• ホーム
  • 学ぶ
  • 司書資格を通信制で取得する場合の難易度

司書資格を通信制で取得する場合の難易度

レス23
(トピ主1
お気に入り110

趣味・教育・教養

右のひつじ

私は40才後半でとある専門職で働いています。目的は子供の学費のためですが、激務とストレスのためあと1〜2年で金銭面でめどがつくので退職したいとかんがえています。来年より今の仕事をしながら司書資格を取り
以前からの夢だった司書の仕事につきたいと思っています。司書の正職員での採用が大変に難しいことはよくわかっています。幸い今住んでいる地域には大きな市立と公立の図書館があり毎年、嘱託職員・パートの採用があり経験がなくても資格があれば採用されるということでチャレンジしたいと思っています。大学の通信を検討しているのですが、実際通信制で取得は仕事をしながらでもとれるものでしょうか?また資料には一年で取得できるような感じで書いてありますが、かなり厳しいですか?
通信教育を受けたことがないのでよく分かりません。費用も十万位は掛かるので捨て金にならないようにやるならしっかりやりたいとおもっています。今の仕事はまあまあ時間通りに帰れますが肉体労働のためかえったらくたくたで夜は早めに寝るような生活です。通信で司書の資格を取られた方、または現在働かれているかたいろんな方のアドバイスが聞きたいです。宜しくお願いします。

ユーザーID:5859885883

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あきらめるべき

    司書は聞こえのいい、一見夢のある資格です。
    目指したい気持ちはわかりますが、
    非常に費用対効果の悪い資格でもあります。

    図書館に採用されるかどうかもわかりません(年齢的に)。
    採用されたとしても特別な賃金が支払われるわけではありません。
    決して若くない体にムチを打ち、費用をかけるまでやる意味はない
    と断言します。その費用が出せるなら、体を労った方がずっといい。

    夢なのはわかります。あなたが例えば専業主婦で、
    子供も手を離れ、夫の収入だけで暮らしていけるなら、
    「司書?お好きにどうぞ」と言えますが、
    今のあなたの状態では余裕がなさすぎます。

    こんなことを人の夢に言うのもなんですが、
    とてつもなく幸せに満ちたものでもありません、司書は。
    他の仕事と大差なく、労働の時間帯によれは退屈な時もあります。
    冷静になってください。

    ユーザーID:0578161630

  • 捨て金になる可能性大

    司書はかなり動く仕事です。
    トピ主さんのねらっている図書館は来館者対応が大変そうですね。
    学校図書館じゃないんで、変な人もたくさん来るでしょう。
    司書が一人ではないだろうから、座って自分のペースで仕事もできなさそうだし。
    で、たぶん薄給ですね。
    若くて動ける大卒の有資格者がごろごろいる中、
    年配の、それも通信で資格を取って
    実務経験なしのトピ主さんを採用するメリットは何でしょうか?
    ご自分が採用する側なら、あなたを採用しますか?
    私ならしません。
    それとも採用に強力なコネクションがあるとかですか?
    お金と時間をかけて資格を取っても採用されるかどうかも定かでない、
    もし採用されても、パートなら雇用期間も限られているのでは?
    それでも一度やってみたい、と思うならチャレンジすればいいですね。

    私は大学で若い頃に取ったので簡単でしたが、
    自分が50歳近くなって、記憶力が衰退してくると
    今あんなにたくさんの事を一から覚えられるのかと考えると難しいです。
    トピ主さん、同年代だと思いますが記憶力に自信があるのですか?

