• ホーム
  • 子供
  • 中学受験を考えていても、低学年は本当に勉強しなくても大丈夫?

中学受験を考えていても、低学年は本当に勉強しなくても大丈夫?

レス40
(トピ主4
お気に入り135

妊娠・出産・育児

ミラー

都内ではないので、それほど受験率も高くはない地域に住んでいます。
市内の小学校で、半数くらいが私立中学を受ける小学校もありますが、
うちの小学校は、30人学級でクラスに5〜6人くらいは受けるかな?程度だそうです。

ネットで見ると、
「低学年は先取りや勉強よりも、いろいろな体験を」という意見がたくさんと、
逆に、
「うちは勉強しているし、賢いのが自慢」といった雰囲気のブログなども割と見かけます。

リアルでは、あまりよその家庭のことは知らないのですが、
幼稚園のうちから公文をやっている子は、とても多かったです。
小学校過程は幼稚園の間に終了している、という子もいました。
入学と同時にSAPIXに通い始めた子もいます。

うちは、子供がそれを聞いて「自分も塾行く」とか言っていますが、
他にも本人の希望でやっていること(運動系、芸術系など、それこそ正に「さまざまな体験系」なのですが)
も、たくさんあるので、親子で話し合って、
「今は塾ではなく、いろいろな体験をしよう。
 3年生か4年生で徐々に勉強にシフトしようよ。」と一旦は決め、
土日も山登りや科学館、キャンプやスポーツをやっています。

でも、本当にこれでいいのか不安です。

「低学年では、勉強よりもいろいろな体験を」は、本当なのでしょうか?
低学年からたくさん勉強をしている子もいるのに。
それが本当なら、公文やSAPIXの子は何故今そこまでやっているのか?

うちは、取り立てて、これといった勉強はしていませんが、
知的好奇心を満たすのは楽しいようなので、
それなりに本を読んだり、調べたり、考えたりはしています。

でも、最レベとか予習シリーズとかZ会とか、
有名だったり難しいらしいものや、公文や塾などは全く関わりのない生活をしています。

ユーザーID:8289473555

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数40

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 最難関を目指してるなら

    王道は公文です。

    中学受験のいやらしい四則演算を、新小4からの塾通いだけで
    がっちりできるようになる子はそう多くありません。
    できるのはそもそもかなり素質のあるタイプ(笑)
    かなりのスピードも要求されますしね。

    都内、7〜8割くらいは受験する学校に通い、今中1の子の母ですが、
    新4年で受験塾に入るまでに、公文で方程式まで終わらせておき、
    他は通塾後の子供の好奇心を奪わないようにするため、あえて先取りはしない
    というスタイルの家庭が難関志望には多い気がしますね。

    思考力を鍛えるために、サピや四谷のちびっこコースに週一習い事感覚で通う方も
    そこそこいますが、そこは好みかな〜。
    そういうご家庭はそもそも熱心なので、小4から毎日11時まで勉強してたりして、
    そのコースの成果か、日ごろの勉強の成果かわかりません。

    あとは本をたくさん読ませる。
    男の子なら字をきれいにする。

    そのくらいでしょうか。
    Z会はともかく最レベは絶対いらないです…。

    ただ、もともとすごく頭のいい子は公文なしでももちろん全然OKです。
    その見極めは親がしてあげてください〜。

    ユーザーID:7491403678

  • あなたのお子さんを知りません。

    重要なのは、
    「あなたのお子さんがどういう子なのか」
    ということではないでしょうか。

    ここで「本当に大丈夫?」なんて聞いても、答えは
    「あなたのお子さんを知りませんので。」
    としか言えないと思います。

    低学年から通塾などをするメリットは、その内容よりもむしろ「勉強習慣」だと思っています。

    「はい、4年生になったのでいきなり受験モードで勉強してください」
    といってできる子はそういないと思います。
    もし「うちはできる子だ」と思うなら、それでいいんですよ。

    多くの方は、
    低学年は知的好奇心を満たすこと→中学年で勉強習慣をつけて→高学年で受験モード
    なのでしょうし、それで間に合う受験校なのでしょう。

    天才型でないと分かっていて、うちの子はおっとりしているので、という方はきっと少し早くから準備していくことでしょうし、最難関を目指す子は、勉強量から逆算して早めから始めるかも知れません。

