思わず二度見! 仰天した弁当の思い出ありますか?

レス97
(トピ主0
お気に入り255

編集部からのトピ

編集部

レス

レス数97

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 二度見されたというか・・・

    我が家は特別田舎・・・とう感じではなかったのですが、
    母の趣味?で秋になるとイナゴを取り、それを佃煮にするというのが3・40年前の恒例でした。
    高校生の頃のお弁当で、白ご飯にイナゴの佃煮が入っていたんです。
    私はおチビの頃から食べ慣れているものなので、
    自然と食べたんですが・・・
    友人連中から二度見どころか指をさされ、「さるるるるが、Gを食べた〜」と
    教室中に響く大声で叫ばれてしまい、
    大変恥ずかしい思いをしました。

    それから先私のお弁当にはイナゴの佃煮は入れられることはありませんでした。
    お弁当に対して前日の残り物(カレーとかおでんとか)を入れられても
    一切文句を言わない私が
    唯一母にお願いしたことです。

    ユーザーID:3158357827

  • 二度見されました。

    30数年前、高校生だったとき
    お弁当箱にご飯だけ詰めてレトルトカレーを
    持って行ったことがあります。

    あと、冷やし中華。
    麺と具材を詰めて、タレは瓶ごと持って行った
    記憶があります。

    今ならコンビニでいくらでも手に入りますけどね。

    ユーザーID:4089768652

  • 夫が出張で

    自分では余り変わったお弁当の記憶は無いのですが、夫が台湾へ出張した時にお昼に出されたお弁当の話が予想外でした。

    蓋を開けたら一面の棒餃子が並んでいたそうです。
    他の社員と、下に白飯がある筈だと思っていたら2段目も棒餃子。
    じゃあ、一番下にご飯が敷き詰められているかと思いきや3段目も棒餃子。
    極めつけが全部同じ肉餃子だったこと。

    次は違う味かもしれないと全部食べて文化の違いも味わったと言う夫。
    そりゃあ、太って帰るかも。

    ユーザーID:7199008959

  • 海外ですが

     ヨーロッパのO国の遊園地で小学校低学年の団体に会いました。遠足らしく丁度お昼の時間でした。目の前に密閉容器を開けようとしている子供がいました。カラコロ音がしていたので、何が入っているのか気になり「見せて」と頼みました。

     「いいよ」と開けてくれたその中に「レタス1枚とその上にソーセージを挟んだ固いパンが1個」入っていました。「これだけ?」と思いましたが「美味しそうね」と言ったらにっこり微笑んでいました。密閉容器が大きかったので中でコロコロ転がっていました。他の子供たちも似たようなお弁当でした。帰国してもあのお弁当は忘れられませんでした。

     海外では今日本のお弁当が評判だそうです。日本のお母さん達頑張っていますね。皆様のレスに色々エピソードがありますが、作ってくれたからこそです。お母さん達にエールを送ります。

    ユーザーID:5986549331

  • 30年前の話しでもいいですか?

    高校1年か2年の時、体育祭の前日に、母と大喧嘩をしました
    理由は思い出せないのですが、おそらく、しょーもない、ささいなコトだったかと

    翌日、もし母がお弁当を作ってくれなかったら、自分でおにぎり作ってもってこうと、考えてました
    しかし、食卓の上には、いつものお弁当箱が準備されてました
    「あら、お弁当作ってくれたのね ケンカしてても、やることはきちんとやるんだ さすが!」と、ちょこっと母に感心して、お弁当を持って、学校に向かいました

    そしてお昼、弁当のフタをあけてみたら・・・

    白飯の上に、梅干しが1個だけ置いてある、「日ノ丸弁当」
    見た瞬間、「ヤラレタ〜」と思いました

    友人たちが怪訝なカオで私のお弁当を見てましたが、
    私は、不思議と母には腹が立たず、ただ、ただ、「見事にやられたぁ〜」と、おかしかったです
    あまりに見事にやられ過ぎて、さっぱりした気持ちで、お腹抱えて笑いました

