• ホーム
  • ひと
  • 前妻との間に子供がいる場合の相続について

前妻との間に子供がいる場合の相続について

レス58
(トピ主3
お気に入り194

家族・友人・人間関係

バカ男

私(夫)40代前半、妻30代後半、子供2人(幼児)の4人家族です。
私には離婚歴があり、前妻との間に子供が1人(小学生)おります。

離婚時の取決めは、親権は前妻、財産分与を多く払うことで、
慰謝料・養育費はなしいうものでした。
前妻とは離婚後音信不通。子供とも会っておりません。

私は、離婚当初からその子の為に毎月5万円(今の妻との間に子供が
出来てからは3万円)の積み立てをしております。
その額が現在500万円近くになろうとしています。

今の妻には上記のことはすべて包み隠さず話しております。

先日、もし私が死んでしまった場合に備えて、遺言を書いてほしいと
妻から言われ、この度遺言書を書きました。
法定相続分位になるように、妻に1/2、子供に1/6ずつ分配し、
妻にはそれ以外に生命保険金が受け取れるよう充分な額の生命保険にも
加入しています。

遺言書の内容を妻に伝えると、
「相続後にあなたの子供や元妻と連絡を取ってお金を渡すことは、
 どうして私がしないといけないの?それが普通なの?」
「私からするとどこの誰かもわからない人なので、あなたが生きている
 間に責任もって生前贈与なりして渡してあげてください」
「正直なところ、毎月3万円を家計から貯蓄しているのも少しどうかと思う」

等、言われました。

もし私が死んだら、その時点での遺産を分配することになるから、
仮に生前贈与したとしても同じ事になるよと伝えても、
「どうしてそうなるの?なら遺産なんていらない。遺産放棄する。お金じゃ
 ない。生命保険も解約してもらって構わない」
等、言われました。

私は非常に困惑しました。私が頑張っていること全てを否定されたようで、
自暴自棄になっております。


皆様のご意見アドバイスを聞かせてください。

ユーザーID:7616916358

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数58

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 弁護士に間に入ってもらう

    遺産の分配の時には弁護士に間に入ってもらうようになさってはいかがでしょうか?

    生前贈与をしたとしても自分の取り分の遺産を受け取るのにも
    必ず前妻とのお子さんのハンコも必要ですよ。

    奥様は少々覚悟が足りずにご結婚なさったように感じます。
    離婚歴があり、前妻の子供が居るなら当り前の事なのですよ。
    責めるなら夫ではなく、離婚歴のある男性と結婚した自身を責めるべきです。

    奥様は絶対に遺産放棄などなさいません。
    それで困るのは自分自身ですから。
    自身のお子さんにも残してあげたいでしょうし。

    取りあえず市民法律相談にでも出向いて
    法律家から奥様に説明してもらいましょう。

    ユーザーID:1360563728

  • ぜひ奥様と一緒に法律相談へ行ってください

    弁護士さんからきちんと前妻さんとの間の子供がどういう権利を持っているのか、説明してもらったほうが、後からトピ主さんが「掲示板でこういう意見があったよ」というよりも納得できると思います。
    あと、親から見た「子供たち」と、子供から見た「子供たち」というのは違うということ。
    まぁ感情論になりがちですが、私が見てきたパターンは圧倒的に子供たちが(親から刷り込まれた相手への価値観で)いがみあうのが多かったですが、たった1つだけ、「考えてみたら自分達って、兄弟だったんだ」と言ってしんみりしていたパターンがありましたね(セリフからお判りのように、そう悟った時はもう遅かったです)。
    あと、これは万一のことですが、前妻さんとの子供が逆縁で亡くなった場合、利益を得るのはどなたになるのか……を言ったらにんまりした方も(あまり賛成できない説得ですが)。

    詳しくは弁護士に話を聞きましょうね!

