• ホーム
  • 学ぶ
  • バイオリンの先生とのお付き合いが難しい

バイオリンの先生とのお付き合いが難しい

レス25
(トピ主1
お気に入り145

趣味・教育・教養

ニャンコ

はじめて投稿させていただきます。バイオリンを4歳からはじめ、現在中学生の娘がいます。指導者は国内の主要なコンクール(毎コンやクラコンなど)に全国大会の入賞者、出場者を排出しており、指導技術は確かなものがあります。娘には「先生を信頼してついていきなさい。」と話し、私も先生の仰せの通り、できることは協力するようにしてきました。指導技術は素晴らしいものがあり、確かにその通りにしてみると良い音が得られたり、良い表現ができたり、喜びを感じることがあります。しかしその一方で、先生のお人柄はとても難しく、人格に問題があると感じることが多々あります。レッスンで娘が先生の言われたようにできないと罵声をあびせる、ヒステリックになる、出している音が気に入らないと、ピアノの鍵盤をバンバン叩く、昔の先生はもっと厳しかったなどと言い、何かにつけて過去の私どものことで気にいらなかったこと、そのことについては謝っているのですが、昔のことを蒸し返し、責められることがよくあります。先生にとっては娘が中学受験でレッスンをしばらく休んでしまったことがとても気に入らないようで、何度もそのことをおっしゃられるので、熱意を持って教えていただいているのに、大変申し訳ありませんと謝罪をしました。最近では以前に増して、ますますヒステリックがひどく、コンクールに向けてご相談させていただいた時も「お母さんは何も言わないでください。ただただ謝ってください。」と問答模様、自分の主張を機関銃のようにまくしたて、親の思いは全く聞こうとせず、一方通行の会話でした。呆れて話す気にもなれず、ただただ返事をするばかりでした。娘には演奏技術だけではなく、先生の人柄を肌で感じ、技術、音楽性、そして人間的にも健やかに成長してほしいと願っております。先生とのお付き合いについて悩んでおります。先生を替えたいと思うこともあります。ご意見よろしくお願いいたします。

ユーザーID:7130005072

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • すぐ変えた方がいい

    思春期で人格形成中のお嬢さんが感じるストレスや将来の性格に与えるネガティブな影響は、トピ主さんのストレスの比ではありません。
    理不尽なことで怒鳴られたり責められたりすることを良しとして通わせ続けるお母さん(トピ主さん)にも問題があります。トピ主さん親子は「怒鳴ってもいい相手、ハラスメントしてもいい相手」になっています。まともに話もできない相手と付き合い続ける必要はありません。
    娘さんの自己評価は「私はハラスメントされるに値する仕方のない人間」になってしまいます。すぐに普通の性格の先生に変えるべきです。
    今の時代を生きてる子に昔の先生がどうだったかなんて無関係です。

    今後もコンクールなどで顔をあわせるかもしれないので辞める日は大騒ぎにならないよう気をつけましょう。ご主人にも近くで待機してもらい練習が終わる時に「主人がご挨拶に来ていますので」とご主人も同席してもらい「色々ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。これ以上ご迷惑をおかけするのも心苦しいので本日で最後にします。今までお世話になり有難うございました」と伝えましょう。娘さんもほっとすると思いますよ。芸術はノビノビしなくちゃ。

    ユーザーID:7474506760

  • 先生変えましょう

    私も似たような経験をしました。

    楽器の奏者と関わる仕事をしています。
    奏者は専門外に対してもダメ出しのオンパレード。
    周囲は辟易していますが、私自身は笑顔でサラッと流しています。
    演奏と人間性は関係ありません。困ったものですよね。
    こればっかりは本人が気が付かない限り治りません。
    何を言われても心の中で吹き出し笑いしてしまいます。
    私は今やそれが娯楽の一つとなってしまいました。

    でもトピ主さんはお嬢さんのために先生を変えるのが良いでしょう。

    ユーザーID:4790987666

  • 何を目指すのかによる

    プロを目指しているのなら演奏技術だけでなく根性も大切。

    今はクレーム社会なので指導者も優しい先生がだいぶ増えました。

    演奏技術を教える為に子供の体に触れる時に「触るからね」と一言声掛けしなさいとクレームを反映して現場の講師達にお達しが来る時代なんです。


    私も今の時代では子供達への叱り方も本当に気をつけないと面倒な親御さんの反応が…と保身の為に「優しい先生」をやってる部分もあります。


    そんな中でその先生は自分のやり方を貫いているのでしょう。

    私はそんな先生にはなれないけれど我が子はそんな先生にお任せしたいです。


    私もこれまでの音楽の師には娘さんと同じような先生がいましたよ。


    でも厳しさや時には理不尽にも食らいついて行けないのならそれまでです。

    後は先生を変えれば良い事。


    あくまでも趣味で続けているなら優しい先生と楽しくレッスンをして行けばと思います。

    ユーザーID:4430762680

  • どうか先生を変えて下さい

    子供の頃ピアノを習っていて何名かそのような先生を通過してきました。芸術家には少なくない様な気がしますが だからってやられ放題で良いわけありません。親御さんがそう感じているなら娘さんを 一刻も早くその先生から離してあげないと可哀想です

