• ホーム
  • ひと
  • 能力限界 でも子供を傷つけたくない(スポーツ)

能力限界 でも子供を傷つけたくない(スポーツ)

レス49
(トピ主1
お気に入り271

家族・友人・人間関係

チョコアイス

トピを開いていただき、ありがとうございます。

海外在住中学3年の娘についてのご相談です。

娘は幼少の頃から、あるオリンピック種目のスポーツを習っています。
小学3年の頃より本格的にコーチについてトレーニングを開始し、選手として州内のあらゆる大会に出場してきました。

これまで運もあって順調に好成績を残してきましたが、昨年あたりから伸びなくなり、大会でも、どんどん順位を下げるようになりました。親自身全く素人ですが、客観的に見て、この辺りが実力の限界だと感じます。父親も同意見です。

こう言っては何ですが、もともとそれほど素質があるようには見えませんでした。しかし本人が親や周りも呆れるほど練習熱心な努力家で、その成果でここまできやってました。でも悲しいことに、才能なくして努力のみでは、これ以上進めないであろうことは、ここ近年の大会成績と同レベルの競技者の力を見ても明らかです。

本人にはこの辺りで選手は後退し、レクリエーショナルとして続けていったらどうかと提案しましたが、それは私がこれ以上伸びないってこと?!と感情的になり、話が進みません。それでも経済的に裕福であれば、本人が納得するまで続けさせてあげようと思っていましたが、日本円にして月々数十万円にのぼる施設利用費と複数のコーチへの支払いは、正直きついです。

どう言えば本人を傷つけず、趣味程度として楽しみながら続けてもらうことができるでしょうか。

ユーザーID:3103896903

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数49

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ズバリ、経済状況を説明する

    これまでそれなりの成績を上げてきたのに伸び悩み、娘さん自身が一番焦りを感じているのだろう、そこで「趣味として」と言われれば「選手としての能力は無い」と親に言われたようで傷つき裏切られたようで自分でもうすうす感じているだけに素直になれないのだろう。

    ズバリ経済状況を話し「どうしても選手を続けたいのかどうか」尋ねてみては?
    頑張りたいなら続けさせてあげたいがうちにあまり余裕はなく、このまま続ければ今の生活だけでなく貴女や私達の将来にもこのような影響が出る、そこまでして家族に犠牲を強いてまで続けたいのか、将来どうなりたいのか、世界的第一人者になってそれまでの投資が回収できるほどになれそうか?

    中三なのだし自分で考えさせよう。家族皆にしわ寄せが行っても続けさせて欲しいと懇願するならそれはそれで考える。
    「選手は諦める」となったら後、趣味として続けるか中途半端には続けたくないから止めるなど後は本人の意志に任せ、「せっかくだから趣味としては続けて欲しい」という気持ちは押し付けない。

    「趣味として」とだけ貴女から言えば「選手としては望み無し」と宣言断定されてるように受け止めて傷つくと思う。

    ユーザーID:0429117578

  • 経済的なことを話し合う

    >日本円にして月々数十万円にのぼる施設利用費と複数のコーチへの支払いは、正直きついです

    中3なら15歳ぐらいですよね?
    もう、家庭の経済事情も分かる年齢です。
    ちゃんとお金のことも含めて話し合いをしましょう。

    もしかして、フィギュアスケートでしょうか?

    お金のかかるスポーツをする以上は
    本人もただ好きなだけではダメですよ。
    もう、その辺りも理解して当然の年齢です。

    今後、親も貯金が出来ないと
    老後に響きますよ。

    中3なら、将来設計的な考え方は必要です。

    ユーザーID:0020804397

  • そうですねえ

    私は、スポーツではありませんが、エレクトーンを習っていて、その先生になりたいと思っていました。銀行を3年で辞め、エレクトーンの先生になります、と宣言。しか〜し、講師の資格は取れませんでした。
    今は、大人の音楽教室でピアノを弾いてます。中級程度です。なかなか楽しいですが、やはり音楽は仕事としてやってみたかったですね。
    娘さんのスポーツ、だいたい予想がつきます。スポーツ人口が多くても、全日本クラスになるのは、ほんの一部。
    テレビに出ない、どれほどの選手がいるのだろう?と考えます。
    お金がかかるのは、辛いですね。
    それに比べ、ピアノの月謝は7560円。
    娘さんが、自分でわかってくれると良いのですけどね。