    その子次第なんですよ。

    競争の中に放り込もうというのに、
    ご自身の子を、状況を、しっかり見れていないのではないですか?
    (だから他人の動向が気になる)

    ユーザーID:4859036514

  • それでいい。

    いいですか、低学年で勉強ばかりしていたら5,6年ぐらいになって息切れしてきます。
    それと入れ替えに4年ごろから入塾してきた子は勢いがあります。
    単純に考えてもどちらがいいかわかりますね。

    いままでどおり学校の勉強中心でいいと思いますよ。

    もし不安なら暗記系を家でぼちぼちのペースでやったらいいかな、例えば47都道府県の形をすべて覚えるとか、漢字を正確に覚えるとか、お母様の手作りでやるといいですね。スポーツをやるのは集中力と忍耐力がつくのでとてもいいことです。

    それに色々な経験をしておくと国語ができるようになります。机上の勉強だけでは人の気持ちはわかるようにはなりません。

    それから塾はいいカモを探してるのです。惑わされないように。

    ユーザーID:4997677802

  • 分かる

    子育てに「これをすれば確実」というのはないので悩みますよね。

    実体験が大切なのは分かりますが、周りが塾に行っていると私もこのままでよいのかなと心配になります。

    でも後のびをしてもらいたいのなら、やっぱり体験が大切なようですね。

    本当になやみます。

    ユーザーID:3882855776

  • あらあら

    3年生くらいまでは学校でやっている内容を余裕で理解している(家庭学習がきちんと出来ている)ことが当たり前だと仮定すると、4年生からの塾通いで十分です。これは地頭が普通以上を前提としています。


    塾で習ったことを理解できなかったら親がきちんとフォローすることも大切です。必ず復習で出来ない問題を潰していかなければなりません。

    でも、偏差値70以下の中学なら受験させる必要性も意味もないので無理にさせなくても良いと思います。

    低学年のうちは沢山遊ばせて下さい。遊んでても、家庭学習で1年先くらいのことは簡単に勉強できますよ。

    ユーザーID:8342182353

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • あの〜、私立と言ってもピンきりな気がします。

    例えば、イメージ的にも御三家なら
    低学年から塾に行ってる気がしますし、
    コネとまではいいませんが、
    親と同じ学校やある程度のレベルのところなら
    高学年から受験対策の塾に行けば間に合うと思います。

    希望している学校の過去問を調べてみるのはどうですか?

    ユーザーID:0022580961

  • 体験プラス勉強

    どちらも大事ですよ。両方やりましょう、今日から。
    4教科、1年生から問題集買ってきて、抜けているところがないか確認しましょう。

    ユーザーID:4421423416

  • 勉強する意味 経験する意味をわかってないと・・

    いろいろな体験・・・よいですね。
    で・・・体験してそれをどうつなげているのですか?
    楽しかった 面白かったで終わりでは 無意味ですよ。

    お勉強も同様・・・公文ってゲーム感覚で楽しんでどんどん進んじゃう子も
    多いですよね。 

    知的好奇心を満たすのは楽しい・・・それで???

    勉強しなくても大丈夫?って まずお勉強の意味を親が考えてみればわかることではないですか?
    受験を考えているのに 何を今頃おっしゃっているのですか?

    ユーザーID:9432853387

  • どこを狙うのか

    どこのレベルを目指すのか、お子さんの普段の学習態度は自主的かつ成果を残すタイプなのか、受験に対して子供本人が意欲的なのか、によります。

    低学年からモチベーションを保つのは、凡人には並大抵のことではありません。
    頭のいいお子さんは、受験勉強そのものが「遊び」です。だから、低学年だろうが6年夏から始めようが何とでもなります。トップ校狙いのお子さんに多いです。
    凡人は4年生からが主流。4年生のうちに各々のつまづきを消化して、5年〜6年夏までに6年生の学習範囲を終え、夏以降は志望校対策です。
    不安なら低学年は補習塾で基礎を補う程度で充分。

    >幼い頃から受験塾
    これは親の意向です。「勉強とは、こういうものだ」と思わせるなら低学年の方がスムーズです。でも私個人としてはオススメしません。
    受験が終わって、燃え尽きてしまうお子さんも多いです。「〜だから受験」ではなく「合格」だけが目標になってしまったお子さんは、抜け殻になってます。入学後すぐの不登校児もいます。