    ユーザーID:5074368517

  • あまり役立たないかも1

    大学時代に司書課程を履修したものの、8単位だけ取り損ねてしまったので
    卒業後に他大学の通信で残りの単位を修得しました。
    それも10年も前のことなので、
    あまり参考にならないかもしれませんが…。


    きちんとレポートを出せば、1年で資格は取れると思いますよ。
    ただし、1週間程度の図書館実習(スクーリング)があり、それに出席しないと
    その科目は履修できません。
    それ以前に、司書資格はあまり「使える」ものではないというのが実感です。
    公立図書館の場合、司書資格よりも一般の公務員試験に合格した人が図書館に
    配属になり、勤務している形のほうが多かったです。
    (通信のスクーリングで一緒になった人は、9割がすでに図書館に勤めている人で、
    後付け?で資格を取得に来ていました)。

    というのも、司書になる学問自体が時代にマッチしていません。
    一冊の本を探し出すために、目録だの何だのから情報をたどる演習を延々としましたが、
    今はパソコン検索で一発で出ますしね。
    パソコンがあまり普及していなかった時代の資格のせいか、
    パソコンの使い方演習みたいなものもありました。

    ユーザーID:9131672128

  • あまり役に立たないかも2

    レファレンス業務自体、ここ数年で劇的に変わっているので、
    学んだことと現場が一致していない面も多いと思います。

    何をもって司書に憧れていらっしゃるのかわかりませんが、
    業務はカウンターに座っているよりも、
    本を元の場所に戻す作業や整理、修理しているほうが多いと思います。
    つまり、肉体労働です。書店や図書館勤務の人は腰痛持ちが多いです。

    多くの人が触るので、本ってすごく汚れていますし、
    一日中触っていると、手も荒れるんですよ。
    私は読み聞かせのボランティアがやりたくて資格取得後に図書館に週一でアルバイトに
    行っていましたが、毎回くたくたでした。

    公立図書館は業務を外注化を進めているところが多いですし、
    苦労して資格を取得しても、公務員試験にパスしていなければ安定的な資格では
    ないので、まずはお目当ての図書館でこれから資格を取得して勤務したい旨、
    相談してみてはいかがですか?

    ユーザーID:9131672128

  • 図書館の仕事はレファレンスサービスだけじゃないです

    はじめまして。無資格で…図書館で働きながら通信制の大学で「司書資格のみ取得」した者です。
    右のひつじさんが現在どのような専門職にお就きなのか不明なので学習環境ほか給与面での比較はできませんが、現実の図書館司書の仕事の一端(図書館司書には公共図書館の他にも専門館などの他の仕事場もありますので)を記します。

    まず「仕事をしながら取得は可能か?」については可能です。ただし、学習・レポート・試験などには努力と時間を要します。もちろん、右のひつじさんは短大もしくは大卒(必須条件)でいらっしゃるのですからそれほど学習面においては心配ないかと思います。

    また、派遣会社によって異なるでしょうが、実際に働いている人は資格ありの人ばかりではありません。そしてどのような業務を思い描いておられるのか存じませんが、図書館の仕事はカウンターだけでもありません。どちらかと言えば、大型書店でのお仕事のように体力のいる業務(本は重いです)が大変多いです。賃金も検索してみたらわかりますが「資格あり・なし」でそれほど大差ないです。

    書庫での作業(返却など)も多いし(目録作成するならPCの前ですが)結構キツイですよ。

    ユーザーID:6394635847

  • 去年、資格を取りました。

    50才で、取りましたが、辛かったですよ。
    何とか1年で終わりましたが。
    パソコンが使えれば、有利です。
    学生時代のレポートや、試験を毎月こなし、
    スクーリングにも参加です。
    働きながらはきついですね。
    始めてしまえば、間を置かずにとにかく
    がんばるしかないですよ。あと家族の協力
    も必須です。

    ユーザーID:8906255123

  • 仕事をしながらでは難しいのでは

    司書資格を取るには
    「情報サービス演習(2単位)」
    「情報資源組織演習(2単位)」
    この2科目は演習科目なので、大学に通わないと取れません。
    トピ主さんのお仕事の休み、ペースなどに合わせて、
    近距離にスクーリング(集中講義)を開講してくれる大学があればよいですが、
    そうでない場合、仕事をしながらでは難しいのでは、と思います。

