ぞっとした

レス28
(トピ主0
お気に入り309

生活・身近な話題

自営の娘

50を目前にしたパート主婦です。
先日、とても久しぶりにA子と再会、食事。
なかなか集まりに出てこれなかったのは、20年近く切れることなく介護が続いていたからだそうです。
なんとなく噂には聞いていたけれど、かなり大変だったよう。お互いの近況報告しつつ話を聞き、スッキリした顔でA子が「あとは実父のみで施設に入れて金銭的にも先の目処がついた。後は自分達だけの事を考えられる。気が楽になった」と。
介護なんてあまり現実的に考えていなかったけれど、私達夫婦はお互いに両親とも健在。義両親が少し足腰弱ってきたかな…位で。
急に怖くなってきて母に聞いてみました。A子に聞いて意を決して。将来のこと、貯金や保険のこと。残ローンのこと。
…A子の言っていた通りでした…。ずっと自営で国民年金のみ、家のリフォームローン残あり、貯金百万単位?!死ぬまで働けるからとまるで危機感無し。
ぞっとしました。
義理家も自営です。多分、国民年金。
A子曰わく、元気なうちに色々話しておいた方が良い、出来れば兄弟も一緒にと。

ひー!何だか凄く重く怖い現実が…。

皆さんは親御さんとそのような将来の話し合いをしていますか?

ユーザーID:9042420886

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピさんにびっくりしてます

    40代後半、既婚、子どもはまだ小学生が二人。

    自分の実家は会社経営していますが厚生年金で、まだ現役、先々のことのために既に動いています。会社のコト、相続のコト、色々です。


    夫の実家はサラリーマンで既に引退、年金生活です。多分、私たち世代の倍は受給している年代なのでお金のことは心配していません。体のことは心配していますが…
    義父はエンディングノートのようなものを作って、長男嫁の私に一度説明してくれましたよ。


    まずはご実家の事はご兄弟とご両親と。
    義実家のことは、ご主人と、話し合った方が良いでしょう。

    ユーザーID:9418641375

  • そう言う話は毎日します

    実母が一人85才です。身の回りの事は一人ででき十分な貯金と個人年金と国民年金が有り裕福です。
    では何故このような話をするかと言うと、貴女のご両親のように自営業の友達が今次々食べて行けなくなり破産寸前だったり生活保護寸前になっているからです。
    昔は商売も大変繁盛し今はシャッター通になった商店街に未だにお店を構えている方たちです。
    その方たちも二通りに分かれて、一方は商売繁盛の時期に財産を増やし家族全員に社会保険を掛け、今やアパートや駐車場等沢山経営しています。趣味でお店を開いている方たちです。
    対して母の友達は息子を跡継ぎにしたばかりに二代に渡り食べられなくなって、ついにはあくどい商売で近所から不買運動まで起きています。
    又ある友達は老人ホームに入った物の息子夫婦にお金を誤魔化されてホームに居続けるお金にも困っています。
    この方たちは裕福な時には贅沢三昧でした。
    母は「先を見通す力の無い人は生きてはいけない世の中だ」と言います。これは生きて行く上でのセンスの問題だと思いますよ。
    今からでは遅いと思いますが、少しでも先に備えるように説得して見てはいかがでしょうか。

    ユーザーID:1047472490

  • もちろんです!!

    親が65過ぎたらしっかりそういう話をしないとダメです。
    目隠ししたまま森の中全速力で走っているようなもんですよ。

    貯金はもちろん、生命保険、投資信託、株等々も確認されることをお勧めします。

    ユーザーID:8006471313

  • 脅すわけではないが、事態は劇的に進行するかもしれませんよ。

    もしその四人の方々のうち、どなたかお一人でも例えば脳梗塞で倒れて、命は助かったけど半身不随となったのなら、そのときから介護生活が始まります。

    ユーザーID:8198808099

  • 親のプライド

    将来に備えて詳しく聞いてみたいけど、親としてのプライドがあるので絶対答えてくれなそう。
    うちもあまり裕福じゃありません。父親も職を転々としていたし。
    まだ60代後半だからなぁ。言いたく無いんだろうな。
    両親が何歳くらいになったらそういう話を切り出しても良いのか。またベストなタイミングってどんな時だろう。
    私も知りたい・・・けど、今、仕送りを要求されても困るなぁ。どうしたものやら。