    ちなみに私、食べ物の中で、いちばん好きなのが「ごはん」
    それから、ご飯の上にのっけるものは、「梅干し」がいちばんなヒトです

    娘の好物で固めた、ツボを押えた母の反撃は、「お見事!」のひとことでした

    ユーザーID:1405130331

  • ごはんとスルメ

    60代の母が、高校生の時に祖母に持たされたお弁当です。

    誰にも見られないよう、そっと蓋を閉じたそうです。

    ユーザーID:8896485983

  • 岩のり弁

    高校時代の話です。

    友人がお弁当箱を開けてびっくり、弁当一面にアラ!がびっしり。
    白飯onアラ!

    みてはいけないものを見た気がしました。

    ユーザーID:3801572620

  • 丸ごとチキン

    父は戦中生まれ、戦後暫くは家で鶏を飼い育ったら潰して食べていたとかで、とにかく鶏嫌いでした。
    なので自宅では焼き鳥も鶏の唐揚げも照り焼きも出たことが無く、給食でも鶏の唐揚げ出なくて食べたことがありませんでした。
    中学生になって友達と映画を観に行った時に、初めて揚げた鶏を食べました。ケンタッキーです。

    唐揚げとは違うのですが、初めての鶏の唐揚げは衝撃的に美味しく!
    しかしお小遣で追加して買うには高価すぎてお代わりはできず、帰宅後母にどんなに美味しかったかを延々と話しました。

    その数日後。
    お弁当箱全部に鶏の唐揚げでした。
    鶏もも骨付き丸ごと、手羽元、チューリップ、カットした鶏胸肉。
    母のイメージでの鶏の唐揚げ三昧にしたみたい。ご飯は別でおにぎり2個。

    お小遣いを貯めて好きなアイドルの映画を観に行ったはずなのに映画の話は一つもせず、大興奮でケンタッキーの話をしていたのが印象的だったそうです。

    ユーザーID:7353958410

  • 干物!

    それは、中学1年生の頃でした。

    クラスメイトのS君が「やられたー!」と大声を出し、弁当の蓋を閉めていました。
    「今日は何?」と他の男子が彼の弁当を開けてみると、
    そこには何とアジの干物が一尾まるごとご飯の上にのっていたのです!
    「母ちゃん、手を抜いたな〜」(教室内は大爆笑)

    S君の弁当は中々、ユニークでクラス内では有名でした。
    でも、S君はたとえ手抜き?の弁当で笑われても、ジョークにして残さずに完食です。
    いろんな意味で凄いな〜と思っていた私。

    ウチの母は毎日気合い入れて、カラフルな弁当を作ってくれていたので、S君の弁当には度々、驚かされていました。

    ユーザーID:1607770213

  • 小学校3年生のときの遠足

    そこで見た友達のお弁当が、未だに頭に残っています。
    密閉容器に「ご飯、ハム2枚、ゆで卵」というものでした。
    毎日がお弁当の学校だったと言うならまだわかります。
    たまにはそんな日もあるでしょう。
    しかし私の小学校は給食でしたし、その日は年に一度の遠足でした。

    もちろん色々な事情や、その家ごとの文化があるのでしょう。
    安易に想像などしてはいけないことなのでしょう。
    彼が満足しているなら、他人が口を出す話でもありません。

    しかし、それを当たり前に受け入れている友達も含めて、
    小学生の私にはかなり衝撃的な光景でした。
    遠足のことはまったく覚えていませんが、
    その弁当のことだけは強烈に覚えています。

    忘れ物が多く、勉強も運動も得意な子ではありませんでした。
    親の愛情。格差。教育。社会。
    小学生だった私が、乏しくて幼い語彙で
    ぐるぐると色々なことを考えさせられたお弁当でした。

