妻がビールを飲ませてくれません。

レス62
(トピ主0
お気に入り166

男性から発信するトピ

蓮華道

レス

レス数62

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 死んだときが、財産が一番多いのは、残念ですよね。

    死ぬときまでの予定を立てて、計画的にお金を使いましょう。
    ビールは自分で買いましょう。
    でも、毎日一本が適量です。
    健康に注意しましょう。

    ユーザーID:6213624746

  • だったらさ

    自分で好きなビールを買って飲めばいい。
    金はあるんでしょう?
    妻に買わせず、自分で買いに行きなさいな。

    ユーザーID:5069613032

  • ご愁傷様です

    男が定年まで勤め上げて、それなりの老後資金も有って、年金も過不足なく有って、それでいて晩酌のビールすら自由に呑めないなど有り得ません。

    自慢になりますが、私は60才でリタイアしました。
    会社の規定では65才までは働けるのですが、これから死ぬまでの10年か長くても20年という短い時間を会社に捧げる気にはなれませんでした。
    家内は反対せず、お疲れ様、と言ってくれました。
    そして私は長年の夢だったポルシェを買いました。
    2000万の出費で貯蓄の2割近くを失いましたが、死ぬ前に一度は乗りたい車だったので、思い切って買いました。
    この時も家内は、流石に少し驚いていましたが、やはり、夢が叶って良かったわね、それだけ頑張って働いて来たんだから良いんじゃないの、と言ってくれました。

    ポルシェを買うという旦那の暴挙を許す我が妻は出来すぎですが、ビールすら自由に呑ませない貴兄の奥方は大変失礼ながら最悪です。

    ユーザーID:9900920278

  • 問題なのはおそらく

    どちらかの意見が100%通るような夫婦関係ではないでしょうか。

    夫婦とはいえ別人なのですから意見が異なることはあります。

    そのときに普通は譲り合って落としどころを見つけるのが普通の夫婦だと思います。

    トピ主さんのように妻の意見が100%通ってしまうから不満をもつのではないですか?

    たまにはビール、たまには発泡酒で折り合えば良いだけなのにね。

    ユーザーID:7380975689

  • 気の毒に

    若いお父ちゃんかと思ったら
    トピ主さん・・・
    70歳じゃん。

    我が家は主人が自分で発泡酒を買ってくる。

    私は飲まないので、味の違いがわからない。

    たまにお店で
    好きな銘柄のビールがあると、喜んで注文している主人。

    私はビールが冷蔵庫からなくなっても気にならない人。
    買い足すのは主人。

    でも、たまに「ビールがないなー」と思うと
    発泡酒でないビールを買って
    冷蔵庫に入れておく。
    もちろん主人の好きな銘柄。

    しかも500のを。

    私が買うのもたまーーーに。
    それを週末に喜んで
    おいしそうに何でいる主人の姿が
    実にかわいい。

    家族のために
    休みもなく働いてくれている主人へ
    たまにのご褒美だよ。
    感謝の意をこめて
    ありがとうだよ。

    トピ主さん。
    もーね いいじゃん。
    自分へのご褒美で
    自分で買ってきて飲みなーーー。

    何十年も頑張ってきたとぴ主さんに
    かんぱーーーーーーーーい♪

    ユーザーID:0598044913

  • 妻に家計を任せることの弊害

    月光さんに同意です。今の20代、30代は自分の親であるトピ主世代を見て、別財布にする男性が増えているそうです。賢明ですね。

    女性は「管理」を任された人のお金を、自分のお金と錯覚する生き物なんですよ。たとえ夫のお金でも、夫の思い通りにではなく、自分の思い通りにしたい。「へそくり」と称して平気で夫のお金を盗んで私物化出来るのも、女性ならではの浅ましさがあるから。

    トピ主世代は妻に家計管理を一手に任せるのが普通だったのかもしれませんが、もういいんじゃないですか。残りの人生、妻の自己満足に付き合う必要などありません。自分の好きなことをもっとすればいい。

