• ホーム
  • 子供
  • 小学校低学年くらいの子供さんをお持ちの方教えてください

小学校低学年くらいの子供さんをお持ちの方教えてください

レス18
(トピ主0
お気に入り62

妊娠・出産・育児

タケモト

こんにちは。幼稚園の子供がいる者なのですが、今後の事について教えて頂ければと思いトピを作成しました。

小学校に入ると、集団登校はあるものの下校などで短時間ですが親の目が届かない場面もあると思います。
もちろん、知らない人にはついていかないなどの事は教えているつもりですが、明らかに変ではない人には警戒心をなくしてしまうのではないか、と心配です。

というのも私自身小学校2年?の下校で、中学生か高校生くらいの男に「子犬が怪我してるんだよ、こっち来て」と言われ信じてしまい着いて行ってしまいました。
駐車場のような所に行き、抱きしめられた覚えがあります。
ビックリして「やめて!」と言ったら逃げて行ったのですが、長い間トラウマで親にも言えませんでした(子供心に自分が怒られる気がしたのです)。

怖い思いをしましたが、私のケースはまだ運が良かった方だと思います。
もっと恐ろしい目にあってても不思議ではないと思います。

子供にはどういう風に言い聞かせていますか?
低学年くらいの子供だと、「困ってるから助けて」みたいな事を言われたら純粋に信じてしまいそうではないですか?
周りの人全てを疑え!というのはどうかなぁと思うし。
キッズケータイや防犯ブザーも完全には防げないですよね。

ユーザーID:0661983438

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 我が家では

    うちの子はもう大学生ですが、
    我が家では「本当に困っている人は、大人に助けを求めるからね。
    子供には声を掛けないよ。その人は困っていないんだよ。
    だから、ついて行っては駄目よ。」と
    子供に言っていました。

    参考になれば幸いです。

    ユーザーID:5354567669

  • 二年生男子の母です。

    学校でも、知らない人について行ってはいけないと教えて貰えます。
    一見優しそうな人が実は怖い誘拐犯だったとか、1人で知らない公園で遊ばないとか、スライドで説明してくれたと言っていました。

    また、最近はニュースを子どもと一緒に見ています。交通事故や水辺の事故、誘拐や行方不明事件など、何故そんな事になったのか、何を気をつけたらいいのか、その都度子どもに説明をし、子どもの意見も聞いています。

    その効果があったのか、今は放課後自由に遊びに行っていますが、1人で公園に行かない、必ず行き先を親に告げるなど、ちゃんと約束を守っています。

    ただ、怖いニュースを見せすぎたせいか、留守番を異様に怖がるようになってしまい、二年生なのに5分の留守番も出来ません。なので、どこまで説明するのか、その辺の線引きは難しいなーと思います。

    ユーザーID:4798431847

  • 人を疑え!といえども

    「もし本当に困っていたら、、」という純粋な優しさを子供から取り上げたくはないですよね、質問者さんのお気持ちを察します。

    そもそも大人が困っているときに、子供の力だけで解決できるのかどうかと考えてみると、ほぼ不可能ではないかなと思うわけです。質問者さんのご経験談にもある「子犬がケガをしている」という例も、結局は大人に任せるのが解決への近道ですよね。

    「困っているから助けて」と声をかけられたときには「大人を呼ぶから待ってて」と必ずすぐにその場を去って大人を呼びにいくということを教えられてはどうでしょうか。
    お子様の優しい気持ちを損なわず、もし仮に危険人物からの声かけであったとしても、すぐにその場を去って大人を呼ぶ姿勢であれるように思います。

    とはいえ今の時代、いろいろな手口や声かけで子供を誘惑してくる輩もいるでしょうから、ご家庭でお子様と一緒にさまざな事例を想定したシミュレーションをしておくのも大切かもしれませんね。

    ユーザーID:0893959129

  • 悩むところです

    私にも小1の娘がいまして、先日家のすぐ近くで
    見たことない車に乗ったおばさんからおいでおいでされたから
    怖くなってブザー鳴らしながら走って逃げてきた・・・
    ということがありました(学校には報告済です)。
    不審者なのか気のいいおばさんなのか、これだけでは判断つきませんが
    娘には「それでいいよ。訓練が生きてるね」と褒めました。

    「困ってるから助けて」の対応は考えてませんでした・・・
    確かにお友達と一緒でも正義感から何かしそうですし。
    一人だったらうちの娘なら無視すると思いますが・・・
    「大人呼んできます」って言うようにすればいいのかな。
    それかなに言われても相手しちゃいけないと言うのがいいのか・・・