    ユーザーID:5894947395

  • 大事です。

    あなたのようにうちは健康で問題ない、と思っていたらあっという間に両親とも逝ってしまいました。末期がんの状態で判明したのであっという間。介護も一年ほど。

    80過ぎるといつ何があってもおかしくないのが老人です。
    きちんと話し合っておいた方がいいですよ。

    ユーザーID:3886831697

  • 弟に一任

    家も貯金も仏壇もお墓も、弟に継がせると言われて育ちました。

    私は結婚して姓も変わり県外在住。
    弟は地元で介護職。
    親は自営業だったので年金も少ないでしょうけど、弟がやった方が親も喜ぶし、私はできる協力だけに止めて弟に頑張ってもらいます。

    義親は結婚当初から同居して見送り済みです。

    ユーザーID:7969153626

  • 将来のこと

    私の場合、私の父と、夫の母はすでに亡くなっています。

    私の母は、資産はなく、貯金は1000万弱、父の遺族年金だけで生活が成り立つらしく、貯金はたまの贅沢や家電の買い替えに使うのみです。
    年金もできるだけ使わずに、少しずつ貯金を増やしているようです。
    本人は私に介護してもらう気満々ですが、私も持病があるため難しく、恐らく施設に入居してもらうことになると思います。
    兄がいますが、かなり現実的で合理主義者なので、素人の私や兄嫁が介護するよりも、プロに任せた方が良いという考え方です。
    兄は兄嫁には介護をさせないだろうと思うので、可愛そうですが、施設に入ってもらうつもりでいます。

    主人の父は自営業ですが、資産家で不労所得が多いので、将来はお金で施設に入ってもらう予定です。
    こちらは相当性格に難ありな方なので、実の娘(義姉)にも愛想をつかされているため、持っている資産でどうにかすると思います。

    施設の手続きだのの面倒は見ますが、実質的な介護をするつもりはありません。
    自分たちも子供に迷惑をかけないよう、施設に入るだけのお金は用意しようと思っています。