    ユーザーID:3550412753

  • 高校のクラスメートのお弁当

    白米とお茶漬けの素
    初めて見たときは衝撃的でした。

    うちの高校(女子高)は、日直がやかんに入ったお茶を
    給湯室にいるおばちゃんからもらいに行くことになっており
    放課後には給湯室できれいにやかんを洗って戻す決まり。
    当番ががさぼると、おばちゃんが激怒し一週間お茶なしの刑。
    お茶なしになると、彼女は水道水のお茶漬けを食べていました。
    彼女のあだ名は茶々様でした。

    ユーザーID:9998877567

  • 勇気を出して言ったのに

    その晩、夕食に茹でたえんどう豆に鰹節をかけたものが出ました。お醤油をかけて食べるいたってシンプルなもので、大人になった今ではシャキシャキした食感が好きですが、5歳の子供にはとても美味しいとは思えず、何回かそのえんどう豆が食卓に並び食べるように言われた後、勇気を出して母に言ったんです。「お母さん、私はこれ、あんまり好きじゃない。お弁当には入れないでね。」と。それなのに!何を勘違いしたのか、翌日幼稚園でお弁当の蓋を開けたら、白いごはんと昨夜のえんどう豆が!おかずはそれだけ。あまりに悲しくて涙目になりながらも必死で食べたのを覚えています。家に帰って、母にそう言ったら、「え?そうだった?」と言われました。

    ユーザーID:9419876217

  • いくら弁当

    子供の学校へ用事ででかけたときのこと
    中学生男子の弁当の中身がチラリと見えました。

    なんと 全面いくらに覆われておりました。
    たぶん下は白飯か酢飯でしょう。
    豪華なのか手抜きなのかわからない弁当でした。

    ユーザーID:6279292029

  • おにぎり

    渡された紙袋を開けたら、おにぎりが2つ、裸で入っていた。
    おかげで紙袋の内側にごはんがべっとり…。
    手でガリガリやって食べたけど、クラスメイトは大爆笑。

    頼むから、ラップしてくれ!!

    ユーザーID:5111116830

  • 幼稚園の先生の一言

    息子の幼稚園は、週一お弁当持参です。

    ある日、息子から「茶色いご飯じゃなくって、白いご飯。」と言われましたが、
    玄米は体に良いからとさとし、
    柔らかめの玄米ご飯をおにぎりにし、
    海苔を巻きつけてお弁当に入れていました。

    個人面談の時、先生が遠慮がちに、
    「お醤油ご飯は体に良くないと思います。白いご飯が良いと思います…」

    ユーザーID:2741126633

  • 妹のお弁当は私が作ってました

    母親が入院じゃ心細かろうと思い、お弁当の隅に「お楽しみ」を入れました
    飴とかチョコ1個とかを可愛いラップに包んで忍ばせたのです
    時にはクッキーを一緒に食べるお友達の分も焼いて持たせました
    これがたいそう気に入ったのか「今日のお弁当は私が作る!」と
    「ありがたや」と思って任せました

    ところでうちの高校って校舎が古くて教室の暖房が昔ながらのスチームだったんです
    (窓際にあるオイルヒーターみたいなアレ)
    登校して生徒が一番にする事と言ったら、そこにお弁当を置く事
    これでお昼にはアツアツのお弁当が食べられるんです

    そして妹は有り難い恩返しをしてくれてました
    それは、ご飯の上に直置きのポッキーの行列

    チョコはご飯に沁み込み、芯の棒部分は剥きだし、あたりは甘い香りが漂います
    皆の爆笑の中、泣き笑いで食べたことは良い思い出です
    (母はその後無事に退院しました)

