• ホーム
  • 話題
  • 服の断捨離。背中を押してください。30代後半の母親です。

服の断捨離。背中を押してください。30代後半の母親です。

レス34
(トピ主1
お気に入り161

生活・身近な話題

銀シャリ

2歳児育児中の30代後半女性です。

妊娠前に購入・着用していた秋冬用の防寒アウター(コート、ジャケット類)が
クローゼットの半分を占めています。

妊娠出産育児+加齢により、
体重は変わらねど、体型は如実に変わり、
それらが軒並み「着られるが着こなせてはいない」状況になりました。
肩こりや腰痛が出やすくなり、重いアウターやフィット性の高いアウターがわずらわしく、
「着られるが心地よく着られない」状況にもなりました。
また、育児中で汚れやすく、
「着られるが、おちおち着ちゃおれない」状況にもなりました。

要するに、もう、かつてのワードローブとはサヨナラし、
いまの体型、顔つき、生活に合致したアウターを買い替え(枚数は最小限にとどめる)ざるを得ないのですが、
かつてのワードローブを処分するのに躊躇する、センチメンタルな理由があります。

・大好きだったブランドのものである(現在は経営上廃止になったブランド)
・本当に気に入り、手入れをし、大切に着ていた
・ワンシーズンしか着ていないものもある
・来シーズン用に♪と、セールで買い、まったくの未着用のものもある
・サイズ的に着られないことはない
・母が大事に保管していた、母が若かりし頃のコートを、私が10代20代の頃に愛用していたことがあり、子供が娘なので、そういうことも将来有り得るかと思ってしまう(趣味の押しつけはしたくないし、流行があるのも承知していますが)

でも・・・処分しかない、処分がベストだとは分かっています。
クローゼットも大幅に空くし、
自分の今に軸を合わせて生きていく方が潔い。

でも・・・こういうのを未練、というのでしょう、
心にあるこの未練ちゃん(と私は呼んでいます)をどのようになだめて、
処分が決行できるでしょうか。
小町の皆さま、背中を押していただけませんか。

ユーザーID:3196587250

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 健康管理する絶好のチャンスなのに、、、

    体重は変わってないけど、体つきが変わったということは、特に体幹部の筋肉が減って脂肪が増えたのですよね。だから、肩こりもするし、腰も悪くなるんです。
    そんなに素敵な気に入ってた服があるのなら、これを機会にやってみませんか?食事の見直しとエクササイズ。一度ちゃんんと習って、お子さんを抱っこするとき、買い物するときは、ちゃんとしたスクワットでやるようにしましょう。お食事も、お子さんやご主人の この先一生の健康管理です、健康第一を据えた 食事に切り替えていきましょう。半年間 キッチリやってみてください。
    貴女のお年でしたら、3−4か月で元に戻りますよ。お子さんと一緒にやるのも楽しいですし。私は50こえてますが、それで、半年で前よりすっきり、体脂肪も標準になりましたし、体幹も強くなったので腰も肩もいたくなくなりました。

    ユーザーID:9497322115

  • 取っておけば?

    子供が育つと、外で人とかかわることが増えます。
    私はコートを色々頻繁に変えて、中身はいつも同じ服で幼稚園バスを待っていました。

    外しか見えないから、お洒落と思われていました。
    (実は親のお下がりだったり、セール品ばかりでしたけど。)

    ちなみに同性の我が子は、私の服を少々リメイクして、着ています。
    コートって、それほど大きく流行が変化しないので、出来るのだと思います。(シンプルな形の物ばかりだったと言うのもありますが)

    ユーザーID:7084769372

  • 痛いほどわかります

    服の断捨離の辛さと心の痛さ、躊躇するお気持ち、痛いほどわかります。

    40代主婦、子供が二人います。

    私もずっと捨てられず、20代の時買ったブランド物のスーツやコート、バッグを大切に保管してきました。クローゼットの半分は占めていました。それなのに、季節ごとに入れ替え、子供に汚されるからと着ることもできず「いつか着る。まだ着れる。」と大切に大切に維持してきました。

    毛皮のコート、皮のバッグが大好きでした。

    下の子が中学生になり、服を汚されることがほとんどなくなりました。じゃあ、と着てみましたが、悲しいことにまったく似合いませんでした。服の流行はもちろん、顔も体系もがっかりでした。頭ではわかっていたのですが、とても外出できる格好ではありませんでした。