    ユーザーID:1209698088

  • 帰宅させないようにしてます

    小1の息子がいます。
    小1は基本的に5時間。上のお兄ちゃん、お姉ちゃんは5時間だったり、6時間だったりの日があります。
    小1息子はとても人懐こく、来いと言われれば、誰にでもついて行きそうな子です。
    同じ方面に帰宅する同学年の子はいませんので、お兄ちゃん お姉ちゃんが一緒に帰れない時は、割り切って学童に預けて、私が仕事のあとに迎えに行ってます。
    不審者への不安もありますが、下校中の車、川など、とてもじゃないけど心配で、1人では歩かせられません。

    親が毎日どんなに口を酸っぱくして「誰に来いと言われてもダメ」と言っても、小さい子には なんのことやら…という感じかと。
    「今日は大丈夫か、今日は大丈夫か」と毎日心配するくらいなら、多少お金がかかっても学童の方が安心なので、私はそうしてますよ。

    ユーザーID:1871918498

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 「大人の人に聞いてくる!」

    以前SNSで見たのですが、登下校中に大人にどこかへ誘われたり、助けを求められたら
    「大人の人を呼んでくる!」「お母さんに聞いてくる!」と返事をするように躾るとよいそうです。
    本当に困っている人なら、子供より大人の助けがあった方が助かるでしょうし、お子さんも困っている人の助けになれます。
    大体、本当に困っている大人を子供がどうにかできるって考えづらいですよね。
    トピ主さんのトラウマの話もしてあげた上で、「残念だけど、いい人ばかりではないから、あなたの帰りが遅くなったら、とても心配なの。
    誰かに呼ばれても、必ず一旦家に帰ってきてね(トピ主さんがお子さんの下校時に家にいないなら『お母さんに電話してね』)」と話してあげてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:0645752451

  • 困っている人がいたら「大人に知らせる」

    「助けて」と言われると、子どもには良心から付いていってしまう…危険な事です。小学校での防犯教室(保護者も参加)で、なるほど納得!と思える対処方法を教わりました。
    「本当に助けが欲しい時、あえて小学生に助けを求める人はいない。不審者の可能性が高い。」「大人が困っている事を小学生が解決できるわけない。」
    だから、助けてと言われたら「大人を呼んでくる」と言って大声で助けを求めるか、急いで学校か家(近い方)に向かいなさい。倒れたり苦しんでる人がいても、近づかないで大人に知らせなさい。という事でした。

    ユーザーID:1040393587

  • 難しいよね。

    基本的に不審者の場合は『知らない人にはついていかない』ですが…

    『名前を呼ばれても油断しない』
    『お母さん(家族)の知り合いと言われても信
    じない』
    『できる限り友達と帰る』
    『近づかない』(いつもダッシュできる体制)
    『いざとなったら荷物は放置して逃げる』
    『名前をなのらない』…など具体的に話しました。

    でも、怪我や事故の時や、不審者らしき人がいて、周りの人に知ってもらいたい時もあります。
    通学路にある『子ども110番の家』を覚えておくといいですし、常日頃から挨拶をきちんとさせて顔を覚える、覚えてもらう。

    後、家庭で愛情を充分注ぎ、淋しい子どもにしない(構われたいと言う心の隙をつくらない)、
    下校して早く友達と遊びたいとか、習い事にいかなくてはならないとか、早く帰りたい状況を作る(話かけられる時間をつくらない)
    なども直接的ではないけど、予防法の1つかも。

    私は、よく『賢い顔して颯爽と歩くんやで!』と、オーラではね除けるように話しています。
    ある意味、一番効果があるかも。

    不審者だけではなく、車や自転車、台風や大雨など、色々心配ですよね。

    ユーザーID:2310116595

  • 1年生ですが

    小学生1年生の男児がいます。集団登下校でなく、自分で(あるいは仲の良いお友達と一緒に)登下校する地域です。

    年長の後半頃から、散歩がてら通学路を子どもと一緒にあるいて、見通しの悪い場所、交通量の多い交差点等危険個所、子ども110番の場所の確認をするとともに、知らない人にはついていかないこと、何かあったら近くの大人に助けを求めることなど教えました。

    また、卒園〜入学の頃は、幼稚園や学校で、そうした教育をしていただきました。「おじさん、道がわからないから一緒に来て教えてくれるかな?と言われてもついていかないんだよ」といったようなことも教えていただきました。

