• ホーム
  • 話題
  • 人間何もかも得られない、お金には変えられないこと

人間何もかも得られない、お金には変えられないこと

レス26
(トピ主0
お気に入り109

生活・身近な話題

得る失う

1日24時間、1年365日。

人間誰しもすべてを得ることは不可能でしょう。得るものもあれば、その代わりに失う物もある。

例えば、共働きで収入はそれなりにありけれども(得る)、子供が不安定だったり、気持ちや時間の余裕がなく家庭内がぎくしゃくしたり、家の中が散らかり放題掃除もままならない(失う)

無理して働いて(得る)過労死したり体を壊したり(失う)

など、きりがないでしょう。得る=失うでバランスがとれているのかと思います。


私は、今体調を崩し専業主婦しています。(失う)しかし、時間や気持ちに余裕ができ、家族間の安定にもつながりました。(得る)

皆さんにとっての「得る」「失う」とは、どんなことでしょうか?また、良かったですか?悪かったですか?

また、なんでもお金お金で解決する世の中になってきましたが、お金にかえられないものもたくさんあるかと思います。(健康・命・友達など)

皆さんにとってはどんなことですか?

ユーザーID:6649066007

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自分が持っているのに、あるいは自分には在るのに、そのことに気づかないことがあります。そして、それを失った時に、大切だったことや、幸せだったことに気づくのです。

    幸せには、得て幸せになることと、失って気づく幸せとがあるのでしょう。どちらも幸せには違いありません。

    ユーザーID:6344584156

  • 時間と経験…です

    現在は主様同様な感じで休職中です。
    私は子供と時間を共有することで収入は無かったけど(失う)、沢山の経験を出来た事が、この18年くらいの大きなことでした(得る)。
    結婚前までは自分の好きなように生きていましたらからね…結婚、出産、育児という経験は「物事は自分の思うようになることなんてない」という事を強烈に知った時間でした。
    お金で解決できる事は意外と少ない事も気が付きましたね。
    反面”地獄のさたも金次第”ってことを感じる事もありました。
    全てを手に入れられる人は、才能のある人で、そうでもない凡人の自分には身の丈にあったことしか出来ないという事も充分、理解出来たこの18年の経験は、後の人生を豊かな物にしてくれる「転ばぬ先の杖」になってくれると思います。

    ユーザーID:5147031855

  • それは単なる自分を納得させるための嘘です

    >今体調を崩し専業主婦しています。(失う)しかし、時間や気持ちに余裕ができ、家族間の安定にもつながりました。(得る)

    それも長くは続きませんね。私の周りの専業主婦は、みんな「仕事は失ったけど、時間や気持ち〜家族の安定〜」と言いますが
    その後は、だんだん無言になっていっています。
    結局は、お金が全て。稼げなければ、自分の発言権も失っていくということです(家の中では勿論、友人との会話でも話すことがなくなってくるようです。下手に口を出しても、しょせん経験の裏打ちがされていないことですから、誰も聞きません)。
    お金があれば、栄養がたっぷりのものも買えます。
    お金があれば、自分の健康にも気を使う事ができます。
    時間など、いくらでもやりくりできますし、自分がどうかなったことで、やっと家族が家族として、思いやりや安定を持つ……という前提がそもそもおかしくありませんか。
    なぜ忙しい時にこそ、思いやりを持たなかったのでしょう。

    結局、負け惜しみだと思います。

    ユーザーID:2353185931

  • 悔しいのかしら

    体調を崩して仕事を失ったことがそうとう悔しいのかなとおもいました。

    世の中すべてを手に入れられないというのは、すべてをほしいと思うからで、今手にしているもので満足することが出来れば、その人は幸せなんですよね。

    私も諸事情から仕事を手放した主婦です。それで家族は満足しているようですが、私は決して満足はしていない。そのことを仕事は失ったけど他にえるものがあったということですりかえることは出来ないです。ただ、決断したのは自分なので、しかたがないなとは思います。

