末期がん終末期の母の自宅介護

レス26
(トピ主2
お気に入り84

心や体の悩み

みか

末期の胃癌で現在母親67歳が入院しています。
腸閉塞気味になり、食べ物飲み物を受け付けなくなったためです。
主治医にも大変厳しい状況ですと言われています。
本人は家に戻りたい気持ちがあるらしく退院できると思っている様です。
できれば私も自宅に母を連れ帰りたいです。
現在仕事を休業し、母の事に専念できる体ではありますが、私一人で母を自宅で介護出来るかどうか不安です。
入院前から介護保険を利用しベッドや車椅子訪問看護のサービスは受けていました。
この状況で母を連れ帰り、自宅で看取ることが出来るでしょうか?
義妹が社会人でフルで働いていますが、介護休暇を取っても良いと言ってくれてはいます。
私と義妹二人でなら、自宅で介護は可能でしょうか?
介護のことがよくわからず、見当がつきません。
経験者の方のアドバイスなど頂けるとたすかります。

ユーザーID:5871710883

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 介護保険の申請をしてください

    末期ガンなら、すぐに対応してくれるはずです。

    申し訳ありませんが、パソコンのこちら側から、無責任なことが言える状況ではありません。

    介護の専門家に相談してください。

    9年前に夫を看取りました。
    こんな言い方は、今、つらいかも知れませんが、「いつ死ぬか」は決まってません。
    夫は「危篤です。あと1週間です」と言われてから、1カ月生き延びました。
    もちろん、そのほうがいいのですが。
    「いつ? いつ? いつ?」と思いながら、患者と向き合うのは、かなりしんどいことです。

    私はまだ、睡眠薬が手放せません。

    どうぞ、御身をお大事に。

    良い手があるよう祈ります。

    ユーザーID:8712105062

  • 訪問介護していますが

    訪問介護していますが実際にご利用者様で末期ガンのかたいらっしゃいましたね。
    その方は看護師さんとオムツ交換は私達介護職を使っていましたね。
    彼女もつい最近力つきましたが私がそのかたのお家の前を通りかかったら忌中の花輪が偶然あったので鳴き崩れたらなんと夢で彼女が来てくれてありがとーと言ってくださりましたよ。
    嬉しかったですねえ。
    彼女もオムツ交換の時に本当にいたがって可哀想でしたね。
    結局最後のギリギリまで在宅で旦那様とその方の実母でみていましたね。
    いっも行くとお湯を用意していただきありがたがったでしたね訪問介護プラス看護師さんを使って最後のターミナルケアは出来ますが
    それなりの覚悟やお金は掛かりますよ。

    ユーザーID:6511026954

  • できます

    介護の経験が全くありませんでしたが

    寝たっきりの母を在宅介護で看取りました。

    介護認定も受けていませんでしたから

    全くの初歩からです。

    病室を自宅に移すと仮定して準備しました。

    水回りを考えてキっチンを病室にあてて

    まわりに驚かれました。母も退屈しなかった

    ようです。

    ユーザーID:6940573564

  • できると思います

    自宅の美容院で仕事しながら、母の癌の末期を家で
    介護した友人がいます。友人が50歳の時です。

    シングルで一人娘の彼女は、誰の手も借りず介護を
    一人でやりきりました。
    訪問医を頼んでいましたが、訪問看護、ヘルパーなどは一切
    利用せずでした。

    最後は中心静脈栄養を、利用。
    毎日、点滴を取りに行き毎晩、、管理して、
    通院は二階から母をおんぶして
    階段を降り、車で病院に送り迎えしてました。

    あなたが、休んでいて義妹も
    介護休暇を取ってくれるなら、充分
    できると思います。

    でも長期になることを考え、義妹さんには
    あなたとずらして介護休暇を
    取ってもらったほうがいいかもしれません。

    彼女の母は自宅介護して、半年で亡くなりました。
    これがもっと、長かったから無理だったと友人は
    言っていました。
    まずは自宅に訪問してくれ、最後を看取ってくれる
    医師を見つけることです。
    それに訪問看護、ヘルパーの利用で乗り切れると思います。
    ケアマネに相談しましょう。

    友人は一人でやりました。
    あなたには相談できる弟、介護休暇を取ると言ってくれる
    義妹もいてくれ、心強いと思います。
    頑張ってください。

    ユーザーID:2110027111

  • 往診医を

    紹介してもらえませんか?
    近年、自宅で終末期を迎える事を希望する患者も増加しており、日本全国の医師の7割が「往診依頼を受けたら応える」と回答しているそうです。