    ユーザーID:0081534253

  • ちゃんとやれば取れます

     きちんと計画を立てて勉強すれば一年で資格取得できると思います。(のんびりやっても1年半あれば)
    ただ、のんびりであっても、勉強しなければとれません。

     私の通っていた大学の通信教育学部では、トータル2週間(5日間×2回)ほど通学する必要があり、その日は1限から5限までみっしり授業だったのが大変でした。

     ただ、40代ですと、資格を取得しても、非正規だと時給が少し上がるくらいで学費を回収するのは難しいかもしれません。
    それでも、就職に有利になるなら、好きな仕事をしたい、ということならば取得してもいいと思います。

    ユーザーID:9996924436

  • 司書が楽だと思っているなら司書資格取得はやめた方がいい。

    図書館司書は肉体労働です。
    本って重いですよ。
    他館に送る本がぎっしり詰まったコンテナを持ち上げたり、
    本がぎっしり詰まったブックトラックを動かしたり、
    本を所定の位置に戻すために、館内をくまなく歩きますので、歩行距離もすごいです。
    蔵書点検といって、資料の棚卸をしますが、すべての本やCD,DVD等の資料IDをハンディターミナルという機械で読み取り、蔵書データと突き合わせて、足りないものを探し出す仕事もあります。読み取りも大変ですが、何度も何度も書架を行き来して、本を見つけるのは結構大変ですよ。
    接遇はそれ以上に大変です。利用者に大声で怒鳴られたり、文句を言われたり、喧嘩の仲裁や、警察を呼ぶ事態になることもあります。カウンターや電話で、物凄い勢いでクレームを言われるなどは日常茶飯事です。
    「精神的にも肉体的にも大変な仕事だけれど、本が好きだから出来る」というような仕事です。
    司書がにこにこ座って、本の貸出返却をしていればいいと思っているのなら、資格取得はやめたほうがいいと思います。

    ユーザーID:5687180778

  • 50才、大学図書館司書です。

    わたしは32歳で司書資格を取得し、公共に半年、そのあと大学で図書館司書として勤めています。パートも派遣も経験していますが、現在は契約社員です。

    資格は夏季に行われる「司書講習」で取得しました。
    1年〜で取得する単位を2か月で取るものですから、毎日一日中講義漬けで、試験も一日おきくらいにあります。大変でしたが充実していました。通信よりも取得しやすいのではないでしょうか。遠くからウィークリーマンションなどに仮住まいして受講している方、少なからずいらっしゃいましたよ。

    トピ主さまは、司書資格を取得されてからは夢のためにお仕事したいだけなんですよね?
    激務というほどのことはありませんが、大変なこと、辛いことは当然ありますし、ストレスも少なくない職場です。そして公共は特に薄給。

    それを許容してもらえる環境にあるなら、挑戦なされば良いと思います。
    わたしと同年代でお仕事されている方、たくさんいますよ。
    公共図書館でバイトするなら資格は必須ではありません。
    あと数年で手が空くなら、その時に資格取得のことも一緒に考えれば良いと思います。
    周りに色々言われても気にしないこと。頑張ってくださいね。

    ユーザーID:0489477196

  • 人の夢と書いて“はかない”。

    トピさんの賢さが解りませんので、
    難易度についてはアドバイスは無理です。

    専門職との事ですが、極端な例ですが、
    例えば、医歯薬獣なら理系です。
    でも勉強の癖がついていて、それなりの頭をしていらっしゃるでしょうから、
    司書の勉強も苦ではないでしょう。
    余裕で合格できると思います。

    それなら難易度は全然高くない、という事です。

    ただ資格習得より、
    >司書の仕事につきたいと思っています。
    トピさんの場合、こっちの方が難易度、はるかに高いでしょ(笑)