    本当は見学でだいたいの先生の気質は見抜けますが 見学させて下さらない先生もいるので仕方ないですが
    もうその先生は諦めませんか?

    もっと色んな素晴らしい先生もいらっしゃると思います
    少し遠くなったりしても レッスン数を減らしてでも納得のいく先生を探されてみてはいかがでしょうか

    ただコンクールに精通されている先生を探すのは少し大変かもしれませんが
    楽器屋さんかバイオリン工房で聞くと良いかもしれません
     

    ユーザーID:5169278189

  • 替われるものなら 替わるが吉かと

    お嬢さんは どう考えて いられるのでしょう

    お母さんが罵倒に耐えているので 自分も耐えねば!!と 思っているのなら 即刻 他に変わるべきだとおもいますが

    私なら 怒鳴られてまで師事しようとは思いませんけどね

    ただ お嬢さんご自身が どんなに言われても 指導を受けたいと思われているのなら・・・・我慢しかないのかも・・・イヤだけど・・・

    ユーザーID:1476768473

  • 今時

    一昔前はそんな先生がいたかとは思いますが、今時、そういう先生は
    ほとんど見かけないと思います。子供が音大に行っていましたが
    音大という場所ですらそういう感じの先生はもういませんよ。

    びっくりするほど高いバイオリンを薦められたらどうします?

    結局鳴りの良い楽器でないとこの先は無理だろうし、音大に行く覚悟というか
    専門にするつもりでいるならそういう事も視野に入れていますか?

    しかも音大を卒業したところでその先はどうお考えなのでしょう?

    趣味とか教養というところでバイオリンをお考えなら別の先生を探してはいかがでしょう?

    バイオリンに限らず、良い先生と思われるレッスンなら先生は一人と
    思っていてはいけません。

    立派な先生は人格も間違いなくすぐれている物です。親に謝れなんて
    とんでもない!
    伏魔殿のように構える先生ほど怪しいんです。

    ユーザーID:2339279485

  • そういうものらしいです

    うちの子どもも2人、3歳からヴァイオリンを始めて高校生になりました。その間一度も先生は変わらず、ずっと同じ先生にお世話になっています。最初から音大は狙っていません。趣味で、とお願いしていますが、小さい頃からコンクールにも参加させていただき、わりとしっかりしたレッスンを受けてきました。その先生の先生が、やはり毎コンやいろいろなコンクールの審査員をされる大御所でいらして、同じように厳しかったそうです。

    その時にお聞きした言葉が「カラスは白い」です。先生が「カラスは白い」と言うならカラスは白いのです。「黒ではないですか」と言うことはあり得ません。修学旅行があろうが、受験があろうがレッスンを休むなんてご法度です(さすがに試験当日は大丈夫でしょうが)。親が先生に「はい」以外の言葉を発するとクビです。意見を言うなんてあり得ません。とのことでした。
    あと先生を勝手に変えるのもご法度です。先生を変わる時は事情があって、その先生のご紹介で次の先生に引き継がれるのです。ヴァイオリンの世界は狭いです。コンクールに出るようなレベルで続けたいのであれば、親の思いなんて言ってはいけません。弟子なんですから。