    定年まで働き、やっと引退したというのに、何が悲しくて好きなビールすら妻に制限される生活を強いられなければならないのでしょう。

    ユーザーID:5608187749

  • 往々にして

    女とはそういうもの。

    管理を預かっているだけなのに「自分のお金」と錯覚し、自分の思った通りにしかお金を使わせたがらない。例えそれが「稼いだ本人が自分のお金を使う」場合でも。

    以前テレビでやっていましたが、酒を一切飲まない60代専業主婦の妻が、夫のビール代は月々の少ない小遣いから出すように強要しながら、自分は一本数万円する高価な化粧品を平然と買ったりするのも当たり前だそうです。女性は「自分の価値観」だけしか尊重しません。

    一番いいのは、お金の管理を自分の手元に戻すこと。
    恐らく妻は、「へそくり」と称してトピ主の貯金から相当な額を妻名義の口座に入れていると思われます。妻が自己満足に過ぎない節約を強要してくるなら、全ての口座を抜き打ちでチェックし、自分のお金は自分で管理するようにするべきです。

    ユーザーID:6635405324

  • 立ち飲み屋で飲む!!

    それぐらいの贅沢なくして何が老後だ!

    楽しいことをやってからあの世に行きましょう!!

    ユーザーID:7602423013

  • 奥さまの年齢は?

    奥さまは自分の老後を考えて貯金しているのは、ありそうですね。
    奥さまが姉さん女房で既に75歳なら、今さら貯金してどうするの、我々は既に老後なんだぜと言うのも説得力ありますが。

    もし奥さまがまだ65歳だったら、ごくフツーにトピ主さんより長生きしますし、トピ主さんの死後は、奥さまの年金だけで生活しなければなりません。
    60〜65歳の無年金の期間、奥さまのお給料で生活できたから、トピ主さんは退職金に手をつけず済んだと思えば、トピ主さんの死後5年以上のために貯金するのを、否定しちゃいけないと思う。

    もっとも、貯金は貯金で、ビールくらいなら飲んでもいいとは思いますけどね。
    たいした金額にならないと思うし。
    ほかに、ビール飲ませたくない理由があるようにも思いますけど、なんでしょうね。ビールだとうわばみになるとか、成分を気にしているとか。
    酒より夫婦でおでかけや孫に小遣いが有意義と思っているのか…

    ユーザーID:7765922679

  • ビールの方が

    発泡酒よりも添加物が少ないはずなので、健康面でビールの方がいいっていう主張はいかがですか?
    やはり金銭面のことを言われてしまったら、週に何本くらい飲むか計算して、その差額を実際に出して、その分だけ本数減らすとかじゃ難しいですか?

    ユーザーID:1694293154

  • レスします

    自分のお金はもちろん、他人のお金も「自分の思い通り」にしたがるのが女です。

    奢らない男性を「ケチ、器が小さい」と理不尽に中傷するのも、家計管理を任されているだけなのに「自分のお金」と錯覚するのも、根本は同じ。

    解決方法は単純。自分のお金の管理は自分ですればいいだけです。今からでも家計を取り上げてしまえばいい。トピ主は浪費癖がある訳でなく、「妻が押し付ける生活」に我慢する必要などありません。

    もしそれで妻がふて腐れるとかなら、全く同じことをしてやればいい。と言うか、女性は同じ目に合わなければ自分のしている事の意味が理解出来ません。
    お互い定年まで働いたのだから、もう「自分のお金は自分で」でいいじゃないですか。妻一人の自己満足に合せるなんておかしいと思わないのですか?

    ユーザーID:4080791293

  • 一日おきにしたら?