    下の子が女の子だったので「いる?」と聞いたら「いらない。一生着ない。」とはっきり断られました。

    あと、パーソナルカラーの本を買いました。自分に似合う色を知りました。若いころは何でも似合ったけど、年を取ると似合う色が限られてくることを知りました。似合わない服を捨てました。

    今年の衣替えは本当に楽でした。捨てても困っていません

    ユーザーID:6634406618

  • わかります。

    私はオークションに出品しました。
    捨てるとなると苦しくて、大切にしてたものなので、オークションで自分より似合う人が着こなしてくれるなら嬉しいし、
    そのお金を足していって生活にあったアウターを買えばいい。
    捨てるのは勿体無いし、リサイクルストアは、カジュアルブランドではない雑誌に載っているような仕立ての良い女性ブランドは無名ブランド扱いになり、数十円とか数百円になって切ないので、オークションで売れなかった時のみにしてます。オークションの方が価格が変動して面白いので利用率高いですが、自分で値段設定して、その金額でお取引が決まるフリマアプリもたのしいです。某有名フリマアプリは、売上金をそのままフリマアプリ内のおかいものにつかうこともできます。衣類以外もお皿や本や使わないけど、綺麗においていたものも、必要な人にお譲りできるので前向きな気持ちで断捨離できてます。

    ユーザーID:2199943559

  • そういうのは

    メルカリとかで売れば良いんじゃないですかね?
    捨てると思うから勿体無いのであって、誰かが着てくれると思うと結構断捨離できるものです。
    二束三文でよければ大体売れると思いますよ。

    ユーザーID:9727725989

  • プロの考えを紹介します

    片付けのプロが、片づけられない女性の家に行ったというテレビ番組です。

    ときめきを感じる服は残す、ときめきを感じない服は捨てるというものです。
    男の私には、ときめきと言われてもよくわかりません。

    トピ主さんは、わかりますか?

    ユーザーID:5674556245

  • 処分しても後悔しないよ。ただし全部する必要はない

    うん、「今の」自分に似合ってるものを着る方が精神衛生上ずっといいんですよ。
    若い時自分にフィットしてて、自分が良く見えた服を捨てるのは勇気がいりますが、
    今似合ってないんじゃ宝の持ち腐れ。この先も絶対着ないよ。断言します

    ただし、
    ・本当に気に入り大切に手入れしていた
    ・お母さんが着て、私が着て、ひょっとして娘も着るかも
    の2点は断捨離しないで置いておけばいいんじゃないかと思います。(数点なら。
    膨大な量ならまた話は別ですが)

    前者は服というより思い出ですよね。後者は実際私も母のコートを発掘して「へえ意外と
    お洒落なの着てたんジャン若い時」と着用してたことが20前後の頃ありました。
    今自分には娘はいませんが、姪っ子に「これ姪ちゃんが大きくなったら着たいナ」と言われて
    数年後に譲った服がありますよ。

    全然着てない、サイズ的には入る、みたいなのは置いておく理由にはあんまりならない
    です。だって気が進まないから着てないんだもん。綺麗ならオクやフリマアプリに出しては?

    ユーザーID:6141630273

  • どこかにしまっておいたら

    捨てたらどこにも存在しなくなってしまいます。
    もうちょっと保留にしても別によいのではないですか。

    クローゼットはいっぱいかもしれませんが、
    布団圧縮袋のようなものに入れて圧縮すれば
    そんなに場所はとらないはずです。
    どこか別の倉庫とか押入れとかご実家とかに
    その位は入る隙間があるのではないでしょうか。

    数年後、そういえば一度も必要でなかった、
    いらなかった、いらない、と思って未練なく
    捨てれるかもしれませんし。

    実用性のなくなった物に対して感傷をもたない人と
    トピ主さんのように持つ人ではやはり違うでしょうから、
    捨てる部分は保留にして、
    必要な服を保管する場所を作るところから始められては。

    ユーザーID:1957842281

  • こんまりさん

    こんまりさんの本を読めばトピ主さんのお悩みは、ほぼ解決ではないですか。

    私も10代後半頃、母のお下がりを着たりしましたが、当時はひと目でそれと分かるような古着がブームでしたし、戦前生まれの母の時代のものは仕立てられた手作り品だったので、今の量産品とはちょっと違うのかなと思います。

    私は都内ですが、家や店の前の「ご自由にお持ち下さい箱」をよく見かけますよ。
    それができる環境なら、一度試されてみてはいかがですか。

    ユーザーID:5416260052

  • お邪魔します

     無理しなくてもいいのではと思います。ときめきがあるんでしょう?
     クローゼット内などに収まって、日常の生活スペースに障害がなければそのままでもいいのでは?
     