    だれが、実務経験のない50歳近い女性を雇いますかね?
    有資格者の若くて動ける子がたくさんいるのに。
    しかも、通信…。

    あと、
    >幸い今住んでいる地域には
    と書いてありますが、毎年毎年、司書を採用するわけないでしょう…
    夢を見るのは素敵な事ですが、現実もみないと。

    資格習得だけならば、何とかなると思います。
    でも司書として職に就こうと思うと、捨て金になるでしょうね。

    ユーザーID:4556100485

  • 厳しい意見がたくさん出るだろうなぁ… 1

    夢を壊して申し訳ないです。
    でも、現実の厳しさを知ってほしい。

    > 司書の正職員での採用が大変に難しいことはよくわかっています

    と書かれていますが、正規職員での「採用が大変難しい」のは若い人です。
    公共図書館/公立学校の図書室の正規職員は公務員です。まず公務員試験に受からねばならず、トピ主さんは年齢制限で受けることすら出来ません。

    私立なら正規職員の応募出来るかもしれませんが、未経験でアラフィフ(資格取得後)で採用は無理でしょう。

    では非正規雇用ですが、直接雇用の公共の図書館/図書室は殆どの場合就業年数の制限(非常勤で3年か5年、任用職員5年か7、8年が一般的)があります。
    公立図書館で毎年採用があるのは、そうやって卒業していく職員が毎年出るからです。
    つまり、せっかく就職しても数年で辞めなければならないのです。
    これが間接雇用になる派遣社員だともっと悲惨です。公共図書館の1年契約(が多い)の仕事を入札で受注するので、毎年年明けにならないと翌年度の仕事があるかどうか派遣会社自体もわからないのです。なので、1月〜3月は胃がキリキリ痛む日々です。

    ユーザーID:5097453715

  • 厳しい意見がたくさん出るだろうなぁ… 2

    そして、司書で働く人たちの殆どは「図書館が好き」です。
    賃金よりも、図書館で働くことに意義を持っているので、低賃金でも甘んじて働きます。
    だからお給料も低いです。公共の直接雇用ならボーナスも出ますが、派遣など間接だと最低賃金とあまり変わらないところも多いです。

    また、仕事の内容ですが、司書としてどんな仕事をイメージしますか?
    カウンターで貸出手続きをしながら利用者さんの相談に乗る姿でしょうか?
    実際の仕事は多岐にわたります。図書館によって色んな仕事を兼務することもありますが、大きな図書館は分業です。
    ひたすら購入図書/雑誌の登録や装備のみをする部署もあれば、カウンターと書架整理ばかりの部署、ひたすらコピーを取るだけ部署、図書館間貸出で他館へ配送の仕分けばかりしている部署もあります。
    図書館に勤めたはずなのに、やっているのは「入力の仕事」や「配送仕分け」だけとなってもトピ主さんは耐えられますか?
    「本に触れられるだけで幸せ」と思えるなら止めません。
    でも、司書への憧れとおっしゃる方は「こんなはずじゃなかった」って後悔しそうです。

    ユーザーID:5097453715

  • 厳しい意見がたくさん出るだろうなぁ… 3

    「トピ主さんは未経験でも資格を持っていれば採用される」をかなり肯定的に受け止めていますが、十年弱のキャリア(学生時代に資格をとり別業種で15年働いた後に司書に転職の40代後半です)にの私も半年失業したことがあります。
    その時の募集部署で欲しい人材でなければ採用されないのです。
    未経験者の採用ももちろんありますが、未経験でも支障のない部署のみになるので狭き門です。

    それでもチャレンジしたいと思われるのなら、応援します。
    司書として、目指してくださる方がいるのは、図書館を愛してくださる方がいるのは本当に嬉しいです。 頑張ってください。

