久しぶりにお節を作ります(駄

レス6
(トピ主1
お気に入り19

家族・友人・人間関係

とそ

来年13回忌の夫が病死してから、何もおめでたいと感じたことがありません。
以降のおせちはデパートで買っていました。50代会社員をしています。

先日、息子が出勤前に「正月にお母さんのごまめを食べてみたい」と言いました。
いや、ごまめ以外にも黒豆も叩き牛蒡もお煮しめも鯛の昆布締めも全部作ってたんだけどと言いましたら、「作ってよ」と。

夫が亡くなった当時、息子は中学生でした。それからの息子の学生生活の記憶が私にはありません。
断片的に、高校の運動会や三者面談や卒業式、大学の下見、入学卒業、就職の相談等の覚えだけで、息子が日々をどう過ごしていたかが思い出せません。
私は何をしていたんだ、自分の悲しみに酔って、息子に寄り添っていなかったんじゃないかと思い知りました。

とにかく大企業!と言い続け、息子は大企業に就職して社員寮住まいでしたが、睡眠が取れない残業や上司からのパワハラで退職し、
現在は中堅企業に転職し、実家住まいで穏やかに勤めています。

とりあえず、昔に自分が書いたレシピを引っ張り出しています。
息子をないがしろにしていた母親の、取り返しがつかない足掻きを読んでくださり、ありがとうございました。

ユーザーID:9853781741

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • エールぽち

    エールぽち100です!
    今年は忙しくなりそうですね。

    息子さんもお母さんのお節が食べたいなんて。
    優しく育ちましたね。

    息子(子供)からのリクエストなんて
    頑張るしかないじゃないですか!

    ユーザーID:5315810209

  • ぜひ作って下さい

    来年が十三回忌で50代…。
    忘れていました、私もそうなのです。
    とは言っても子供もいなく墓を継ぐ者もいないので
    私はクリスチャンになって夫の姓から旧姓に復氏し
    自分の「終活」も整いました。
    本来ならばお寺で法要の準備をする時期でした。
    すっかり忘れてしまうほど時が過ぎました。
    まさに時間薬。

    だからこそのお節。私は一人でも毎年作ります。
    だって一人で寂しいのにお節がないなんてもっと寂しい(笑)
    それに料理するのは心の修養になるのです。

    トピ主さんは素敵なお母さまですね。
    今だからこそ息子さんの気持ちに寄り添えると思います。
    お節は家族を結ぶ絆ですね。
    心温まるお話をありがとうございます。

    ユーザーID:8418954805

  • 無我夢中に

    頑張ってこられてやっと足元を見る事ができるようになった・・・・という感じですかね。

    私も一時期母娘二人で生活していましたので、なんだかよく判るな。
    私は娘の幼稚園時代の大半が記憶に無いんですよね。
    お遊戯会にもいきました。
    運動会も行きました。
    ですが・・・・・
    生活していくために必死に働いた事ばかりが・・・・ね。

    私は再婚しましたので、トピ主様より一足も二足も早く無我夢中な状態から脱却しました。
    どうぞ手作りしてあげてくださいまし。
    ちょっと失敗したっていいんですよ。
    目の前の息子さんの為に作ってあげて下さいね。
    そんな姿を天からご主人も見つめていますよ。

    今年は嫁いだ娘が「お母さんの作る伊達巻の作り方を教えて〜」と言ってきました。
    どうやら私の伊達巻は「母さんの味」なんだそうです。
    トピ主様の息子さんのリクエストはごまめか〜。
    そういえばここ数年、ごまめは作ってい無いな。
    今年は私もごまめをつくりましょっかね。

    取り返しが付かない?
    そんなことないですよ。
    ちゃんと息子さんは母の背中をみていますよ。
    頑張ってください。

    ユーザーID:7473026095

  • トピ主です

    有給中に、プレお節を作ってみました。作業中に涙がこぼれてこぼれてだったので、味付けは適当です。
    息子は「とにかくおいしい。惣菜屋ができるよ」と言っていました。ごまめは「これこれ!」と一袋分をビールと共に完食していました。塩分多いよ息子。。。
    黒豆は失敗してはじけましたが、味は良かったようです。錦玉子もまあまあの出来でした。

    ももさん。息子は父を亡くした自分よりも私の悲しみに寄り添っていたのだと思います。情けない母親です。
    教会好きさん。本当に時間薬ですね。「一人で寂しいのにお節がないなんてもっと寂しい」私は息子の存在を忘れて一人だと思っていたのです。ずっとそばにいてくれたのに。
    ICHICOさん。ずっとふわふわしていてやっと足元を直視できるようになったのだと思います。伊達巻を作ってみようと思います。

    息子の成長期を自分の悲しみだけで放置していました。息子が最初の会社で受けた心の傷は一生のものだと思います。
    優しすぎる息子がこれから人生をどう渡っていくか心配ですが、同じ失敗は繰り返したくありません。

    夫が「僕らの宝物だ」と生まれた息子を見て言ったことを、思い出しました。

    ユーザーID:9853781741

  • 是非二人で作って下さい

    優しい息子さんですね。今年は涙することが多い年だったので良いトピを見つけたと思いました。トピを立ててくださってありがとうございます。

    是非とも息子さんが自宅にいる時に作って下さい。お節を作っている母親の姿を見せてあげて下さい。そして、少しだけ手伝ってもらって下さい。

    お節作りは思い出作りだと思います。

    ユーザーID:3338852067

  • いいお話

    「お母さんのごまめが食べたい」
    作ってあげると「これこれ!」
    ステキな親子だなあ〜と思います。いま妊娠中なので、そんなお母さんになりたいです。

    でも、
    「自分の悲しみに酔って、息子に寄り添ってこなかった」
    「息子は自分に寄り添ってくれた」
    これらの言葉は、ぜひ改めて息子さんに伝えてあげてほしいな。
    心の傷がどれだけあったとしても、それを人がわかってくれたというだけで、かなり癒される部分もあるんじゃないかと。

    それでも、お仕事して息子さんを立派に育て上げて、おせちも手作りで・・・ってすごい事です。
    トピ主さんは、立派なお母さんですよ!

    私は体調的におせち、今年はムリだけど、手順を考えて一通り作るの、大変だけど意外と楽しいですよね。
    私も、うちの味っていうものを何か残したいですね〜。

    ユーザーID:9334781478

レス求!トピ一覧