    ユーザーID:6775719904

  • 本人に決めさせる

    トピ主さんが仰ってるように、資金に余裕があれば続けさせたい。本人も続けたい。
    それなら娘さんに決めさせてはどうでしょうか。

    このまま続ける為には月いくらかかる。
    こちらにお金をかけるとすると必然的に他の資金を減らすことになる。
    主たるものはあなたの学費だ。
    あなたの人生なので何を優先するかはあなたが決めるしかない。

    オリンピックに出ることだけが目的ではないので能力が頭打ちだからといって親が辞めさせる事は出来ない。
    でも親にもサポートの限界がある。

    親が出来る事だけ話し、後は娘さんに決めさせれば良いと思います。

    ユーザーID:8458467358

  • そんな魔法の言葉はない

    親の癖に、子供から憎まれたくないんだね。
    それなら、コーチに憎まれ役を頼めばいい。
    はっきり引導を渡してやるのも、本人のため。

    ユーザーID:9679260419

  • 本人に任せては

    限界かどうかは本人にしかわからないと思います。
    コーチは複数必要なのですか?
    多少恵まれない環境でも結果を出す選手はいます。
    力があれば可能だと思いますが。
    本人にまだ気持ちがあるのに端から諦めさせるには若すぎるような。
    将来遺恨を残すような気がします。
    続行するなら経費はかけられないことを話すのが先ではないでしょうか。

    ユーザーID:4595699024

  • 金の問題なのですね? 結局

    >それでも経済的に裕福であれば、本人が納得するまで続けさせてあげようと思っていましたが、

    つまり、娘さんに才能があろうが無かろうが、金さえあれば何の問題も無いんですね?

    だったら、高校からは娘さんの借金にすればいかがですか?
    親が反対しているのに続けたいというのなら、この先すべて娘さんが就職してから親に返済すると言うことで。
    話し合って、ちゃんと公の書類を作りましょう。

    娘さんもそのくらいの覚悟で試合に臨んだほうが緊張感あって良いでしょう。

    ユーザーID:1404452609

  • ハッキリ言うしかない

    ハッキリ言うしかないのでは?
    もう限界なのでしょ?
    才能もないし、お金もないのでしょ?
    このまま続けても惨めになるだけなのでは?
    今度の大会で結果を残せなかったら終わりにすれば?
    中3ならもう理解できるでしょ?

    ユーザーID:6834375401

  • 大学奨学金狙いでいったら

    どちらの国かこのトピも書いてないので何とも言えません。が例えばアメリカだとしたらスポーツのできる学生はごまんといますから大変厳しい。けれど幼少からやってきて大会などで好成績を残してきたという記録は、それでも立派なものです。
    スポーツの種類によっては大学から奨学金を受けて通う事もできるかもしれませんから それを狙って続けてみてはどうでしょうか?今は費用がかかりますが、大学資金が100%支援されたとしたら悪くないと思いますよ、大学の費用莫大ですからね。
    今は中3とのこと、場所によれば 高校生になればバイトもできます。「本気で続けたいのなら、費用が掛かりすぎるから貴方もバイトして少しは稼ぎなさい」とも言えます。
    幼少時からここまで続けさせておいて、今になって費用がかかるから辞めてというのも酷かもしれません、今の時代。3,4才から始めたとしてその頃、本人の意思がここまであったでしょうか?親の希望で入れさせたのではないですか?
    そこまで続けられるのも好きなことに没頭できるのも悪い事じゃないですよ。そんなに能力のある、そして好きな事を見つけられたというのも彼女にとって財産なのでは?
    私は応援したい

    ユーザーID:0180416650

  • そのまま伝える

    >日本円にして月々数十万円にのぼる施設利用費と複数のコーチへの支払いは、正直きつい

     これをそのまま伝えるべきです。ぶっちゃけアマでもプロでも、アスリートとして続けていくためにはお金が要ります。アスリートのほとんどは企業のスポンサーからお声がかかり、スポンサーがついています。だから、プロは大きな大会を目指し、名をあげ、さらなるスポンサーを集め、自分に投資し、競技を続けていくことができるのです。結果がすべてで、結果がでなければ、競技者としては食っていけないことを意味します。


