• ホーム
  • 働く
  • 同時に2つの事ができません。特に美容師さんご意見ください。

同時に2つの事ができません。特に美容師さんご意見ください。

レス7
(トピ主2
お気に入り8

キャリア・職場

美容師

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • レスします

    実はわたくしもそんな傾向があり、いろいろトレーニングしました、
    例えば自宅で炊事をしながらテレビをチラ見するとか、
    適当に気持ちの入れ方を加減する方法です、
    自分の一番適当と思われる時間、たとえば5秒とか10秒とかに気持ちの入れ替えを行うことです、
    トレーニングすれば出来ると思いますよ、髪のカットに5秒集中し、次の5秒は会話に集中する、多少会話のリズムは失われますが、できないよりはいいでしょう、
    慣れるまでは80%と20%、あるいは70%と30%など気持の入れ方を加減しながらやってみてください。

    ユーザーID:5097573811

  • 人間は、同時に二つの事をできません

    人間の脳は、同時に二つの事をできません。
    ドラムを叩いている人達は、出来ているのかも知れませんが。

    普通の人は、出来ないのが普通、当たり前ではないでしょうか。
    ではどうすれば良いのか?「優先順位」を付けて行うことです。

    何を優先すれば良いのかを決めるのです。間違っていても良い
    のです。自分が決めた順位を信じて進めましょう。

    駄目だったら、次から改善すれば良いのです。完全に遣ろうと
    しないことです。人間の遣ることに完全はありません。修正し
    ながら前に進めたらと思います。

    特に頭脳と身体を同時にコントロールしようとしないことです。
    手足の動きが一緒になった可笑しな行進やシンバルのリズム
    が狂うもとです。

    上手く遣ろうと精進努力する事は大切ですが、出来ないと悩ん
    では、ますます窮地に陥ります。

    ユーザーID:3043237314

  • 慣れ、かと…。

    10数年美容師しています。
    会話をしていて手が遅くなるのは、考えながら切っているからでは?カウンセリングで着地点を決めてしまえば、あとは手が勝手に動いています。
    私は仕事中おしゃべりに集中していて、逆にどんな風に切るかなんて考えていません。
    これは訓練でできるようになると思いますよ。同じスタイルを繰り返し繰り返し身体が覚えるほど切るといいと思います。
    私が器用なわけではなく、私もジュニアスタイリストのときは、おしゃべりかカットのどちらかしかできませんでしたよー。
    私は日本なので分かりませんが、どうしても喋れないのであれば、カット中は無言でもいいのでは?
    お客様に「私は集中してカットしたいので話はしません。」とお伝えしてもいいと思いますが。おしゃべり目当てのお客様ばかりじゃないでしょうし、喋りたくないお客様からすると、かえってトピ主さんのような美容師が喜ばれるかと思います。

    まず必要なのは着地点を明確に想像できること、です。
    同時に色々なことをやるのが美容師です。
    カットだけしかできないなんて、それじゃ美容師やれません。訓練です!とにかく美容師は経験、練習です!

    ユーザーID:3897607936

  • 宣言しちゃう

    私と全く逆ですね。
    電話中はメモ以外にもずーっとなにか描いてるか、掃除か片付けしてますし、音楽聞きながら子供の世話焼きながら料理する、みたいな。
    音や音楽の無い場所は苦手です。
    従って解決方法はわかりませんが、もともとのタイプだと割り切っちゃうのはどうでしょう。
    二つの事が同時にできないっていうより、集中力がすごい、ってことですよね。
    お客様にはあらかじめ、宣言してしまう。
    「私、集中してしまうと音も聞こえなくなるようなタチでして・・。あなたの髪やあなた自身をより素敵にすることだけで頭が一杯になってしまって、他のことを一切考えられなくなるんです。無言になってしまったらごめんなさいね。機嫌が悪いわけじゃないんです。」
    なんか天才技術者っぽくないですか?
    しかも嘘じゃないし。
    言われた方も悪い気はしないし。

    ユーザーID:9163567324

  • 美容師です 実践済みかも知れませんが

    こんにちは。私もおしゃべりしながらのカットはとても苦手です、集中できずに時間がかかりますよね。
    話さないでほしいお客様には重宝されてます。

    私の場合はですが、
    話し好きのお客様には、来店時からカウンセリング、シャンプーまで、雑談交えて思いっきりおしゃべりしてもらいます、そして、
    「では、カットしていきますね」を合図に黙々と切り始め、こちらから話しかけるのはスタイルの確認などだけにします。
    ブローの時もドライヤーがうるさいのでこちらからは話しかけません。
    仕上げでまた雑談で思いっきりおしゃべりして楽しくお帰り頂いてます。

    しゃべるときはしゃべる、肝心な所は真剣になってくれるというメリハリがお客様に伝わると気分は害することは少ないと思います。

    傍から離れようが何しようが最初から最後までずーーっと話しまくる&質問攻めのどうにもならないお客様もいらっしゃいますけどね(笑)クタクタですね
     
    お互い頑張りましょう

    ユーザーID:4005107696

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 皆さん、アドバイスありがとうございます

    返事が付かなかったので数日置いてからまた見ようと思っていたら、風邪を引きまして2週間ほど安静にしていました。
    もう皆さん見ていないかもしれませんが、アドバイスをどうもありがとうございました。

    経験者の方のご意見が聞けてとても参考になりました。大切なのは、コンソルテーションの時にどのように切るかを決めてしまうことと、体で覚えてしまう事だと分かりました。私はもともと同時に二つの事ができませんが、それに加えて経験がまだまだ足りないのかもしれませんね。とにかく、練習と経験を積んでいきます。

    あと、アドバイスにあったようにコンソルテーションのときに、たくさん話してあとは黙って切るというメリハリを付ければ、真剣さがお客様に伝わることで黙っていても印象を悪くしないかもしれませんね。

    働いているヘアーサロンは日系ではなく、日本人美容師は私だけです。他の国のスタイリストさん達を見ると、皆さんほとんど話をせず黙々と仕事をしていますし、現地のお客様達もちょこっとしか話はしません。サロンのオーナーも会話をするようにとも言いません。日本人のお客様達だけ会話をしようとして気を使われていると思います。

    ユーザーID:2852189402

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 皆さん、アドバイスありがとうございます (2)

    続きです。

    私はコンソルテーションの時に話をし、施術中は殆んど話しかけず終わりに近づいてきたときに少し話します。しかし、お客様の方は元々話好きなのか、それとも私に気を使っているのかどんどん話題を振ってきます。意見などを求められるのでいい加減に聞いて答えることは失礼なので、真剣に話を聞いて答えてしまうため、その都度手がスローになります。カラーの塗布のときも、10分〜15分で終わるのが、話し始めると20分〜30分も掛かってしまうので、当然のように次の作業も遅れます。カットと違うのでカラー塗布のように簡単な作業のときでさえも、手が遅くなります。それがとてもストレスになります。以前も書きましたが、プライベートな事をいきなり質問されるのも答えることを躊躇していしまいます。

    でも、他の美容師の方々も同じような場面にぶち当たり、いろいろと経験されて今があるようですので、私も、とにかく慣れることに頑張ってみます。相談に乗って下さり、ありがとうございました。

    ユーザーID:2852189402

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