甘酸っぱい思い出

レス6
(トピ主0
お気に入り12

恋愛・結婚・離婚

もちこ

私は40代主婦です。
私、星野源さんが好きであのドラマも毎週見てるんですけど、
星野さん演じる”ひらまさ”さんを見て、20年前の事を思い出しました。
まだ私が20歳そこそこだった頃、メール募集で同じ歳の彼と知り合いました。
その彼は大学生で、女性とお付き合いをした事もなかったみたいでした。
半年程メール交換をして、お正月に一緒に初詣に行こうかという事になって、お正月に初対面。
私も超ドキドキで、でも私以上に彼の方が緊張していて、すごく寒い日だったのに汗だくでした。
初詣に行って、凄い人混みだったんですけど、彼は自分の体を盾にして守ってくれたんですよね。
なんかその姿を見て、いい人だなあなんて思ってたんですけど。

でもその頃の私はかなりの面食いで、好きという感情は持ってなかったんですよね。

その後、何回か遊びに行ったりしたけど、彼も就職が決まって忙しくなっちゃって、私も不規則な仕事してたので
結局なかなか時間も合わなくなって、自然消滅しちゃったんです。
なぜか、あのドラマのひらまささんを見てると、彼どうしてるんだろうなあって‥急に思い出してしまいました。
今だったら彼の良さがわかるなあなんて思いますけど。
私の甘酸っぱい思い出です。
こんな話周りの人には出来ないので、ここで呟かせていただきました。

ユーザーID:8260466792

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 高3の時

    生徒会で一緒だったK君。
    生徒会の話し合いが終わって真っ暗でもの凄い大雨で皆が雨宿りする中、自転車で帰ろうとした私を追いかけてきて「危ないから送るよ」と送ってくれました。
    家は全くの逆方向で遠いのに。
    しばらく後で告白されたけど、その直前に私の友達がK君のことを好きだと聞いてしまっていたので悩んでいたら、困ってる私の顔を見たK君が「困らせてごめんね。断ってくれていいよ」と。
    悩んで答えを出せなかった私は「うん」と答えてしまいました。
    本当は私もK君が気になっていたのに。
    卒業してから何度か電話しようかと思ったこともありましたが、自分から断ったのに図々しいかと思い電話をかけれませんでした。
    今、私も十分幸せだし、誰にも言えないけど、付き合えてたらなあと残念に思います。
    縁がなかったということでしょうが、昔の私にアドバイスしたい!

    ユーザーID:5296806871

  • 思い出

    そう思い出、わかるかわる。
    でも思い出、夢で乗り切ろう。
    30年振りに会っても根本は変わりません。
    そう簡単にはイイ人甘い人とはいかない。
    これが現実、厳しい人間社会。
    ドラマ、知らないのに書きました。
    こういう図々しさがある人は甘くなれないんです。
    恋愛、性格性分も絶対に関係する。
    結婚、理性でする。なるようになるさ。

    ユーザーID:7876418932

  • むねがキュンキュン

    てぇことは、今の旦那さんは、イケメン(だった?)なんだろ。
    そりゃ、よかったではねえかい。

    ユーザーID:5207653452

  • わたしもあります

    昔の日記を読み返す機会があり、忘れていたけど好きだった人に言われた一言に今またキューンてなってます。
    ここ2週間ほど一人楽しんでます。

    若いころの恋愛、いいですね〜。

    ユーザーID:0639294618

  • 歌『 君の友だち(ジェイムス・テイラー) 』に寄せて。

    50代です。
    ほぼ人生の終章に近づいたからでしょうか?
    トピ主さんと同じような想いを抱くことがあり、私の場合は学生時代のことです。

    当時でも懐かし目の歌だった、ジェイムス・テイラーの『君の友だち』のレコードを頂いた後、
    双方とも進路で違った所に赴き、その後は人生の違った道を歩み始めました。

    あの頃、将来「彼女・彼」の間柄になれるとは思っていませんでしたが、良き友人として
    故郷に戻れば「いつでもまた会える」などと(私は勝手に)考えていました。

    あれから何十年の年月が過ぎ、私は今「あの場所」から遠く離れた所で生活しており、
    外見など言わずもがな、すっかり「おば(あ)ちゃん」になってしまいました。
    でも、この歌を耳にする度、何故か、あの頃のその方の姿が朧気ながら浮かんできます。

    『辛い事があったら、いつでも僕の・私の名前を呼んでもいいんだ。どこにいても駆けつけるから。
     君には(僕・私という)友だちがいるんだよ。』

    もう2度とお会いすることはないでしょう。
    でも、どこかで、幸せでいて下さいますように。と願わずにはいられない、そんな方です。

    ユーザーID:0193631367

  • 私も。。

    同年代です。
    20年前、25歳で同じ年の理系の彼と付き合いました。
    男子校から理系の工学部に進学した彼は女性と付き合うのが初めてだったと思います。

    無口でぶっきらぼうだけど優しい彼が大好きでした。
    私から猛烈にアタックして付き合いました。

    3年付き合って色々あって別れましたが、2年ほど「そういうこと」は出来ませんでした。
    彼と旅行に行った事もありましたが失敗のプレッシャーに負けたみたいで。

    逃げ恥を見ていると当時を思い出し胸の奥がズキンとします。
    確かにあったけども今は遠くに行った思い出が鮮やかに蘇った、みたいな感覚ですね。

    ユーザーID:5166084522

レス求!トピ一覧