    ユーザーID:5522581957

  • もちろん

    40代前半です。

    もちろん、将来の話はしていますよ。

    当然です。

    私の実家の家計については、細かく把握しています。

    父はすでに他界し、母(70代前半)は年金暮らし。

    夫の実家については、私は詳しく聞いていませんが、

    義父(60代後半)はまだ現役(大学教授)で働いているので収入があります。

    義母は専業主婦ですが、悠々自適に暮らしています。

    預金額もざっくりですが聞いているので心配はしていません。

    義父が教授を退職するときも退職金が出るでしょう。


    状況によって介護か施設か・・・は変わってきますが、

    どちらとも同居する予定はないです。

    実母に関しては、もともと医療系の仕事をしていたので本人が詳しいことと、

    弟が介護の仕事なので、俺がなんとでも対応できる!と実家のすぐそばに住んでいます。

    いざとなれば、弟がメインで動いてくれるので安心しています。

    儀父母に関しては、夫と義弟が決めることなので口出しはしません。

    しかし、義母の母が現在施設にいるので、同じように施設へ・・・と言うでしょうね。

    義父は自分でも将来面倒をかけるときは施設へ入れてくれ、と言ってます。

    ユーザーID:3716235941

  • 「早くゾッとしたもん勝ち」ですよ。多くの親はゾッとする現実。

    早く事実を知ってゾッとした人が、人生、失敗しません。

    「私、失敗しないの」という人は、結婚前から

    自分の親と結婚相手の親の老後のお金のことについて調べたり聞いたりしなくては。

    専業主婦やパートばかりの今の親世代の大半は、施設入るだけの年金が無い。

    国民年金は満額払ってきても、一人5〜6万。夫婦で12〜13万。

    サラリーマンの奥さんでも、平均的な年金なら、専業主婦の夫婦年金合計額の中から、夫婦の片方が施設に入れば、もう片方の生活費が無い。

    よくよく高給取りの夫で年金がとても多いか、あるいは高給な夫の稼ぎから、結構な額の個人年金を積みたてていたか〜よほど多額の貯蓄があるか〜

    でも、一般庶民は、多くが施設に入るお金はないでしょう。

    自宅で頑張るしかないとか、認知症や重病や家で介護する人がなく、どうしても施設となれば

    子供たちが施設費を分担して出し合うしかなくなる。

    義親の場合、これはやはり困る。お金が余っている若い世代も少ないし。

    お金や年金が少ない実親・義親がいる夫婦は、大変なことになるんです。

    現実を早く知って、早くゾッとしておいた方がいい。
    結婚前に考えるべき。

    ユーザーID:4003993718

  • 「早くゾッとしたもん勝ち」です。同居や2世帯も注意必要。

    今の高齢者世代は、老後の縦鼻をしていない人は多い。

    だから、老後資金が無い人が多く、

    特に施設費は、無い人が多い。

    だから最後は子供達が毎月のお金を延々と出し合って施設とか
    同居で、生活費の多くを子供夫婦に払ってもらうか、
    2世帯住宅などで、施設に入らず、嫁に在宅介護してもらうか〜

    そういう場合が多い。

    しつこく同居を強要するような場合は
    多くが、義親だけでは生活・入所するお金がない。

    中には無年金や、月2〜3万しか年金が無いような高齢者もいる。

    親が持ち家なら売ることも考え、今の時代やこれからは、売れないことも考え、
    運よく売れても、安値になることも想定しておかねば。空き家時代だから。

    早く事実を知っておかないと、現実にぶち当たるとゾッとするどころではなく

    親子両方の家庭が経済破たんする。

    大げさでも何でもない。

    主さんがトピで書かれている通り。

    入所費が無い親なら、介護離職も他人ごとではない。

    最悪、介護サービス利用で、在宅介護で最後まで頑張っても、介護保険サービスの自己負担金というのがあり、国民年金だけでは支払いも厳しい。

    ゾッとする凄い現実があるよ。

    ユーザーID:4003993718

  • 子に 迷惑かけたくないために

    がむしゃらに働いて 服も5000円以下 代々1500円まで 倹約倹約(ケチでない)貯金が好きです。

    今は年金と預金があるから 多分大丈夫と思うよ。。

    ユーザーID:7381863320

  • 30代前半ですが話しています

    実両親の老後については、

    1)子供は3人とも共働きなのだからそれで面倒見れない事態になったら施設に入れ(入りたくなければ自己責任でピンピンコロリを目指せ)。
    2)何かあったら親より子を取るからそのつもりで。
    3)親の老後資金は両親のダブル厚生年金(共働きでした)と不労所得。
    4)両親の面倒を見た兄弟が相続。他は基本放棄(多少の生前贈与を受けています)。
    5)其々の配偶者には相続には口出しさせないよう各自調整。

    義両親の老後については、

    1)どちらかが残ってから引き取りを検討。
    2)完全分離の二世帯で同居の予定。
    3)共働きでは面倒を見きれなくなったら施設入所。費用は義理親自身の年金と貯蓄の範囲内で。

    ポイントは絶対に誰も介護離職はしないしさせないこと、物事の優先順位は若い方から、です。
    つまり親孝行に自分達のお金を使うくらいなら子供に遺産として残しますし(親のお金は親のために使いますが)、子供の受験の邪魔になるなら施設に入れますよ、ということです。
    職場には介護休暇制度がありますので、いよいよの際には使います。

    ただ正直、私よりパート主婦だった義母の方が長生きしそうです。

    ユーザーID:0494365623

  • あなたの予感は的中します。

    あなたのぞっとする予感は的中します。
    今からA子さんに相談しながら対策を考えた方がいいでしょう。
    自分で見るのは大変、施設に入れればお金が大変ですよ。

    ユーザーID:0410571316

  • 将来ではなく、現在、重い現実と向き合ってます。

    私の実母については解決しました。
    今は、亡父が残した遺族年金で賄える施設に落ち着き、そこで看取りまで
    していただく予定で、本人ものんびり暮らしています。

    問題は、義父母です。

    二人とも認知症を患い、家に居させられないため、夫婦で入る施設をようやく
    探し当て、そこに落ち着きました。
    もちろん二人の年金ではとても足りず、預貯金を取り崩しています。

    妻は、両親の資産を一切もらう意思はなく、最後まで使い切って、仮に足りなく
    なったら、実家の家と土地も売るつもりでいます。
    義父母の了解もとりました。