    ユーザーID:9049654246

  • 金は要らないそうです

    >なら遺産なんていらない。遺産放棄する。お金じゃ ない。
    >生命保険も解約してもらって構わない

    では、そうさせていただきましょうか。
    今の妻には何も残さなくて良いそうです。

    さっそく遺言を書き換えましょう。
    ちなみに、遺言執行人を決めておけば、妻の手を煩わせることはありません。

    それにしても貴男、女を見る目ないですね。

    ユーザーID:2378179025

  • 普通じゃなくて法律だからね

    もう、今はその話はしなくていいんじゃないでしょうか。
    若くて夫が亡くなったら、という心配は子どもを育てている妻ならだれでもします。
    でも現実問題、健康ならば90歳近くまで生きるのだから、今妻と冷静に話せない状態で突き詰める必要無いでしょうに。
    何もしなくても、法律通りならば妻に1/2、残りを元妻の子と現妻の二人の子の3人で分ける事になるのだから遺言書は要らないし。今生前贈与したら、結果的には元妻の子の取り分が500万円増えるだけ。
    実際に遺産相続となったら元妻の子は法定相続人の一人なので、無視して遺産分割協議は出来ず、妻にはその人を探す責任があります。普通〜じゃなくてそういう法律なので仕方ありません。トピ主さんの亡き後に知ることになるでしょうけれど、今は蒸し返さずに放置しておいたら?何も起きないですから。

    ユーザーID:5692568602

  • 遺言執行者

    遺言執行者を弁護士や司法書士にしておけば、遺言執行者が
    相手に連絡をして手続きをしてくれます。

    子どもがいる人と結婚するということはそういうことですよね。
    奥さんが覚悟がなさ過ぎます。
    2人のお子さんにとってはきょうだい、奥さんにとっても1親等の
    姻族でまったくの他人ではないのですけどね。

    ユーザーID:8642679891

  • 弁護士に頼む

    たぶん、奥様としては会ったこともない前妻とのこどもに連絡して、判をもらうというのが嫌なんだと思います。

    ちなみに、分配としては現在の妻50、現妻との子25、前妻との子に25ですよね?

    後妻は何かと心労も多く、自分にもこどもがいるのになぜ前妻との子に毎月3万も、と思うのも無理ないです。だって、不公平ですよね?自分の子供にも同額用意した上で、残りの財産について法的分配にもとづき相続するならいいですけど。

    お金の問題じゃない、と奥様がおっしゃっているのは、あなたの気持ちが前妻との子寄りになっていると感じているから、面白くないのだと思います。

    なので、前妻との子に貯めている500万はなし。死亡時の相続を法的分配に則って行うのが一番シンプル。死亡時に弁護士を通して今妻の子に手続きをしてもらえばいいと思います。弁護士費用も、きちんと妻に渡るように計画しておいてください。

    ユーザーID:9228710125

  • 立派だと思います

    お子様の為に貯金をしてるって本当に立派だと思います

    ただ、亡くなった後に遺産として渡すより
    生きてるうちに渡してあげて欲しいなと思いますし
    養育費はいらないという取り決めでも
    面会が出来るならしてあげて欲しいなと思う。
    父親は一人しかいませんから。。。。

    トピ主さんがお子様や元奥様と会わないのに
    どうして私が?という気持ちはわかります。。
    ましてや、進んで連絡取りたいとも思わないでしょう。
    この事はやはり、トピ主さんと元奥さんとお子様の関係を
    見てこうなると思います。

    どっちみち、相続の時には誰かが連絡しないといけません。
    それは、奥様になるのでしょうけど、
    イヤなら弁護士を通して連絡するでしょう。

    奥様は否定してるんではなくて
    やっぱり嫉妬でしょうね。。そこは許してあげて下さい。
    きっと、色々葛藤もあると思います。

    ユーザーID:7482071331

  • 弁護士に依頼できませんか?