    お子さんを良く知るのは、親です。お子さんの物事ののみこみが良いか悪いか、そこを知ることから始めて下さい。

    ユーザーID:8256446687

  • うーん・・・

    子供の教育に関してちょっと意識が低いなあ・・・
    と、トピを読んで感じました。

    「いつから勉強した方が良いですか」なんて、
    本屋に置いてある子育てや教育系の雑誌を読めば何となく見えてきますよ。
    ネットの書き込みを調べてるなんて信じられません。

    Amazonの教育関連のジャンルを開けば、タイトルだけでも
    なんとなく雰囲気がつかめると思います。

    そもそも1年生の頃から学校の勉強の予習・復習を毎日きちんとすれば
    勉強する週間もある程度の学力もちゃんと付きます。
    それが出来なければ教科書以外の問題集や塾は無意味かと。

    ユーザーID:0430109503

  • 塾に行く体験をしてみて下さい

    「低学年は先取りや勉強よりも、いろいろな体験を」とは
    小さい頃から「勉強、勉強」ではモチベーションが持たないので、最初は好きなことをやらせて
    4年生ぐらいにスタートを切るのが良いと理解しています

    でも中学受験をするなら当たり前のことなので、よほど地頭が良くない限り
    4年生で受ける最初の模擬試験の成績は、平均以下の下位グループに属するのを見てゾッとすると思います

    トピ主様の場合は「自分から行きたい」というのですからものすごく恵まれています
    早く塾に行って、楽しみながら「勉強をする習慣をつける」のが最も大切だと思います

    受験に必要な「記憶力、計算力、応用力、読解力」は
    コツコツと「継続は力なり」な勉強で地道に身に付けていくものだと思います

    そのためには百マス計算や漢字ドリルなどを毎日やるのが効果的ですが、毎日の親の付き添いと指導が必須なので
    塾で友達と一緒に楽しく勉強をする「環境を作る」のが中学受験における親の受験科目だと思います

    ユーザーID:1929805847

  • 結局最後は「地頭」の差

    低学年から頑張ってる親御さんには申し訳ないけど、結局「地頭」の差だと思う。
    低学年からやってるから成績がいいわけではなく、その子の「地頭」がいいんです。
    その子が高学年から塾に行ったとしても結局同じ偏差値になってると思います。でも、さすがに6年の夏から塾っていうとそれは範囲を終わらせられないのでむつかしい。
    自分でいうのもなんですが、私が通っていた「超難関中学受験」の塾では5年からしかクラスはありませんでした。この塾に来る前にほかの塾に行ってる子もいませんでした。20人一クラスの小さな塾でしたがほぼ全員「難関中学」に合格しました。落ちた子でも偏差値65ぐらいのすべり止め校に複数合格しています。ま、私がそうですが。

    ユーザーID:1190995789

  • 考えているなら、公文やらせたら?

    近所の私立中1年生の様子ですが。

    公文をやりながら、皆さん、習い事もしてましたよ。
    4年生から、受験専門の塾へ。

    平日も休日も、公園でのびのび遊んでいる様子は見たことがありませんが、別荘をお持ちだそうで、山や川等で様々な体験をしているのかなと思いました。

    ユーザーID:1310356295

  • 同じような地域です

    私も同じような悩みを持っていました。
    で、結論から言うと、大丈夫だと思います。

    もちろん、いろんな家庭がありいろんな子育てがありますから、何がいいかは結論は出ないことではありますが。

    うちの場合は、小学校4年生であまりに遊んでばかりなので心配になって、近所のママ(こちらは幼稚園から私立)に相談。
    模試を受けてみたら、ということで、塾で模試を受けさせたところ、本人が受験をしたいと言い出し、5年生から塾へ。
    国立大附属中学に合格し、その後、現役でK大に合格。

    私が相談したママのところも、私立へやっているからということで、塾へはやらず、家庭で見ていたようです。
    こちらも、現役でT大に合格。

    低学年のうちは、宿題をきちんとするとか、授業をちゃんと聞くとか、そういう態度を身につけさせることが大切なんじゃないかなと思います。

    それと、勉強する意味を、子供が分かるように話してあげること。
    たとえば、大人が仕事をすることで社会が豊かになるように、子供は勉強することで、社会が豊かになるんだというようなお話です。

    子育て頑張ってくださいね。

    ユーザーID:7952391589

  • お好きに〜

    限られた時間の配分をどうするかでしょ。水泳も
    ・体力が無いと最後の粘りが効かないから
    ・大事な高学年で小学校の水泳授業でガタガタしたくないから
    小四頃までスイミング頑張る。
    なら中受対策とも言えるわけで。