    ユーザーID:5549993138

  • 茶碗蒸し…

    忘れもしません。

    高校のときのお弁当。
    なんか今日はやけに高さがあるな〜と持って行ったら、なんと
    ランプに包まれた茶碗蒸しが出てきました。

    しかもご丁寧に瀬戸物の入れ物で、もちろん蓋もしっかりされて。

    帰ってから母に伝えたところ
    「だって好きでしょう!」

    好きだけど、重かったしびっくりしたよ…

    ユーザーID:3447441500

  • ビックリいくら丼

    今日はいくら丼弁当!と聞いて喜んで開けたら、いくらが見事に全潰れ…
    可哀想なので母には言わなかった。

    ユーザーID:2610055138

  • 差が酷い

    母はいつもは色彩豊かなお弁当を作ってくれていたので、ちょっと自慢なお弁当でしたが、
    中学生の頃1度だけ衝撃的なお弁当の時がありました。
    いつもの様に蓋を開けると半分は白米、1/4は茹でただけのイカ 、1/4はひじきの煮物でした。
    最初で最後、お弁当の蓋で中身が見えない様に隠して食べたモノトーン弁当。

    いつもがカラフルなだけに、その差が酷すぎて強烈に覚えています。

    ユーザーID:5585029487

  • 私が作った(?)娘用弁当

    4、5年前かしら、私が作った高校生の娘用弁当。
    作ったというか、詰めただけでしたが。

    前日の夕食後にさくらんぼを食べました。
    娘は大好物なので、私の分までパクパクバクバク。

    私「そんなに好き?」
    娘「うん!」

    そうかいそうかい、翌日の弁当は、1段目が白ご飯、2段目がさくらんぼ。
    「おまえのかあちゃんやるなぁ!」

    ユーザーID:3216107707

  • ビニール袋弁当の上司

    真似できない様

    私の元上司がビニール袋弁当でした。
    なんとその上司、ビニール袋におかずだけでなくお味噌汁も入れてくるんです。
    毎日メチャクチャ混雑の通勤電車に揺られらながらカバンの中にビニール袋入りのお味噌汁持って通勤して来るんです。いつか破裂するんじゃないかとハラハラドキドキでした。
    そしてそれを部下たちに振る舞ってくれて…(ちょっと皆さん複雑な印象…)

    ユーザーID:0556116171

  • なんで水筒?

    ある日母から渡されたいつものお弁当袋となせが大きな水筒。
    お茶は持ってるからいらないんだけどと言うと
    「それないとお弁当たべれないから」と言うので持っていきました。

    お昼にお弁当袋を開けると、白いご飯とレトルトカレーが一袋…水筒の中身はお茶ではなくレトルトカレーを温めるお湯でした。
    家事を斬新なアイデアを出してくる母でしたが、さすがにレトルトカレー出してくるとは思いませんでした(笑)

    クラスは大爆笑でしばらくレトルトカレーを持ってくるのが流行りました。

    ユーザーID:8706393819

  • 私は作る側ですが

    長男の朝練がある日に、私が寝坊してしまいました。

    夏休みで、食堂があいてなく
    学校の近くに店はなく。。。

    オニギリ3合分を何とか作り、おかずを作って冷ます時間がなく、どうしようか迷ってた所

    冷凍室に551の豚まんが!

    救世主だと思いました。

    半解凍で十字に切れ目を入れて、2つ密閉容器にいれました。ポン酢と一緒に。

    帰宅した息子は
    「かあさん、弁当ビックリしたわー。」
    友達にな
    「おまえのオカン手抜きやなー。けど、美味しそうやな。」って言われたそうです。

    あの日以降、寝坊はしていません。

    息子が大人になった時に、笑い話のネタを提供したと思っています。

    ユーザーID:9232884677

  • 開けてビックリ!