    トピ主さんが亡くなった場合の財産分与の諸手続きとともに、前妻と前妻との子を探す仕事も弁護士さんに代行して頂くよう契約を結ぶことはできないでしょうか。

    夫を亡くして辛い時に、遺産分与のためにどこにいるとも知れない前妻と夫と前妻との子供を探すというのは奥様の精神面に大きな負担の掛かることだと思います。

    >今の妻には上記のことはすべて包み隠さず話しております。

    「話している」は「話した相手の了承を得る」とイコールではありません。

    トピ主さんの一件と一緒にしてはトピ主さんに失礼ですが、私の父は昔通っているキャバクラに母を連れて行き、ひいきにしているホステスさんを母に会わせたことがあります。父は「内緒にしていないから浮気ではない」という考えだったそうです。
    そんな訳あるか!
    秘密にせず教えることと、相手に納得させることは別のことです。しかも浮気相手と思われる女性を紹介される母の気持ちも考えられなかったのか!と呆れました。

    トピ主さんも似たようなミスを犯しています。
    前妻のお子さんのための積み立てについて、今まで奥様の本音を真摯に聞こうとなさった事はありますか?

    ユーザーID:9630011428

  • トピ主様の自己満足だものね

    だってトピ主様の自己満足ばかりですもの。
    もう少し跡に残される人の気持ちや後始末の大変さを考えてください。
    ちょっと聞いた私でも「もし、前妻とその子があまり性質のよくないタイプだったらどうしたらいいのか」「口約束だけなら、後から養育費の請求などがきたらどうしたらいいのか」等の不安が一杯です。
    自分たちの生活だってどうなるか分からないのに、万が一、性格の悪い前妻親子だった場合、奥様一人で立ち向かわなきゃいけないんですよ。
    ただ、奥様も生前贈与などの不利な点も分かってないと思います。
    まずは、奥様とお子さん二人の生活が第一だから、ときちんとお二人で弁護士などに相談にいってはいかがでしょうか。
    あるいは、最低でも前妻とお子さんがどこで何をしているかくらいは自分で把握しておきましょうよ。
    残された奥さんに前妻探しからさせるつもりですか?
    前妻のお子さんの貯金と総資産を見合わせて、今の奥様とお子さんたちに少し有利になる様に残してあげるのがいいかと思います。
    前妻のお子さんへの貯金が500万なのに、トピ主家の貯金が200万じゃ変ですものね。

    ユーザーID:4960821814

  • おとうさん ありがとうございました

    私の両親は私が乳児のときに離婚しました。離婚という言葉も知らずに母子家庭で育ちました。
    子供の時父が亡くなったという連絡を受けて、初めて父の存在を知りました。
    父の死後、母から聞いたのですが亡くなるまで養育費を送ってきてくれたそうです。
    離婚の原因も今となっては私を含め知る人はだれもいません。

    その後父は会社を興し裕福となり、うちは貧しいままでした。
    いくらお金があっても払わない人はいます。母は父に写真を送っていました。
    父は親ばかでその写真を見せびらかして、我が子の自慢をしていたそうです。(父の親戚の話)
    再婚して子供を授かっても私のことは忘れていなかったのです。

    父が亡くなって50年以上たちます。
    「会いたかったよ おとうさん 親孝行したかった おとうさん ありがとうございました」

    ユーザーID:4246144776

  • 専門家に相談

    奥さんはお金ではないといっていますが、相続というのはそもそもトピ主さんが死亡しないと発生しないので、生前に相続放棄するとか言われても基本的にはどうしようもありません。

    妻は保険金がいらないなら保険は解約するか受取人は子供3人で分けるってことでよろしいのでは。

    ただその3万円してる積み立てについては、可能でしたら〇歳の時点で生前贈与(大学の学費の支払等で構わないと思います)してしまい、妻があちらの人間とはできる限り接触はしたくないというそれ自体はまあ認めてもいいので、銀行で一度相談してみたら。
    司法書士とかでもいいけど、きっちり相談しスキのない遺言書を作るのであれば、弁護士か銀行に有料相談をお薦めします。
    死亡時の手続きを代行してくれます。

    妻がお金を渡すというのがいやなら第三者にやってもらうしかないでしょう。
    トピ主の前妻の子は全く恥じる所のない相続人です。妻にもその権利を侵害する事は出来ない。そこを弁えてもらうしかないですね

    ユーザーID:0069387603

  • それでしたら

    相続放棄しても結局は連絡しないといけないと思います。
    当初の予定通り遺言書を書き、相続時には弁護士に全てを一任するようにすれば、直接連絡をとらなくていいのでは?

