• ホーム
  • 男女
  • いなくなってはじめて好きだと気付きました

いなくなってはじめて好きだと気付きました

レス4
(トピ主0
お気に入り49

恋愛・結婚・離婚

Y

2つ上の先輩がいました。
高校1年生の時に出逢いました。
まず共通点はバンドで、私のバンドの初めてのライブを見に来てくださいました。
それで先輩がメンバーの中で私が1番好きだと言ってくださってることを知りました。
先輩はディズニーが大好きでした。私もディズニーが好きだったので、きっかけを作って、食事に誘いました。
先輩はカメラが好きだったので、私も父親にもらったカメラをディズニーに持っていくようになりました。
先輩は1年浪人して大学生になり、私は高校3年生になりました。先輩の大学が志望校になりました。
どうにかして、先輩に見てもらいたかった。
7月、先輩と3回目のディズニーにいきました。人生で1番楽しかった。ドキドキした。
8月、頼んでいたグッズを受け取るために会いました。初めて私にお土産もくれて、しかもわたしの大好きなもので、本当に幸せだと思った。たくさん、これからの約束をした。その翌日、亡くなりました。20歳の誕生日の3日前でした。今でも信じられません。頭から離れません。先輩に私は見合わないからと思い込んでいましたが、やっぱり好きでした。この気持ちをどうしたらいいか分かりません。

ユーザーID:9880656839

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • まるで映画のよう

    亡くなったと読んだとき、泣きそうになりました。

    切ないラブストーリーの映画を見たような気分です。

    二人でもっと恋して、楽しくて輝かせたい未来が有ったはずだけど、悲しいですね。

    彼はもうあなたの心の中にしかいませんが、逢いたくなったらいつでも思い出の中で逢える・・・永遠に若い素敵なままで、あなたの中であなたを見守っていてくれてます。

    こんなの何の慰めにもならないけど、そんな言葉しか思い浮かびません。
    ゴメンね。

    ユーザーID:2396613386

  • 悲しい思いをしましたね。

    お辛いですね。

    もし、良かったらですが、彼宛にお手紙を書いて実家に送ってください。うちの父が亡くなった時、感謝の気持ちをお手紙に書いて送ってくれた方がいました。私たちの知らなかった父や、彼への感謝の気持ちがつづられていて、彼を思ってくれている人がいる事が、とてもとても嬉しかったです。

    彼の優しさや、貴方の思い、感謝の気持ち、楽しかった彼との時間、彼に会えた感謝の気持ちなど、これから色んな恋や経験をしてと楽しみにしていらしたご家族も、貴方のような女性が彼に心を寄せていた気持ちが、彼の生きていた証として嬉しいと思います。

    ユーザーID:9952716126

  • 同じような経験があります1

    私も、かれこれ20年ほど前に同じような思いをしたことがあります。
    彼はクラスメイトでした。
    出会った時からお互いに何となく気になる存在で意識しながらも、学生時代は、それぞれ別々の人とお付き合いをしていました。
    やがてお互いフリーになった時に告白してきてくれたのですが、私は乗り替えるような形になるのが嫌で、すぐには素直になれませんでした。
    学校を卒業してからも、電話をくれたり、バイト先に迎えに来てくれたり。ちょうど色々あって鬱々としていた時期に、彼はいつも話を聞いてくれたり、気分転換に連れ出したりしてくれていました。
    最後に会った日、ドライブに連れ出し家まで送ってくれた別れ際に、珍しく「ぎゅっとしていいですか」と聞かれました。
    恥ずかしくて、「な〜に言ってんだか」と言って笑って、じゃあまたねと言いました。
    でも、素直になれなかったけれど、もし次にあってそういう話になったら、、、
    付き合ってみよう。そう思っていました。
    でも、その次は来なかった。
    事故でした。
    あっという間に逝ってしまいました。
    最後のあの日の別れ際を、何度悔いても悔やみきれませんでした。

    つづきます

    ユーザーID:2459354497

  • 同じような経験があります2

    つづきです

    まだ始まる前に、これから、という時に逝ってしまったので、余計にあの時こうしていれば、ああしていればと想いが募って、本当に辛かったです。
    たくさんたくさん泣きました。
    なかなか事実を受け入れられませんでした。
    それでも、やはり時間が少しずつ癒やしていってくれました。
    それが生きていくことなのだと、感じました。
    辛いけど、悔しいけど、その分、出会いを大事に、目の前にいる人を大事にしようと決意し、今に至ります。
    今でも、もちろん思い出すことはあります。
    心の中で話しかけることも。
    その分、疎遠になってしまった学生時代の友人たちよりも、むしろ近くに感じることもあります。
    今はたくさん泣いてください。
    想いを溜めず、遠慮せずに吐き出してください。
    でも、きっとどこかで優しい思い出に変わっていってくれます。
    思い出になんてできないと思っていても、人はよくも悪くも、自然に受け入れていける日が来ると思います。

    最後に一つだけ。
    彼が大事にしてくれたあなた自身を、決して粗末にされませんように、、、。

    彼のご冥福を、心よりお祈りしております。。。

    ユーザーID:2459354497

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