     プロとして食っていくならば、今後どういう方針でやっていくか。そうじゃないならどうするのか。現実的な将来の話をきちんとされるべきです。子どもが傷つこうが傷つかなかろうが、親は先に死ぬし、親がずっとスポンサーをやることはできません。自分が死んだ後でも子どもが食っていけるように手はずは整えるべきです。


     ちなみに、うちの子は市町村の補助のお世話になっていることがあるのですが、そこにいくらかかっているかをきちんと説明してますよ。中学生ならば自分が育つのにどれくらいの投資がされているのかは説明すべきです。

    ユーザーID:7840405129

  • 厳しい家計を正直に話すしかない

    娘さんは例えば今そのスポーツに100%のエネルギーが向いてるので
    すぐに家計が厳しいから減らしてなどと言うと その強いエネルギーが変な方向に行く危険性もあって思春期と重なり余計難しい時期です

    才能がないから諦めて、ではなくて 期限を決めて、高校までは経済的に応援できるけど、その後は家の経済的に厳しいから 自分でスポンサーを見つけて欲しいとか、複数のコーチ料は払えないから 高校○年まではコーチを1人減らしたい、とか親の経済状況を正直に話せば、娘さんは自分で何とか考えるのでは?
    相談次第かなと思います

    変に夢を持たせる親よりずっと立派かと、

    家計を正直に話すのが大事です
    大学進学まで時間もあるようでないのです じっくり自分と向き合い進路変更もありです

    ただそこまで努力された娘さんを よくよく褒めてあげて欲しいです
    またアスリート以外の世界も沢山見せてあげて欲しいです
    早咲きの子は苦労も多いはずです

    どうか親御さんも娘さんの本気さと同等の嘘のない本音で向き合って下さい

    ユーザーID:0484846730

  • 経済的な理由も含めて話す

    お嬢さんももう子供ではないのだから、家庭の事情もわかるはず。
    経済的な余裕がないこと、それでもスポーツを続けたいのなら、
    特待生に選ばれるような実績を出して自分の力で続けてくれと、
    はっきり言ってきかせましょう。

    うちの夫の知人の子供さんも、某スポーツのプロになりましたが、
    中学のときにはもうスポンサーがついて、用具から送迎からコーチまで
    すべてタダで面倒みてもらっていました。

    中学3年の時点でまだ声がかからないというのは
    残念ながらトピ主ご夫婦の考えが当たっているのでしょう。

    ユーザーID:8198573107

  • 無い袖は振れない

    何故、そんな子供に媚びた言い方するのでしょうか?
    だからお子さんもそんな生意気なのでは。
    私なら「悔しかったら結果出しなさい」って言います。
    そこで結果が出なかったら終了。
    チャンスを与えず、即終了!では無いのだから、本人も納得すると思いますけどどうですか?

    ユーザーID:8225787795

  • 娘さんの実力だけの問題ではないと思います

    素人考えですが、「この辺りで選手は引退し…」という方向で話をすれば、やはり本人としては「それは私がこれ以上伸びないって事?」と反発を感じるのは当然の流れだと思います。だってそう言ってるも同然ですから。
    それよりはむしろ正直に、「お金がきつい」という事も説明すべきだと思いますよ。その方が、まだ聞いてはくれると思います。それでもやりたいんだと言われる可能性もありますが。

    私が考えている競技だとして、そしてどの競技もそうだと思いますが、オリンピックに出る、あるいはそのレベルに到達するというのは、彼女達だけの努力ではなく、家族全体のプロジェクトです。TVに映る彼女達は、本人の血を吐くような努力はもちろんですが、それを支える家族がいてこそあそこにいます。リオでも家族が来て応援してましたが、どれほどの苦労を経てあそこにいるのかなと考えさせられましたよ。
    そこに至る途上で脱落した人も、たくさんいるはずです。もちろん経済的理由で諦めた人もいるはずです。これは、プロジェクトを続けるかどうかという問題です。その視点で、娘さんには経済的な事も含めて正直に話すべきだと思います。

    ユーザーID:3178407350

  • 結局親だから甘い

    アメリカでは家を抵当に入れて借金たとか
    借金で自己破産した親のケースが報道されたスポーツかと想像しました

    そうなる前に、お金の問題で、上限がこれだけしかできないとはっきり宣言されては?

