幼児の言い間違い

レス20
お気に入り24

みっちー

子供

5歳児の女の子がいる母親です。
子供って、言葉を覚え始めると、最初はいろんな言い間違いをしますよね?
我が子もおたまじゃくしをおじゃまじゃくち、おまわりさんをこまわりさん、カタツムリをカタムツリなど、5文字以上の言葉をよく間違えてました。
親バカな私は、間違えながら一生懸命お話しする娘が愛おしく可愛らしく、ついつい指摘することもあまりせずに、育てていました。

娘も5歳に成長し、こういった可愛らしい言い間違いは自然に少なくなりましたが、つい先日私の母(娘にとっては祖母)の前で間違った言葉で喋ってしまつたことがあり、その際、母は娘がちゃんと言えるまで厳しく指摘し続け、私にも躾がなってないと批難しました。
娘の言い間違いは悪口に繋がるものではなく、バカや死ねなど、人を貶める類のものではありません。
もし、そのような言葉を使った場合は、私も厳しく躾ます。

母は昔から言葉に厳しいところがありましたが、このような場合、小さい頃からちゃんと指導する方が正しいのでしょうか。
私としては、成長の一環として大らかな気持ちで見守ってあげたいのですが、母は娘が泣くまで言い続け、私が嗜めると今度は私に厳しい言葉を投げかけました。

ユーザーID:5934202571

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 先生のせいにする

    幼児の言い間違い、かわいいですよね。

    うちの子もパンジーをチンパンジー、松ぼっくりを松ブロッコリーと言っており、どうしてわざわざ難しい言葉になってしまうのか不思議でした。

    お母様はきっと、間違いを直そう。正しい言葉を教えようと必死なのでしょう。悪気はなく、将来お孫さんが恥をかかないために言っているのだと想像します。

    そんな時は、「幼稚園の先生が「言い間違いはよくあることで、自然に治るものだから無理に直さなくても大丈夫。」って言ってたよー。」と言ってみてください。

    または、テレビで有名な評論家の名前を出して「○○先生が放っておいて大丈夫って言ってたよー。」と言ってください。

    本当に言っていなくても大丈夫です。

    昔のしつけと今のしつけは少し違うことを知ってもらえば良いと思います。

    あなたに厳しい言葉を投げてきたら「今の育児は良いことと悪いことの区別をつけさせる程度でいいみたい。言い間違いは、成長段階でよくあることだから幼稚園児はまだ怒らなくていいんだって。小学校入ったら、少しずつ先生が教えてくれるから大丈夫。私も気を付けるから。」と言いましょう。

    ユーザーID:4540268383

  • なつかしい!

    言い間違い可愛いですよね。
    子どもが電車で言い間違いをして、周りの人たちを巻き込んで大笑いした楽しい思い出もあります。
    メガネ←めなげ
    アメンボ←あぼんべ
    などなど。 

    そのうち治るんですから、無理に矯正してストレスを与えるほうが、恐ろしいです。


    糸井重里氏が出してる「いいまつがい」が面白いので、お母様に差し上げるのも手かと。 
    世の中こんなに笑えるんだよと。
    間違えのない人生なんて、つまりませんよ、と。
    私なら、お母さんみたいなつまらない人間にはなってほしくないわーと、疎遠にしちゃうかも。

    ユーザーID:3471142823

  • かわいいのにもったいない!

    いい間違い、かわいいですよね。うちも5歳はもうあまりありませんが、2歳の子が毎日いろんないい間違いで笑わせてくれます。かわいいしほっこりします。訂正するなんてもったいない。どうせ自然になおっちゃうし、なおしてしまったらもう二度とそんなかわいいことは言ってくれないのに。うちではむしろ2歳のいい間違い言葉が家庭で流行ります。泣くまで指摘するなんてかわいそうすぎる。私だったらそんなおばあちゃんとはケンカしちゃう。

    ユーザーID:0087384724

  • 可愛いですよね

    子供の言い間違い、可愛いですよね。
    私の娘も小さな頃は、色々と言い間違いしてましたよ。

    情報元が定かでないので申し訳ありませんが、小さな子供の言い間違いはわざわざ訂正して直す必要はないそうです。
    お子さんが「カタムツリがいたよ」と言ってきたら、「どこにカタツムリがいたの?」のように会話の中で正しい言葉を教えてあげれば充分なんだそうです。

    五歳の娘さんは、まだまだ色んな言葉を覚えている途中です。言い間違いは仕方ないことです。

    主さんのお母さんは言葉に厳しい方のようですね。
    娘さんがうっかり間違ってしまうような事があったら、お母さんより先に主さんが優しく言い直してあげたらどうでしょうか?