    毎日発泡酒ではなくて、一日おきにビーるにするとか

    どれくらいの量を飲んでいるのかわかりませんが、、サイズを小さくしてビールにするとか・・代替案はないんですか

    ユーザーID:8151519361

  • なるほど

    >主さん、あなたが亡くなったあとを奥さんは見据えているのですよ…

    「私の方が長生きするのだから、あなたの年金だけどあなたは使わずに、私の老後のためにそのお金を寄越しなさい」

    ということなんですよね。どこまで行っても女って依存しますね。

    ユーザーID:4432622202

  • ビールが飲みたい、と訴えているのではなく、

    トピ主は、
    すでに老人でありながら【老後の為に】節約貯金するのは滑稽ではないか!?
    とお訊ねなのです。

    ビールぐらい自分で買え、とのレスが沢山ありますが、
    ビール云々を問題にしているのではないのです。

    >年金生活者でありながらもっと先の老後にそなえて貯金するという考えの人はいますか?
    との問いかけが主眼なのです。
    「実を言うとワシも。その理由は」というレスを期待しておられたのですよね。

    私はこのトピ、とても興味があるのです。
    私60代前半です。
    定年退職し、不労所得で食べていますが、
    月々の不労所得から更に【老後の為】として積立定期しています。
    シングルなので残す人も居らず、介護施設入居に必要な預貯金も有ります。

    それでも【老後の生活資金】が不安で積立定期です。
    フィナンシャルプランナーからは、「もっと使ってOK」と言われますが、
    不安で使えません。
    どころか、毎月の積立です。
    何故なんでしょう?

    生来の心配性に加え、漠然とした【老後の不安】
    つまり、頼りになるのはお金だけ、という事だと思うのですよ。

    ユーザーID:3531814442

  • 「何かあったら」の何かって何?

    すぐにでも思いつくのは
    1.大病
    2.介護
     a.認知症
     b.身体的な補助
    他にもあるかしら。

    奥様に訊いてみましょう。

    70歳ならまだ前期高齢者ですよね?
    75歳・後期高齢者になった時の(健康)状態は?
    予測できるんですか?

    大病→入院・加療になれば大金に羽が生えて飛んでいく。
    お二人とも毎年健康診断(できれば人間ドック)は受けていますか?

    奥様と二人きりならどちらが要介護になっても老老介護。
    人手もいるだろうし、自宅介護は無理かも。
    介護保険使ってもタダじゃありません。
    施設入所?
    ピンからキリまで色々ですよね?

    色々な可能性をお二人で考え出して全てに対しての対処法と費用を調査・話し合い。
    その上で未だ余裕があるのならビールでもなんでもどうぞ。
    奥様も納得せざるを得ないでしょう。

    ユーザーID:1379508937

  • いい奥様なのではないでしょうか?

    発泡酒ってそんなに安くはないですよ。一番安価なのは
    醸造用アルコールにビール様の味をつけた所謂第3ビール。
    奥様が本当に守銭奴で節約だけを考えるのならば、これを
    食卓に出されるはずですがそうではないのですよね?

    ならば理由は簡単で、トピ主さんの健康を考えてるからです。
    ビールは西方が厳しく制限されているのでカロリーオフや
    プリン低減をさせられませんが、発泡酒や第3ビールなら
    工夫によって健康志向の製品を多く作ることができます。
    ビールをトピ主さんに楽しんでもらいたいけど、健康を
    考えてそれが配慮された製品を悩んで選んできてるのです。

    >妻はビールよりも発泡酒の方が値段が安いからと言う理由

    これも奥様の優しさです。健康に配慮してビールを選んでいると
    トピ主さんに伝えることでトピ主さんを不安にさせたくはない、
    それよりも自分が悪く思われたほうが何倍もマシとの愛情です。
    ネタバレして奥さんに申し訳ないですが、トピ主さんに奥様が
    本当はどう思っているか知るべきだと思ったから指摘させて
    いただきました。お二人で末永くお幸せに。

    ユーザーID:2001848414

  • ビール程度のもの

    自分で買いに行きましょう。 自分のお金で自分で足を運んで自分で選んで買いましょう。
    凄く簡単なことですよ。 

    ユーザーID:0398943876

  • 妻が生きている限り

    発泡酒しか飲めないのですね。
    奥さんの方が長生きするから。
    気の毒ですね。
    自由になるお金はないのでしょうか?