     女の人は出産後2、3年、特にやつれる感じがします。(授乳していたら特に)
     そののち、ようやく戻ってくる。自分に時間も掛けられるようになりますし。
     体形の変化も著しいし、今の体形に合わなくてもまた戻って着れるかもしれませんし。

     それから、落ち着いて買い物ができるようになればまた欲しい、似合うものにも会えますよ。そうすると古いものに対する執着も薄れると思います。

     私、結婚十年目で、子供が8歳の息子がいますがいまだに半分くらい独身時に買ったものがありますよ。
     
     でも、シミなど不潔になったら間違いなく捨てます。
     印象悪くなりますからね。

     やっぱり、捨てたいと思うなら、「服を買うなら捨てなさい」という本がありましたが、割と良いことが掛かれていました。読んで損はないともいます。
     (これを読んで私は何とか段ボール1箱分捨てました。)

     

    ユーザーID:8234979172

  • 50代女性です

    捨てるのが惜しいようなお気持ちよくわかります。お気に入りのものは本当にそう感じますよね?

    私は、悩んだ時は一回実際に着てみます。そこで、これはちょっとと思うものは、捨てる決断がしやすいです。自分自身のイメージと違和感が大きいものや、着ていて居心地がよくない服などは、これから先も同じだと思うからです。

    ユーザーID:5367700778

  • 写真に撮って売りましょう

    先ほどまで衣替えと服の処分に奔走してました。
    私も今年アラフォーへの仲間入り、2歳児持ちです。

    夏物は回転早いんですが冬物はね・・・値も張るし気になるますよね。
    出産子育て挟んでいると更に季節の巡りは早く、
    2013〜4年冬:通勤用マタニティ服で全とっかえ
    2014〜5年冬:育休中でいわゆる1マイル服ばかり買い足し
    2015〜6年冬:職場復帰+1歳児相手でバタバタと衣替え

    さて今回は妊娠前の服もゆっくり見定めてみましたが、
    まぁ違和感があることあること。
    4年前って事もあるけど、独身感残るギリギリアラサーから
    子持ちアラフォーに変わったらそりゃ変わるよなーとしみじみ思いました。

    思い入れがあるやつは身体に服を当ててみて自撮りとかして残して、
    後は売れそうな服、そうでない奴を分けたらエイヤッと売っちゃうといいですよ。
    私は子供服も合わせて先ほど売りに行ったら滅茶苦茶混んでました。
    二束三文で帰りの買い物で消えちゃったレベルですけど、すっきりしますよ。
    家賃が高いのでスペースは資産だ、という価値観もあります。
    思い出はデジタルにし、空間を心のゆとりにしましょう。

    ユーザーID:4386335824

  • 今シーズン、着倒す。

    もう、サヨナラするなら汚れるのは気にしないで着用できます。
    心地よく着られないのも、サヨナラする心を押してもらっていると思って。
    ワンシーズンしか着てないもの、未着用品はヘビロテして、未練ちゃんを旅たたせる準備。

    今シーズンが終わったら、キレイに洗ってサヨナラ!!!

    着られるんだもの、最後に楽しんでください。

    ユーザーID:7382983842

  • ボランティア団体に寄付しては

    思い入れのある服や、まだ着ることができる服は
    処分しにくくて、いつまでもクローゼットをふさいでいました。
    でも保管の場所はとるし、布だって傷むし、デザインも古くなってる、
    いざ出したら、もう着られなくなっているかもと思い、

    今、その服を本当に必要としている人が大事に使ってくれそうな
    ボランティア団体に寄付しました。

    わたしが衣類を送ったのは
    「日本リ・ファッション協会」と「JFSA」でした。
    これからの季節は冬コートの需要が多いはず、きっと喜ばれますよ。

    ただし送料は自腹なので、それがイヤなら無理ですけど。

    ユーザーID:4322285252

  • 売る

    微々たる物でもお金になれば少しは手放しても良いと思えませんか?
    高めに売りたいならネットオークション、二束三文でも手早く売りたいならリサイクルショップ。
    また売らずに誰か着られそうなご友人や親戚の方がいたら声掛けしてみるなど、捨てる前にやれる事をやってみては。