    ユーザーID:9049878467

  • 芸術に優れた人は

    普通でない人が多いと聞きますね。

    娘さんが今後どういうスタイルで行きたいかがポイントじゃないですかね。

    ガッツリそれ一筋でトコトン行きたいならそのままその先生に教えを乞う。

    そうじゃないなら変える。

    僕が親ならそうします。

    ユーザーID:6523026204

  • 受験の方が大事

    先生は、受験優先させたので、気に食わない、わけですね。先生、替えたら良いです。合いません。

    ユーザーID:8458410607

  • 新しい先生を探すことをおすすめします。

    私もバイオリンを習い始めて7年になる12歳の娘がいます。アメリカ在住ですが日本に一時帰国の際も日本でバイオリンの先生について毎週レッスンしています。ニャンコさんの娘さんはバイオリンを楽しんでいますか?娘さんは レッスンはどのように思っていらっしゃいますか? ニャンコさんの娘さんのバイオリンの先生はどういう思いで生徒さんと音楽について接しているんでしょうか。アメリカのジュリアード音楽学校や音楽大学の先生、交響楽団のバイオリニスト、パフォーマンスバイオリニストなどいろいろな先生をその都度娘のレベルに合わせて先生を変えて来ましたが、そのようなヒステリックに感情を生徒に向ける先生はいませんでした。どの先生もきちんと生徒と向きあいその生徒にあったレベルのレッスンであり、厳しい中にも先生の優しさ、生徒と先生の間のリスペクトはどの先生も同じでした。レッスンは前向きに楽しめないと、辛いほうに向かってしまえばいつかあなたの娘さんはバイオリンを辞めてしまうかもしれません。 バイオリンの先生もいろいろです。娘さんにあった先生を探された方が良いと思いますよ。

    ユーザーID:3528915849

  • そんなもんやめちゃえ

    バイオリンがなんぼのもの。破壊している人格に接するのはいいことなし。趣味程度が素敵だよ。

    ユーザーID:6895890774

  • 本当に良い先生なのか

    あのー、本当にその方は良い先生ですか?
    先生としては、かなり独りよがりな方だと思いますが、、。
    中学生のお嬢さんは先生をなんと言われてますか?

    例え、先生にコンクールでの実績があっても、やはり人格が悪ければ、はっきりと音楽に反映してくると思いますよ。
    お嬢さんも、先生の前では萎縮してしまったり、お嬢さん自身の精神状態に深く関わってくる問題です。
    ましてや受験なんて、人生の選択でも大事な事!それを理解もできない先生は辞めた方が良いと思います。

    お嬢さんが伸び伸びと演奏できる環境を作ってあげて下さい。

    ユーザーID:2524372339

  • 娘さんの意志は?

    理想は貴女の求める「人柄」と音楽の実力、指導力とを兼ね備えた先生だろうが現実にはなかなか難しい、特に芸術分野の第一人者にはそういう「難しい方」が多いのでは。

    貴女の望むような方はなかなかいないかも、いても弟子希望者が多くて指導を受けるチャンスを得られないかも。

    娘さんは一流を目指すのか、趣味程度か。趣味ならそんなに辛い思いをする必要は無い。腕は落ちてもやさしい先生がいいだろう。

    いずれにせよ、娘さんとよく話し合ってみて。

    「あまり上手になれなくてもいいからもっと穏やかな先生に習いたい」のか、「音楽的にはすごく尊敬出来て能力を高めてくれる、あんな優れた先生は滅多に無い、辛くても習い続けたい」のか。

    その先生は一流養成を目指して必死になっているわけで、「一流を目指さない人、私の指導法に不満のある人は習いに来なくてもいい」という考えだと思う。

    娘さんがもし「辛いけどあの先生に習いたい」と望んでいるなら、娘さんの足をひっぱらないように「教えていただく」という気持ちを共有して協力してあげてください。

    ユーザーID:7801560443

  • たまにいますね

    音楽家の中には、腕はよくても人格に問題がある人がいます。
    実績があるので遠くからも生徒が来たりします。
    ですが、教育者としてはどうかと思う事もあります。
    昔の先生はもっと厳しかったというのは事実ではありますが、
    今の指導はあまりよくありませんね。
    過去の事をネチネチ言うなんて、意味がないと思いますけど…。
    音大進学とか考えていないのであれば、先生をかわることもアリですが、
    先生同士のつながりがあったりして、やり難くなるかもしれません。
    音大を目指しているのなら、もっと慎重になる必要があります。

    コンクールにはコンクール向けの演奏があり、
    そういう指導が上手な先生につくと入賞出来たりするので、
    頑張る意味もありますが、精神的な面での悪影響があるかもしれませんね。

    ユーザーID:3877281771

  • 先生は変われない、この先生に両方はムリ 割りきるか、辞めるか

    うーん、個人教室ですよね。学校ならば改善を促すために相談するのもありえますが、文面から伺うと個人教室での話の様子。

    まぁ少なからずその様なレッスンスタイルの先生はいらっしゃいます。
    多分、熱意のあまりヒートアップするんでしょう。その熱意が生徒に伝わって、よりレベルの向上につながる場合もありますから。