    進学塾に行き始めたら、テストで手を変え品を変え妙な問題が出てきます。
    ・ポテサラ作ったことがありゃ有利だな(理科だったか算数だったか)、
    ・ボーリングの点数計算問題だとう?(算数)、
    ・鉄マニアな問題がよく出るなあ…男子校は好きだからな鉄問題(社会)

    等々ありました。まあ
    「色んな経験積んでる子の方が有利」とも言えますから、その辺りどう考えるか、ですね。
    「自然分野での基本的な感覚(太陽月星や影の動きや、虫や花をいじくり回す感覚等々)は時間をかけて身につけておかないと」
    と考えるか、
    「そんなん身につくようでつかないし(やったこと自体忘れますわな)、座学バッチリの方が結局いい」
    と考えるか、
    ご家庭それぞれなんじゃないでしょうか。

    ただ、体験系重視でも、変わった算数問題やってみたりテスト受けてみたりは別にいいと思うがな。

    ユーザーID:6357747377

  • 先々

    18歳まで受験受験がすべてのように思っていても、その先の将来のほうが長いです。
    学者になって勉強一筋ならまだしも、多くの人と交流し、その中で自分の位置づけを確立しないと
    いけない人が殆どです。
    無理を重ねて、受験にすべてをささげるより、人間的成長もしくは、幼少時代そのものが楽しかった
    という経験を持つほうが大切だと思います。

    それで中学受験に失敗するぐらいなら、その後逞しく、また、高校受験、大学受験に臨むほうがいいかと
    思います。

    ユーザーID:2569928895

  • 学校のレベル・子供の性格にもよるのでは?

    我が家の一人娘も、ほぼ準備出来ないままの中学受験でした。

    中高一貫の女子高受験でしたが、本人は最後まで近くの公立に進みたい気持ちもあり、随分迷っていたので、やっとその気になった時にはまさかの11月!
    それから個別指導の塾にお願いしました。
    塾の先生からは、合格は請け負えないが、それでもいいですよね?と言われていました。(笑)

    進学校ではなかった事、又、いわゆる特進的なコースといわれるクラスではなかったので、受験科目も国語と算数の2教科だけで済んだ事も幸いし、合格を頂きました。
    娘は小さい頃身体が弱く、受験前の個別塾以外、塾や習い事といったものに行ったことは全くありません。
    学校のレベル・コース等で、準備しなくてはいけない時間等がかなり違うと思いますよ。

    余談ですが・・・
    娘の学校はいわゆる進学校ではありませんでしたが、入ってからは本人の努力次第だと思います。(学校のフォローも私学は手厚いです。)

    受験の準備期間が短かったので、入学時はギリギリの成績だったのではないかと思いますが、娘は真面目に勉学に励み、現在は、難関大学と言われている大学に通っています。

    ユーザーID:4292469962

  • 子供によって違うのかなぁとも思いますし

    子供の性格や資質が違うように、こういうのもこれがっていうのはないと思いますが
    私は「小学校では小学生時代の色んな体験を」派です。

    今、5年と3年生がいますが塾には行っていません。公文はやっていますが
    勉強って時間だけやればいいって感じじゃなく、いっぱい遊んで毎日20分でも勉強の習慣がついていればいいと思います。

    うちは小さい頃からワーク的なものは与えていましたので、好きな時にやるといった感じで、毎日4ぺージ以上はやるというのが習慣になっています。
    学校から帰ってきたら、お友達と5時までは遊ぶし、土日もあちこち出かけます

    今しかできないことってあるから、年齢での遊びや体験って貴重ですからね。
    勉強は早くやろうが、できるときはいっきにできます。その時期分からないことをやっても時間の無駄で、わかるときはすっと入ります。なので先取もいいけど、無理に難しいのはやらなくていいかも。

    うちは無理強いせず、やりたいワークをこなしていくという感じで、全国テストでも上位3%以内には入り、賞状などもらいますよ。
    できる子は6年の夏からやっても受かると思います。勉強なんて中学に入れば嫌でもやらなくちゃですからね

    ユーザーID:2678092009

  • 何かしらやってる

    >>低学年では、勉強よりもいろいろな体験を

    それは全く「勉強しない」ということ意味ではないと思います。
    「受験勉強」はやらせないけれど下地づくりはされてるご家庭が多いです。
    低学年の公文やサピックス、Z会などもその下地の一つ。
    公文や算盤で計算力をつけておくと後々有利ですし、漢字検定もまた然り。