    ただお母様の思い出のコートや大切に着ていたコートなど、少しだけは残しておいても構わないかと思いますよ。
    仕立ての良い物なら年月経っても着られますしね。
    それで娘さんに託して嫌だと断られたら、そこで処分すれば良いのでは。

    アウターは基本値が張るものですから、処分するのも結構勇気がいりますよね。
    でもクローゼットで場所を取り眠ってるだけなら、それはそれで空間の無駄遣いです。
    整理出来るものは手放し、今のワードローブとプラス2着3着の思い出のコートで良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:8294601597

  • さよならしない方がよい

    私はあっさりさよならできるタイプですが、主様、後悔タイプですよ。人に背中押されてよりも、自分で吹っ切れるときがきますから。
    圧縮できるものはして、流行的に無理なものはリサイクルへ、あとは来年考えましょう。
    できないことはしなくてよいのです。いつかできるときが来るのです。

    ユーザーID:9983833433

  • そんなに未練があるなら捨てない。

    誰も迷惑しない。困らない。

    ユーザーID:4833854640

  • 思い切りました。

    銀シャリさん
    私も全く同じでした。
    クローゼットのもの、着ないでおいたものを全て処分しました。
    結果、今は「去年着たもの」が殆どです。
    特に冬のコート類なんかは地厚で、場所とりますよね。
    すごい高価だったものも、まだ着れるものも、思い切って捨ててしまいました。
    靴や鞄も新品同様のブランド物で「2年使っていないもの」を目処に、殆ど処分しました。
    すっきりしましたよ。

    処分がベストとのこと お分かりじゃないですか!

    もしご姉妹や着て頂ける方がいらしたら、譲っても良いと思いますよ。
    お嬢様に譲れるようなものであれば、それも良いと思います。
    でもそうすると、いつまで経っても処分できないですよ。

    私は譲るような方が近くにおらず、かといってリサイクルショップに行くのも嫌だったので普通ゴミとして処分しましたが、もし手間でなければ、リサイクルショップも良いと思います。

    育児なさっている間は、実用的なものしか必要ないですよね。
    思い切って処分しましょう!
    私も10年越しのものを処分出来たのですから!

    ユーザーID:3703261385

  • 全部は捨てない

    私も好みのブランドが倒産しましたが、捨ててません。
    ジャンル的に流行とはまったく関係ないので…(ロリ系やロック系というかんじ)
    好みなので捨てたくないんですよね。
    で、子供が大きくなったら、それを着てます(10年越し…)
    私には少しキツイけどスタイルよく見えるカシミアのコートもデザインがオーソドックスなので娘が着てます。

    捨てたのは「重くて肩こりになる」「着るかも。と言いながら私も着てないもの(新品でも)」
    この2点に絞って処分しました。

    ユーザーID:0934959007

  • まだまだ来ます 

     なるほど、未練ちゃん。
     
     未練ちゃんを宥めるには、大きく分けて二つの方法があるでしょう。
    1 とことん付き合う。似合わない自分に片目をつぶり、「これが私の趣味で生きる道。とやかく言わないでね、これは好みの問題よ。」と時代も自身の経年変化も無視。これでイタイ女になるか、自身を貫くカッコ良さを演出できるかは本人の力量でしょう。

    2「これまで、ありがとうね」と感謝して卒業。新聞紙にくるんで晴れた日に「今まで私の気分を上げてくれてありがとう」とゴミに出すのです。似合う服が見つけやすくなります。

     私は、洋服が好きで、手入れも上手くしてきたので長持ちです(就職も衣料メーカーでした)。時代を超えて定番化できるような物で30年物のセーター(当時NYで購入、流行は超越)も現役で着ています。洋服の買い物は、一生ものとして残していくものと、1〜2シーズンで更新するものとで二極化しています。更新版はがっつり2。一生ものは自分の加齢も意識したものを上質に、と考えています。
     
     当方、現在45歳。持ってる洋服は、今が一番少ないです。

    ユーザーID:0203769997

  • わかります

    それ、昨年の私です。
    断捨離しました。
    着るには着られても、
    もう雰囲気はそぐわないとか
    いろいろありますもんね。
    それに定番品でも、すこしずつ形は変わっていて
    なんかどこかデザインが今の時代にあわなかったり。

