難聴者との会話

レス70
(トピ主4
お気に入り82

心や体の悩み

ガーランド

片耳が聞こえない又は聴き取りにくいなどの難聴者と健常者の会話で、よく以下のことが発生します。

健「○○と××と△△を買ってきてね」
難「わかった」

しかし○○と△△しか買ってきていない。

健「○○と××と△△をを頼んだのに、何故買ってないの!!」
難「××は聞いてない」

いつも言った言わないになるそうです。
そのため健常者は、大声でわざとらしくゆっくり話すのですが、難聴者は「そんな大声で話さないでくれ!!」とうんざりしているようです。


健常者側・難聴者側で言い分はあると思いますが、知り合い同士ならともかく、仕事場とかで無理解からトラブルに発展することは多々あると思います。

双方でなにか対策はないでしょうか?



※ちなみに難聴者とは自分です。
片耳が高音域が聞こえない症状と検査で判明しています。
特に女性の声は聴き取りにくく、雑多の音が大きいと途切れ途切れに聞こえる状態です。

ユーザーID:0318230702

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数70

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • メモ書き

    そんなこと、メモ書き確認で防げるでしょうに。

    ユーザーID:5670551090

  • 確認しないの?

    仕事ならですけど、
    頼まれた事柄を紙に書いて頼んだ健常者に確認しない理由は何なのでしょうか?

    ユーザーID:7868775511

  • 自覚を

    仕事に支障があるなら、職場では補聴器をする。
    それから、相手に自分が難聴者であることを知らせることが重要です。
    また、老化が原因の場合は、高音域から聞こえなくなります。
    まずは、ゆっくりと聞き取りやすく話してもらうことです。
    ただ、例にある内容は、聞き間違いや、聞き取れなかったのでなく、聞き洩らしであって、「わかった」は難聴が原因ではないような気もしますが…。
    分からなければ、確認が必要です。

    ユーザーID:6673089182

  • 難聴者さんが傲慢

    私も片耳が全く聞こえませんが、そんなトラブルになったことないです。
    だって、聞こえなかったら聞こえるまで確認しますから。
    普段の会話ならまだしも、用事の場合は、しっかり確認しますよ。
    聞こえる方の耳を相手に向けて、しっかり聞き取ります。
    対策もなにも、確認を怠った難聴者さん側のミスですよね、単純に。
    ましてや、「そんな大声で話さないでくれ!!」とうんざりするなんて、
    相手に迷惑をかけておいて、どれだけ傲慢な人なんでしょう。

    全面的に難聴者さんが悪いと思います。
    自分の傲慢な態度を反省して、改めましょう。

    そもそも、片耳が全く聞こえなくても、普段の生活には困りません。
    人との会話は正面を向けば聞こえるし、並んで歩く時は聞こえる側に
    並んで歩けば何の問題もありません。
    聞こえない方から話しかけられたら、聞き返せばいいだけ。
    物心ついた時から聞こえませんが、そんな感じで普通に兼業で働いて、
    普通に子育てして、普通に生活してます。

    ユーザーID:6108367122

  • ん?

    まずは何故メモを取らないの?
    トピ主さんは自分が難聴だとわかっているんでしょう?
    聞いた事が完全かどうか確認する意味でもメモか録音は必要では?
    難聴なら工夫しないと。
    健常者にも説明して理解を求めたほうがいいけど、期待はしないほうがいい。
    聞こえにくい事は、なかなか理解できませんよ。
    「聞こえが悪いのでメモ取って確認していいですか?」
    これが言えるか言えないかで周囲の態度は変わると思うけど。

    ユーザーID:0504356050

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 言った言わない、は

    耳の聞こえ方に関係なく、よくあります。
    例のように買い物を頼む場合
    私はメールか、メモ書きを渡します。

    うっかり聞き逃してしまってたり
    物忘れしてしまったりは珍しいことではないです。

    トピ主さん、よほど嫌な思いをされたのかもしれませんが
    ご自分の難聴を意識し過ぎてないですか?
    買い物後の会話も「聞いてない」でなく
    「聞こえなかった」なら、もう少し違ったように思います。