    しかし、妻の姉妹が納得しておらず、今、弁護士を立てての泥仕合になってます。

    預貯金と言っても、ハッキリ言ってたいした金額ではないのです。
    家と土地も、凄い田舎の一等地(笑)なので、空き家が増えるこの時代、
    早めに売れば売れるかもという程度です。

    それが、この30年、ずっと信頼していた姉妹が、義父の通帳を見てから、
    ガラッと変わりました。
    つくづくお金の恐ろしさを感じます。

    トピ主さん、きちんとご家族で話し合っておいた方がいいですよ。

    ユーザーID:1379594250

  • あとは実母だけ

    50代半ば、今年100歳の義父を見送りましたので残っているのは80歳の私の母のみです。
    我が家も自営業でしたので国民年金のみです。

    父が50代で亡くなった時から、母の老後の事は常に姉妹で話し合ってきました。
    もちろん、本人も加わっています。
    昔は姉妹3人の家を季節ごとに回るといいよ〜などと冗談で言っていましたが
    交友関係の狭い母を見ているととてもじゃないけれど、見知らぬ土地で新しい友人を作ることなど難しいと感じます。
    なので、実家で一人暮らしできる間は一人で、その後は長女である私が面倒を見るのが筋かな?と思っています。
    私の息子は結婚して県外に住んでいます。
    独身の娘がいますが、わたしの実家の方が交通の便など色々良いので移り住んでもいいと言っています。
    夫はまもなく定年退職です。
    あと5年、働けるのですが、私の実家からだと30分ほど通勤時間が延びます。
    夫はそれくらいならかまわないと言っています。

    やや楽観的すぎるかもしれませんが、私は生まれながらに「跡取り」と言われて来たせいもあって覚悟はできている気がします。

    ユーザーID:0941246192

  • 考えてたけど・・・

    人嫌いの父。車で数時間の距離に一人暮らし。

    60才で会社を定年退職。退職金は相当あったはず。
    リーマンショックでかなり失った様子。

    定年退職時に将来はホームに入るからと宣言していたが、いくつか見て廻ったが気に入らなかった。との事。

    帰省した時に保険証書と通帳の金額と位置を確認しています。(誰かに騙されていないかを含めて)

    年金は元会社員なので、パートの私より多くもらっています。

    昨年家で倒れ、たまたま発見され助かりましたが、退院後、それでもホームには入らないので、週に一度程度は電話をしています。電話がなければ覚悟を決めて見に行かないといけないかな。と思っています。

    兄弟は私より遠距離なので、父の死後財産分与だけ請求してくると思います。いや、交通費含めると多く請求してくるかな。それも覚悟の上です。

    ユーザーID:8985763753

  • 呑気だね〜

    その年まで全く気にしなかったのが驚きです。

    それなりに調べて様子を聞いて(年金と預貯金)、それなりに覚悟しております。
    今の所は介護の必要はありませんが。
    夫、私、それぞれ母親のみ健在で、それぞれ兄弟が近くに居て、皆わりと協力的。

    ユーザーID:9693574039

  • 話しますよ

    サラリーマンの父ですが、将来受け取りの年金額とかの話はします。厚生年金と他にも入っていますよ。

    祖父母も厚生年金の上に個人年金とか、他にも加入してます。

    私も若いうちから入っていた方がいいからって、20代から個人年金にも入っています。厚生年金だけじゃ、足りないですよね。

    自営の人って、話もしないのですか。ローンの残まであるのですか。ご両親が亡くなる直前まで働けたらいいのですが、キケンですね。

    ユーザーID:6997701549

  • 絶賛、悩み中

    40歳の未婚女子です。
    兄は結婚しております。

    10年前に父が亡くなり、実家に一人暮らしの母。現在70歳。
    父ががっつり働いてくれていたとはいえ、財産がどうなのか知りません。私も兄も実家に戻るつもりもありません。
    今年の秋に母が病気になり、付き添いなどがあり帰省。
    部屋が異常に汚いし、病気の治療費などどーするんだ!問題が多発。