    高校時代、寒い時期には、ランチジャーで、暖かいご飯を、持たせたくれてた母。
    ある日、ご飯の蓋を開けてビックリ!!
    お湯が入ってました。少しでも暖かいご飯をと思った母が、容器を暖めるためにお湯を入れて蓋をして、すっかり、忘れてしまったらしいです。
    その日は、おかずだけのお弁当でした。

    また、お湯を入れた水筒に、使い捨てカイロを貼って、レトルトカレーを持たせてくれた日もありました。美味しいのですが、教室中が、カレーの匂いでプンプンしてたなんてこともありました。

    ユーザーID:3228040461

  • お弁当箱でなくステンレスボール

    隣の席の子、
    お昼に机に上に
    ステンレスボール「どーん」
    コンビーフ缶「どーん」
    マヨネーズ(お弁当用でなく家庭用サイズ)「どーん」
    ボールの中には半カットのキャベツ。
    手切りで細かくしてコンビーフとマヨネーズを合えて、
    ボールを抱えてバリバリ食べてました。
    一連の動作を自分の食事を忘れてあんぐり見てました。
    ちなみに女子校です。

    ユーザーID:4780270056

  • イナゴの大群

    私の話ではないのですが・・・
    高校の同級生のお弁当。
    パカッと開けると、そこには、イナゴの佃煮の大群が・・・・
    お箸で、一匹、一匹、口の中へ・・
    当時、長野に知り合いはいなかったので、無知だった為、イナゴの佃煮の存在は、かなり衝撃的でした。

    ユーザーID:5769041800

  • 体育祭のお弁当が一面茶色!

    かわいい女子だった中1の体育祭の日のお弁当が、前日のおでんの残りものでした。コンニャクとかごぼう天とか超地味なの。御飯にも汁が染みて、一面茶色!
    友達のいつもより豪華なお弁当を見せ合いっこして食べような雰囲気の中、必死で隠して食べました。
    普段から地味なお弁当でしたが、あまりのひどさに母に抗議したら、
    母の時は戦争中で炒った豆しか入ってなかった。文句があるなら自分で作れ!
    と言われ、涙をのんで引き下がりました。が、妹がお弁当のいる中学生になってから、お弁当が豪華になりました。
    だって、妹がうるさく言うから。ですと。
    今考えてもひどいですよね〜。

    ユーザーID:0617110524

  • 二度見した。

    20年近く前、駅ビルで働いていた時、
    全ての店舗の人が使う休憩室で50代位の女性二人と隣合わせ、片方の方のお弁当に目がテンでした。

    レジ袋から出てきたおかず全て、ビニール袋に直入れだったのです。
    煮物、サラダ、エビチリ的な赤い物、漬物。
    ご飯はラップに包まれたお握りでしたが、お握りを食べながら箸をビニールに突っ込みおかずをモグモグ。
    食べ終わったら全部ごみ箱直行。

    一緒に居た人は普通にしていたので、いつもの事なんだろう……と。
    帰りの荷物が減るから便利?と思いましたが、かなりの衝撃で今でも忘れられず、あれを越えるお弁当に出会った事が未だにありません。

    ユーザーID:6947312224

  • ツナ缶と食パンとマヨネーズ

    高校生の時、朝渡された弁当袋を開けると、買ったままのツナ缶と食パンと小さなマヨネーズと、フォークが入っていました。

    自分で作れ、ということかと、教室の端で缶を開け、マヨネーズをかけて、パンに乗せて食べました。帰って、あれ何だったの?と聞くと、元々は作るつもりだったけど、時間がなくてついそのまま渡した、とあっけからかんと言われました。

    忙しく働いていた母親との、いい思い出です。

    ユーザーID:5261939652

  • 赤福

    高校生の時、弁当箱を開けたら一面、伊勢名物の赤福でした。
    思わずすぐに蓋を閉じ、またすぐ開けて確認すると、、、やっぱり赤福。

    私が赤福が好きで、前日にお土産でもらったから、、、という優しさなのか、忙しかったのか。。。

    結局全部食べて、不満に感じることもありませんでしたら、とにかく驚きました!

    ユーザーID:5261939652

レス求!トピ一覧