    ユーザーID:4326772602

  • 大好きな人と結婚したから共働き

     お見合いで、土地持ちの富豪さんがいたけれど、専業主婦で小遣い10万とか言われたけど、蹴って好きな人と結婚。
     おかげで好きな人と一緒にいられるけれど、共働きであくせく働く……。
     とはいえ、多分、お見合い相手と結婚していたら、多分1年持たずに離婚していただろうし、なんか、お見合い後に趣味のレストランとかひらいちゃってるし、のんきな専業主婦は、どのみちムリだったろうなぁっ〜ってとこだし、なにより今はかわいい子どもが2人もいるし……。
     得るもののほうがどでかいので、まぁ、共働きもやむなしかなぁな感じです。
     家の中が散らかり放題掃除もままならないとはいえ、休日になればみんなでショッピングや公園散歩、遊んでいるせいも含んでなので、働いているせいばかりとは言い切れません。(爆

    ユーザーID:2948126296

  • 私の場合。

    一生安心!の高収入な仕事に就いていましたが、
    激務で心身を壊し、結婚(得る)とともに、退職。(失う)
    お金いらないから、時間が欲しい、と心から思いました。

    今は、比べ物にならないくらい、節約ケチケチ生活(失う)ですが、
    ゆったりできる時間と、仕事で忙しい主人をフォローできる
    心の余裕(得る)があります。
    でも同業を続けている友人・元同僚とは疎遠になりました。(失う)

    でも、今の方がいいなあ。

    ユーザーID:1564628459

  • 時短勤務と育児

    キャリアを失い(賃金を減らし)時短勤務にし、子供たちとの時間を得ています。

    選択したこのバランスで今はうまくいってるけど、難しくなれば、主さんのようになるかと、、、

    でもなったらなったで、主さんのようにそのなかでの安心を見つけたいな

    ユーザーID:0229241470

  • 私は

    神様から地球というパーティー会場に招待されたのですから、楽しむだけです(得)
    失う物は何もありません

    シンプルですが、感謝の気持ちで生きています
    お金は足りないくらいが幸せですね
    人徳や人間性が売っていたら買いたいです

    ユーザーID:7925040726

  • 時代や世の中をよく見てね 1

    お金かそれ以外の価値ある何かか〜という、偏った考えでの議論をしたがる人がいるが、それは無意味です。

    お金は重要。金が無ければ生きていけない。

    昔々の皆農家時代なら、米と野菜があったが、現代は、お米や野菜でさえ=お金です。

    お金なしでは
    米も野菜も買えない。生きていけない。
    住む家も建てられない。雨風寒さ暑さしのげない。
    病院にもかかれない。命も守れない。
    子供を学校へも行かせられない。教育もできない。
    子供を持つこともできない

    貨幣経済の現代では、お金=命なんです。

    お金を馬鹿にできない。綺麗な夢言を言ってはいけない。

    お金に変えられないもの〜それはたくさんある。

    結婚できるか、子供が(無事)生まれるか、健康に育つか・子供が成人するまで親が健在でいられるか・子供が心豊かに育つか〜色々ある。しかしそれでさえ、お金が大きく影響する。

    お金と、それ以外の大事なもの(健康・命・友達など)を比較して、どちらを取るのがいいか〜とか、あなたはどちらを?という意図を暗に含んだ話は愚か。

    日本や世界を広く見て。失業者も、働けどまともに食べていけない人もゴマンといる。日本もそう。

    ユーザーID:1847382592

  • 時代や世の中をよく見てね 2

    お金かお金に変えられないものか〜なんてこと言っていられるのは、豊かな人だけ。主さんだって、働かなくても、今のところ専業主婦で、夫の稼ぎで生きていられるわけでしょ?この先は分りませんが。数年後には、焦って「とにかくお金」と働いているかもしれない。

    あなたが「お金かそれ以外のものか」と言っていられるのは、あなたが(夫の稼ぎで)恵まれていて、しばらくはそれで生活できる=豊かなためです。余力が無い家庭なら、生活が行き詰まる。

    そして今、この国では、そういう家庭が多いんです。

    お金がたくさんあれば、主さんのような「お金かお金に変えられないものか」などという心地よいことを言っていられるが、多くの人は、そうはいかないのよ。

    お金はとても大事です。

    でも、体を壊したり、家族の病気や介護、幼い子の育児などで、家に居なくてはならない人もいます。

    「お金かお金にかえられないものか」〜って、きれいな言葉ですが、今の時代のこの国では、「お金に変えられないもの」のために、仕事しないで家庭で家族のためにだけ生活する〜という選択ができない人が大半です。

    社会が不況だから、そういう時代なんですよ。

    ユーザーID:1847382592

  • 時代や世の中をよく見てね 3

    今現在、主さんのように、家族のために良いことができる人はそれでいい。でも来月離婚や夫の死・リストラがあればどうする?