    母とはいろいろと話、お金はひとまず大丈夫。(とはいえ、財産がどのくらいか不明)
    実家も片付けを本格的にやろう!と合意し、年末の帰省を前に行います。

    目下の目標は
    実家の片付け(母が安全に暮らせる家)
    母・兄と3人でお金のことを話し合う(現在のだいたいの貯蓄・年金の額など)
    の2点。

    タイムリーなお話でした。
    やっぱりAさんの言われる通り、みんなが元気なうちに話をしないとと。改めて思いました!
    トピ主さま、ありがとうございます。

    ユーザーID:6152015342

  • 話してませんが

    毎年毎年、もう10年以上も郵便局から大きな金額の定期預金の満期のお知らせが私に来ているのに私の持っている通帳の口座には振り込まれていないので残してくれているのはわかっています。
    小さなときから当たり前と思っていたことが主人に言わせると「君の実家が普通なわけがないでしょ?」と言われ改めて父母に感謝です。
    有難いことに夫婦で人並み以上に稼げていることと、子供も居ないので退職したらのんびりと豪遊して暮らします。

    ユーザーID:5560700537

  • 不幸って突然ドーンと来るからね

    幸せってじわじわ来るけど、不幸ってね、突然ドーン!といきなり襲ってきますからね。本当に。
    だから元気なうちにエンディングノートはせめて絶対書いてもらいましょう。

    いざ余命宣告の事態になったら本人もそんな事 一緒に考える決断する気力が無くて「あんた任せ」になりますから。
    高齢になったらおそらく「もう死んだ後の事なんて知らないよー」だと思う。
    元気なうちに嫌がられてもしつこく話し合っておいた方が良い。金銭的な事も墓もね。

    ユーザーID:7336463629

  • 後期高齢者なら

    はい、私の失敗談を。
    義両親は私の言うことは腹が立つみたいで、きちんと話をきいてくれませんでした。
    で、今になって困っていることは ずばり生命保険の解約です。
    生命保険に何を思って75才を過ぎてから、どかどか加入したのか。
    生命保険+積立定期預金で月10万超えの支払。

    認知症になってから、定期預金は解約してすべて、普通預金に。
    数社あった金融機関の通帳はできるだけまとめました。
    が、生命保険だけは抵抗に合い手出しができず。
    高齢になってからの加入ですので、「不慮の事故」では保険金がでても
    「病気」では保険金がでません。
    現在認知症がすすみ、字を書ける状態になく、「本人の意思」での解約ができません。しかも、現在入院中。
    だいたい、後期高齢者(75歳以上)は医療費一割負担だし。
    生命保険は必要なかった。

    主さんに声を大にして言いたい。
    ・親名義の定期預金は解約して普通預金に入れる
    ・通帳は一冊にまとめる
    ・通帳からの引落しの確認
    ・生命保険の見直し
    これだけは、義両親の頭がしっかりしているうちにして下さい。

    ユーザーID:0137174741

  • ちょっと怖いです

    子供がいない40歳代夫婦です。
    自分達の老後のためにとにかく日々節約に励んでいます。

    夫の父親が病気の後遺症で要介護になり、夫の母親が家のことを全てしています。
    親の両親(70歳代)が数年前に私たちに自分たちの老後は心配ないと話してくれました。
    夫には正確な金額を話したようで、夫の両親の老後は問題ありません。

    私の親は父がDV人間で、母は父親に何も言えません。
    でも父は経済的な面ではしっかりしていると思っていたので、
    母に「お母さんたちの老後のお金は大丈夫なの?」と聞いたところ
    「何も知らないけど、蓄えはほとんどないはず」と。

    えーーーーっっっ!

    正確なところは父にしか分からず、プライドがエベレスト級で且つ
    DV人間の父にお金のことは聞けません。
    私には弟と妹がいますが、それぞれローン(恐らく家と車)があり、
    子供(弟は3人、妹は2人。妹はもう一人希望)もまだ中三〜1歳だし。

    でも、今から心配しても仕方がないし、「最善を尽くして最悪に備える」のみです。

    ユーザーID:8697289862

  • 元気な80歳、しっかりした姑で安心していたのですが。

    小旅行とか出歩くのが好きで、人生を楽しんで生活していましたが、独り暮らしが淋しいかとも危惧して居りましたので話をしましたら、老後は<今まで通り>ホーム入居予定、年金は本人のものもあり余裕が在り、、との事でした。