    トピ主様は山登り、科学館などで理科の下地を作っていますよね。
    その際に植物や科学について親子で話すことも下地の一つですよね。

    もしご不安であるなら四則計算は入塾前に「早く正確に」できるようにしておくといいと思いますよ。

    ユーザーID:4571905391

  • ウォーミングアップは2年から

    小6の受験生がいます。

    大手の中受塾に2年の夏前から通い始めました。(Sではない)
    周囲では公文の子がとても多かったのですが、あの黙々とこなす個人プレーが性に合わず、グループレッスンで雰囲気も良かったジュニアコースに通うことにしました。

    低学年のまだ落ち着きのない生徒もいる中、楽しく集中力を切らせないように授業を進める先生には、やはりプロだなぁと感心したものです。
    ジュニアコースなら、大手であっても公文などと大して変わらない授業料ではないですか?また宿題も(うちは)多くなかったので、公文の子よりずっと楽でしたね。
    雰囲気を理解しつつ、そのまま小4から受験コースへ進み、ジュニア時代のお友達と楽しく塾ライフを送っていますよ。

    低学年の頃は勉強は学校と塾の宿題のみ、市販のものは一切買わず、習い事も好きなようにさせてました。
    美術館、博物館、動物園、ワークショップ、楽しそうなイベントなど連れまわして、土日は殆ど外出し、本も興味が湧けば、惜しみなく買ったり借りたりして与えてました。

    本腰入れるのは4年からで大丈夫です。
    それまでは準備期間として楽しく過ごしてください。

    ユーザーID:5285398598

  • 娘が私立中学1年です

    うちの子の経験からの話をします。
    まず、公文について。
    中学受験をするしないに関わらず、公文のような反復練習は良いと思います。多少書字が雑になることがありますが、基礎計算力はつきます。

    中受塾について。
    あくまで私の考えですが、中受塾は4年生の2月〜で十分だと思います。
    それまでに基礎学力をつけておくことが大事だと思いました。

    また、可能であれば、英会話を習わせておくと中学に入ってからスムーズです。
    私立中学に入ると帰国子女や英検準2レベルの子がたくさんいます。
    進度も早いです。

    うちの子にもいろいろと体験させました。
    国内外 様々な乗り物にのせたり、風景を見せたり、いろいろな食べ物を味あわせたり。
    スポーツも、芸術も音楽も。
    動物園、水族館、博物館にもたくさん行きました。

    中学受験に限らず、どこかのCMにもありましたが「ものより思い出」って大切だと思います。プラス学力があると もっともっと人生が楽しめるって感じでしょうか?
    中学受験がゴールではありません。お子さんの人生の肥料になりそうな体験や学は どんどん身につけてあげてください。

    ユーザーID:3209604624

  • 低学年までは “習慣づけ” だと思います

    こういう議論は人それぞれなので、私の価値観を書きますね。

    低学年まで(小3くらいかな)は、
    色々な体験や遊び、勉強を落ち着いて一定時間こなす習慣付けを
    なさるのがいいのではないでしょうか。

    いくら先取り学習をしたところで
    じっくり腰を据えて考える姿勢ができていなければ
    何もなりません。

    公文や塾に入れる前にまず、学校の宿題や家庭学習を
    きちんと落ち着いてこなせるように躾けるのが先でしょう。

    それらを経て高学年に入り、人の話をよく聞き理解し、
    自分からも学習する姿勢が出来てきますので
    そこから先取りやら塾やらレベルの高い学習をしたほうが
    合理的だと思います。

    そして学習を長時間行なう上で必要なのは、
    長時間耐えうる集中力ですが、これは体力が無いと出てきません。
    スポーツを長くやらせ、体力を付けさせるのを平行して
    日々過ごされると良いかと思います。

