高校生の息子の不登校

レス46
お気に入り93
トピ主のみ10

トントン

ひと

このトピのレス

レス数46

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です1

    温かいレスをありがとうございます。まとめてのご返事で失礼いたします。
    漢方専門医にかかり、治療中です。でも、呻いて動けないくらい強い痛みが出ており、
    まずは痛みを抑えていきましょうと言われています。

    真っ暗なトンネルの中で立ち尽くしているような気分です。
    回り道したっていいとわかっている、人生は長い、
    休学して復帰して頑張っている人も知っている。
    でも、そう簡単に割り切れないのが子ゆえの闇なのですね。

    他にも頑張っている方がたくさんいる、一人ではないですね。
    教えていただいたサイトも見始めました。
    乳酸菌も試してみます。
    影で泣きながらでも、支えていくだけですね。
    挫けながらも、七転び八起きで頑張ります。
    このところ、死んで楽になることばかりが頭をよぎり、これではいけないと思って
    トピを立てました。親が先に参ってはだめですね。

    ユーザーID:3488159028

  • トピ主です2

    たくさんのレスありがとうございます。

    高認試験も、留年もいろいろいっぱい考えています。

    教えていただいたサイトも見ました。
    乳酸菌もとり続けています。

    漢方専門医にも診てもらっています。

    人生は長い、回り道もいいじゃないかと頭では考えるのですが、
    開き直れない苦しさの中にいます。
    私の育て方が悪かったのだ、こんなに息子を苦しめているのは私なのではないか、
    私の責任なのだという気持ちで、自分が情けなく、
    ああすればよかったと後悔ばかり。

    教えていただいたサイトに、「良い子を続けていくことができなくなった」場合が多い
    とありました。息子は明るく友達も多く、運動部で活躍し、県内トップクラス校に合格しました。反抗的な態度は部屋でものに八つ当たりする程度。
    本人の希望をかなえてあげたく、親も一生懸命応援してきました。でも本当はきっとわがままをいいたかったのでは。
    両親が仕事で忙しい間、祖父母のところで待っているときにもいい子を演じて我慢してきたのではないか、自分がいい子を演じている自覚もなかったのではないか。
    のびのびさせなかった私が悪いのだと。

    ユーザーID:3488159028

  • トピ主です3

    トピ主1が2つになってしまいました。失礼いたしました。

    後悔ばかりしていても始まらないですね。皆さんのいう通り、これからを見るようにしなくては。
    たくさんの温かい励まし、ありがとうございました。

    息子の中の生きる力を信じて、そして同じように、この病気と闘っている人たちの勇気を自分も出せるように頑張っていきます。本当にありがとうございました。

    ユーザーID:3488159028

  • トピ主です4

    短縮登校様まで読ませていただきました。
    様々なアドヴァイスありがとうございます。
    学校の担任、学年主任とは話し合いを行っています。
    配慮もいただいていますが休日も起こる痛みに参っています。
    長期欠席になる前は、痛みが治まったらと遅刻登校も頑張っていましたが、
    痛みが強く長くなり、欠席に至っています。

    使い捨てカイロも試してみましたが、痛くて上を向いて寝ることも厳しいようです。
    またチャレンジしてみます。

    登校刺激をすると痛みが強くなるので、控えています。


    私の仕事を辞めると住宅ローンが払えなくなるので、歯を食いしばってでも仕事を続ける必要があります。学校まで自転車で15分。近くはないですが。引っ越すことは経済的に厳しいです。朝時間通りに登校するなら送っていくことも可能なのですが、今はまだその段階にも至っていません。

    病院も3つ目で、大学病院にかかっています。大学病院の心療内科は予約まで時間がかかるようです。お願いして、カウンセリングだけ受けています。


    今は小さなことでも褒めたり、一緒に喜んだりして息子の心をほぐしていきたいと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:3488159028

  • トピ主です5

    温かい励ましをたくさんいただいて、また涙がこぼれています。
    今日は久しぶりに痛みが少し弱いようで、ちょっとホッとしたところです。
    昨日は土曜日でお休み。痛みをこらえながら、理髪店に行ったり、トレーニング用のシューズを買いに出かけたりと久しぶりに病院以外の場所へ外出しました。自分から出るといったので、少し前向きになったのかなと。欠席も6週間になろうとしていますから、自分でも何とかしたいと思っているようです。
    息子はまだまだ本調子へは程遠いですが、頑張ろうとしているようです。
    私の方がダメダメです。息子と一緒の時は穏やかな顔にしていますが、一人の時は知人に会うのが苦痛で、下を向き、目をそらして歩いています。何気ない雑談ができない。息子のことで頭がいっぱいだから。仕事中もトイレで一人になったりすると涙がこぼれそうになります。主人も体調を崩しています。あまり丈夫な人ではないのです。一人でも支え切るために、ここでちょっとだけ気持ちを吐き出してしまいました。まだ、頑張れるはず。息子の方がもっときつい思いをしてるのだから。息子はきっと治る。だからまだまだ頑張れるよ、息子ががんばっているのだもの。