    ユーザーID:7196601231

  • かわいいのに

    子供の言い間違い、かわいいですよね。
    ほほえましいし、私は好きですけど。
    息子が小さいとき
    「たつのおしごと(タツノオトシゴ)」って言ってましたけど
    それが大好きで、ず〜〜っと直しませんでした。
    それでも自然にいつの間にか直っちゃってましたけど。

    ユーザーID:6712245535

  • しゃべらなくなるからよくないのねん

    実母さんの話なら、トピ主さんが小さいときどうだったんですかね。
    覚えてませんかね。

    言い間違いを正面切って非難してると、
    発語自体が減っちゃうんですよね。
    言語習得の過程にあるお子さんはとにかく話した方がいいので、
    子供が萎縮して話さなくなるような行為は周囲は慎んだ方がいいですよ。

    ユーザーID:1406586199

  • 矯正しないで

    私の失敗談。矯正してはいけないと言われました。我が家の娘が2歳の時、「メガネ」をなぜか「むなげ」「かまぼこ」を「ぱなぼこ」と言い、何回もかまぼこと言い直しさせたら、自信をなくし言葉をつっかえるようになり、なぜか、あ行で始まる言葉がいえなくなってしました。それまでは普通に言えてた「ありがとう、おやすみ、おはよう、アンパンマン」などを「あ、あ、あ、あ、」「お、お、お、」と言いそれ以上は泣きそうな顔になり言えませんでした。

    子どもが間違えたときは指摘せずに親がさりげなく言い直しをした方がいいと言われました。

    トピ主さんので例えれば、
    「カタムツリいたよー」と子どもが言ったら、「本当だね、カタツムリがいたね」と親がさりげなく正しく言いましょうと言われました。そんな事を子供にしていたら、いつの間にか自然と言葉も話すようになりました。そんなにむきになって治さなくても自然と治りますよ。
    焦らないで広い心で見守って!

    ユーザーID:4170401822

  • 厳しくしなくて良い。

    お祖母さんの様に対応すると、萎縮してしまいますから、
    相槌を打つときに親が正しく言ってあげれば良いんですよ。

    ウチの娘は泥棒がドボローになりますので、
    お母さんドボローが来たの、
    と言われたら、
    え?泥棒が?!大変だね、
    という感じで応答してます。

    ユーザーID:8594392762

  • イジメネタになりますよ

    >間違えながら一生懸命お話しする娘が愛おしく可愛らしく、ついつい指摘することもあまりせずに、育てていました。

    おやおや、困りましたね。
    幼稚園でオトモダチに指摘されたりしていませんか?
    そのまま小学校に上がりますと、おおっぴらに間違いとして指摘されますよ。

    娘の会社にトウモロコシを「トウモコロシ」という後輩が居たそうです。
    最初はふざけていいまり外をしたのだと思ったそうなのですが、他にもいい間違いがポロポロ出て来るそうで・・・・・。
    指摘しても逆切れされてしまうらしく、取引先の接待やらなにやらから外されて(これまた逆切れ)辞めて行ったそうですよ。

    そのこも指摘を受けずに育ったんだろうナァ・・・・。

    きつく叱るのは可愛そうだと思いますが、野放しにしておくのも可愛そうなのよ?