    ユーザーID:1923973090

  • 引退後の良いことはいつでもおいしく酒が飲めること

    >ところが妻はビールよりも発泡酒の方が値段が安いからと言う理由で、発泡酒しか飲ませてくれません。

    妻の消費している何かの安い代替品を見つけてきてあげましょう。なるだけ安くて品質の悪いものがいいですよ。
    それを受け入れなければ、ビールを勝ち取れます。
    それを受け入れたら、また別の何かで安い代替品を探してきてあげればいい(笑)。

    ユーザーID:9423741482

  • 同意見

    同じような年金生活者です。
    トピの気持ちが痛いほど同じく感じてます。
    長年家族の為に頑張り、子供を一人前に独立させ残りの人生を旅行や好きな趣味に時間を費やす為に、老後の資金以外はお互いに楽しむ費用として認め合うのが一番ですが、現実はなかなか思うように行きません。
    トピの奥さんと同じく老後の資金と称して、食材も正味期限ギリギリの割引商品ばかり購入してます。
    もう少し余裕を持って人生を楽しもうと言っても甘いの一言で終わりです。
    自分でお金を自由に使う為には、健康に問題なければ週3位の仕事に就き、その資金で奥さんも誘い旅行などを楽しむ事をお勧めします。
    相手が変わらなければ自分で変えて現在は働いて実行してます

    ユーザーID:6173876494

  • 自分で買ってくればいいのに

     「飲ませてくれない」って・・・自分の年金は、自分で使えばいいんですから、自分で買い物に行って好きなもの買ってくればいいと思いますよ。いつまでも妻まかせじゃなく。

     老後に備えて、ね。
    60代ならともかく、70で老後に備えて貯金って、なんか侘しいですね。
    男性の方が平均寿命も短いし、トピ主さんたちの上の世代よりも長生きできる保障なんてないのに。

     でも、「いつ死ぬかわからない」って思ってる人って案外少ないんじゃないでしょうか。
    近しい人が病気で倒れたり、なくなったりして、初めて「もしかしたら自分も」って思うんでしょうね。中には「自分だけは大丈夫」って思ってる人もいますが。

     うちの祖母は93ですが、まだ「老後は楽したいわ」って言ってますよ。50代から家事もほとんどやらず、好きなことして嫁いびりをして、今はホテルみたいにきれいなホームに入って楽してきてると思うんですけどね・・・。
     死ぬときに後悔しないように生きたいですよね。

    ユーザーID:0121922572

  • たかがビールぐらい

    夫が気分よく食事ができるならビールでいいじゃん、と私も思いますよ。

    ただしそれは、トピ主がちゃんと家計について承知していればの話。

    今後有事の際にお金を出せるのは年金収入だけ、
    病気もするし何かと物入りなこともありますよ。
    年齢が重なれば介護保険料や後期高齢者医療などの保険料も引かれます。
    そういうこと、考えたことはありますか。

    奥さまは家計を預かり、1か月にかかる家計の予算を知っているからこそ、
    何かあった時のために少しでもお金を残そうとしておられるのです。
    それをケチだとか、そんな節約意味がないとか言っているのは
    トピ主が将来の生活について甘く考えているからだと思います。

    一度トピ主が毎日の買い物を担当してみればいいと思いますよ。
    毎日食事をするのにどれだけお金がかかるか、よくわかると思います。
    日頃の奥様の苦労を思えば、「ビールぐらいいいじゃん」とは言えないはずです。

    ユーザーID:8046217201

  • ビールくらいは飲んでいいと思いますが

    まだ60代なら、あと30年生きてしまう可能性も想定しておいた方がいいと思います。

    お子さんやお孫さんがいらっしゃるなら、そちらでの有事の際に協力したいと思うかもしれないし。

    トピ主ご夫妻は、年金も貯金もしっかりとあるようだから、使いたい分は使っていいとは思いますが、節約しておこうと思う分は節約するという奥様の考えも支持します。

    とはいえ味の違いが歴然としていると思うなら、ビールくらいは交渉の余地はあるかと思いますよ。

    ユーザーID:9783450076

  • 負の連鎖を断ち切る

    トピ主さん、こんにちは

    ご夫婦とも今のところはご健勝のようですが、今後最も懸念すべきは認知症です。認知症はなった本人に全く自覚がなく、介護するものは大変です。

    今私が直面しているのが、両親とも認知症になりその対応費用が両親の財布の範疇を飛び出してきているため、私が自分の老後の為に貯めてきたお金を徐々に食いつぶして行っていると言う事です。