    経験者ではありませんが、「介護」という側面では、夫の祖母を夫の母が長年介護してきた姿を見てきました。

    「可能か?」と問われれば「可能です」なのですが、ここは精神面が大きなテーマになるとおもいます。
    体の自由が利かなくなってきますと、どうしたって我侭も出てきます。
    弱っていく様子も目の当たりにすることとなります。
    そんな中で、どれだけ気丈にしていられるかなのではないでしょうか。

    義妹さんも協力してくれるという事ですから、来てもらえる時には休息をお取りください。
    愚痴をきいてもらう事も有ってよいでしょう。

    終末期の訪問医療では家族へのメンタルケアもなされるようです。
    病院医師に自宅看護の相談をなさってみてください。

    ユーザーID:5779262254

  • 在宅での医療体制があるかどうか

    在宅での見取りに関しては、地域に在宅の診療体制があるかどうか、確認しないとだめです。

    末期がんの痛みのコントロールや定期的な往診をしてくれる医療体制があるか、退院に関して現在の主治医の意見や、地域移行のための体制の構築ができているか、これが大きいです。

    介護と違い、自宅で家族ができることと並行して、医療体制、訪問看護、またいざというときに医師が自宅まで来てもらえるがどうか、具体的なことは地域包括支援センターや介護保険を利用していたサポート先に相談して考えるといいと思います。

    私は父を自宅へ迎えるために、訪問診療をしていた地域の医師と医療法人へ相談を繰り返しました。

    ユーザーID:6707742186

  • 義妹にたよるのはNG

    優しい義妹さんですが、好意だけにしときなさい。

    トピ主が独りで介護する覚悟があるなら自宅介護もありだが、義妹の手を借りる自宅介護は無理だし有り得ない。

    ケア病棟にはいりトピ主が毎日。お見舞いするのが賢い。


    客観的には自宅介護はトピ主には無理とみました。

    ユーザーID:5217255917

  • やめた方がいいと思います

    現在父親の介護をしています。幸い病気はなく、極度の認知症です。はっきり申し上げて地獄です。いくら実親でももう勘弁してくれが本音です。病気がなくてこれなのです。

    お母様は、大変な状況ですね。心中お察し申し上げます。とても素人が自宅で介護できる状況ではないと思います。下手をすると俗に言う共倒れになりかねません。介護はとても体力がいります。女性には体力的にきついかもしれません。

    それともっと怖いのは精神的にもつかということです。最初は頑張られると思いますが、当然疲労が蓄積してきます。そして何故私はこんなことをしなければならないのだろうと言う思いが頭を過ります。ここから葛藤が始まってしまいます。精神的に弱い人は鬱になってしまう場合さえあります。

    あなたにはあなたの人生があります。あなたの老後の生活設計もこれから視野に入れていかなければなりません。

    また、あなたが苦労してお母様を介護する姿をお母様がみたらどう思われるでしょうか。心ある人なら当然とは思わないでしょう。娘に苦労をさせて私は何をしているのだろうと思われると思います。

    現状維持もしくは、ホスピス入所をお勧めします。

    ユーザーID:8484014202

  • 訪問サービスを最大限活用

    末期がんの義母を自宅で看取りました。
    わずか3週間でしたが、医師・看護師・ヘルパーさん達の素晴らしい連携で、どうにか乗り切れました。
    家族だけでは到底無理です。
    不安だと思っていることは、ケアマネージャーさんにすべて話してみてください。
    プロに任せれば大丈夫です。

    ユーザーID:7890314127

  • 自宅ホスピス

    本人がどれだけできるかに
    よりますが、数時間置きの

    オムツ替え、たんの吸引、点滴の
    交換など、身の回りの世話が24時間
    続きます。更に食事が取れるなら
    食事、着替えなどの介助があり
    お風呂などは訪問介護を頼めるのでは
    ないでしょうか?

    更に末期の癌なら、痛み止めの点滴や
    服薬介助などもあると思います。

    お世話の面ですら、相当大変ですが
    点滴が外れる、容体が急変するなど
    医療行為が必要になります。その度に
    自分で連れて行くのか、訪問診療の医師が
    いれば来てもらえるのか、最後まで
    考えた医療計画が必要になります。

    ですからまず現在の担当医さんと相談し
    今後の医療プランを聞いてから、自宅
    介護なり、ホスピスなりを紹介して
    貰うか、自分で探してみては話を聞いたら
    いかがでしょうか?