    その時は「お金より大事なものがある」と言える?

    だからね、今たまたま家庭に居るからと言って
    世間に向かって

    家で家族のために尽くすメリット(VS)無理して働く女性が失うもの。

    と言いたいようなトピを立てるのは感心しない。そこには「今の自分が専業主婦で家にいることを正当化したい」意識が透けて見える。

    皆必死で生きている。家にいる人も働いている人も立派なんです。人生は総合的に見ないとね。人生終わるまで。何が良いかは最後まで分からない。

    あなたはそれでいい。でも、自分個人の価値観を、正しいもの・良いものとして話したがるのはおやめなさい。つまり「専業主婦は家族のためになり、金に変えられない価値がある」と言いたいだけでしょ。

    金(VS)価値ある他の何か

    なんて、あまりにも単純でお粗末な考え方です。人の生活は、もっと複雑な多くの要素で成り立っている。価値あることが分っていても選択できないこともあるし、価値あるものを選べば他のリスクを背負う場合もある。

    お金は大事

    ユーザーID:1847382592

  • 人生バランスが取れてるってことですかね。

    そういうの、昔、山岸凉子さんのマンガでありましたね。

    私自身は既婚子育て中、時短勤務で働いてます。
    時短勤務を延長して働いているので、収入が減ってはいます。(失う)ってことでしょうか。
    でも時短勤務で自宅も近いので、まあ余裕のある方だとは思います。
    睡眠時間も取れてるし、子供に本を読んでやる時間もあるし、ご飯も作ってやれます。
    夫も所謂育メンなんで、家族の中は良好だと思います。

    でも掃除はしますが、一瞬で散らかされます。
    でも小さい子供がいるうちは、専業主婦だろうと多少は似たようなものかなぁと。
    キレイをキープするなら、子供のあとに付いて回って掃除しないといけないですから。

    あとは自分の時間が失われているかもしれないですが、週末子供が寝たあとに撮りためてたドラマを見たり、趣味の裁縫とかをしてるのでそれほど気にならないかも。
    そう考えると、子供という大きな幸せを得たおかげか、そんなにたくさんのものを失ってると今は思わないです。
    それも今のうち、と考えられているからかも。
    でも、これから来るのかもしれないですが、得たとか失ったとかあまり考えず、受け入れていこうと思います。

    ユーザーID:0942819619

  • そうかも知れない、、。

    得るばかりの人もいるだろうけどね。

    私は、子宮と卵巣摘出しました。

    煩わしさから解放が得たもの、
    女性ホルモンが失ったもの。

    生々しい話しになりました。
    すみません。

    ユーザーID:7585061887

  • 結婚もそうですよね

    結婚することによって、失うものは大きいけれど得るものも計り知れない。

    ユーザーID:1868934158

  • トピに書いてある通り

    結婚して数年は共働きでしたが、気持ちや時間の余裕がなくギクシャク、家事も行き届かない。

    夫婦で話し合い専業主婦になってからは、妻が昼間と平日に家事を済ませることで夜と休日に夫婦の時間をたっぷり取れる。
    連休は夫の仕事都合だけ気にすればいいので予定を合わせて旅行・帰省が簡単。
    家事をやるやらない、これは誰の担当、などの小さな争いがなくなった。
    自炊するようになったら夫の健康診断の結果で悪かったものが全て改善した。

    妻の肌の調子が改善。
    エステも化粧品も役に立たなかったのに、ストレスと紫外線の影響が無くなり自炊で野菜を多くとるようになっただけであっさり改善。
    妻が自由人なので会社に束縛されず自由に行動できる専業主婦生活はむいていたためいつも機嫌が良い。

    うちの場合は収入が減っただけで、あとは得ることばかりでした。

    ユーザーID:0987781947

  • 自分の場合

    子供のいない共働き夫婦です。
    夫婦共に若い頃からバリバリ働き、家計も余裕があります。
    二人とも仕事の関係でいろんな所へ行き、貴重な経験をさせてもらいました。
    休日は互いに趣味など好きなことをやって過ごしています。
    ただ、子供がいないので、家庭の温かみ、だんらんという物がうちには存在しません。
    他の家庭を見ると、いつも家計ギリギリで子育てに追われ、大変そうですが、家族で苦楽を共にしており、こういう経験はお金で買えるものではないなと、今更ながらうらやましく思ったりします。
    こういう人生が、はたしてよかったのかどうか、私の中ではまだ答えは出ません。