    ユーザーID:1701741473

  • ゆっくり聞く

    中音でゆっくり話す!
    その心掛けで聞こえてきます。
    早口高音は聞こえ辛い、高音もゆっくりなら聞けます。
    お上品、意外とよく聞こえます。
    まあ都合よく聞こえない、覚えてない、これも使われやすいですが。
    大きな声、何も響かないです。
    何事もゆっくりがいいようです。
    色々な人が色々言うので聞こえないフリもプライドでしょう。

    ユーザーID:1819785560

  • うん・・

    うちの父は耳が遠くてほとんど聞こえてないけど・・
    物を頼む時はまず書いて渡しますわ。メモは絶対です。
    父も聞こえないので「書いておいて」と言います。それが間違いないのでは?
    何度も同じ事を繰り返していないで「書いといて」と言えば良いと思います。でも相手の手を煩わすより自分が動くべきですよね。自分の事だから。
    自分でメモり、最後に「これとこれだよね」と相手に見せて確認。
    なぜしないのですか?同じことを何度もやってるのに・・

    難聴者はうんざりしてるって・・相手は聞きやすいようにやってるんですよ。
    そんな大声で話さないで!ってうちの父もそんな反応するけど、その前に普通に何回も話しかけたりしてるんですよ。でも当然気づいてないから無反応。
    それで「これでもダメだな、聞こえないな、やっぱり無理だな」と相手は学んで言った結果が大きい声なんです。
    相手は難聴者に出会う事はそう多くない。でもあなたは相手が代わっても同じ失敗をする可能性は高いんだから。あなたが気を付けてメモを利用していくべきだと思いますよ。
    あちらは相手が違ったらそういう失敗はないでしょうから。
    あなたが自分で自分をフォローしないと。

    ユーザーID:3320849176

  • 復唱確認とメモ書き

    耳のハンディキャップの有無に関わらず、仕事で何か依頼されたら復唱確認しませんか?

    A「○○と××と△△を買ってきてね」
    B「わかった。○○と△△だね」
    A「○○と××と△△だよ」
    B「○○と××と△△を買うんだね、わかった」

    と確認すれば問題無いと思います。

    また、相手の方は主さんの耳のことはある程度ご存じなんですよね。
    なら、仕事はメモ書きにして依頼して欲しいと伝えてみてはいかがですか?
    紙やメールで伝えてもらえば済むと思うのですが、できない状況のお仕事なんでしょうか。

    ユーザーID:5501623026

  • 追記

    普段、面と向かって頼まれた場合、
    しっかりメモを取って聞き漏らさないようにしています。

    しかし、話の流れの中で出てきたものや、雑談のなかで突発的に出てきたものなど、聞き漏らすことが多いのです。

    しかし、上記のように苦労することが多く、またほかの家庭でも似たようなことが起こっていると聞いています。
    難聴者のひととの会話でどのように工夫しているのか、知りたくて質問しました。

    ユーザーID:0318230702

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 簡単に解決できるじゃん

    >難「わかった」

     の部分を、

    難「わかった、○○と△△ね。」

     とすれば、良いのではないですか?
     ご自身に、「正確に聞き取れていないかもしれない」という自覚があるのに、どうして確認しないのですか?
     どうしても、確認したくない理由があるのですか?

     
    難「わかった、○○と△△ね。」
    健「いやいや、○○と△△だけでなく、××もお願いします。」

     たったこれだけでは?

    ユーザーID:6617985685

  • メモ取れば解決することでしょう

    片方が健常者でなくても他人に買い物を頼むならメモを渡すか、メモを取り間違いのないようにすればいいだけですよ。当たり前のことですよ。

    ユーザーID:6013865133

  • しっかり復唱して確認

    「わかった、〇〇と××と△△を買ってこればいいんですね?」
    と、復唱すればいいと思います。

    この問題は健常者だから〜とかは関係ないかなと思いました。

    居酒屋でもありますよね。
    復唱してもらった時に「○○抜けてるよ〜」とか。

    しっかり確認する事を心がければ防げるのではないでしょうか。

    ユーザーID:0208847733

  • 書けば?