    または、今シーズンの結果で来シーズン

    州や全米のスポーツ連盟から援助が出る結果を出しなさいと
    宣言する、しかないと思います

    赤の他人がお金を出すかどうか
    それが娘さんのひょうかだとげんじつをつきつけるべきだと思いますよ

    娘の才能がない現実を突きつけたくないと思っている時点で親が甘いと思いますよ

    ユーザーID:4503096353

  • 予算を決めて頑張らせる

    アメリカ在住です。友人の子供も世界レベルを目指してスポーツしている子達がいます。進学などにも関係するので必死です。見込みがありスポーツの奨学金を貰って続けている子もいます。

    トピ主さんがどちらの国にいるのか分かりませんが、中3なら家計の都合も理解出来る年齢です。月々の収入の何割をスポーツに費やしていて、これを続けると親の老後にどのような影響を与えるか、進学の学費にどのような影響を与えるかなどを示して、家計的にこれを続けるのは無理なこと、スポーツ奨学金を得られるなら続けられること、今後の家計を考えていくらまでなら出せるか、など話し合いましょう。「お金がもったいないからダメ」だけではなく数字で示すのが具体的でいいと思います。
    この年齢で奨学金をもらえるなら続けられるけど、そうでなければ複数コーチはもう無理、など。

    親に反対されて自分がやりたいことを続けられなくなった、というのは辛いことなので、親ができる範囲を示し、その予算中で本人が本気で頑張るのをサポートするというふうに話し合ってみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:1730046867

  • コーチに相談

    恐らくコーチは同じような選手たちを今までにたくさん見てきたことでしょう。
    ですので何かしら有益なアドバイスをしてくださるように思います。

    ユーザーID:2561840707

  • 経済的に辛いと言う

    家計が苦しいのなら、そう言うしかないと思います。

    あと1つか2つ大会へ出て入賞出来ないなら続けない、とお約束されては如何でしょうか?
    スポーツは結果が全てです。
    残念ながら努力をしたかどうかは評価されないのです。

    結果が出ないなら経済的に苦しいのでここで撤退する、とハッキリ言いましょう。
    結果として出ていないのなら、才能が無いのです。

    ユーザーID:7173839583

  • 慎重に!

    お嬢さん、努力家でこれまで頑張ってきているのですね。再来年のオリンピックを目標にしてきているのでしょうか? そのスポーツの成績が伸びていないことは、お嬢さんご自身もわかっていると思います。月数十万の練習にかかる費用が多大であることもわかる年齢です。ただ、親とは言え、誰かからそれを言われると辛いのだと思います。物の道理もわかる年ですが、反対に難しい年頃でもあるので、慎重に対応してあげてください。今、中3とのことですが、これからも本帰国はなく、その国で暮らすのですか? それでしたら、大学を視野に入れて、現地校にあるスポーツや楽器やその他の部活動を勧めたらどうでしょうか?アメリカでしたら、中3から複数の部活に入ることが可能ですし、それが大学入学の際にかなり重要です。SAT対策の時間も必要です。一つのスポーツや楽器のみやるよりは、他の部活動をやることが有利になると言う点を話してみるのはどうでしょう。

    ユーザーID:3806835752

  • 成果にコミットさせる

    お嬢様の努力、素晴らしいですね!
    親の気持ち…お察し致します。

    ですが、お嬢様がまだ頑張っている時に
    「そろそろ…」「レクレーション」と言われたら、
    お嬢様としてはショックだったかもしれませんね…

    中学三年ならば、経済的負担(数十万はすごいですね)に関し
    理解できる年だと思います。

    私ならば…
    経済的なこと、中三であれば漠然とでも将来を考え始めて
    おかしくない年齢であり、高校に上がる前というのはひとつの
    区切りになること、を説明します。

    そして、話し合って、経済的負担と将来設計の両方を踏まえて、
    親と子双方が納得のいく目標を設定し、成果にコミットさせると思います。

    それができれば続ける(続ける場合も次の目標は設定)、
    できなければ本格選手としてのサポートは終わりにする、という風に。

    スポーツ選手は誰もが結果にコミットしています。
    野球選手だって、結果が出せなくなれば戦力外通告を出されたり、
    自ら引退し、選手をやめますよね。
    スポーツを本格的に続けていくシビアさについても、理解させて
    よい年頃だと思います。