    けれど、保護者へのとんでもない仕打ちは、勿論問題があると見えます。
    でもいくら丁寧に、誠意を持ってても、改善すると思いますか?もっと逆上しませんか。

    そこは、割りきってはいかがでしょうか。指導が素晴らしいなら、エキセントリックな対応は仕方ないと受け止める。

    なにより大切なのは、実際に教えていただいているお嬢さんが、先生をどう思っているのでしょうか。厳しく激しい先生の指導スタイルに納得しているのか、丁寧に話を聞くことだと思います。
    お嬢さんが納得するなら、先生の指導はこのまま。人間性が素晴らしい先生は別に見つける。トピ主様は先生の扱いを割りきる。
    また、トピ主様が割りきるのが辛いなら、代理を立てて先生とはビジネライクに徹する。

    辞めるのは、いつでも出来ますから。

    ユーザーID:3247257630

  • 大人になってからバイオリン習い始めた者です

    コンクールで入賞を狙うレベルを維持したいなら、先生は誰でもいいというわけではないですね。

    しかし、コンクールに弟子を送り込むような先生同士の世界は案外狭く、あちこちで繋がっていたりするように思います。今のところを辞めて師事したい先生がいるとしても、まずは先生同士で話し合ってからにならないでしょうか。揉め事を回避するために断られることだって考えられます。

    うちの息子は中学生の頃に甲子園目指すような子供が集まる硬式野球チームにいましたが、チーム移籍は基本ご法度でした。受け入れ先の監督がしり込みするからです。まぁ、野球とバイオリンの世界は違うかもしれませんが。
    しかし、その先生の性格だとお母さん(トピ主)が関わることで却ってこじれそうな気もします。運が悪かったようですね。

    将来どうしてもバイオリンで身を立てたいのでなければ、一度今の世界から抜けてみてはどうでしょ?普通の音楽教室でも海外の著名なオケにいたことのある先生はおられます。相性の良い先生の元でノビノビ演奏する道もあります。

    ユーザーID:2408029195

  • 絶対かえるべし

    エキセントリックな人格の方が実力がある、と勘違いしがちなんですが、大間違いです。昔と違って、バイオリン人口も増えていますので、実力があって、なおかつ常識的な先生がたくさんいらっしゃいます。替わりの先生がみつかるのであれば、即刻替えて、お嬢さんの人格形成への被害を最小限にとどめるべきです。

    芸術家とはこんなもんだから、こういう大人と接する経験も必要、なんて、思わないように。そういう経験は別の場ですればよいのです。

    先生同士のつながりも心配する必要はありません。同じ職業ということで知り合いだったり、顔見知りということはあるかもしれませんが、それがコンクールの結果などに影響することはありません。芸術家の世界は広いのです。

    ユーザーID:6269501771

  • 先生は嫌っておられるかと・・・

    技術的に素晴らしいという点は必要ですが、
    気が合わない先生を師事することって相当大変だと思います。

    保護者への不満をいつまでも言われ続ける状況なども含めて
    先生のお人柄に触れてもらいたいって思われるのでしょうか?

    私も音楽を教えている立場で
    なかなかこちらのやり方を合わない保護者を疎ましいと思うこともあります。
    そういった場合はこちらから別の教室へ移られるようにお話しすることもありますよ。

    合わない先生とのやりとりで大変なのはトピ主さんではなくお子さんであり、
    先生の立場だと合わない生徒とのレッスンが辛い時間であるわけです。

    ユーザーID:8307761338

  • 演奏と指導は別もの

    名選手は名監督にあらず。なんて言葉もありますからね。
    スポーツの世界でも芸術の世界でも同じ事が言えると思います。

    私は音大卒です。かなり変わった先生方に接してきましたし、色んな噂もありましたよ。

    先生方から学ぶべき事は、テクニックだけではありません。
    私自身も、現代で言う「パワハラ」のレッスンもありました。
    (その方は、今でこそ名ピアニストになりましたけどね。)

    怒鳴られるだけでなく、レッスン室から楽譜を捨てられた、5分で追い出された、色々ありますよ。
    私が受験の時についていた先生は、とにかく子どもが嫌いな先生で、ちゃんと練習をしてこない子は、ねちねちと泣くまで絞られていました。

    どんなに有名な一流大学を出ようとも、留学をして技術も語学も堪能であっても、所詮社会経験のない方がほとんどです。なので、その辺りは割り切らないと・・・。

    ただ、もしお嬢様が将来音楽の道に本気で進もうと考えておられるのであれば、この世界は狭いので辞めるにしても、上手にお断りして下さいね。門下、派閥、色々とありますので。