    ユーザーID:6446969487

  • 自暴自棄になるより

    離婚して子持ち再婚したんだから仕方ありません。
    素人同士で話をしてもラチはらちがあきません。
    一度、夫婦で夫の死後に妻がしなければならないことを弁護士を間に入れて話し合いをしては?
    トピ主さんが死後、前妻さんの連絡先が分からなければ遺産相続が進みません。妻は、前妻の子供の連絡先を探す事から始めないといけないくなります。
    さすがにそれは、可哀相じゃないですか。
    弁護士に、前妻の子供の捜し方を聞いてエンディングノートに書いておいたりしたほうがいいと思います。

    ちゃんと遺言を書いておいたほうがいいですよ。
    500万円貯まったら前妻の子の貯金は15000円にしてもいいと思いますよ。

    まずは、トピ主さんが相談できる弁護士を探して個人的に相談してみては?
    養育費代わりの貯金は適切な額かとか、自分の死後の事とか、遺言のことプロに相談してみたら?

    ユーザーID:0333547619

  • 少しお金をかけて

    御子さんを遺言執行者にされ、公正証書遺言を作成したら良いのでは。公証役場で作ったと奥様に言っとけばよいと思います。
    よそにお子さんがいる場合は、相続の時に面倒なので、遺言残すのは必須ですが、もう少し年を取られてから作成してもと思います。

    ユーザーID:4600378664

  • 追伸

    今のご家庭のお子さんには多めの方(先妻の子の遺留分を害さない程度)が結構普通だと思います。家庭内円満のためにも良いのではないかしらです。

    ユーザーID:4600378664

  • 要らぬと言うなら

    相続放棄させればよい。
    家計からの貯金は十万にアップするのがよいかな、

    生活苦を味あわせないと、つけあがるよ。

    トピ主には学習能力は無いのか。

    なぜバツイチかよく理解ができるトピでした。

    ユーザーID:9804722097

  • 奥さまの気持ちもわかるので、嫌なら別の方法を・・

    奥さまは感情的になっていらっしゃるので、間に受けないでくださいね。
    「万が一の場合」などという話ですから、余計にそうなのです。

    保険も貯金も、きちんとしておいてください。現金がないと分けるのは大変です。

    分配は法定相続分通りなので、問題ないと思います。

    奥さまがどんなに嫌がっても、実子である前妻のお子さんには6分の1の権利があるので、請求されれば払わねばなりません。理解してもらうしかないです。

    奥さまが嫌がるなら、誰かその場合にお願いできる方はいないでしょうか。

    万が一の場合は、奥さまからその方に連絡をし(ここは我慢してもらう)、その方から前妻さんなり、お子さんなりに連絡をしてもらうようにしておき
    前妻の息子さんの取り分の渡し方は、その方が間に立って、調整してもらう。

    前妻さん(お子さんが小さければ仕方ない)には遺言状をしたため、間に立つ方の連絡先などをお渡ししておけば?