    ユーザーID:9204220308

  • 傷つくのも経験

    本人が努力家なだけに親御さんとしてはお辛いですね。
    でも傷つくのも周囲との能力差を受け止めるのも、全て経験と思います。
    それだけ努力することができる娘さんなら、きっと違う分野でも能力を発揮できると思いますよ。

    私は日本の中小企業で人事を担当していますが、面接官が必ず質問することがあります。
    「今まで失敗したこと、挫折した経験を教えてください」

    仕事をする上で必ず上手くいかなくなることがあります。でも周囲の助けには限界があり、自分で乗り越えていかなくてはいけません。
    そのときにどう力を発揮できるか。そこを見ているのだと面接官は話していました。

    娘さんには能力の限界ではなく金銭面を明らかにし、経済的に厳しい。いついつまでに結果を残せなければ、選手の道は諦めてほしいと話してはいかがでしょうか?

    いま日本で注目されている若手ピアニスト反田恭平さんは、お父様にコンクールで優勝しなければ音楽家の道は認めないと言われ、最年少で日本音コン優勝者となりました。熱意があるというのはこういうことなんだと感じました。

    つらつらとすみません。ご両親も娘さんも応援しています。

    ユーザーID:9318283515

  • 経済状況を伝える

    財布事情が継続できない理由なら、そのまま伝えればいいのではありませか?

    今まで、これだけの費用を掛けてきました。
    これ以上は、お金が続きません。

    大会で上位になり、スポンサーがつく位の成績を残せるのなら、
    話は別だけど、現状では無理。

    お金がなくてごめんなさい。
    それでも続けたいのなら、あなたは自力でスポンサーを見つけるしかありません。
    スポンサーがつけば、結果を求められます。

    どうしますか?

    で、子どもに決定させる。

    仕方ないよね。現実だもの。

    そうやって、才能以外の部分で脱落していく人もいるので、将来どうなるかなんて判らないけど。

    全日本で活躍するJリーガーでも「中高時代、自分より上手いヤツはいた。みんな途中で止めていった」と言ってましたし。
    もちろん、続けてプロになれない人の方が圧倒的に多いんですけどね。

    ユーザーID:4163044397

  • 条件をつける

    プロの世界は結果がすべてです。

    ですから1年以内とか時間を区切り、
    ●●大会で優勝しなければ
    オリンピック(プロ)を目指す
    費用はもうだせない、と事前に
    通告すればよいのです。

    続けたいなら結果を出す。

    シンプルにいくほうが納得すると思います。

    ユーザーID:4764585436

  • 私が親なら

    とことんやらせます。
    いつか本人が自分で幕引きをします。
    その日まで、こちらも石にかじりついてでも子供を信じます。
    信じる、というのは子供の能力ではなく、子供が限界まで頑張ることを、です。

    頑張り屋のお子さんを誇りに思ってください。
    素敵な娘さんですね。

    ユーザーID:5080023434

  • 娘さんへ

    15歳にして、選手引退を考えなくてはいけないんて思ってもみなかったでしょう。

    あなたがそこまで来るのに、すでに親は莫大なお金と時間を費やしています。親はやれるだけのことはしてきましたよね。あなた自身もそこまでがんばったけれど、今の時点ではオリンピックを狙えるほどの実力はないのが、大会順位に現れていると思います。過去のオリンピック選手がどうであったか、自分と比べてみてください。お金さえかければ、努力さえすれば、誰もがオリンピックに出られる、、という話ではないんです。やってみなきゃわからないと言いますが、誰でも「やってみる」環境にあるわけではないのです。親もこの先暮らしていくお金が必要、あなたも将来自立するためには何をすべきなのか?今のこの時期に月々何十万を、そのスポーツ競技だけにつぎ込むわけにはいかないのです。

    今ここで競技を、すっぱりやめてほしいという話ではないのです。楽しみながらそのスポーツを続けていくことはできます。今選手でなくても、将来それに関連した仕事につけますよ。そうやって選手生活よりも長い期間関わっていくこともできるのです。選手だけが全てではありません。

    ユーザーID:3348181413

  • 正直に経済状況を話し、期限を切る

    家計について見栄を張らずにきちんと話した方がいいです
    その上で、現在の我が家の経済状況で、貴方に今のトレーニングをさせられるのは
    あと何年しかありません、というように期限を切ります
    それまでに大きな大会で優勝するなり結果を出し、スポンサーを獲得して欲しいと