    入学式の翌日から一人で登校していますが、今のところ特に問題はありません。

    >低学年くらいの子供だと、「困ってるから助けて」みたいな事を言われたら純粋に信じてしまいそうではないですか

    子どものクラスのお友達をみても、割とその辺はわかっているみたいですよ。もちろん、しょせんは子どもなので安心はできませんけど。

    なお、私のママ友は、心配だったので、しばらくの間登校に同行したようです。

    ユーザーID:5048832260

  • 小3男子、家に入ってしまった

    毎日家の敷地内で縄跳びの練習や縄跳びの宿題をやらせていたんですが、、、私は知らなかったんですが数軒隣のおうちのおばちゃんが声をかけてくれたり見守ったり?してくれていたようです

    子どもからしたら、やさしいおばちゃんだと感じていたようで、ある日ついに「暑いからお茶飲んでいきな」と言われてお邪魔して麦茶をいただいたそうです

    子どもからすると「知ってる近所のやさしいおばちゃん」なんですが、私からすると「もしかしたら万が一のことがある」ともとれるわけでお顔も知らないし挨拶もしたことがないし…
    子どもに知らない人には〜と説明しましたが、知っている人だというし
    お母さんが心配するから人の家に行くならその前に教えて!探してもそれだと見つけられないよ!と伝えたら納得はしていました

    たぶん、その方は本当にやさしいおばちゃんなんだと思いますが、対応や判断は子どもには難しい存在ですね

    ユーザーID:0843566287

  • 顔見知りかどうか

    基本的に顔見知り以外の人が、
    ・お母さんが呼んでるよ
    ・お菓子挙げる
    などなど話しかけてきても、返事すらしてはいけない、と教えています。
    お芝居の練習のように、何度かシーンを想定してやったりしました。

    近所の、顔くらい知っている人による犯行もあるでしょうが、ここは顔見知りになる赤の他人の話を、どのくらい普段の会話から聞き出せるかではないでしょうか。
    低学年のうちは途中まで集団下校なので、帰宅時間は時計ではかったように毎日同じです。
    時間をみて、寄り道や何かあったのかなと思えば本人に聞きます。うちの子は、なんで分かったんだ?大人に隠し事はできないな、と単純に思っているようです。

    それと大きい声を出すとか、防犯ブザーの配布とか、小学校でも教えています。

    今は知らない人=こわい人と思い込んで、必要以上に怖がる時もあるのですが、低学年のうちは、それでいいかなと思います。

    ユーザーID:0088679981

  • 大人を呼びなさい、ですね

    「あなたは、まだ子どもで、大人の手助けはできないから、困った人や助けを呼んでいる人を見かけた時には近くの大人を呼びなさい。学校が近かったら、先生を呼びなさい。
    お母さんがうちにいる時は、急いで帰ってきて。お母さんが一緒に行ってあげるから。」

    「家族が事故にあうとか入院するとかしたら、必ず家か学校に連絡するので、知らない人が「お母さんが事故にあった」と言ってきたら、すぐに家に帰ってくるか、学校に行ってね。どんなに親切そうな人が声をかけてきても、「1回家に帰ります」とか「学校に戻ります」って言ってね。そのまま付いて行ってはいけないよ。」

    抱えて車に連れ込まれるなどすれば、ひとたまりもないですから、帰り道は一人にならないように。とも言ってはいます。

    犯罪者の性別や年令は様々ですし、悪いことをしようとする人が悪い顔をして近づいてくるわけはないですしね。

    主様の経験はお辛かったですね。
    私も中学生の頃エレベーター内で痴漢に遭ったことがあります。
    我が子にはそんな経験をしないで大人になって欲しいと思います。

    ユーザーID:2397377626

  • 上の子

    の時は実父が退職後に警備員でしたので警察官の制服と共に覚えさせていました。
    困った時はまず交番、学校を教えてました。
    どこの学校でも良いんです。

    うちはキッズ携帯禁止なので。
    児童館等出掛けても受付で預ける規定。

    ユーザーID:2670829830

  • それは、世界中の人がビックリしています!!

    「日本の十大ビックリ!」なことに、「子供が一人で歩いている」や「子供一人でお留守番」が入っていますよ。
    世界中の人がビックリしています。

    子供の性犯罪ってものすごく身近で起きています。年間の発生率を確認してください。
    子供のため?を思って泣き寝入りする方も多いので、実際にはその何倍もの数でしょう。
    その子達が運よく命は助かったけれど、その後病院で身体的、精神的にどういった治療を受けたかなんかも読めばちゃんと危機感を持つのでは?