    全文書く必要は無いでしょうが、「買ってきて」が聞き取れて品名を逃すという事が経験的にわかっているなら、メモしてもらえばいいだけだと思うんですが、それだとだめな事情があるのでしょうか。難聴が問題なのではなく、難聴がわかっているのに「普通」に聞こえる人と同じ生活をしようとするところに無理があるように思います。

    先日ニュースで、電話で話した言葉が文字となって画面に出るシステムが開発されたと言っていました。実用化が待たれますね。

    ユーザーID:8042151578

  • メモ

    私の昔のママ友が難聴者でした。
    私はママ友との会話はメモを使ってましたよ。
    ある程度会話が聞き取れるならいちいちメモを取ることは無いでしょうけど
    間違えたら困るようなことはメモにしてもらったらいいのでは。
    あらかじめ「仕事の上で間違えたら困るようなことはメモして伝えてほしい」
    と伝えておけばいいのではと思います。
    ただ、それだと相手の負担になるので嫌がられる可能性もありますよね。
    その場合はその場で確認。「○○と△△を買えばいいんですね?」と。
    そうすれば「いや、××もだよ」と訂正してもらえるでしょう。

    言った、言わない…は、双方悪いんじゃないかなと思います。
    だって事実は「言われたけど聞こえなかった」ですよね。
    難聴者は「聞いてない」(言われてない)と断言できないはずです。
    なので「言われたのかもしれないけど聞き取れなかった」と言えばいいんだし
    健常者はそう言われたら怒ることではないし、そもそも難聴者が相手なら
    「聞き取れなかったのかも」と予測できるでしょう。
    双方相手への思いやりがあればトラブルは避けられると思うのですが。

    ユーザーID:9382812146

  • メモ、筆談。

    聴力に不安があるなら、視力をフル活用するしかないでしょう。

    私なら、買い物リストをメモ書きしてもらいます。

    ユーザーID:1474802118

  • そりゃ

    筆談しかないでしょ。
    大きな声出す必要もないし、聞き逃す心配もない。

    ユーザーID:3139375534

  • 復唱とメモ、場合によっては筆談

    まず難聴者が、言われた事を復唱して確認すればいいのでは?初対面の相手でも「すみませんが、耳が聞こえにくいので確認させてください」と言う。メモ帳を携帯し、聞き取りにくい時は書いてもらっても良いですね。
    職場では上司に相談して、同僚に聞こえの事をわかってもらい、大事な伝達事項は書いてもらうようお願いしては?
    しかし仕事上の指示は、たとえ難聴がなくても確認の為に復唱しませんか。「○と×と△」と指示されたら「○と×と△ですね」と。ハンディとか理解とかいう以前に、仕事をする基本姿勢ではありませんか。

    ユーザーID:2518189694

  • それは

    重要事項や買うものは紙に書いて貰えばいいのでは。
    連絡用ホワイトボード設置とか。百キンにありますよ

    ユーザーID:4800680273

  • 紙、メモ、メールを活用

    難聴者と暮らしています。
    トピの例の場合だと、話しながら紙に書くことが多いですね。
    引用させていただくと、

    >健「○○と××と△△を買ってきてね」

    と言いながら、○○、××、△△とメモも書く。

    >難「わかった」

    私が書くメモを見ている。「わかった」と言って受け取る。
    簡単な内容なら、メモを受け取らない時もあります。

    書いたものは証拠にもなる……というのもありますが、正誤をはっきりさせようという意図はありません。
    聴覚+視覚の方が確実だから、という程度です。
    正誤まで考えていたら、ギスギスしてしまいます。

    たんなる世間話など、長い話をする時も、単語を紙に書いたりします。
    これだけで全然違います。

    職場なら、指示は口頭+メール、伝言は口頭+メモにしてもらうのが良いと思います。
    言った・言わないで争っても意味ありませんし、そんなことで揉めるのは馬鹿らしいです。
    ようは、ストレスなく意思疎通できれば良いのですから。

    周囲の協力を得たいのなら、難聴はトピ主さんのせいではありませんが、
    相手の手間を増やすことには違いないので、頭を下げてお願いしましょう。

    ユーザーID:2391957664

  • 学習しないのかな?