    ユーザーID:4398950882

  • 将来どうしたいのか

     受験のために、お休みをするということは所謂音楽系統でない一般受験であると仮定して。
    うちも子供を同じく休ませました。それ以前に、先生に音大受験しないですね?と聞かれてました。
    音大や音楽関係に進むにはそれこそ日に何時間も練習しないといけないし。一般受験や進学校では、それも時間とってやらないとどちらも中途半端になりますし、お子さんがまずは壊れちゃいます。
    うちは先生と合わないと自分で決めたこと、進学校にいくので進路をはっきり決めました。
     娘さんの意見や希望も聞くべきです。今は、貴方も先生も同じ側にたっているので、相談も意見も言えない。けれど、もう数年すれば、バイオリンのことだけでなく、他にも必ずや歪みが出てきます。
     音大出でも音楽で食べていくのは大変。娘さんに自分の希望や夢を押し付けてないですか?その先生についた先に何がありますか?よく思案して下さい。

    ユーザーID:7979461645

  • 本人が決めればいいのでは

    受験でブランクがあったということですが、中学生になっても練習が足りなく予定しているレベルに達していないのではありませんか。
    コンクールで実績をあげているのなら、先生の指導についていく子供も沢山いて指導力もあるということでしょう。
    娘さんがコンクールや進学を目標にガツガツやるようなら、そんなに不満も出ないのではと思います。そうではなく中学生になって社会が広がり練習ばかりはしていられないという「辞めごろ」の気分だと、熱心な先生でまだ諦められていないなら当たりはきつくなるかもれませんね。
    教養として楽しく弾きたいというのならかわればいいと思います。
    コンクールについて相談というと話は違うのでしょうか。その先生とトピ主さんとには温度差がありますね。
    だいたい中学生くらいで辞めることは多いのですから、お子さん自身がどうするか決めたらいかがでしょうか。

    ユーザーID:3382040741

  • 音大・藝大は視野にいれていますか?それによって答えが全く変わ

    娘さんは、音大・藝大は視野にいれていますか?

    それによってアドヴァイスは180度変わります。

    まず、それをレスしてください。

    ユーザーID:1288411922

  • そういう場合

    まず大前提として習っているお嬢様がどう考えているか、これが一番です。

    それを踏まえて、私が考えられることは、
    まずそのレベルの先生は色々(大学で教えている、もしくはオーケストラ在籍)
    お忙しく、レッスンは土日に行われる確率が高いと思います。
    その場合付き添いをお父様にチェンジするという方法があります。
    わが子の門下では(同じ楽器同じ立場とお考え下さい)
    お父様付き添いの方が数人いらっしゃいます。
    先生を変えないとしても、何かしら今の閉塞感を打破する方法が必要かと思います。

    ユーザーID:5305836107

  • トピ主です。このまま今の先生で様子を見たいと思います。

    将来音大、一般大学のどちらに進むのか、まだ決めておりませんが、ここ数年のうちに決めなければならないとは思っています。娘に今の気持ちを聞くと「(生意気ながら)人格に問題があると思う時もあるけど、技術はある。先生は厳しいけど、言われて納得できるところもある。悔しいと思うこともあるけど、上手くなって見返してやりたい。」という答えが返ってきました。本人としては今の先生のもとでバイオリンを続けていきたいと思っているようです。私自身は新しい先生にと思うこともありますが、ここはひとまず娘の意向を尊重しようと思います。皆様からのアドバイス、有難く読ませていただきました。保護者の立場でのご意見、指導者としてのご意見など、大変参考になりました。皆様大変ありがとうございました。

    ユーザーID:7130005072

  • それで良いと思います

    私のピアノの先生は先生の想う音を生徒が出せないと椅子を思いっきり蹴ったり鍵盤を叩いたり楽譜が空を飛んだりそれはそれは激しい先生でした。

    みんな泣きながらそれでもレッスンを頑張ったな〜。

    人間的には問題があるかもしれませんが、音楽的にはとても尊敬しています。


    あの頃の仲間達とたまに会いあの頃の話しをする事がありますがみんな笑顔です。
    「よく椅子蹴られたよね〜」と笑い話になってます。


    先生の厳しいレッスンについて行けたからこそ技術面だけでなく精神面も鍛えられ今みんな音楽の世界でやって行けてると思ってます。


    今は子供を過剰に守る親が増えていますが、もしあの頃うちの親が教室側にクレームをつけていたとしたら「余計な事しないでよ!」と親に言ってたと思います。
    社会に出たら誰も守ってくれないですしね。

    精神面を鍛えるって大切です。


    理不尽に怒られてばかりだったかもしれないけどそれでも私は先生が今でも好きです。

    ユーザーID:4430762680

レス求!トピ一覧