    平日→ 家庭学習+スポーツの日々の習慣
    休日→ 色々な体験、図書館へ行く、外遊びなどのお出かけメイン

    うちではこのようにしています。

    まずは基板(基礎)を堅めてから
    本格的な勉強に移行するのが理想的かと。

    ユーザーID:5188258415

  • 他人事なので無責任に言ってしまいますが…

    勉強も体験もどちらもほどよくやる,という選択肢はないの?勉強か体験かどちらか,みたいに読めますが。あと,周囲に流されているだけかも知れませんが,子供自ら塾に行きたい,と言っているのを「今は体験」と諦めさせてしまうのは勿体無い気がします。お金がかかるので,子供の言うまま何でもやらせるわけにはいかないでしょうが,子供は勉強より遊びの方が好きなはず,というのは大人の思い込みのような気がするときがあります。手前味噌で申し訳ありませんが,自分が子供のとき,勉強や読書は,友達と外で駆け回るのと同じくらい楽しかったです。

    ユーザーID:7334289524

  • 御三家も同じですよ

    うちは通常の4年生スタートでしたが、同級生の中には、親が上の子で中受というものを経験していて、4年生の学習なら結局5年生で繰り返すから家庭で対応できるし、この子なら大丈夫だ、とか、この子は長い期間は性格的にもたないだろうときちんと判断できる場合、5年生スタートも多いくらいです。
    すごくキレる子の中には6年からでも最難関に合格しています。
    もちろん一年生から通って、という子もいますが、・・・リスクが大きすぎますよね。

    自分より遅れて入ってきたのに、クラスは遥か上にいる生徒を見て、子供はどう感じるだろうか?とか、
    低学年のうちは遊びの中での学びのため、子供としては塾=遊べる場所、となり、学年が上がってもメリハリがつけられない、とか、
    だんだん難度があがってくると(大人側はそれを面白いと思ってほしいところなのに)面白くないどころか、クラスが下がるばかりで辛い、という事態になりやすいようです。

    つまり早いのも遅いのも、よほどの親力と子供の地頭の良さが必要だと思う。
    そうではないなら、通常の4年生スタートとし、それまでいろいろな本を読んだり、出掛けたり、体力つける方がよいと私は思います。

    ユーザーID:6128617125

  • やってみないとわからない

    結局は子供の実力というか個性によるのだと思います。

    それは、同じ子を2回育てるわけにはいかないので、どちらが正解かは分からない。
    うちはそれで、ハイブリッド型というか、両方やることにしました。
    低学年のうちは習い事と沢山遊ぶことをする。
    3年生から塾に。

    3年生から塾に行きだしても運動系の習い事は続ける。
    キャンプや旅行にも行く。

    高学年からは勉強に集中といった感じでしょうか。

    低学年のうちも遊んでばかりはあれかなと思ったので、英検、漢検、算検は受けました。
    3年生で漢検については6年生相当の5級には合格しています。

    論理パズル的な問題はずっと続けてますね。

    これから先どうなるのかは分かりません。。。

    ユーザーID:1965411914

  • トピ主です。

    たくさんの方にご回答いただき、ありがとうございます。

    私の周りで、幼稚園や低学年から、
    公文先取りや、塾に行っているお子さんは、
    「元々地頭もかなりよさそうな子」ばかりです。
    上に兄や姉がいて、「御三家終了組」と言われる人たちです。
    地頭的には、うちも同じようなタイプに見えます。(親バカ)

    彼らは迷いなく、幼稚園で公文先取→低学年から塾→御三家→東大、
    と、ゆるぎないビジョンがあるようです。

    「うちは公文先取→塾→御三家だけど、
     もっといろんな体験させればよかったと思ってるよ。」と口では言いますが、
    下のお子さんもやはり、勉強三昧です。

    でも、お子さん達もやらされている感はありません。
    勉強大好き、あふれでる学習意欲を満たすためにやりたいからやっている、という感じです。

    うちの子も受験に対してはやる気満々ですが、
    うちの場合は勉強だけがやりたいことではないので、時間が足りない感じです。

    子供は低学年の内容が簡単過ぎてつまらないから、難しい問題集を買ってと言います。
    本屋さんに一緒に行ってみますが、やる暇あるの?と疑問です(笑)

    ユーザーID:8289473555

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主です。

    たくさんの方にご回答いただきありがとうございます。

    本を読む、字を綺麗に、
    これはうちも気にしてやっている点なのでひとつホッと出来ました。

    結局は地頭じゃないか?←これもよく思います。

    でも、周りの地頭が良さそうな子が、幼稚園からガッツリ勉強をしているのを見ると、
    なんだかソワソワして来るので不思議です。

    「1年生から塾でやっている子が、4年生で入って来た子にどんどん抜かされていく。」
    という書き込みを結構よく見掛けますが、私の周りでは想像出来ません。

    幼稚園や1年生からやっているのは、元々すごく頭のいい子達で、
    一番頭がいい子が小さい時からやっているのに、追いつくわけがない、みたいな。

    この低学年から勉強している子達なら、高学年から勉強しても、
    すぐに追いついて追い越して行くでしょうが。

    私の周りでは、追いついて追い越しそうなくらい賢い感じの子達は、
    ほとんどが低学年からやっているので、追いついたり追い越したりしない、
    最初から最後までトップを独走しそう、と感じます。