    ユーザーID:1339401819

  • 健康な人が羨ましいですね

    私は毎日統合失調症の薬を飲んでいます
    100人に一人がかかる病気で、一生薬を飲み続けなければならない病気です
    今年の夏悪化して精神病院に約2ケ月入院して、最近復職したばかりです

    もし健康なら、もっと頑張って働けるのになあ

    私には大学1年と高校1年の娘がいますが、子供たちの教育費がかかるので、病気と付き合いながら働くしかないのです

    病気だからといって、専業主婦にはなれない経済状況です

    お金にはかえられないものがたくさんありますが、私にはお金が必要なのですよ

    ユーザーID:8008457264

  • 失ったとは考えない

    お金に変えられないものは、何と言っても家族特に子供達の存在です。かけがえのないものとはこういうものか、と実感してます。

    そうは言っても。命・健康・友達。確かにお金に変えられないけど。命・健康はもちろん維持したり守るためにはお金が必要な場合もある。人間関係だって貧すれば鈍すと言うように、あまりにお金がないと信頼を失うこともあります。
    過剰にあると却って不幸を招きかけない富ですが、ある程度の幸福を得るためにはそれなりのお金はやはり必要なのでは。ただ「ある程度」と「それなり」は人それぞれなのでこれ位、とか一定の決まりはないんだと思います。

    私は兼業ですが、主さんの挙げているものを失ってはいません。その他にも、働いて収入を得ていることによって失ったものがあるという実感はありません。
    専業さんも、専業であることで何か失ったとは感じてないのでは。

    感想としては、主さんの発想は何か後ろ向きで暗いな、という感じです。

    ユーザーID:8129191606

  • 私は

    得たもの

    育児しながら資格を取り、憧れの仕事に就けた
    キャリアアップも望め、充実している
    社会的立場と、経済的安定、それによる精神的な安定


    失ったもの

    専業の時の自由な時間
    編み物したり、昼寝したり、ゆっくりテレビ見たり
    そんな時間が昼にないかな

    私の場合は、得たものの方が大きくて、失ったものは別にいいかなー、と。
    夫婦ともに働いているので、趣味のものを買ったり、将来に備えて貯金できたり、旅行できたり。
    子供もどんどん大きくなるので、ずっと専業だと失うものが大きすぎると思ったので、
    思い切ってとある国資を3年かけて取得しました。

    ちなみに子供は安定していて、家庭内は明るいですよ。
    少し散らかってるけど。
    我が家はこの形がベストです。


    トピ主さんは、専業になったことをとても辛く思っているのですか?
    働いてたら収入あるけど家庭はめちゃくちゃ、子供は不安定とか、過労死とか、ちょっと共働き家庭に嫉妬してませんか?
    私は仕事を失ったけど家庭の安定を手に入れたと思い込むことで、辛さから逃げてません?
    普通に幸せなら、こんなトピ立てませんよ。
    また働けるようになったらいいですね。

    ユーザーID:8944080356

  • 得る→子供 失う→プライベート

    得た物が今は多いです。
    ・子供が産まれ
    ・愛を知り
    ・子供がいるお陰で楽しい時間を過ごさせてもらいました
    ・夫婦の時より家族が一段とまとまりました
    ・後、健康的な生活サイクルにもなりました(笑)

    失ったものは
    ・プライベートな時間です
    ・子育て優先に切り替えたので、お洒落も捨てました


    今が幸せ過ぎて、子供が成人した後が怖いです…

    ユーザーID:0540191424

  • 努力すれば失うものは減っていく

    社会人になり激務激務で会社辞めました。そして結婚して夫と「はたらきやすい会社」を作りました。会社は家から15分、残業なし、どころか私は家事があるので午後2時には家に帰ります。買い物して家に帰って家事やって。夫は2時間程度残業してトラブルがなければ7時過ぎには帰ってきます。二人でゆっくりご飯食べてそこからは趣味の時間。土日も祝日もしっかり休みます。で、世帯年収は2千万以上。経営者なので景気でむらがありますが。

    会社始めたころはそりゃあ大変でしたけどね。夫の実家の義祖父の介護もあったんで。「景気の悪いときはいい時のことを考えて骨身を惜しまず、いい時は悪いときのことを考えて節約節約」と二人で生きていきやすい生活を作るために一生懸命会社を軌道に乗せました。

    失うことがあるのなら、失わないために何ができるかを考えればいい。無理して働くくらいなら無理しない働き方を考える。激務になると思考の方向が間違っちゃうんですよね。
    リスクも取らずに理想の生き方はできないと思ってます。

    ユーザーID:2343181315

  • 逆もまた真なり!