    実の親の為、見捨てることもできません。しかし、このままでは私の老後はお先真っ暗です。

    負の連鎖を断ち切るとは、もしご自身がそういう事態に陥った時、ご自身の預貯金の範疇で処理できるだけの資産を構築しておくことです。

    そうしないと、私の様にお子さんを地獄に突き落とすことになりかねませんよ。

    私の父は、退職後年金を使い放題でろくに貯金がありません。その結果が私につけを回す事になっています。

    トピ主さんの奥さんは堅実ですよ。下の世代を見殺しにしたくなければ、ビールは我慢して下さい。

    ユーザーID:5054782261

  • 自分で買ってくるという手はないのですか?

    すべてのお金を奥様に掌握されているのですか?

    年金は、あなたの口座に入るのでしょう?
    だったら、奥様がそのツウ量を握っているなら、新しく違う口座に入れるようにしてご自分で管理なさったら?

    妻が〜じゃなくて、自分で自分の楽しみは演出するくらいにならないと!
    人のせいにしている暇ないのでは??

    ユーザーID:0349402996

  • まあまあ

    老後というより病気になった時に手厚い医療を受けられるかどうかが変わってきますから、奥様のおっしゃることもあながち間違ってはいませんよ。
    ちなみに、これからハイパーインフレが待っていますから、長生きすればするほど、お金の価値は下がってきます。

    ユーザーID:5443472364

  • あのー…

    自分で買ってくればいいんじゃないですか?
    ビール買うお金も持たせてもらえないのでしょうか?

    ユーザーID:2644406919

  • 発想を変えよう

    お金を貯めていないが、妻から健康年齢を考えて、旅行等で使うことを考えるように言われています。 トピ主と逆ですが、健康のため発泡酒を飲んでいます。 確かにビール、それも季節の名前が付けられたビール、お歳暮等と到来物等と美味しいビールを時には飲みます。 まずいまずいと発泡酒を飲むのではなく、自分に合った銘柄を選びましょう。 中には、何とか70%オフ、意外とおいしいです。 また、チューハイ、ハイボールも健康的で美味しい銘柄もあるので、曜日によって選んでみましょう。

    この歳になって、ビールでないと困ると奥様に反抗する勇気はありますか。 ここは奥様のいう通りと従い、楽しくお酒を飲む方法を考えましょう。

    ユーザーID:0342830483

  • お気持ち分かります

    弟はあまり味の区別がつかないので発泡酒。でも同じとは思って
    ないでしょうが納得して飲んでるのです。ビールの方が明らかに
    美味しいのであればビール位楽しませてもらいたいですね。差額は
    お小遣いから出すと言ったらいかがですか?お金というのはあれば
    あるだけまた新たな不安が出て来るものだと思います。それが様々な
    年金が入るのですから貯金ねえ?と思っても。夫はビールは水代わりと言って
    昼間に飲んでいました。私は内心アルコール依存症になったらどうしようと
    思っていました。ところがこの夏からどうも飲むと調子が悪いと
    言って殆ど飲まなくなりました。胃腸の検査はこれといった異常は
    ないのですが。飲めるうちが華です。人生の楽しみです。
    と、飲めない私でも思います。その代り甘い物が欠かせないので。

    ユーザーID:2813587034

  • 変な人。。。

    ビールを飲ませてくれないって、
    飲ませてくれないのなら、
    自分で買えば?

    もちろん、ネットで買えますよ。

    妻の同意が必要なのは、
    家電を買うとか、車を買うとか、
    その種の大きな出費のときでいいんじゃない?

    トピ主さんの人生が楽しくないのだとしたら、
    それは、ビールごときで妻の許可がいると思う、
    そんな性格だからです。

    ユーザーID:2525978614

レス求!トピ一覧