お得感に弱くて困ります(駄)

レス14
(トピ主2
お気に入り63

生活・身近な話題

ダリア

40代女性です。
前から薄々感じていたことなのですが、最近、強く自覚したことがあります。それは、私は「お得感」に弱い、ということです。
洋服や身の回りの品をセールで購入することが多いのですが、買い物をする時の主要な基準の一つが「お得感」なのです。
もちろん、安いからという理由で、要らないものを買うことはないのですが、
「ちょっと使うかもしれないけれど、なくても困らない」という品物を、○○%OFF!という文字に惹かれて買ってしまうことがあります。
この時の、「安くなっていてちょっと得した」というお得感に弱いのです。
 安物買いの…
 年相応に良いものを…
というのはよくわかっています。
セールで3点買うところを、良いものを1点買った方が結局はお得、というのも理屈ではわかります。
でも、元値がいいものをセールで買う時のお得感にやられて買ってしまいます。

このように、「わかっちゃいるけどやめられない」ということ、ありますか?
それはどんなことですか?
また、それを克服してやめられたという方、どうやって行動を変えられましたか?
或いは、やめなくても良いんだ、と思うようになった方、どのような考え方からですか?

皆さんのご経験をお聞かせください。

ユーザーID:7319597705

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 一緒です

    私もお得が大好きで。
    安物買いの銭失い、はい承知してます。
    でもね、この私でもたまに高いものも買います。
    それでも飽きるものは飽きる。
    安くても、ずっと気に入ってるものもあるし。
    最近は、「これは趣味だ」と思ってます。
    趣味にお金を使うことは当たり前でしょう。
    それでも、ものが増えるのが嫌で、買うことも減りました。
    40代の頃はまだまだ、買わないとストレスでした。
    趣味なんだから、やめません。(笑)

    ユーザーID:8679840790

  • 引っ越しがきっかけ

    新築一戸建てに引っ越しました。
    その引っ越しの際、「使うかもしれないけど、なくても困らない」
    という物を大量に処分しました。
    人にあげたり、リサイクルで売ったり、捨てたり、ものすごい量を
    処分したのだけど、購入金額にしたら、数百万円くらい?
    売った金額は数万円、あー、バカらしい。
    新品の家電とか買えちゃいますね、無駄な買い物をしてなければ。

    安いだけでは買わない、買いだめは確実に使う消耗品だけ。
    今は徹底してます。
    というより、徹底させてます。
    これらの無駄な買い物は、ほとんど主人の仕業なので。
    もうほとんど病的にお得感に取りつかれてたので、大量に処分する
    ことになって少しは懲りてくれた思います。
    買い物コントロールできてない状態だったので、捨てさせるまでは
    何度も大バトル、引っ越ししてなければ、処分できずにゴミ屋敷に
    なるところでした。
    本当、使わない物を買い続けることが20年、30年と蓄積したら
    金額的にも荷物量的にも大変なことになりますよ。
    コントロールできるうちにやめましょう。

    ユーザーID:2213741791

  • 旬や限定に弱い。

    地域限定、季節限定、本日限定、今だけ、ラスト一個…
    などなどとにかく旬と限定に弱いです。
    なので食卓も今が旬!の物が並びます。
    お菓子も買うのも作るのも、季節の物。
    今だと栗やかぼちゃ、モンブラン。
    出かけるのも季節を感じる場所へ行きます。
    これからの季節は紅葉狩り、ハイキングにBBQなど。
    季節の花や植物を飾ったり、育てたり。
    外食では、本日のおすすめ、日替わり、20食限定
    などがあれば、必ず注文します。

    食べなきゃ、行かなきゃ、見なきゃ、勿体無い!と思うからです。
    ちなみに周囲からは好奇心旺盛だと言われます。
    子ども達が独立したら田舎で季節に身を委ねて自然の中で
    生きるのが夢です。

    ユーザーID:4738295395

  • わかる〜!!

    私も同じく40代女性です。

    そして主さんと同じで『お得感』には滅法弱いです。
    先日もお得に飛びついてゲットしたクーポンで有効期限ぎりぎりで商品に交換するためにあちこちのコンビニに駆け回りました。
    果たして本当にお得だったのか…。

    ショッピングに行ってもすぐに値札を確認してしまいます。
    ○%オフって文字に反応してしまう自分が悲しい。
    品質だったりデザインを重視して本当に良い物を選べるようになりたいです。
    私もこちらのトピを参考にさせていただいてお得感ばかりにとらわれない生活を目指そうと思います。

    ユーザーID:6523863025

  • 小町で知ったこと

    ◇「欲しいもの」と「必要なもの」は違う
    ◇一番の節約は「買わないこと」

    私は何か買うときは「これは必要なものだろうか」といつも考えます。
    安くても使わなければ意味がないし、物が増えるし、捨てるときの罪悪感もとてつもないからです。
    服などは、今はやめておこう、また来たときにあったらこの服と縁があったと思おう。
    なくなっていたらそれは元々私が買うべきものではなかったのだ。