    お金があれば、無理して働く必要はなく、過労死したり体を壊したりはしない。

    お金があれば、時間や気持ちに余裕ができ、家族間も安定する。

    重要なことは「得る」と「失う」で考えるのではなく、「目的」と「手段」をはき違えないことです。

    「手段」と「目的」があべこべになってしまうと、お金を稼ぐことが目的となってしてしまい、心安らぐ生活をおくりたい!という本来の目的がどこかへいってしまいます。

    ユーザーID:3176192363

  • 気持ちはわかるんだけど

    言いたいことはわかるんですが。

    子供が手がかかって可愛いのなんて、あっという間に終わるよ。
    その後、何するの? 人生80年としたら、30−40年あるよね?
    働きたいと思っても、女性に残されている仕事はせいぜいパート。
    運が良くて派遣でしょうか。

    時間があるのなら、個人の幸せとか問題を卑小化しないで、「なんで女性はこういうルートになっているんだろう」「過労でダウンするまで働くのはまちがっている。どうしてこうなんだろう」「どうして社会はこうなんだろう」って考えてみませんか。

    それから健康と命はお金でかえますよ。残念ですが。農村地帯に住んで、自分で無農薬野菜でも栽培するなら話しは別ですが。。。

    友達とお金は関係ないと思います。

    ユーザーID:5406353828

  • 友達だってお金がなければ

     友人関係、その他の付き合い、交友だって相手との釣り合うお金がなければいずれ、消えてしまいますよ。
    誘ったり悪いかな?と思いますもん。

    声を掛けづらくなりますよね。

    だんだん話も合わなくなる。

    ユーザーID:8188977809

  • 極端

    主さんのおっしゃることわからないわけでもないけど極端ですよ。
    お金と時間に限らず、いろんなことをほどほどにバランスとって生きる選択肢はないのですか?

    また、主さんがあげた健康や友人、命だって、お金で買えるものではないけど
    お金があってこそ維持できる面もあります。
    お金があれば健康的な食事をし、検診や予防に努められるし、友人と細かいお金のことでギスギスせずに済むし、
    例えば安全性の高い家に住んだり、交通手段を選んだりとリスク回避もできます。
    一見トレードオフの関係に見ええも実はそうでもないことはよくあります。

    要は過労死と無職の間にたくさんの選択肢があるのだからどれがベターか選ぶ権利が人にはあるということです。

    自分は専業でたっぷり時間があったけど、色々考えて働きに出ました。
    残業なし、子どもの行事優先での仕事なので賃金は安いけどゼロや扶養内パートよりはずっといいし、
    仕事の内容から得るものも多く、今は自分にとっても家族にとってもいい状態です。
    事情が変われば仕事の時間を増やすこともあるだろうし、逆もまたあり得ますが、お互いその時々でいい選択をしていきたいものですね。

    ユーザーID:1118761443

  • 健康も人間関係も

    かなりの割合でお金って重要です。
    共働きで働いても気持ちも時間も余裕があって子供いい子に育って家事も外注を頼みながら上手に回すという家庭だってたくさんあると思います。
    そもそも休みなどなくても働いていて幸せって人もいるでしょうし
    子供いらなり結婚したくないって人もいます。

    一つしか選べない道も確かにあります。A高校に入ればB高校は入れないし
    太郎さんと結婚すれば次郎さんとは結婚できません。
    でも、結婚したくない人は仕事を一生懸命することで生涯独身の人生を歩んでも結婚できないを失うとは捉えません。

    人間関係も似た者しか最終的には繋がり続けることは難しいのでその似た者に経済力もある程度は影響してきます。
    健康もお金があれば人間ドックも毎年行けるし、高額な治療を受けられます。

    トピの内容はわからなくもないですが
    ご自身が小さな不満を抱いていて、それを何とかなだめようとしているかのようにも読めます。
    私は独身で子供もいないし仕事は忙しいおかげで平均以上は稼げるようになりましたが、特に何かを得るために何かを失ったという感覚はありません。

    ユーザーID:7100736186

レス求!トピ一覧