    その方に渡す手数料も、決めておけばいいと思います。

    もちろん、奥さまお子さまへの遺言状にも、その旨をしたためて。

    弁護士さんにお願いすれば一番良いのですが。

    ユーザーID:3231887500

  • 遺言は早く死ぬことも想定に

    私の場合公正証書遺言を作りました。夫と私は再婚同士でそれぞれ子供がいます。子供が成人する前に私が死んでしまうと、子供の法定代理人として前夫がしゃしゃり出てきます。主様の場合、今お亡くなりになると前妻さんは法定代理人として出てきます。遺言執行者を公正証書遺言で弁護士か信託銀行かに指定されれば(それなりの費用は発生しますが)いかがですか?私は前夫(海外在住)と今の夫を直接対決させたくないため、夫に迷惑のかからない方法を弁護士と相談し選択しました。奥様を愛していらっしゃるなら、奥様に迷惑かけない方法を選択するべきです。生前贈与は毎年110万なら非課税範囲。それで5年かけて今から払ってもいいではないでしょうか?お子様に当分に財産分与したいお気持ちはよくわかりますが、死後愛する人に迷惑かけないことは最重要視するべきだと思います。私たちもそれぞれの子供達には平等に預金していますが、主様が頑張っていると思っているのは平等に預金して遺言を書いて将来のことを考えているから?ちゃんと弁護士と奥様に一番迷惑にならない方法を相談しましたか?奥様がもし主様と再婚で逆の立場なら、あなたは同じことを許容できますか?

    ユーザーID:8328984634

  • 色々な手続き

    遺言書より法律通りが無難な気がします。再婚者と結婚したら色々な手続きはあるわけで仕方ないと思います。

    ユーザーID:2977758428

  • あなたの奥様は無知なだけ。

    遺産放棄、生命保険いらない、発言は
    駄々をこねているだけでしょう。
    自分のいうこときいてよ、と。

    奥様は覚悟なしでバツアリ子どもアリと結婚したのですね。
    相続、というもなのを教えてあげましょう。
    前妻の子も現妻の子も同等の権利をもち、相続時にかかわる
    ことは避けて通れない、と。

    ユーザーID:3679469926

  • 遺言の執行人を第三者にすればいいだけ。

    遺言を作ったなら、弁護士でもなんでもいいから執行人を別の人にすることですね。
    そしたら全部その人がやってくれるから。(もちろん有料ですよ)

    だいたい、今あなたが音信不通の相手ですよ。先方がどんな気持ちでいるかもわからないし、奥様にすればなるだけ接触も関係も持ちたくない相手ですよ。
    それを探すのだって一苦労なのに、見つけていったいどんだけの事を説明させるんですか。

    養育費に当たる金額の貯蓄は奥さんに文句言われる筋合いじゃないと思います。それは我慢してくれてるんですよね。
    その上で最後の尻拭きは自分で準備してと言われてるんだから努力しましょうよ。
    あなたはその努力を拒否して、先に奥さんを「自暴自棄」にさせたんですよ。

    ユーザーID:0292347580

  • 遺産のことではなく、コンタクトをとりたくない

    恐らくですが、奥さまは
    「元妻さんとコンタクトをとりたくない、関わりたくない。トピ主さんにも関わってほしくない」
    ということを表現したくて、
    「遺言を書いてほしい」「どうして私がしないといけないの?それが普通なの?」
    と表現しているのではないでしょうか?

    トピ主さんとしては、「遺産配分について聞かれている」としか感じないと思いますが、
    奥さまとしては「元妻や先方の子とかかわって欲しくない」ということを
    手を変え品を変え表現しようとしている気がします。
    (こういう回りくどい表現は、女性特有ですね。)

    奥さまには、「遺産相続の際は権利者全員の実印と署名捺印が必要だと法律で決まっていて、
    妻にとっては他人だから関わらないということは一切不可能なんだよ。
    法的な書類は弁護士か司法書士に任せれば大丈夫。
    しっかり遺言を残しておかないと、他の権利者からゴネられて
    私たち二人の子供に残そうと考えていた財産をとられたり、裁判でこの家をとられる可能性もある。
    私たちの生活を守るためにこそ、しっかりとした遺言を残しておかないといけないんだよ。」
    と優しく法的知識を教え諭すことをおすすめします。

    ユーザーID:6053851901

  • ゴネて思い通りにしたい

    遺産放棄、生命保険も要らないなんて嘘嘘。

    だったら遺言なんて先にかかせないですから。

    遺言を書いて、その子の3万円もやめさせたいのだと思います。
    そのきっかけに遺言をかかせたのだと思います。

    自宅もある程度したら自分に名義変更してくれというでしょう。
    通帳もその前妻さんに行かないように奥様名義に移し替えていくと思います。
    それをすると、妻からではなくあなたから自発的に言わせたいのです。

    相続関係は死んでから相続人全員の印鑑必要ですし、奥さんの言ってることはおかしいのですが、
    本質はそこじゃなく、全部名義を移し替えて遺産をあげたくないということだと思います。

    なんか心が残念な奥様に必死に尽くして哀れですね。
    子供がいたら、我が子が可愛いのはわかるでしょうに。

    ユーザーID:6999736747

  • 500万円はどこにいったんですか?

