いつのまにかピカチュウになっていた

レス9
お気に入り30

もも

話題

保護者ボランティアで、子供の通う幼稚園で手あそびをしてきました。

手でキツネを作って
「これ、な〜んだ?」
と呼びかけたら一斉に
「ぴかちゅう〜〜!!」
と返ってきてびっくり!

先生から
「最近はピカチュウって教えてるんですよ♪」
と教えていただき、ジェネレーションギャップを体感した瞬間でした。
(うちの子供は小さいころから私が「キツネさーん」をやってきたせいなのか、家で「ピカチュウ」をしなかったので気づきませんでした(涙))

そういえば子供が乳児の時、子育てセンターで聞いた「とんとんとんとんこぶじいさん」が「…アンパンマン」になっていて新鮮だったのを思い出しました。
おべんとうの歌の山椒さんがサクランボさんに変わったようなものでしょうね。

他にも小学生の子供が持って帰った教科書の挿絵に車椅子に乗った子や金髪に青い目の子、小麦色の肌の子がいたり、学校が配布するノートがキャラクターものだったり、自分のころとは違うことに色々驚かされます。

子育て中の方、学校や幼稚園、保育園で働いている方、自分の時代と大きく変わったと感じたおもしろいことがあったら教えてください。

ユーザーID:5368399515

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • キツネを知らず、

    ピカチュウで育った子が、どんな大人になるのか…。

    まともに育つと良いですね。

    ユーザーID:1959105558

  • ペールオレンジ

    子どもの頃「肌色」と言っていたあの色が、自分の子どものクレヨンでは「ペールオレンジ」やら「うすだいだいいろ」やらになっていてびっくりしました。
    肌にはいろんな色があるもんね、ということでわからなくはないのですが、子どもには「ペールオレンジ」も「うすだいだいいろ」も言いにくく。

    そして当の子ども達はあっさり保育園で「肌色」という言い方を覚えてきて、以来あの色のクレヨンや色鉛筆を「肌色」と呼んでいます。

    変わったというか、変わらなかったというか、というお話しでした。

    ユーザーID:2550002857

  • 教科書が大きくてフルカラーで字も大きい

    教科書そのものが変わりました。
    会話形式で解説されていたり、フルカラーで大きくて分かりやすい。

    学校側からの連絡は普段のお手紙(プリント)とメールです。
    警報で休校とか、運動会の雨天時順延などの緊急時の連絡はメールで届きます。

    ユーザーID:2863303315

  • テスト用紙がカラー

    小3の子どもがいるのですが、単元ごとの主要なテストはカラーなんです。
    今時は教科書もカラーなら、テストもカラーなんだあ、と感心していたんですが、そのカラーテストが子供の学力を知る指標になるんだそうで、家庭教師の講師に参考に見せて下さいと言われました。
    カラーテストを見れば苦手な単元がすぐに分かるそうです。
    小学生の成績表を見たところで、学力は分からないですもんね。
    なるほどと思いました。

    ユーザーID:0221706247

  • 15年ほど前から

    幼児教育とかそういうところで学生時分から働いてましたが、そのころピカチュウが出始めたかな。
    そしてピカチュウ出始め教えたこどもたちも大きくなり、教員や公務員などそれぞれの道に進んでいます。

    〉まともに育つと良いですね。

    何の心配をされているのでしょう?

    ユーザーID:3827223598

  • きつねぐらい知ってますよ

    みらいさん。

    きつねを知る機会は他にいくらでもありますが。

    国語の教科書の定番題材「てぶくろ買いに」「ごんぎつね」
    今でも学習しています。
    変わらない名作ですね。

    ユーザーID:2863303315

  • 大富豪(大貧民)のローカルルールの複雑化ときたら

    スペサン(スペ3)、ゴットビ(5っ飛び)、ろくろ首(6ろくび)、ななわたし(7渡し)、救急車(99しゃ)、ジッステ(10捨て)、Jバック…

    中一息子たちの「大富豪のローカルルール」だそうです。
    私らの頃は、
    「革命」と、せいぜい「やぎり(8切り)」くらいでしたが、
    もうわけがわからんわ。
    まあ息子も「俺もあんまりゴタゴタするの好かないから革命とやぎりだけでやるよ〜ん」って言ってますが。

    他レスにあるカラーテストは、私(48歳)の頃からありました。
    当時から「カラーテスト」って言ってた。
    寧ろウチの子らの小学校で全然カラーテストが登場しないのに驚いた。
    学期末には、先生方作成の、記述式主体の学年統一テストが実施されるのねん。
    なんか中学校の定期テストみたいでビックリビックリ。
    「業者が作ってるなあ」ってのは、CRTと、あと、国語の聴解テストくらいでした(CDが必要だからね)。
    これは学校によって随分事情が違うみたいですがね。

    ユーザーID:3790120646

  • あえて突っ込んでみる

    ピカチュウはきつねやない!
    ねずみや!

    でも、同じきつねでも、やっぱりフォッコじゃだめなんだろうな。

    話を戻して・・・
    うちには小学生4年と1年の二人がいますが、絵の具セット、書道セット、彫刻刀セットなど、何から何までとにかくカラフル、キラキラしてるのに衝撃受けました。
    自分の時の絵の具セットは、ちょーダサイセットだったなぁ・・・。
    娘のかわいいリラックマの絵の具セットを見て、自分も大好きなキティちゃんとかが良かったなと思ってみたり・・・。
    キャラシール貼って、先生に怒られた記憶が・・・。

    ユーザーID:0989009540

  • お習字セット

    色々ありまーす。

    娘の小学校で共同購入したお習字セットの硯がプラスチック製でがっかりしました。
    私もその昔、学校で共同購入したものでしだが、ちゃんと硯石でできたものでしたから。

    あと、お寺の和尚さんがかぼちゃの種をまいたという手遊びも進化していて驚きました。
    ほかに、運動会の玉入れもダンスとの組合せるのが今は定番のようです。私のときは無かったスタイルです。
    ジャンケンも、大人数でグーチョキパーではなかなか勝敗がつかないときにグーパーの二択にして多い方をまず勝ちにするという画期的な方法が導入されていて感心しました!

    逆に全然変わっていなくて驚くこともありますよね。

    ユーザーID:0182817650

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