    と、考えるようにしています。

    そうしたら、お財布からお金を出す行為にものすごいストレスを感じるほどのしまり屋になってしまいました。

    ユーザーID:4634500316

  • ああ〜全く一緒

    そうなんです。

    お得感にやられて衝動買いしてしまうんです。

    値引き率が高いほど、それほど欲しくなかったものでも買ってしまいます。

    でも食品や日用品に関しては自分なりの「買っていい価格の上限」というのが決まっていて、たとえば5箱入りティッシュなら198円以上なら買わないとか・・・

    なのに着ていくところもないのに、元値2万円の70%オフのワンピースを買ってしまったりします。

    関西人って安く買えたことを自慢する人が多いって聞いたけど、まさに私も関西人です。

    ユーザーID:5668681980

  • 安心してください

    お得感には皆さん弱いのです。

    いいおじさんがたった数十円のために1円でも安いガソリンスタンドを探して走り回っています。

    ユーザーID:7037720394

  • トピ主です

    皆さん、駄トピにおつきあいくださりありがとうございます。

    キリン様
    そうなんですよね。高くても飽きるものは飽きる。
    私も高いものを買うこともありますが、高いからといって長く使えるかというとそうでもない…
    タンスの肥やしになっているものを見ると、罪悪感すら感じます(笑)
    「これは趣味だ」と思うというのは良いですね!
    私もしばらくやめられそうにないので、趣味と思って割り切るという手もアリですね!

    ゴミ屋敷は嫌様
    数百万円はすごいですね。
    確かに、一回一回はたいしたことはなくても、長い間の蓄積となると馬鹿にできないですよね。
    引っ越しを機にやめられたとのこと、ご主人様のお得感好きに勝ったんですね!
    私も蓄積を意識しながら、コントロールしてみたいと思います。

    鈴木様
    旬や限定に弱い、わかります!
    今しか、ここでしか、というものに私も弱いです(笑)
    今の季節だと、紅葉狩りにぶどう狩り、栗、松茸、さんま等々、あー思い浮かべただけでもウキウキしちゃいます!
    季節に身を委ねて自然の中で生きる…素敵な夢ですね!
    実現すると良いですね!

    ユーザーID:1740294566

  • トピ主です

    Tsukiko様
    果たして本当にお得だったのか…私もそう思うことあります。
    買い物をしている時は、お得感につられて買う気満々なのですが、その為の労力、使用頻度、諸々を考えると本当にお得?と思ってしまうんですよね。
    でも、良い買い物をした時の満足感もあり、なかなかやめられません(笑)
    一緒に、本当に良いものを選べる買い物上手を目指しましょう!

    ランタナ様
    買わないのが一番の節約…本当にその通りですね。
    買い物もご縁と考えられ、必要なものだけを買えるようになられたとのこと、私もその境地に至りたいです!
    しまり屋さん、良いじゃないですか。やっぱりいざという時にものを言うのはお金です。
    私も「物よりお金」を意識して変わりたいです(笑)

    oba様
    お仲間がいて嬉しいです!
    自分なりの「買っていい価格の上限」を決めるというのは良いですね!
    上限を決めてその中で買い物を楽しめば、節約もできそうです。
    私も心の中では、安く買えたことを自慢する関西人です。
    本物の関西人ではないので、人には言えませんが…(笑)

    ユーザーID:7319597705

  • トピ主です

    ハシビロコウ様

    そうですね。みんなお得感に弱いと思うと安心です(笑)
    ちょっとのお得のために頑張っちゃうのも楽しいと思えば、毎日明るく過ごせそうです!
    ホッとできるレスをくださり、ありがとうございます!

    ユーザーID:1740294566

  • この間

    近所の店でひとつ3ポンドのカチューシャを二個買ったら「2個の場合は5ポンドになります」といわれて「わーい!」と叫んでしまいました。 又、箱入りビスケットを2個買うと40%引きというセール中だったので、賞味期限を確かめてクリスマスのギフトにと買い込んだところです。 運命が左右されるほどの節約ではないのですが、気分の良いこと!

    ユーザーID:0703690981

  • トピ主です

    お世話好き様

    「わーい!」って叫んでしまった、というお気持ち、わかります〜!
    ちょっとのお得感でも、ラッキー!って思っちゃいますよね。
    小さなお得感で生活が楽しくなると思うと、お得感好きも悪くないな、と思えてきます(笑)
    ありがとうございました!

    ユーザーID:8658269183

  • お金がたまる人は

    基本的にお金がたまる人っていうのは「必要なものを必要なだけ買う人」です。
    欲しいものにお金をかける人、必要であっても必要以上に買う人はお金がたまらないようです。
    本当に必要なものであれば、たとえいくらであっても手に入れることが大事らしいです。
    そのあたりの度量というか感覚というか難しいんだと思います。

    ユーザーID:1066034246

  • トピ主です

    KM様

    「必要な物を必要なだけ買う」当たり前のようですが、やはりこれが一番ですね。
    私は必要以上に買ってしまうタイプです。
    必要な物だけにお金をかけて、無駄な出費はしないような感覚を身につけたいと思います。
    でも、その感覚を会得するには少し時間がかかりそうですので、徐々に変えていきたいです。
    貴重なご意見ありがとうございました。

    ユーザーID:7319597705

レス求!トピ一覧