    ユーザーID:3488159028

  • トピ主です6

    ありがとうございます。涙もまだまだ出ますが、温かい言葉をいただいて
    また、進む気力が起きてきました。本当にありがとうございます。

    森田先生の著書も読み、コンプリメントも意識して接しています。

    また、カウンセリングの効果が出て、息子から前向き発言が増えてきました。
    けれども痛みが強く、起き上がることさえ厳しい日もあります。

    少しでも楽にしてあげたくて、いろいろ調べて、ある食事療法に行き当りました。
    衝撃でした。これまで息子のおなかに良かれと思って用意していた食事が
    かえって悪化させていた恐れがあるからです。
    息子の体調を悪化させていたのはやっぱり親である、私だったのかと。
    これから改めて考え直していかなくてはなりません。

    前向きになった息子を助けられるように、がんばらなくては。

    ユーザーID:3488159028

  • トピ主です7

    引きつづきのレスポンスありがとうございます。


    なんでさん>仰る通り、かまいすぎなのでしょう。実は息子の希望する進路を目指すにはここがよいと言って、
          今の高校を希望するように私が誘導したようなものなので、罪悪感があるからです。
          言わなきゃよかった、こんなに入ってから苦しむなんて。他でも道はあるっていってあげればよかったと。
          主人は、「本人が結局選んだ学校だ。本人だってわかってるんだから、自分で乗り越えられるようにするしかない」
          そして「期待しすぎず、あきらめない。あきらめないけど頑張りすぎないでいくぞ」
          と、何度も言われています。
          でも、親しかできないことがあるはず、親がしなくてはならないことがあるはずと繰り返し考えてしまうのです。
          傲慢なのでしょうか。本人が頑張れるように支えたいと願うのは。
          プレッシャーにならないように、孤独にならないように距離感を探っていきます。

    ユーザーID:3488159028

  • トピ主です8

    さらしな様>ありがとうございます。FODMAP食の本も購入しました。
          厳密に行うのは一般家庭ではとても無理ということもわかりました。
          食事はガラッとは変えていませんでした。ただ、おなかに良いと思って
          高FODMAP食品が多めになっていましたので、少な目にする、とりあえずグルテンは避ける、
          という程度にしています。主治医にも相談したら、グルテンフリーはやった方がよいでしょうとのことでした。
          5日間続けて、ガスやげっぷが減ったと本人もいっていますので、様子をみます。
          食事制限がストレスになったらいけないとのことでしたので、無理せずできることをやってみます。
          
    他の方々からも親の情緒不安定がよくないとのことでした。
    主人が「カラ元気も元気のうち」と言って、
    何かとしょうもない冗談を言って笑わせにかかってきます。
    息子ともテレビを見て笑える日が出てきました。
    一人で泣いてる時間もまだまだありますが、なんとかなんとか少しずつ落ち着けるように
    努力を続けたいと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:3488159028

  • トピ主です9

    レス、ありがとうございました。
    なんで?様>本人の力を信じることを繰り返し自分に言って聞かせています。
    いろいろな支えがあることも知っています。主人と共に頑張っています。なんで?さんも息子さんのために精一杯頑張っていらっしゃるのではないですか?療育に通い、学校と話し合い、毎日息子さんを温めて懸命に育てられてきたのではないですか?必死の思いで障害を受容し、合っている道を探って、共に歩まれてきたのではないですか?そうして息子さんがぐんと成長するところを見られたのでは?たくさんの人に支えられているけれど子を育てるのは親の仕事です。

    私の従兄は鬱から立ち上がれないまま若くして自死しました。支えることができなかった伯母も病んで亡くなりました。従兄は学生時代からがんばりすぎ、疲れ果ててしまっていたようでした。

    本人が自分の力を信じること、信じられるように肯定して支えることが親の仕事のようです。多分それは、本人が自分で立ち上がったと思えるように。いっぱい考えて、いっぱい調べて今はそう考えています。
    病気を治せるように立ち上がれるようにできる力を尽くします。

    ユーザーID:3488159028

  • トピ主です9

    しばらく見ない間にまたレスをいただいていました。ありがとうございます。
    冬休み明けから、保健室登校が五月雨状態的にできるようになりましたが、
    高校は保健室登校は出席にカウントされません。そのため、欠課時数が1/3を
    規定数以上超えたため、留年が年度末の査定会議で決定しました。
    本人が「留年しても頑張る」というので、留年することにしましたが、
    会議の後、症状がまた強くなり、1日中痛みに寝たきりです。4月から登校できるか、
    かなり厳しいですが、本人の力を信じて支え続けるだけです。

    ユーザーID:3488159028

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