    話がよくわからないのですが……

    現金と不動産があるのだと思いますが、それを、
    法定相続分位になるように、妻に1/2、子供に1/6ずつ分配した
    遺言書を書いたのですよね。

    前妻の子のために貯金していた500万円はどこにいったんですか?
    3人のこどもにきっちり1/6ずつではなく、
    前妻の子だけ他の2人の子よりも500万円多くなるような遺言書を書いたということでしょうか?

    もしそうなら奥様は辛いと思いますよ。
    それを見たら、トピ主さんは今の妻との間の子よりも、
    前妻の子を大切にしているように見えます。

    小さな頃に離れてしまった子に何かしてやりたい、でも
    何もできないからせめてお金を渡したいという気持ちならば
    それはよくわかるのですが、
    だったらそれ(500万)は生前に渡してしまって、相続は平等にして欲しいという
    奥様の気持ちもよくわかります。

    そうではなく、本当に3人の子に平等にきっちり1/6ずつの遺言書を書いたというならば、
    奥様が何を辛く思っているのか私にはわかりません。

    また、トピ主さんの死後の相続は弁護士に一任すれば、
    奥様は前妻と連絡を取る必要はなくなります(たぶん)。

    ユーザーID:7553972323

  • 専門家にお任せする

    バツイチ子どもありと結婚する覚悟を持っていなかった人と結婚してしまった自業自得ではないのでしょうか。

    あなたが亡くなった後、あなたの銀行口座をどうにかするには前妻の子の署名捺印が必要となり、未成年でしたら親権者である前妻の署名捺印も必要になるのではないでしょうか。現奥様はどうするつもりなのでしょうか。

    現奥様は嫌がるかもしれませんが、前妻の子分の預金が500万円もあるなら、一度連絡をとりお渡しするのはいかがでしょうか。そろそろ塾やら学校やらお金が必要な頃だと思います。
    今のまま貯金があなた名義ならあなたの死後前妻の子へ渡る確証はありません。
    今少し渡しておけば、あなたの死後財産放棄の印もすぐ押してくれるかもしれない。という打算を含みます。(逆にもっともらえるはず。となってしまう可能性もありますが。)

    あなたのお子さんならあなたが戸籍の附表やらとりよせれば現住所はわかると思います。遺産が心配なら専門家へお任せするしかないでしょう。

    再婚する時に「もし前妻が亡くなったら前妻との子をひきとるのはOKか?」という確認はしましたか?それをOKするくらいの人じゃないと再婚しちゃだめかと。

    ユーザーID:8179202138

  • そんなときのための信託銀行

    そんなときのための信託銀行です。

    信託銀行はあなたの財産と遺言を預かり執行してくれます。
    詳しくはWEBで検索。

    表面的な意味でのあなたの悩みはこれで解消します。

    --
    本質的な問題は、他の回答者指摘のとおり、
    奥様の気に入らないなにかしている
    +それに気づいていない
    +だからフォローもできていないってことなんでしょうけどね・・・・。

    ユーザーID:3597557229

  • トピ主です。アドバイスありがとうございます!