    お気持ちはわかりますが、痰が詰まって
    呼吸困難になるないよう、急変ですぐ病院に
    連れて行けるよう外出も控えながら
    癌の痛みで寝言でも痛いと言っても
    何してあげられず、24時間気を張り詰めて
    いるのは尋常なプレッシャーではありません。

    上手に周りの手を借りながら、納得のいく
    ように出来ればいいですね。

    ユーザーID:1522720196

  • 取り敢えず、専門家に相談を為さっては

    治療が必要な状況では、介護施設に入る事は難しいか
    も知れませんが「包括支援センターとかケアマネさん」に
    相談なさることです。

    ご自宅で介護とお考えになる事も心情的に理解できます
    が、現実の介護となれば情況は一変します。

    トピ主さん姉妹で介護ができないとは申しませんが、直
    ぐに困難に直面されるのではないかと思います。

    家族介護は、最後の手段と捉えて置いたほうが良いです。
    お母さんが入院なさっている状態であれば、「一時帰宅」
    を試みられるのが現実的ではありませんか。お大事に。

    ユーザーID:4195629606

  • レスします。

    冷たいレスになります。余命あと数カ月(長くとも半年)なら自宅で介護出来ますがそれ以上だと自宅では無理だと思いますよ。経験から。それから介護は他人を当てにはいけません。原則自分一人ですると覚悟する事です。でないと不満がいっぱいたまりそのはけ口が介護される人に向かいますので。末期の介護と言うのは貴女が思うほど生易しいものではありません。例え実母の介護でも。

    ユーザーID:0731300508

  • 可能なら自宅で

    病院のお医者さんと相談されて、自宅での緊急時に往診又は緊急入院できる病院を紹介して貰って、万が一の時の準備をされていれば大丈夫と思います。
    ただ、腸閉塞気味というのであればそもそも帰宅が許されるのでしょうか。
    それと余命は分からないとは思いますが、いつ頃どのような最後が予想されるかお医者さんに聞かれておいた方が良いと思います。覚悟が出来ます。

    私の身内は余命宣告されても最後まで本人が治療継続を希望したため、最後まで病院にいて、急にあっという間に逝ってしまいました。もっとお医者さんにどのような最後がやってくるか可能性を良く聞いておけば良かったと後悔しています。

    終末期でもう治療がむずかしく、本人も帰りたがっており、お医者さんが許してくれるのであれば、そして輸血など病院でないとむずかしいことが頻繁になくて医療上自宅で過ごすことが可能な状態であれば、自宅での最後が一番幸せだと思います。
    トピ主さんの、具体的に自宅介護可能かどうかという疑問に対するレスとしてはマッチしていない内容かも知れませんが、ご本人の幸せを考えるとついレスしてしまいました。失礼致しました。

    ユーザーID:1300608379

  • 一概に言えないと思う

    私の母が 末期がんで 最後 食事をとることができなくなり、もってもあと1カ月と言われた時、母の希望は 自宅に帰りたいでした。
    私は、母が入院している病院の、担当医や看護師さん、ソーシャルワーカーさんに色々と相談しました。
    母の場合は、自宅のすぐ近くに往診をしてくださるお医者様がいらっしゃったことなど、わりと条件が整っていたので、自宅に帰ることができました。
    ただ、自宅に帰って1週間で 病状がいっきに悪くなったため、入院になって そのまま病院で他界してしまいました。

    ちなみに、私は一人で介護でしたが、こんな言い方をしてはいけないかもしれませんが、老人を介護するのとは違い、特に大変だということはなかったです。

    ただ 一人ひとり症状や、状況など違いますから、一概に出来ますとも言えないと思います。
    お母様が入院されている病院で、担当医に相談なさったほうが良いと思います。病院のソーシャルワーカーさんは、経験豊富ですから、色々とためになるアドバイスもらえますよ。

    ユーザーID:3028854612

  • 気持ち的にはエールですが

    いろいろ大変そうなので、おすすめしません。

    ユーザーID:7448870410

  • 往診可能なホームドクターが鍵です

    入院している状態であれば、苦痛を和らげるための適切な看護が受けられます。
    オピオイドも使えますし、痰の吸引なども上手に処置して下さるでしょう。
    自宅での看取りとなると、看取りまでの間に往診して下さるホームドクターが必要です。
    癌の苦痛を医療なしに乗り越えるのは辛いことですから。
    看護する側は、昼も夜もなくその苦しむ姿と対峙しなければならないので、覚悟も必要です。
    自然にスーッと眠るように亡くなるのが望ましいですが、なかなかそのようにはなりません。
    最期の時に見送る決断が、最も辛い時間です。

    私は、苦しむ姿を見かねて緩和ケア病棟での看取りになりました。
    緩和ケア病棟とはいっても、状態が安定していれば一時帰宅させられますし、病室に閉じ込めて最期を迎えるとは限りません。
    大きい病院であればソーシャルケースワーカーがいるはずなので、一度相談なさったら宜しいかと存じます。

    どうぞお大事に。

    ユーザーID:6568089111

  • 主治医と延命措置をどうするかを決めるのが先です

    お辛いですね。
    私は、看護職で父の介護をしていましたが、最後の数か月は病院に任せた経験から、レスします。

    まずは、自宅介護かどうかの前に、延命措置をどうするかを決めるのが先になります。
    ご本人には、まだ最後のことは話しづらいでしょうか?