    大事な買い物リストなんて、聞こえる者同士でもメモにして渡しますけど。
    そういう行き違いが何度もあるのに、なぜメモやメールなどを活用しないのでしょうか?

    ユーザーID:0718311071

  • 義親族が難聴者です

    何十年と一緒ですが酷く疲弊します

    職場の話ならもっとのはずです

    何故、相手からの指示を復唱しないのですか????!

    例えとして挙げたのかもしれませんがこの程度の仕事内容が聞きとれず仕事が滞る(とどこおる)なら
    相手のストレス具合はハンパないです

    >>「××は聞いてない」

    指示する方が間違っているとの主張ですね

    言った言わないなどとつまらない言葉の応酬になっている様ですが
    このトピ文を読んで判断する限り主さんが相手の言葉を聞き逃し反省も謝罪もせずに
    開き直っているとしか受け取れません

    主さんがする事は相手の指示を復唱する

    >>大声でわざとらしく(わざとらしいのではなく配慮しているつもりです)ゆっくり話すのです

    難聴者の義親族には私も家族もそして義親族が歳を取って入居した施設の職員達もこうしています
    これ以外の方法は思い付きません

    これを何十年と続けてきました
    義親族が歳を取って認知能力が落ちて来てからは大事な事は文章にして何度も読み返せる様にしていますが
    職場では効率的ではない場合も多いのではないかと思います

    ユーザーID:0210420451

  • 誰もが考えつく事

    メモに書いて渡すという初歩的な手段では何か問題があるのでしょうか?

    または、その場で難聴者の方が復唱をすれば言ったこと全て認識できているのかどうか双方でわかりますよね?

    ユーザーID:9826168135

  • 紙とえんぴつはありませんか?

    紙とえんぴつがあれば、十分問題解決すると思います。

    何も難しいことはないです。

    ユーザーID:8209403043

  • 確認や説明を

    しょっちゅうそういうトラブルが発生すると分かっているなら
    復唱したりメモを取って双方確認したらいいのでは?

    健「○○と××と△△を買ってきてね」
    難「わかった、○○と△△だね」(メモを取る)
    健「ん?××もだよ」
    難「何?」
    健「××もお願い」(意識してはっきり発音)
    難「××ね、了解」(メモに追記)

    健常者でも忘れないための買い物メモくらい普通に書くでしょう。
    職場ならなおのこと確認必須、分かったの一言じゃダメですよ。

    それと、大声すぎて聞き取りにくいとか高音域が聞き取りにくいとか、
    そういうことは相手には体感として分からないのですから
    こういう特性の難聴なのでこんな風に話してほしいと予め伝えたり
    もう少し声を落としてくれるかなと意思表示したり、
    そういうコミュニケーションは必要ですよ。
    黙ってイライラしてても理解されません。

    医療職・福祉職なら一定の知識はありますし
    難聴の患者さんに適切な配慮をするのは当然ですが、
    一般の方と職場で一緒に働くなら
    ご自分からの発信や工夫も大切になると思います。

    ユーザーID:1007593030

  • メモを使う

    何かを頼まれた時は、即座にメモを取って
    『これで間違いありませんか?』と確認してから行動する

    そうすれば言った言わなかったで揉める事は無くなりますよ

    健常者からすれば、自分の伝えた事が、どこまで聞こえているかは分かりません。

    聞き取りやすいように気を付けて話し掛けたとしても『周りの雑音次第で聞こえたり聞こえなかったりする』と言われたら、どうにも出来ません

    揉める事になる原因は聞き漏らしだと分かっているのだから

    先ず、トピ主さん側から『確実に聞き取ろうとする姿勢』を見せましょう

    「周りの雑音によって聞き漏らしてしまう事があるので、今度からメモを取ってソレを確認して貰ってから動きたいと思います。お手間を取らせてしまいますが協力して頂けますか?」って相談してみたら?