    ユーザーID:4327646847

  • やんわりと指摘しています。

    下の3歳の娘は、トウモロコシが、トウモコロシ。
    ドラゴンボールが、ドラボンゴール。

    可愛い間違いね(笑)と、家族で笑いつつ、ちょっと違うのよ〜と、トウモロコシ・ドラゴンボールなのよ〜と教えています。
    言えるかどうかは別として、知識として、何か変になっている、何か違う、ということは知っていて欲しいので。

    そのうち同級生から指摘され、囃し立てられることもあるかもしれません。
    その時、家族は何で今まで言ってくれなかったの!?となると思います。
    知らずに生きていたら、衝撃を受けます。

    私が小5の頃、そういう経験があるのです。
    言葉の言い間違いではないけど、小5で初めて同じクラスになった友達から『それ、物凄く変だよ!!赤ちゃんじゃあるまいし!!すぐ直しなよ!!』と他の友達も沢山居る中、突然指摘され、周りからクスクス笑われ、恥ずかしいやら、そんなにダメな事だったのかと衝撃でした(涙)

    言葉の言い間違いは、私なら、5歳はもうアウトですね(苦笑)
    年少までですよ。
    赤ちゃんぽさが可愛いのは。

    ユーザーID:4828355870

  • 直さない派

    うちは直しませんでした。こんな可愛くって楽しいの、直すなんてもったいない!と思ってました。
    今でも何々のことを何々って言ってたよねー、が楽しい話題の一つです。

    お母さんは小さいころに言い間違いで大人に笑われたとかつらい経験でもあるのでしょうかね?
    あるいは甘く可愛がるノウハウがなく、厳しく躾けるという形でしか子どもと関わることができない?
    自分を認める機会が少なく、子どもに厳しく躾けることが自分の存在感を示す唯一の機会だと思ってる?

    いずれにせよ掘り起こせばきっと、何かしらその言動の根っこがあるのでしょう。
    自分の母なれば、自分の「こういう間違いも可愛い」という気持ちを共有したかったでしょうに残念ですね。

    ユーザーID:8230495857

  • お気持ちお察しします!

    うちの息子の時と状況が似てます。
    お嬢さんは、初孫さんですか?
    うちの息子は、実母にとって初孫だったので、
    子供らしい言動に慣れていないのか、育児を忘れてしまったのか、それとも私に子供の教育とはこうよ!とでも経験者ぶりを示したかったのかわかりませんが、とても厳しい言葉を投げられました。もともと、自分が1番正しいという信念の持ち主なので、私自身もとても辛い思いをして育ちました。
    私もトピ主さんと同じで、そのうち自然と直るだろうし、可愛いから直したくない派でした。
    私も、もっと母に強く反論すればよかったのですが、母に歯向かうと10倍になって返ってくるので、怖くて、あまり強い態度にでられませんでした。結局ピリピリしたムードの祖母と息子の幼少期でした。(それがまた母にしてみると面白くない)
    いま息子も、またあまり母から攻撃されなかった、息子の2つ下の娘も大きくなり、二人とも同じ県下トップの進学校に在籍してます。
    幼少期に直されようが直されまいが、関係ないと思います。それならば、可愛い可愛い時期なのですから、そのままにしてさしあげてほしいと思います。トピ主さんがうまく仲介して、がんばって!応援してます

    ユーザーID:1113986615

  • 可愛いですよね!

    私もトピ主さん派です。
    でも、言い間違いを聞いた時は、その都度正しい言葉は教えていました。
    厳しく正すと言うとり、やんわり教える感じ。
    覚える覚えないは別として、親として一応正しい言葉は教えておこうかな、くらいの気持ち。
    それでもちゃんと覚えましたよ。
    うちはシュークリームをシュークムリームと言ってました。
    そんなある日、近所に洋菓子店がオープン。
    シュークリームのクーポン付きチラシを見ながら五歳の息子に「シュークムリーム買いに行こうか?」と聞いたら「ママ、シュークリームだよ。僕の前では良いけど、外で言ったら恥ずかしいよ?」なんて言われて笑ってしまいました。

    でも、お母さんの言う事も間違いではないので、話し半分、良い所だけ聞いて、後は流して適当に相槌でも打っておけば良いと思います。


    ユーザーID:2576043822

  • 可愛い言い間違いですね

    うちの4歳の子供も「ヘリコプター」を「ヘリポクター」と言ってます。
    私は「ヘリコプターだね」と返事をしますが、子供本人には特に訂正はしません。

    1人吃音の子供がいることもあり、しつこく言い直させるということは家庭内では絶対にしません。
    小さな子供は、話すことの楽しさが最優先だと思う。
    泣くまで言い直しをさせてると、否定されるのが怖くて苦手な言葉を言わなくなりますよね。
    上手に言えないことが悪いこと、恥ずかしいことと思ったら、積極的に人に何かを伝えることはなくなると思う。
    勉強でもなんでも、否定から始まると伸びないんじゃないかと、否定されて育った自分は実感してます。