    コントロール欲が強いのですが、資産が無く、頼りは年金だけでしたので、支出は時折注意はしていましたが、収入の無い孫と一時同居していたりで、最終的には介護ホームの負担金は子供達に請求される羽目になりました。

    私達の年金は額が下がり、姑程貰えないのでゾッとしたのですが、介護ホーム代金を払う前に急逝、安堵。(子供に資産が無ければ問題なし)

    老齢で認知症は無くても、思考が衰え、無駄遣いをする事があるので注意が必要です。

    ユーザーID:8216000877

  • 父の例

    私の実父は、ガン治療で入院するときに金庫のダイヤル番号を私に教えました。
    80歳代の高齢であるため、いつ何時急変して自分で手続きが
    できなくなるかもしれないと案じてのことでした。
    几帳面な父でしたので、金庫の中はきちんと整理され、
    死亡後に必要になるであろう、役所、年金、保険、葬儀関連の
    一切が金庫の中に揃えてありました。
    金銭的なものは生前から「子どもたちの負担にならないようにする」と言っていた父。
    普通のサラリーマンでしたので、コツコツとためたもので葬儀と
    その後の母の生活には困らないだけのものがありました。
    この先、母が病気になっても心配ないだけの蓄えがあります。
    これだけでもありがたいことです。
    義理の親には金銭的な援助が必要ですので、自分の親だけでも金銭面の負担がないだけで
    どれほどありがたいことかと、つくづく実感しています。

    年金が国民保険とのことですので、貯蓄額や資産、それと生命保険の内容は
    把握しておいた方がよろしいと思います。
    あと上記の関連の書類等は、とにかく保管場所を金庫にひとまとめにしておくことをお勧めします。
    亡くなってからでは書類を探すだけでも大変ですよ。

    ユーザーID:9295694508

  • 呑気ですねぇ〜

    同世代です。
    いや、貴方だけじゃありません。私の周りも親の事、自分たちの老後だってもうすぐなのに、どうするつもりだろうっていう人は多いですね。
    ちょっと聞いただけでも、なんとなるでしょうって
    すみません、私が心配性なのかその気持ちがよくわかりません。

    私の親は遠方に住んでいて、公務員だったし、田舎で土地持ち兄夫婦と同居なので後私にできることは万が一のとき相続放棄するぐらいだと思ってます。つまり介護も大して出来ないけど、お金もいらない。ってことです。

    夫の方は自営だったので心配してましたが、ちゃんと社会保険を夫婦でかけていたのでそれなりの年金があるようです。まだ介護まではありませんが、専業主婦の義姉(実の娘)がいろいろとこまめに世話を焼いているようです。こちらも昔からそうすると姉弟(うちの夫)と話ができていたそうで、その代り金銭的にも手間的にも一切援助はうけてません。もしかすると今後金銭的援助を必要とされるかもしれませんがある程度は覚悟しています。
    その代り私はがっつり働いています。自分たちには何の遺産も入ってきません。
    お金さえあれば取りあえずの不安の大部分は取り除けます。

    ユーザーID:6801010288

  • もう、わが事になりました

     自分の両親は短命で、私の20代には2人とも
    鬼籍でしたが、妻の両親は長命で、昨年100歳
    寸前で義母が逝き、4人の親全てお墓の中です。

     義父母には、若い頃からとても世話になり、
    恩返しが当然と考えておりました。
    いつも「すいません、ありがとう」と言っており
    亡くなった時は病院でしたが、静かに息を引き取
    りました。多少認知はあったものの、グループホ
    ームの生活で、自分たちの苦労は、ほとんどあり
    ませんでした。(費用の一部負担ぐらい)

     それなのに、罰当たりですが、90歳も超える
    と、「ばあちゃん、150歳ぐらいまで生きるね」
    などと、長生きを揶揄するように、減らず口をた
    たいておりました。

     今わが身に振り返り、娘にはやはり4人の親が、
    いずれも60代で、ピンピンしております。
    自分を含めみんな、90代まで生きたら…杞憂で
    すが、恐ろしい気分になってしまいます。

     おそらく長生きすればするほど、孫にと思って
    いた、少ない貯えも削られてゆくかもしれないし。

    ユーザーID:8310741851

レス求!トピ一覧