    で、着て動いて余裕があり、かつ雰囲気もオッケーな
    ごく少数だけ残してすてました。
    捨てたところで、なにもこまりませんでした。

    このさき必要になる服は
    こどもがどういった学校に通うのか
    自分はしごとをするかしないかなど
    いろいろなことを考えて
    そのときそのときにあわせて
    になります。
    それはどういう状況にしろ、若いときの
    服じゃないんですよね。
    だから捨ててオッケー。
    くつもバッグも大量にすてました。

    ユーザーID:6973998585

  • 同じです

    私も30代後半、育児中の主婦です。

    子供は2人おりますが、加齢と体型の変化で
    妊娠前の洋服が似合わなくなってしまいました。
    それで、今の自分に合い、動きやすく手入れも楽な服が欲しく、
    少しずつ買い直しているところです。
    私はアウターだけではなく上下すべて見直しています。

    20万以上したカシミヤのコートは娘に残すことにして、
    鏡の前で一度袖を通して「似合っていない」「着ていく場所がない」
    「動きにくい」と納得したらその勢いで袋に入れてしまいます。
    私はゴミとして処分はせず、何かの役に立つなら、と
    リサイクル回収しているところに出すようにしています。
    少々手間がかかっても良いなら、オークションやフリマを使うのも
    良いのではないでしょうか。
    ゴミではなく次の誰かの元へ行く…と思えば少しは気持ちが軽くなるかも。

    これからますます子供のもが増えていくので
    すっきりしたクローゼットが理想です。
    頑張りましょう!

    ユーザーID:9130712741

  • 状況と気持ちに合わせて

    お気持ち、すごくわかります。
    アラフォーの2児の母です。
    退職して15年が経ちましたが、2年前までは仕事用のスーツ類もズラリ残してて処分できずにいました(誂えたものだったり、海外で購入した、思い入れのある10点ほど)。
    その間、夫の転勤で5回も持って移動。

    二年前ごっそり処分したきっかけは、新居の購入。
    13年着なかったものを着るはずもないし、お気に入りはたくさん着た分、写真にもたくさん残ってる。
    何より新居ではスッキリ暮らしたい!と、思いきりました。

    2着だけ、オーソドックスなウールのロングコートと、13年未着用の白コート(今は全体がアイボリーっぽくなり…染みにならなくて良かった)を残してます。

    子供達が大きくなって汚されなくなったし、幸いにもデザインが古くならなかったので、今シーズン着てみようかと。

    棄てるのは、きっかけさえあればいつでもできるから、生活に支障が出ない限りは後悔しないようにされたら、良いと思いますよ。

    ユーザーID:9654340154

  • では背中を

    押しましょう!(笑

    これは我が家の家訓なのですが「物は使ってこその価値」なのです。

    どれだけお気に入りのブランドのものでも
    どれだけ大切にしていたものでも
    着用してあげなければ意味が無いのです。

    私もクローゼットがパンパンになっていた人間なのですが、2年着ていない洋服はパイプハンガーに掛けてリビングに置き・・・・親しい友人達に見に来てもらいます。
    気に入って着用してくれそうなものがあったら持って帰って〜!
    で、3分の一位になりましたかね。

    子育てがひと段落した頃には生地だっていたんでいるとおもいますよ。
    大昔の洋服の生地の方が室がよかった成果長く持ちますが、近年のセール品なんて着用していなくても焼けた感じになっていることもあります。
    正規品でもだめですねぇ。

    洋服は着用してあげてこそ価値がある。

    さあ、着てあげないなら処分しましょ!

    ユーザーID:8151107597

  • レスします。

    リサイクルに出されてはどうでしょうか。

    どなたががまた着てくださると思もえば思い切れませんか。

    ユーザーID:0320425639

  • 一回着て汚す!

     私は子持ち40歳、20代の頃にはひらひらふりふりやミリタリー柄が大好きで、ゴスロリ系や甘姫系でちょっと痛いぐらいに遊んでいました。大事にしていたものの、もう着れるわけがなく処分には困ります。中古ショップに持っていっても10円にもならない……特殊すぎて寄付もできない。
     数年前のハロウィンの折、着れるものを着てみて昔仲間と飲みに……うっかりお酒をこぼしてしまったら、なんかつき物がとれたみたいにあっさり捨てる気になりました。ふりふりものをゴミ袋に3つ、捨ててすっきりしましたよ。