    お母さんが大らかに受け止めてくれてるなら、トピ主さんのお子さんは大丈夫だと思うけど、守ってあげてくださいね。

    ユーザーID:8099159216

  • 可愛いね

    言い間違いは、子供ならではの可愛さですもの。
    厳しくすればいいってもんじゃないですよ、とお母さんに言いたい。
    その場で、笑いながら訂正ぐらいはしても、それ以上はしません。
    私60代後半の祖母ですが、そろそろ固有名詞が出てこないのが増えました。
    年齢によるものと、皆同じようなもんだし特別に気にしてませんが、これをいちいち厳しく指摘されたらどうでしょうね。
    お母さん、おいくつか知りませんがもう直ぐに、自分に返ってきますよ。
    子供と違って可愛くもないんだから。
    あなたは気にせずにね。
    もしできるなら、距離を置き、反省して欲しいところです。

    ユーザーID:3630221012

  • 可愛いのにね

    そのうち勝手に直っちゃうし。

    うちの三才は、
    男の子は、おとのここ。
    会話のなかでは男の子ねー。
    とわたしは正しく言いますが直しません。
    いつ気づくのか楽しみなくらい。

    そして悲しむ、喜ぶ、とおなじ活用なのでしょうか、
    嬉しがるというべきところを
    うれしむー。
    と言います。
    かわいくて直しません。

    どうせそのうちいつのまにか消えちゃうもの。

    ユーザーID:5486688290

  • 厳しくする必要ない

    直して教えてあげて。

    言葉は大事です。
    でも厳しく躾ける必要ないと思いますよ。
    いい直してあげて、言えればいいじゃない。

    厳しくしすぎるとやる気がなくなりそう。

    楽しく勉強したほうがいいよ。

    厳しくするのは、危ないときとしてはいけないことをしたとき。

    ユーザーID:0020346541

  • マヨネーズ・○○子

    インコに「桃太郎」を教え込んだほどの
    根気としつこさではなかなかの実家の母は
    英語堪能(叔父が高校時代、フルブライト留学したのは姉=母のおかげって)
    です。

    言葉の早い1歳半の長女を連れ渡米。

    「マヨネーズ・○○子」
    観光がてら我が家に滞在中だった母「あっら〜通じてるわよね」
    大人全員(夫も私も帰国子女)、長女のマヨネーズ、その他一杯の言い間違いを楽しんでいました。

    実家母は薬剤師で言葉の専門家じゃないですが、
    義母は元国語科教師。子供達の言い間違いに爆笑して、
    やっぱり楽しんでいました〜

    義姉も国語系教員ですが、私達の結婚式で義姉の息子・保育園児が
    「お誕生日おめでとう」と大声で元気よく花束をくれた時も、皆、爆笑。

    子供に正しい言葉の指導する人がいない、国語系教員職、新聞記者、放送局アナウンサー、放送局記者がいる(日本語専門職の様な)家族なんですが、何も問題なく…。


    気になさらなくっていいわよ。

    ユーザーID:4178742397

  • 今が一番可愛い時

    子供の言いまつがい、今が一番楽しめる時
    直すなんて勿体無さすぎます
    造語と共に楽しみましょう

    「ばぁちゃんになんか言われたら、失礼つかまつった、って答えるのよ」
    そう教えましょう

    ユーザーID:1805104107

  • そのままで大丈夫

    なんと融通のきかないお母様なんでしょう。(ごめんなさいね)
    今はお喋りすることは楽しい!と思えることだけで充分。
    無理に矯正する事で逆効果になりかねません。

    うちの息子は、
    「血が出た」⇒「ちががでた」
    「蚊に刺された」⇒「かににさされた」
    一文字の単語の存在を知らずに話してましたよ。
    懐かしい!

    今ではきちんと敬語も使える中学生になってます。
    お喋りも好きで何でも話してくれます。
    ある程度の歳になったらやんわりと正せばいいと思います。

    「きちんと話せないとイジメられるかも」というレスがありましたが、
    そんなことで友達をいじったりいじめたりするような子のほうがよっぽど
    矯正されるべき子だと思いますが。

    ユーザーID:5797609769

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