    もし、1日でも1時間でも長くいきたいのなら、中心静脈栄養、人工呼吸器、心臓マッサージなどが必要です。それですと、病院に入院していなければ治療できません。

    そして、延命は望まず、痛みへの対応だけなら、自宅でも可能でしょう。(痛みの程度にもよりますが、薬を持続的に使用するなど)ただし、往診してくれる開業医の協力が必要かと思われます。

    ただ、何も介護のことをご存じない方が、自宅で介護をするのは至難の業です。
    ケアマネ、訪問看護師、ヘルパーなどの助けを受けながらも、自分たちだけで過ごす時間のほうが多いのですから、覚悟が必要です。
    でも、分からないことは、その都度、看護師へ相談なされば大丈夫です。

    介護する側の覚悟とは、「いつまで介護をするのか」が分からないことです。介護休暇の3か月で終わらなかった場合、どうするか。自分たちの将来も見据えてください。

    ユーザーID:9508691935

  • もうあまり時間がありません

    3か月前に末期がんの夫を自宅で看取りました。
    飲食が厳しくなってきたなら余命は週単位かもしれません。

    ここからは体力が低下し自分で出来ていたことが日ごとに出来なくなってきます。
    うちでは、訪問ヘルパー、訪問看護(24時間対応)、訪問医療(訪問専業のドクター)、訪問入浴を申請しドクターは週1、他は毎日来てもらいました。
    早急にケアマネに連絡を取ってください。

    ケアのやり方は訪問看護師さんが指導してくださり、電話相談も出来たので心配はなかったです。
    ただ、毎日来てもらってもせいぜい1時間ずつくらいでした。
    後の時間は家族が24時間ケアすることになるので義妹さんにも協力してもらいましょう。
    私は自分が倒れないように休めるときは横になるようにしていました。

    末期がんの在宅医療は、苦痛を減らす処置がメインになるので急変しても救急車は呼びません。そのあたりの覚悟も必要かと思います。

    在宅の看取りは精神的に辛いです。命の火が消えていくのを目の当たりにします。
    体力的には最末期になると確実に数日で終わりが来ますので一人介護でしたが何とかなりました。後悔のない選択をされますようお祈りしています。

    ユーザーID:4138457269

  • 後悔のないように!

    こんにちは。

    お母さま残念ですね。

    私も昨年母を肺がんで亡くしています。

    最後は脳転移を起こしていて経過が早く全てが追いつかないスピードでした。

    訪問看護はドクターの指示が必要なので主治医はいるんですよね。。

    だったら自宅で看取りができると思います。

    今のターミナルケアは特別なことはしません。

    点滴も吸引も無しですしバルンカテーテル(尿)も挿入しません。

    たぶん経口摂取はわずかに無理ない程度に患者さんの要求を満たすくらいだと思います。

    私の母は退院して8日で亡くなりましたが家に連れて帰ってよかったです。

    本人がとても喜んだこと、家族が遠慮なくおしゃべりしたり時間を気にせずお世話できました。

    一緒にお昼寝したっていいんです。義妹さんが休みを取ってくれるなんてありがたいですね。

    なにもしなくて大丈夫です。最後の時間をゆっくり過ごせると思います。病院に通うほうが疲れます。

    痛みの緩和さえ出来ていればそれほど苦しまないと思います。

    目を離した時に亡くなっても私は全然悪くないと思います。

    私にも出来たんです。みかさんならできます!