    ユーザーID:0259813512

  • お互いに歩みよる

    原因が分かっているのに、なぜトラブル回避に努めないのでしょうか?
    トピ文の内容なら、難聴者が相手の言葉を繰り返して確認するとか、紙に書いて渡して貰うとかすればミスは防げると思います。

    以前同じ部署にトピ主さんと同じ難聴の方がいました。補聴器無しでも日常会話は問題なかったのですが、ナースコールや電話の呼び出し音が分からず対応が遅れます。
    特に夜勤は利用者50名に2名で対応するので、組んだ人間は翌朝にはぐったりしてました。
    本人は「補聴器は不快で嫌だ。仕事は問題なくできる。」と言い張って夜勤でも補聴器をつけず仕事してました。
    周りは迷惑でした。

    障害者によくある傾向ですが「私は障害者なんだから、仕方ないでしょ。」を周りに押し付ける人がいます。
    出来ないことをやれとは言ってません。こちらもフォローするから、歩みよってほしい。
    障害者を親にもつ立場だからかもしれませんが、障害ある無しはたいして問題じゃないです。
    お互いに相手に思いやりと気遣いがなければ、良い関係は築けないんです。実は単純なことです。
    辛口で申し訳ないですが、トピ主さんが難聴者ということに卑屈になってるだけです。

    ユーザーID:8143134076

  • メモは?

    お買い物はメモを持って。
    紙でも携帯画面でもいいですが 『百聞は一見にしかず』
    聴力関係なく 確実です。

    離れた場所にいるなら 買い物でなくても 日程を知らせる時など 電話ではなくメールにしています。メモを取る二度手間や聞き間違いもないですし。

    その場の二人のやり取りなら メモ取ってお互いに確認でいいのでは?

    ユーザーID:8172669438

  • 復唱して確認する

    私も少々耳が悪いのでトピ主さんの気持ちがわかる部分もあります。何度も聞きなおすので嫌がられます。
    が、よく問題が発生すると自覚しているのですよね?

    復唱して確認すればいいと思いますよ。

    >健「○○と××と△△を買ってきてね」
    >難「わかった」
    ...実は自分が分かってない可能性があると、過去の経験から学習して知ってますよね?

    健「○○と××と△△を買ってきてね」
    と言われたら
    「○○と△△を買うんだね」
    と確認しましょう。
    それで相手が「xxが聞こえてなかったんだな」と気付きます。
    で、筆談するなり、その部分だけ大声で言うなり、諦めるなりするでしょう。なぜ買ってこないの!とならずに済むはずです。

    特に、無理解からトラブルに発生するのを防ぐには、本人の努力が必要です。
    大抵の人は「この人は難聴の可能性はあるだろうか?」と思いながら話していません。
    聞こえてることを前提にして話すのは仕方ないので、あなたの努力が求められます。

    「ちょっと耳が悪いので確認させてね。今頼まれたのはXXXですよね?」と言いましょう。それで、ガーランドさんは聞こえにくいんだと知ってもらう事もできます。

    ユーザーID:0089185294

  • 確認は?

    うんざりしてくるようです、ってトピ主さんの事でしょう?聞こえるようにと大きな声で話したらうんざりしてるの?相手は分からないと思って、良かれと思っての事じゃないですか?

    父も片耳が難聴なんですが、聞こえる耳の方で話してもらう、トピ主さんは「買ってきて」と言われたら「わかった」じゃなくて「XXとOOと**ね」と品を確認するように繰り返す。

    もしくは、メモ書きでリストを作ってもらう。

    家庭などでのことだったら、テキストで送ってもらう方が確実ですよね。

    ユーザーID:6997240400

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