猫白血病のにゃんこについて

レス9
(トピ主3
お気に入り22

生活・身近な話題

とまと

4歳になる元野良ちゃんです。一年前に保護したときにはもう白血病、エイズ陽性でした。今年の春頃から口内炎がひどくなってきて、ステロイドを打ってきましたが、とうとう衰弱してきて、ほとんど眠り、口内炎が痛くてあまり食べられないでいます。

またステロイドを打てば、口内炎が治り、2週間ぐらいは食べられるでしょうが、いま衰弱してるところにステロイドを打っていいものか、迷ってます。

民間療法は、サンクロンはダメでしたので、マヌカハニーを鼻につけて舐めさせるようにあげていますが、効果はいまいちです。

ユーザーID:9866886632

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 抗生物質

    FIVで亡くなった高齢猫(おのらく14歳以上)ですが、やはり口内炎が酷く、抗生物質を2週間おきに注射していました。

    かなり口内炎が良くなり食欲も増えました。

    輸液も基本的に2週間おきに。脱水症状をを起こした時には直ぐに輸液しました。

    ご参考までに。


    猫さん保護してくれてありがとう。

    素人考えですが、若い猫さんだからきっと病気と付き合いながらやっていけると思います。

    祈っています。

    お大事にしてください。

    ユーザーID:1065794168

  • 医者にいきました

    昨日医者に連れてゆきました。診察台で少しあばれたので、まだ元気があるとのことです。高熱と貧血がありました。先生がステロイドを打たなきゃ食べられない、体力をつけさせるようにとの指示でした。

    まだ死期の衰弱ではなかったようですが、近い未来にステロイドが効かなくなってくるのは先生から聞いてます。周りのねこ友いぬ友から最期の別れの話は聞きますが、こんなにつらいものなのですね。

    ユーザーID:9866886632

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • レーザー治療

    こんにちは。
    保護ネコさんたちが沢山うちにおります、ねこばばあです。
    うちにも同じようなネコさん(10歳)がおりますが、レーザー治療に通って大分良くなりました。
    レーザー治療は1週間に1回を4回繰り返し、しばらく様子をみて、必要だったら又同じサイクルで治療をしますが、
    うちの子は2回サイクルを繰り返しました。今はきちんとカリカリも食べれる状態です。
    お医者さんによって、治療の方法が違うようですので、調べて他のお医者さんからの意見もお聞きになってはいかがですか?
    因みに私も、ネコさんの具合が悪かったりするとハチミツを舐めさせたりしています。
    早く治るといいですね。

    ユーザーID:4147198587

  • 通りすがりさんありがとうございます

    エイズにゃんこで14歳は長生きしましたね。けっこう生きられるものですね。通りすがりさんを希望に看病してゆきたいと思います。

    ユーザーID:9866886632

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 水分はとれますか?

    辛いですね。

    うちの猫もFIPで闘病中です。
    少し前まで食が進まず苦労しました。

    ペースト状のものが食べれるなら!ロイヤルカナンの退院サポート等の高カロリー食を、水やミルクで薄めてみては如何でしょうか。

    あと、うちの猫は胸水が溜まって殆ど食事をとれない時期に、金のだしカップは食べてました。
    水分が多いので食べやすかったみたいです。
    中の魚も細かくしてあげるとペロペロ食べました。

    どうしても厳しければ、高カロリーのペーストを溶かして、シリンジで口のなかに入れてあげる方法もあります。
    体力が落ちすぎてると危険ですが・・・。


    辛いですね。
    ステロイドの副作用などお医者さんと相談して、イイ解決法が見つかるとよいですね。
    猫ちゃんが少しでもご飯を食べて、元気になることを祈ってます!

    ユーザーID:7781424454

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • うちの子猫白血病の場合

    うちの子は生後一年半で白血病が発症しました。
    高熱と口内炎が酷く、食欲不振でやせ細りもうだめかとあきらめかけたのですが、
    ダメ元で診てもらったセカンドオピニオンの獣医師さんが「小さな動物は絶食させたらすぐに
    弱ってしまうのでシリンジに高栄養のペースト状の餌を入れて食べさせる」「白血病は完治しないがインターフェロンの注射で抑え込むことが出来る。若い子ならまだ希望もてる」と励ましてくださり注射は週2回から3回程度通って期間は3か月くらいで熱も口内炎もおさまりました。
    あれから10年
    いままた白血病からでなないアレルギー性の口内炎が少しできてステロイドを処方してもらってますが注射ではなく飲み薬です。先生曰く注射での投与は年に3回が限度だとか。
    効き目は緩いかもしれないけれど飲み薬のステロイドに切り替えてはいかがでしょうか。
    それと高栄養食の強制給餌、インターフェロンの投与など試されてみては。
    ステロイドとインターフェロンの併用は先生にきいてみたら問題ないようです。猫エイズについてはあまり詳しくないのですがインターフェロンはある意味万能薬ときいています。

    ユーザーID:2901852437

  • 2度目ですが

    一目で高齢で病気持ちの猫を保護しました。
    虐待の痕跡もありました。

    FIVで腎臓と肝臓が悪く、口内炎と歯周病が酷かったです。

    適正体重は4kg位のところ2kgしかありませんでした。

    口内炎が痛く、食べられませんでした。

    抗生物質・ステロイド・輸液でだいぶ良くなり、食もすすみ1ヶ月で4kgまで増えましたよ。

    最後は脳梗塞で倒れ、救急病院へ連れて行きました。

    ICUへ入りましたが「朝まで持たないかも」と言われまして、付き添えないとの事でしたのでギリギリまで居て連れて帰りました。

    一緒に居たのは14ヶ月です。

    亡くなった時は16歳位だと思います。

    情報によると、最低でも6年は野良をしていた猫さんでした。

    高齢で野良生活で16歳まで生きたのですから、とまとさんの猫さんも頑張って人生ならぬ猫生を楽しんでくれると勝手に思っています。

    ユーザーID:1065794168

  • 三度すみません

    ステロイドは粉末でした。

    食事に混ぜておりました。

    抜歯もすすめられました。

    抜歯をすると、歯周病が改善して食べやすくなると言われました。

    全身麻酔が気になって、結果的にしませんでしたが。

    栄養補給のために、食がすすまない時には猫用ミルクをあげておりました。

    水分はアクアコールです。

    ご参考までに。

    ユーザーID:1065794168

  • ありがとうございます

    通りすがりさんたくさんの情報ありがとうございます。
    ねこばばあさん、猫飼いさん、このりさん、ありがとうございます。

    現在にゃんこは造血剤注射を1日おきに打って治療してます。食欲が以前の半分ですが、出てきました。おいしそうに食べている姿を見るとホッとしますね。皆さんの情報は目からウロコばかりでした。にゃんこを見ると胸がいっぱいになりますね。皆さんも同じ思いで看病したのですね。私もがんばりたいと思います。

    ユーザーID:9866886632

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