     未練が残っているものなら、いっそ着てみて汚してしまうといいかもしれませんよ。

    ユーザーID:4694384944

  • 今のあなたに似合う服を

    私もトピ主さんと同じ30代後半の主婦です。

    上の子は高校生なので出産をして16年。私は恥ずかしながら独身時代よりも10キロも増えて体型どころの話ではありませんし、高級な衣類を持ってはいなかったのですが、産後しばらくは独身時代と体重が変わらないのに体型が・・というのを経験しています。
    出産前の体型に戻すことは芸能人のように時間もお金も余裕がないと難しいのではないかな(それにしても自分が体重増加しているのは言い訳しませんが・汗)

    ちょっとトピから外れるかもしれませんが、子育てをしていると洋服のチョイスや身なりって自分の年齢よりお子さんの年齢に左右されることもあります。小学生のお子さんがいる20代の若いお母さんがいたとして、授業参観やスポーツ少年団の応援にミニスカートや明るすぎる茶髪では「なにあのお母さん」となります。

    今のトピ主さんのスタイルやお子さんの年齢、それに合ったお洋服以外を着る機会がないと思うのであれば私は処分をおすすめします。
    私もこんまりさんの本はおすすめです。お洋服を処分するしないにかかわらず一度読んでみてください♪読むだけで迷いが消えると思います。

    ユーザーID:2206041332

  • 年齢制限がある

    トピ主さんと同じこと言ってる80代女性の知り合いがいます。

    彼女の服、全部高級で手入れも良くてセンスも良いんですよ。
    捨てられない気持ちも分かる。

    でもでも、地層が年々厚くなっていく…。
    これから増々年を取っていくのにどうするんだろうと思います。
    そのお宅にお邪魔する度に、私は自分の服を5枚くらい処分します(可燃ごみもしくはリサイクル)。

    捨てるのって、気力体力がいります。
    年を取ったら、捨てることもしんどくなりますよ。
    お嬢さんにあげるのだって、そんなにお母さんの思い入れのある服、お嬢さんも困るんじゃない?

    ユーザーID:3367558671

  • 今まで沢山のもの、服を捨ててきました。

    50代です。子どもの時から引越しが多く、そのたびに膨大な物を捨てて生きてきました。
    9歳にして、「月日は百代の過客にして・・・。」と松尾芭蕉の奥の細道の心境を持って生きていました。
    思い出の品もそれなりにありました。
    でも生きて行くのに、自分に関わった全ての品物を持って生きることはかなわないこと、分かっていました。
    思い出の服大事に取っていましたが、この20年前後で捨てていっています。
    今の最古ものは母が45年前にデパートでオーダーした、黒のワンピース。
    70年代ラインで、7号。レトロな服やバッグでお出かけするのが好きなので、
    重宝しています。人と同じ格好が嫌いなので。

    何故捨てられるのか?その服を着て楽しんだこと、似あっていた(過去形)こと、
    その服を着ていた時関わった人がいたこと。
    「それは絶対に変わらない事実だから。」です。
    服が消滅しても手元になくなっても、幸せだった思い出や時間は、
    私の心の中に永遠にあるのがわかるからです。
    手元になくても鮮やかに蘇るのです。
    母親が手作りしてくれたニットカーディガン。
    初月給で買ったワンピース。続きます。

    ユーザーID:3995222069

  • 捨ててきた人生。

    月日は百代の過客にて・・・。の薔薇子です。
    20歳バイト代で年末に買った、綿のスタジャン(流行っていた)
    その前日に友人以上、恋人未満のボーイフレンドが、大晦日に初詣に行かないかと言ってきた。
    それを買う時に、明日これを着て出かけようと思ったこと。
    ボーイフレンドとちょいと良い雰囲気になったこと。
    帰り際にほっぺたにキスをしてくれたこと。
    縁なくその彼とは結ばれなかったけど、
    そのスタジャン、30代半ばまで持っていました。
    ティーンが着るスタジャン、主婦になってもスーパーに行くとき着ていた。
    ボロボロなのに。
    でもある時、もう着るのも持つのもやめようと捨てた。
    バイト代はたいたのは事実。彼にときめいた青春も事実。
    心の中にスタジャンが蘇れば、彼との甘酸っぱい思い出も一緒に蘇る。
    現物が無くても同じだと気が付いた。
    「その服を着てるとき、その彼とバッタリ会って声をかけられるかどうか?」
    これが私の判断基準です。

    あと経歴が嫌ならどんなに高価でも着やすくても、処分します。
    元夫がくれた服。元義母が私に誂えた着物や帯。見ると嫌な思い出しか蘇らない物。

    ユーザーID:3995222069

レス求!トピ一覧