    ユーザーID:8289473555

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 親も勉強を

    親がぶれるのが一番よくないです。
    そもそもゴールをどこに設定してるのか、そこまでの最善なプロセスは?、子どもさんの適正、公文やSAPIXの実態、どれも調べられますよ。
    なんとなく中学受験をさせようと考え、なんとなく今は体験、塾は4年からなどと考えるから周りに流されるのでは?
    図書館に通って中受の本を読みまくる(SAPIXの実態などの本も出てます)、それをもって最寄りの公文やSAPIXに足を運んで先生に話を聞いてみる、あなたがやれることは沢山あります。ここで人に聞いたってあなた方ご夫婦の考えやお子さんの適正に合った答えが出てくるわけないです。

    私は早期教育には反対です。早期教育の弊害は自明であり、他の子が遊びや体験の中で社会性や協調性を育んでいるのに、勉強ばかりしていたら、それは時間の按分が違うので勉強が上達して当たり前です。時間をかけられなかった部分が不得意になるだけで。
    これだけ中学受験が蔓延して、社会性を学べない子が大人になったらどういう社会になるのだろうと私は危惧します。
    それでも早期教育は宗教みたいなものなので、それを信じるのであればあなたが教義を知りましょうということです。

    ユーザーID:9791140407

  • トピ主です。

    たくさんの方にご回答いただきありがとうございます。

    ホント、小学生の忙しさ、時間の無さに驚いています。
    帰宅してから宿題・おやつ・翌日の準備、習い事に行って帰宅して、お風呂入ってご飯食べて寝る。

    幼稚園よりは始業が1時間早い上に幼稚園より遠いので、
    1時間早く起きなきゃいけないけど、睡眠は十分に取りたい。

    学校から帰宅すると、幼稚園の終業よりも1時間遅い。
    小学校に取られる時間が、幼稚園よりも2時間も長くなっているので、
    いろいろとバタバタです。

    上記の帰宅・宿題〜寝る、までの間に、
    ちょこちょこと隙間時間があり、そこで本を読んだり、
    やりたければ英語をやったり、やりたければ予復習をやったり、
    テレビを見たり、おもちゃを出して遊んだりと、まあ好きなように過ごしていますが、
    うちは家庭学習もバッチリです、という感じには全然なりません。

    1年生は10分でokだとしたら、宿題だけで10分はやってるから十分か?なんて思おうとしたり。

    テストや難問は好きみたいなので、
    暇を見つけて散発的にやってみるのもいいかな、と思いました。

    ユーザーID:8289473555

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 勉強の意味をわかってない

    本格的な受験対策としての勉強は中学年からでもいいでしょう
    でも、基礎学力、勉強する体質、自信や目標を
    突然始めても、無理です。

    受験勉強に入る前の勉強はしておかねば
    余程の頭の良い子でなければ無理です。

    基本的な勉強は出来る
    出来れば半年から1年上の勉強が理解できており
    学校や塾の授業が簡単 自分は人よりも出来ると自信を本人がもってなければ
    挫折します。

    かといって、あまり早くから塾に詰め込んで
    勉強だけさせても、周りと競争で負ければ挫折心がうえついたら
    受験事態が無理な状況におちいる。

    勉強だけをさせたら、子供は潰れます。
    常にいい成績でトップを走れる子ならそれでもいいですが
    多分必ずしもそうじゃない場合、
    脅迫されて勉強する事態になれば、遠からず潰れます。

    無理に塾に行かせるよりも
    色々な体験をさせ学習能力を高める事が大事かと。
    テキストをみて丸暗記させるにではなく
    海山自然にふれつつ理科に纏わることを親が教える
    天体の仕組みなど 海流 天候など
    家族旅行で旅費のプランをたせさせ計算力をつけるなど

    ある程度ナチュラルに親が学年以上の知能をつけさせておくべくです

    ユーザーID:7216906596

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