    子供に「言い聞かせる」って何ですかね?そんなの無理です。大人の力に子供がかなうわけないでしょ。

    少なくとも10歳くらいまでは親が後ろからぴったりくっついて離れない、くらいでちょうどいいのでは?
    他国ではみんなやってますよ。

    私が日本で子育てをしていた時にもいましたよ、登下校も一緒に付き添うお母さんが。
    日本では「過保護だ」って陰口たたかれたり、校則違反かもしれないけど、陰口を叩く他人や、校則を作った学校は、わが子を守ってくれませんからね。
    私はあのお母さん、立派だと思います。

    ユーザーID:2183647687

  • いかのおすし

    いか=いかない…ついていかない
    の=のらない…車に乗らない
    お=おおきなこえで…助けを求める
    す=すぐに
    し=しらせる…大人に知らせる

    「いかのおすし」で検索すると、子供向けのページにもたどり着きます。
    他に、もらったもの、置いてあるものを口にしない(混入事故)
    エレベーターの乗り方、など。

    入学前や、入学後しばらくの付添下校などの時に、まずはルートの確認。
    決まったルートじゃないと、例えば下校時に雨が降り出して傘を届けようと思ってもすれ違うので、決めておきましょう。
    仲良しのお友達に誘われてもルートから外れないように(誰かと一緒の時は道を覚えていなくても大丈夫ですが、一人になると迷子になる可能性もあります)
    我が家は東京なので「ピーポくんの家」があります。場所の確認を。
    (困った時に受け入れてくれ、学校や家庭への連絡の手助けをしてくれます)
    そして、我が家では公衆電話の位置の確認とかけ方を入学前に練習しています。
    (お金は持っていけないのでテレカ)

    ユーザーID:6254270764

  • うちは

    知らない人に付いていかないではなく、家族と祖父母以外には付いていかないと教えています。

    「困ってるから助けて」に関しては、「すぐそこが家だからお母さん呼んできます、待ってて下さい」と言って走って帰ってきなさいと言っています。本当に何かに困ってたら子供に助けを求めるよりはそっちの方が確実だし、本当に助けが必要なら待ってるでしょうしね。もちろんその話を聞いたらその場に私が行きます。嘘だったら逃げてると思うので。

    あとは何かされそうになったら「助けて」ではなく「火事です」と叫びなさいと言っています。
    車の向きと反対に逃げなさいとか、停まってる車の横は通らないとか・・・色々言ってます。

    まぁ、そうは言い聞かせても実際にそうなったら子供なのでね、どうなるか心配ではあります。

    ユーザーID:1261244690

  • 具体的なことを正直に伝えています。

    小2女児がいます。
    私自身の経験を伝えたり、実際の事件を正直に伝えています。
    私は小1位の時に、近所のお姉さん(小4位)と歩いていたところ、中高生くらいの男子3名ほどに竹藪から声を掛けられました。お姉さんと固まりつつ、お姉さんが無視して通り過ぎるという選択をしたので何もなく済んだと思っています。

    それ以外に、
    1.誰かに「お父さんが事故にあった!一緒にきて!」など、親に何かあったことを伝えられたら、必ず警察(交番)に行って確認してもらうこと。その場で具体的なこと全て調べてくれる、そしてジジババや私達に連絡すること。
    2.共働きのため私達は家にはいません。なので学童からの帰宅時に何かあった場合、向かいの家(赤ちゃんから祖父母まで大家族で住んでいるお宅で、お仕事?柄、必ず人がいます)に飛び込むこと。
    3.誰かに声を掛けられた時は、必ず手の届かない距離を保つこと。
    4.ランドセルや荷物を掴まれた時は、それらを捨てて逃げること。

    こんなことを言い続けています。

    ユーザーID:3967190371

  • 入りやすく見えにくい場所

    みなさん,色々な対策をされていますね。参考になります。
    私は,以下の考えを参考にし,子供にも伝えています。

    キーワード「入りやすく見えにくい場所」
    これは,「犯罪は場所で起こる」という考え方です。
    犯罪者もどこここ構わず犯罪をするのではなく,犯罪を完全に遂行できそうな場所を探して,犯行に及ぶということです。
    そして,犯罪者を見抜くことは難しいですが,犯罪が起こりやすい場所を見抜くこは訓練次第で可能です。
    例えば,歩道橋はだれでも入れる場所,しかし,下からは見えにくい場所です。
    また,高い木に囲まれている公園,小山がある公園,高い塀に挟まれている道などもそうです。だれでもトイレで犯罪が起こったこともありましたね。いずれも「入りやすく見えにくい場所」です。
    落書きが多い場所,ごみや自転車が放置されている場所も犯罪者が好きな場所です。
    この考えは小宮信夫先生が提唱されました。検索すれば情報が出てきます。本も出版されています。
    ご参考になさってください。

    ユーザーID:6223270690

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