    皆さま、早速のアドバイス・ご意見どうもありがとうございます。
    非常に参考になります。ありがとうございます。

    説明不足のところがあるので、若干、補足させてください。

    まず、前妻とはお互い弁護士を交えた協議離婚のうえ、慰謝料・養育費を
    支払わないことなりました。前妻はその後、新たな男性と結婚し、その男性との
    間に子供もできています。その後、一切連絡を取っていないのは、離婚時に
    言い争いがあり、そのことで決して前妻は私にいい印象を持っていないためです。
    当然、その前妻の元で育てられている子供が、私にいい印象を持つはずもなく、
    ならば、その子が大きくなり、本当のお父さんに会いたいと子供自身が強く
    思った時に会えるように、今は(辛いですが、)会わずにいようと離婚時に
    決心したからです。

    養育費を払ってない分、お金には困らないようにと、離婚時から毎月5万円を
    積み立てしており、このお金は子供が進学や将来何かお金に困ったときに
    いつでもポンと渡せるようにコツコツ積み立ててきたお金です。


    (続きます・・)

    ユーザーID:7616916358

  • 2段階に構えてみては?

    奥様がいやがっているのは、前妻との子供との関りがいやなだけですよね?

    第一段階として、遺言執行者をプロに頼んでおいてはいかがでしょうか?
    遺言執行者になれるのは弁護士か司法書士。
    司法書士の方が料金は安いでしょう。
    相続手続きはプロがやりますから、奥様がイヤなことから開放される。

    第2段階としては、前妻との子供が成人したら、預金した500万円を生前贈与することを条件に「遺留分放棄手続き」をすることです。
    一般的に、生前の相続放棄はできないとされていますが、遺留分の放棄手続きは一定の条件を満たせば裁判所が許可してくれます。
    遺留分を放棄する訳ですから、遺言に前妻の子への相続をゼロと書いても問題無いのです。

    遺留分放棄には、前妻の子供の自由意志が必要なので、実際会って話す必要があります。
    また、代償性があることも条件ですから、3千万くらいの相続財産が残せると仮定すれば、前妻の子の取り分である1/6の500万くらいを先渡しする覚悟が必要でしょう。
    >生きている間に責任もって生前贈与なりして渡してあげてください
    奥様の希望を100%かなえることができます。

    ユーザーID:9663959108

  • トピ主です。2

    (続きです・・)

    今の妻との子供は2人なので、相続権のある子供は3人になります。
    1人目の子供ができた時にも毎月5万円、2人目の子供ができた時には
    全員分を毎月3万円にして、毎月積み立てしております。
    そのお金も今では300万と60万ほどになっています。

    住宅の評価資産が1500万ほど、現預金その他の資産が1800万ほど、
    住宅ローンは2300万ほどありますが、私が万が一の際は団信でなくなります。
    個人で加入している生命保険金は4000万ほど、その他、小さいながらも
    事業をしているので、会社で掛けている保険(死亡退職金や弔慰金)が
    1億2500万ほどあります。

    私は子供たちの積み立てはそれぞれ子供たちに行き渡るように分配し、
    それ以外は全部妻へいくように遺言書を書きました。それが法定相続割合や、
    遺留分なども考慮した割合として一番自分的にはしっくりしたからです。

    ユーザーID:7616916358

  • トピ主です。3

    (連投ですみません・・)

    前妻との子供のことがあるので、きちんと遺言書でトラブルにならないように
    定め、それでも難しければ、生命保険金という流動性の高いお金がかなり
    あるので、それをもって調整してほしいと妻に伝えたつもりです。

    私としては、nekoさんはじめ皆さまがおっしゃるように、離婚歴があり前妻との
    間に子供がいる男と結婚するということの自覚を妻がもう少しもっていてくれているものだと思っておりました。妻には今まで伝えてなかった結婚前からの自分
    自身の財産もすべて伝え、はじめての遺言書を自分なりにいろいろ調べながら
    書いて、これで妻が安心してくれ「ありがとう」と言ってもらえるものだと
    思っておりました。

    が、トピ本文にも書いたような妻の反応であったため、まるで、今まで自分が
    仕事を頑張ってきたこと、前妻との子供の事を想って毎月積み立てていること、
    そして何よりも、私が万一の時に一番困るであろう妻が少しでも困らないように
    と書いた遺言書がもとでこのような反応を帰ってきたこと、今までの事すべて
    を否定されたようで、正直非常に困惑しています。

    ユーザーID:7616916358

レス求!トピ一覧