。

    ユーザーID:1577841134

  • ホッカイロ

    かなり昔の話です。
    1月の韓国旅行で入国の際に母のスーツケースが検査に引っ掛かりました。
    原因は大量のホッカイロ。
    韓国は物凄く寒いと聞いていたので20個ぐらい入れていたと思うのです。
    四角い影が沢山あれば怪しまれるわと姉と笑いました。
    帰る時はまた検査に引っ掛かるのも嫌だし、帰国したらあまり使わないので現地のガイドさんにあげました。

    あと、アメリカでは靴も脱いで検査するのはご存じでしょうか。
    以前、男性の靴の踵に爆薬を仕込んでトイレでプラスチック爆弾を作るという飛行機の爆破テロがありました。
    それ以来、靴も検査対象になっています。
    ニューヨークに行った時、靴(スニーカー)を脱いで検査ゲートを歩きました。

    ユーザーID:6310801801

  • 10年ほど前ですが…

    海外で買った、

    ・クリスタル製のコアラの置物(手のひらサイズ)
    ・針金のような棒でねこじゃらしのように遊べるスポンジ製のトカゲを模したおもちゃ

    この二つが引っ掛かりました。当時私が子どもだったので、どちらも親にねだって買ってもらったものです。
    察するに、針金(少し太い)が武器にでも見えたのかな?、と……。置物は何故引っかかったのか今でも謎です。


    トランクを開けて正体がわかった瞬間、検査員のお姉さんコンビがクスッと笑っていたのを今でも覚えています。今でも家族の中で「あったね、そんなこと」とよく話しています(笑)

    ユーザーID:2671581301

  • ライター

    私の目の前の人が空港のお土産売り場でライターを箱買いしてました。
    もちろんOUTでした。

    そんなもんお土産にしようと思った人もどうかと思うけど
    空港のお土産売り場で売る方がおかしいと思った。
    ちなみに当時はやってた?はやらそうとしてたまりもっこりというキャラクターのライターでした。

    ユーザーID:3671297970

  • 自分自身

    金属物は身につけて居ないのに、成田で引っかかったことがありましたよ〜。

    何度通ってみてもブザーが鳴る。女性職員にボディータッチで何も無い事を確認されて、再度通ってみてもブザーが鳴る・・・・(焦

    枠だけの鏡みたいな道具で頭の先からつま先まで何度も何度も確認されても、ゲートでブザー・・・

    『・・・結構です、どうぞ・・・』

    職員さんも仕方なく諦めて通して下さいました。(笑

    ユーザーID:6089941002

  • もう、絶対匿名じゃなければ言えないけれど

    歯の治療中に部分義歯を使っていてそれを固定するチューブ入りの一種ののりが引っかかりました。 かなり頻繁に旅行をする私は、既に自宅から液体と言う液体はすべて規定のプラスティックバッグに入れて検査できるようにして持って行くのですが、使い慣れない義歯固定剤のことは忘れていました。 赤面ものです。 係員も沈黙。 今ほど機械検査が厳重でなかった頃、乗り継ぎの香港空港で係員が私の手荷物からプラスティックのタンポンケースを取り出してスポンと蓋を外しました。 「それは・・・」といいかけたのですが、間に合わなかったのです。 当時、香港では出回っていなかったのかな?と思いました。

    ユーザーID:2579645955

  • プリン

    夫が空港内のお土産物屋さんで、プリンの詰め合わせを買ったら、没収されました。 液体だから駄目なんだそうです。 飛行機に持ち込めないものなら、空港内で売らないで欲しかったです。 

    私は、化粧ポーチの中の眉きりバサミを2度ほど没収されました。 1度めで学んだはずなのに、忘れていた自分が悔しいです。

    ユーザーID:1723798676

  • 3回あります

    一回目は、仁川国際空港でドイツで購入したアルミ製のシングルハンドペッパーミル。
    とても綺麗な製品で、『これは何?』『peppermill』『???』通じない。
    見かねて横にいた韓国の方が韓国語で胡椒挽きと言ってくれて放免。

    二回目、同じく仁川国際空港でドイツ製のポテトマッシャー。こちらは現物を見てすぐに放免。

    三回目、成田に帰国、国内線に乗り換え時。自転車のサドルで引っかかる。
    革製品は国内で買うと関税が高いので、これまたドイツでイギリス製を購入したのだが...
    なぜか係の方が現物を見て、上司に相談。問題なし。なぜサドルが怪しいのかわからない。

    ユーザーID:3398334012

  • 走るボールペン

    ネジ駆動で走るネタっぽいボールペンをふだん使っていたので、
    そのまま持っていったら手荷物検査でひっかりました。
    一体これなに?って感じで聞かれ、荷物検査のカウンターだったか
    デスクだったかでボールペンを走らせました。
    「ォウ!」って驚いて、笑っていました。

    他にも、薄く折りたためるオペラグラスを取り出されたので
    開いてのぞくジェスチャーをしたら笑っていました。
    あのころは変なアイディアグッズが好きだったんですよね。

    まあ、私が係員でも聞くわ…と思いました。

    ユーザーID:0328215089

  • 洗ってない下着

    搭乗時ではなく降りた後の話ですが、帰国時によく税関で呼び止められ、鞄を開けさせられます。(ひとりだからですかね…?)