    ユーザーID:5097453715

  • 実務・教育経験者です

    司書としての図書館実務、大学における司書養成課程、両方の経験者です。
    あなたの場合、通信制大学で資格を取らざるをえないと思います。
    しかし演習科目については、1〜2週間のスクーリングがあり、大学に通わ
    なければなりません。1年で資格を取るのは無理ではないが、かなりきつい
    です。
    次に40歳台であれば、公立図書館や大学図書館で正職員になるのは、ほぼ
    不可能です。もっともよくて公立図書館の嘱託職員(2〜10倍の競争あり)
    でしょう。年収200万円程度ですが、3年くらいで雇い止めです。正職員に
    昇格することはまずありません。
    他は、契約、パート、アルバイトといった非正規職になりますが、これ
    なら働き口はありますが、待遇は非常に悪いです。時給800〜1000円
    くらいと思ってください。また、いつまでも働けるとはかぎりません。
    今から司書資格を取って転職する、という道は全く推奨できません。

    ユーザーID:1213672272

  • 資格取得者は多い!

    司書の資格。
    数多い資格の中では、割と取りやすいと言われている資格です。

    ですが、この資格を持っていても就職は難しいでしょう。

    地域のボランティア団体に入って、学校図書の整備をしたり、児童に読み聞かせをしてみては?

    ユーザーID:3574917682

  • 資格は取れても就職は…

     数年前にアラフォーで資格取得をしました。現在は非正規で、学校図書館司書をしています。
     大前提として大学か短大は卒業していますね?卒業資格が無いと取れません。

     私は当時、仕事をしながら半年で取得しました。チャット授業を含め、スクーリング無しの通信学習のみです。チャット授業のため、光通信を導入したり、仕事の時間の調整が必要でした(週2時間受講)。教科書代もかかります。授業中は、コメントを入れなければ退席扱いとなるので必死でした。9時から5時までの集中講義もありました。レポートも1ヶ月に締め切りが複数あります。もちろん試験や課題もあります。不可の場合は再試験や再提出です。
     とにかく時間に追われるので、家族の協力と理解は必須です。毎晩夜中までレポート作成の日々で、睡眠時間はかなり少なかったです。
     
     現実問題として資格は取れても、採用は難しいのではないでしょうか?ほかの方もレスされていますが、司書は肉体労働です。それに、もし採用されても実務は年下の先輩から1から教わらなければなりません。耐えられますか?
     それでもなりたいとお考えなら、チャレンジあるのみ!

    ユーザーID:5137203318

  • 沢山のアドバイスありがとうございます

    思っていたよりレスがつき嬉しく拝見させていただきました。

    トピをたてる時に多分厳しい内容のレスが付くだろうなと予想はつきました。
    厳しいなかにも実情を詳しく教えていただき感謝しています。

    学生時代に文系に進みたかったのですが、将来的に食べて行くためには国家資格をとり専門職
    で働く方がいいかと自分の希望とは違う道へ進みました。
    合わない仕事を無理してやって結婚してからは簡単な異種業のパートをしていましたか、子供が
    大学に入り学費も掛かるのでもっている資格をつかい今の仕事をしています。自分でも合わない、
    好きでもない仕事をですがなんとか耐えて頑張ってます。あと一年で卒業なので、今度は自分が
    やりたかった仕事をと思ってしましました。

    五十も近くなって夢見る夢子ようなことを言ってお恥ずかしい限りです。
    ただ肯定的にとってくださりエールをくださったかたや50才で取得されくららさんのレスにも大変
    励まされました

    くららさんは現在は仕事をされているのでしょうか?

    あと通信制でもスクリーニングが必要なのですね、それだと働きながらだと難しいかもしれませんね。
    引き続きお願いします。

    ユーザーID:5859885883

  • タイムリーに

    公立小中学校の図書館で司書として働く非正規の給与はほとんどが200万以下だとか。
    それも80%近くが150万もない。
    それでお子さんの学費になりますかね?