    ユーザーID:9880522582

  • 辛いよ

    膵臓癌の母を看とりました。母が家に居たいと言うのでフルタイムの仕事をしながら看てました。
    しかしなくなる前の1ヶ月間はほぼ仕事を休まざる得ませんでした。訪問看護、訪問介護を使いましたが、彼らは常時いるわけではないので、容態が悪くても自分の判断で行動しなければなりません。
    末期ともなると目が離せないので睡眠不足で私の精神も荒みました。
    今は家で看ることをさかんに推奨されていますが、看護する方は非常に精神的に辛いです。
    ホスピスに入れるならその方が良いし、(うちは近所にホスピスがなく申し込んだけど間に合いませんでした)私は自分の経験としておすすめしません。
    世話よりも壮絶に苦しむ患者を看る覚悟がつくかつかないかです。

    ユーザーID:3125698471

  • 覚悟があれば

    ケアマネジャーです。

    私も30代の時仕事を辞め地元に戻り一人でがんの母親を自宅で介護し看取りました。

    母のベッドはリビングに設置し、普段から目に入るようにしましたが夜は2階の
    自分の寝室で寝るようにしていました。
    訪問診療、訪問看護、訪問介護、ベッドや車いすなど限度額いっぱい利用し
    週に1回訪問歯科衛生士に口腔ケアもしてもらっていました。



    最近、末期がんで介護保険を申請し退院する人が増えてきています。

    私が担当しているケースでも65歳の母親をやはり休職し一人で介護している娘さんや
    63歳の末期がんの夫を介護しながらパートをしている奥さんもいます。

    厳しい言い方ですが「末期」ということで自宅で介護をする覚悟ができるようです。
    介護をしていて一番辛いのは「介護がいつまで続くのか先が見えないこと」ではないかなと思います。

    ユーザーID:7046561030

  • うーん

    個人差があるので、どうでしょうか…。

    父は、胃がんではないですが消化器系の癌を2つして、亡くなりました。比較的末期まで食欲はあったのですが、食べた後の腹痛が本当にかわいそうでした。
    最末期は緩和ケア病棟で良くしてもらえて、それがせめてもの救いとなりました。

    父の場合は脳転移のせいか、かなり被害妄想的になったり、荒々しくなることもあり、自宅ではとても無理だったのではと今でも思います。本人も自宅には生きて帰れそうもないと悟ってはいたようで、それでも、少しでも散歩をさせてもらったり、外の景色を見て、喜んでいました。

    本人と介護者の両方が自宅介護でも大丈夫なタイプでないと、難しいと思います。冷静に考えて無理があったら、違う方法も検討してくださいね。

    ユーザーID:8938805446

  • 亡くなる当日まで自宅で過ごしました。

    2年前、母を看取りました。
    私は結婚して子供も小さかったため、介護はほぼ父。私も介護の仕事をしていたので、ケアマネに相談しながら両親にとってできる限り無理のないように動きました。主治医も、母の気持ちをしっかり聞いてくれ、退院後は往診もしてくれました。自宅で看取ることまでは考えておらず、自宅で過ごせる間は自宅で過ごしたいということで、亡くなる日の夕方まで自宅にいることができました。

    介護保険は既に使われていますよね。
    訪問看護、主治医の往診、訪問介護(訪問入浴等)をフル活用してください。特に訪看さんは緊急時に来てもらったり対応を聞くことが多いため、相談しやすい方を。トイレ、入浴(清拭)、食事は誰がどのようにするか?オムツも介護度によって支給されたりします。(これはケアマネさんに聞いてみてください)
    あとは服薬。普段飲む薬、頓服はしっかり説明を聞いて。

    まずは主治医と在宅での療養が可能か、相談してください。
    お母さまとご家族の時間、大切に大切に過ごしてくださいね。

    ユーザーID:7154614741

  • トピ主です

    一週間後に、ホスピスの面接に行けることになりました。ホスピスの待ち次第で今後を考えようと思っていますが、自宅、病院、皆様のレスで気持ちが揺れています。現在いる病院が第一急性期病院なので、どちらにせよ長く居ることはできなさそうです。まったく食べなくなって10日たち後どれだけもつのか考えるだけで辛いです。

    ユーザーID:5871710883

  • そのごどうされていますか

    お母様はホスピスへ移られたのでしょうか。
    みかさんの新しいレス待っています。

    ユーザーID:2372679190

  • 気にしていただきありがとうございます。

    ホスピスの面接を受け、空きがあり即座にホスピスに転院できる事になりました。
    待つ覚悟で面接に行ったのでその場で即入院できると言われ、驚きでした。
    楽な方に流されたと思われるかもしれませんが、ホスピスを選んでしまった私は親不孝かもしれません。
    今はホスピスに入院して、穏やかに過ごしています。私もお昼から夜11時頃までつきっきりで側についています。
    何も食べられなくなって3週間が経とうとしています。
    いつまで頑張ってくれるのかその日が来るのが少しでも遅くなるように毎日祈っています。

    それでも母親を亡くす覚悟ができずに毎日泣いています。

    ユーザーID:5871710883

レス求!トピ一覧