    あるとき、旅先で洗濯せずに持ち帰ったパンツをついうっかり一番上に入れた状態で荷造りしてしまっていました。
    帰国時なので周りは日本人だらけだし、検査官は若い男性だし、次に並んでる人はすぐそこにいるし…鞄の中身を出して検査台の上にズラーッと並べられ、もうなんだか自分でも笑ってしまいました。

    検査官の人は特に何も反応せず爽やかに「ご協力ありがとうございましたー!」と言っていました。

    ユーザーID:7559379102

  • 搭乗前に成田の国際線ラウンジでくつろいでいたら

    「放送で呼び出された」のはじめてなんでびっくりしました。

    呼ばれていってみると、海外の家族に頼まれて買ってたカセットコンロがひっかかったようです。
    もちろん新品なので、ガス缶もついていませんが、

    「とりあえずコンロ内にガスが残っていないか調べないといけない」そうで、

    あけて調べて(匂いをかいでいました!)もらって、OK をもらいました。

    さすが日本、と思いました。


    ちなみに最近、同僚から体験談として聞いた話ですが、ヨーロッパの空港(出国審査後)では、どこを探してもストッキングを売っていないそうです。
    ストッキングは使い方によっては武器になるそうで、伝線したストッキングで困ったそうです。

    ユーザーID:6178099524

  • 折りたたみ傘とカチューシャ(髪飾り)

    昔、ニュージーランドの空港で。X線に写った折りたたみ傘が怪しまれ、カバンを開けて調べられました。銃?に見えたのか?
    また、韓国の空港で、全身なにも金属ないはずなのに、なぜか何度通っても金属探知機が反応する・・・と思ったら、やっとひらめいたのは、頭のカチューシャ。
    表面は布で覆われていたので、まったく思いつかなかったのです。
    あと、子供(当時5歳)ですが、オーストラリアの空港で、お土産屋のゴム製のヘビ(100均にあるようなもの)と、
    ポテトガンという、明らかにポテトそっくりの丸い形に1cmくらいの、フライドポテトみたいな銃口?らしき形のついたおもちゃ、両方没収されて、ギャン泣き。なだめておとなしく飛行機のせるのが大変でしたよ。
    こんな、幼い子のおもちゃまで怪しむのか・・・と親のほうもゲンナリでした。

    ユーザーID:1328555508

  • ほぼいつも…

    判子。
    海外では90%の確率で引っかかります。
    予め鞄から出して、単独検査させても止められます。
    なぜ…?

    ユーザーID:8970461642

  • 木製のヘアブラシと赤ちゃんのお尻ふき

    バックパックの外側のコンパートメントに機内で
    使うための木製のヘアブラシを入れてました。
    アメリカの某空港(往路。入国のための乗継空港の
    国内線ターミナルの手荷物検査)で引っかかりました…
    四角い硬いものに見えたので不審物に思われた?

    子連れの時は、お尻ふきポーチの中のお尻ふき、
    ボストンバックの中のアルコールウェットティッシュが
    これまたアメリカの空港の国内線ターミナルの手荷物
    検査で引っかかりました。外装が引っかかったようです。
    係員は「お尻ふきか、それに類似したものかしら?」
    と手慣れたものでした。

    ユーザーID:8467880962

  • ティーバッグ1個

    ジャケットのポケットにティーバッグが入っていたのが引っかかりました。一見普通のティーバッグだったのですが、完全密封型で内側がアルミ?だったからだそうです。

    友達から「これ美味しいよ〜。帰ったら飲んでみなよ〜」ってサンプルで1個もらったものだったのですが。

    ベルトやブーツのバックルで引っかかったことはありましたが、今までの中では、これが1番意外なものでした。

    ユーザーID:3595014746

  • 怪しい白い粉末(笑)

    バックパッカーをしていた25年前。オランダの空港で荷物を開けられたとき、出てきたのはジッパー付きの袋に入った白い粉!よくニュースで見るあの袋状!こわもての係員二人に緊張が走る!

    でもよく見ると、白い粉には青い粒々が入っています。ええ、小分けにした粉末洗剤でした(笑)

    泊まっていたゲストハウスで、何人かでお金を出し合って大袋の粉末洗剤を買い、分け分けしたのです。嗚呼貧乏旅行。係員に「袋開けて舐めてみる?」って訊いたら、笑いながら「ノーサンキュー」って言われました。

    ユーザーID:6213919666

  • 参考までに

    引っかかると思うもの「包丁」を持って飛行機に乗らなくてはならなくなりました。
    当時、阪神淡路の地震で新幹線が使えなかったので。

    はじめに預けたかったのですが、手荷物検査のところまで行くよう言われ
    包丁を持っている旨を伝えると、そのまま検査するとの事。
    係員さんが「包丁が入りまーす」
    検査の方がギョッとして「包丁?」って聞き返していました。

    そこで引っかかり、やっと預かってもらえました。

    ユーザーID:1475376332

  • 羽田空港にて

     8年前、沖縄からの帰りに羽田空港で手荷物検査を受けた時です。
     私と同行した人たちは難なくクリアしたのですが、なぜか私だけ時間がかかりました。
     原因は飲みかけのミネラルウォーター。係員は危険物だと思っていたようです。
     ミネラルウォーターの臭いを嗅いで、危険物でないことが判明しました。
     そりゃそうですよね。

    ユーザーID:4400237662

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