    トピ主は正規職員を目指しているので給与はもっとあるかもしれないけど。
    非正規の薄給でも90%以上がやりがいがあるそうです。

    なかなか枠がなさそうですよね。
    TRCの求人を見ても時給は1000円以下がほとんどですね。

    ユーザーID:3317582935

  • がんばってください

    公立図書館勤務、正規職員(司書補)です。

    昔先輩で市役所の別の部署から図書館に異動して
    通信で資格を取った方が3名いました。
    もちろん図書館の通常業務をしながらです。
    夜間業務(20時まで開館)もあるので、死ぬほど大変だったと。
    夏期休暇でスクーリングも行ってました。

    >激務とストレス

    今の仕事との両立がたいへんかもですね。
    女性職場なので、人間関係のストレスは常時あります(笑)
    (図書館に限りませんが)

    収入の問題がクリアできて、やってみたかったなら、
    チャレンジしてはいかがですか。
    うちでは嘱託職員の採用試験に資格は必須です。
    若い方が多いですが、50代の採用もあります。
    経験の有無(図書館でのアルバイト、委託業者での業務経験等)が
    加点対象となるし、実際の業務を知るいい機会でもあるので、
    アルバイトをしながら、通信や夏期講習という手もあるかと。

    あと、

    >肉体労働のためかえったらくたくたで

    図書館は「肉体労働」のひとことに尽きますよ!
    職場体験の中2男子が2日目に根を上げます(笑)

    応援しています。

    ユーザーID:1521675834

  • 50過ぎて採用、それから資格取りました

    いろいろ調べて最も学費の安かった某大学の通信で資格を取ると決意し、その直後に地元の公立図書館で嘱託職員の募集があり登録。その半年後に採用、勤務開始。勉強はがんばれば1年で終了できますが、毎月1本のレポートと3日間のスクーリング×3科目はこなせず、結局2年かけてようやく取得しました。仕事をしながらでも可能ですがかなり大変です。さらに資格の有無は時給で80円の差でしかなかったのですが、自信をもって仕事したいと思い、取りました。

    私の勤務していた図書館は65歳まで働けますので、50で採用されても15年はOKです。正規の職員はすべて市の公務員ですので、その年齢では無理でしょう。実際、新規採用の司書職員はみんな20代でした。それでも募集自体が少ないため、全国どこへでも行くつもりで就活しているそうです。

    働き始めて気がついたことは、司書はサービス業であるということ。私自身本が好きでずっと出版社で働いていたこともあり、本に囲まれて仕事ができるなら、と選んだのですが、利用者が求めている本を調べ尽くして探し出して提供できたときの笑顔を見ることが自分の喜びであることに気がつきました。頑張って下さい。

    ユーザーID:4579547079

  • 合わせ技

    文系に進みたかった、ということは理系ですか?
    また現在専門職ということなら、司書との合わせ技で
    採用があるかもしれませんよ。

    知っている例だと、音大卒で司書を取った人が、音楽関連の
    施設で働いていたり、元教員という人が教員養成課程のある
    大学図書館で働いていたり。

    私は司書の勉強をすることで視野が広がったと思っています。
    なので、仕事に結びつかなくても、チャレンジする価値アリ
    です!

    ユーザーID:4130660397

  • お金かけてとる資格とは思えない

    私は大学でとった資格で非正規で勤務しておりますけど
    わざわざ時間とお金をかけて、
    通信でとるような価値のある資格だとは思えません。
    地域的によく募集がかかるというのは
    長く勤務できないからでもありますよ?
    図書館施設はたくさんたくさんあるのですか?
    勤務期間が三年とか決められていたりしませんか?
    そこ一館の期間が終了したらもうおしまいじゃありませんか?

    ちなみに勤務実態は、ニュースになるくらいの低賃金、
    埃カビと肉体労働で体調を崩す人も多く
    クレーマーのような癖のある利用者と労働者で常に対人トラブルが耐えません。
    3Kとしか言えない職場ですが、それに勝る情熱ありますか?

    ユーザーID:3553762706

レス求!トピ一覧