    フィギュアの真央ちゃんも、家庭の経済状況が悪化して、
    15歳だか16歳だかのグランプリシリーズで優勝できなければもう後がない
    というところまで追い詰められたという記事を見ました
    真央ちゃんは見事優勝し、スポンサーを得たことで、家計に負担をかけず練習を続けることができたそうです
    その話をして、貴方も続けたいのなら結果を出して欲しい
    何年までに結果が出せない場合は我が家ではお金が出せません
    その場合、村主さんのように自らスポンサーを探してもらうことになります、と
    正直に話されればいいと思います
    (米国とかだと結果を出せば基金が利用できたりもしますね)

    貴方はもう限界だ、と、親が言わない方がいいと思います
    たとえ周囲がどれほど無理だと思っても、限界を決めるのは自分自身でないと
    そのために、期限を切るのはいいと思います

    ユーザーID:0374574009

  • きちんと

    お金の話をしましょう、金額をきちんと教えて話をしましょう

    学校の体育じゃないんだからタダじゃないんだよっと

    お金かけ過ぎじゃないですかね

    ユーザーID:4306174574

  • 昔、あるスポーツをやっていましたが

    出来れば今の状態と、頑張ったらどうなるか
    のびしろはまだあるのかを、コーチに説明してもらえると
    いいのですが。大会ごとに下がる成績と共に。

    あとは親御さんのお話です。
    「お金」のことは非常に大切です。
    中学3年ならば理解しないといけない年齢です。

    お嬢さんには本当にお気の毒ですが、頑張ってきたから
    努力してきたからこそ「趣味」で楽しむなんて無理かも
    しれません。少しの間、次の何かが見つかるまでは
    無理にあれやってみない?これやってみない?というのは
    むごいかもしれませんね。

    でも、かわいそうだけれどはっきりさせないといけない
    そんな時期なのでしょう。
    指導者の立場にまわるための道などはありますか?
    応援しています。

    ユーザーID:6034927094

  • お金がないと納得させるしかない

    我が家も似たような状況です。違うスポーツのようですが。

    「これ以上のお金は出せない」とはっきり言うべきです。

    はっきり言って、お金のかかるスポーツをトップクラスで続けているのは裕福な家庭のお子さんか、本当に才能のあるお子さんだけです。
    高額な費用を出せる家庭のお子さんが長期の海外遠征や出場試合数、練習量、優秀なコーチのおかげでトップクラスを保てているのではないですか?
    もちろん運動神経と知性は並以上にあるはずですけれど、このレベルでは皆が当たり前に持っているものなので、それにプラスしての話です。

    普通の子は、家で出せるお金が限られていて家族総出で倹約して必死に費用を出していることにそろそろ気がつく頃です。
    ただ、天才はナショナルレベルの強化選手になったりスポンサーがついたりして雲の上にステップアップしていく時期でもあります。
    オリンピックに手が届くのはその天才たちのなかの数人。
    シニアに出る頃にはその差をはっきりわかってくるようです。
    自分の立ち位置を自覚して将来を考える年齢ではないでしょうか。

    いきなり辞めるのは無理なら、限度額や時期を決めてはどうですか。

    ユーザーID:6981704133

  • コーチの意見は?

    親の立場ではありませんが幼少期に娘さんのように某競技で練習漬けの日々を送っていました。
    私は4歳から始め、途中そこそこな成績は残せましたが10歳頃には自分の限界を感じていました。
    限界を感じやりたくもないのに練習漬けでとてもつらかった記憶があります。
    トピ主さんのケースとは反対です。本人はやめたい、でも親はダメだとヒステリックになる。
    ある意味そこまで打ち込めるのはうらやましくもありますがトピ主さんのおっしゃる努力のみではという行、同感です。

    コーチはなんと言っているのでしょう? その種目は複数のコーチが必要なのでしょうか?
    後退のアドバイスとしてはやはりコーチからの提言、コーチを減らす、何かの大会でノルマを決めるなどでしょうか。
    金銭的な事も言ってもいいと思います。
    種目が分かりませんが、怪我や身体への負荷等の心配はどうですか。 

    本人が納得しないことには後々まで尾を引くことは覚悟しなくてはなりません。
    私個人は12歳でやめましたがまた楽しめるまで20年ほどかかりました・・・

    まずはコーチと話し合ってみてください。

    ユーザーID:6715808184

レス求!トピ一覧