• ホーム
  • 子供
  • 子どもと向き合うって、具体的に何をしますか

子どもと向き合うって、具体的に何をしますか

レス23
(トピ主1
お気に入り55

妊娠・出産・育児

昔のママ

よくある子どもと向き合うって何をさしてますか。何歳まで向き合うつもりなのですか。よく、この掲示板で見かける表現ですが、具体性がイマイチです。何歳まではこういうこと、みたいに認識できる内容にはお目にかかったことがないのです。はっきり目標がある方がいらしたら聞かせて下さい。どんな覚悟を持って向き合っているかも知りたいです。ちなみに学校関係者でした。

ユーザーID:7821171458

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 一生だと思ってます。

    すみませんが・・・何歳まで???? 目標って???・・・意味がわかりませんでした。

    私はずっと、向き合うって、ちゃんと会話してコミュニケーションをとって、相手を理解して、心のうちを受け止めていくという意味だとおもっていました。今もそう思っています。

    何をさすのですか。とか、何歳まで向き合うという質問は、とても驚きました。

    何歳までって・・・信頼関係をもっている親子では子供と一生涯ちゃんと向き合うことができるし、そうすべきなのではないでしょうか。

    夫婦や家族もきちんと向き合うことができる間柄なら円満だと思います。、
    逆に、きちんと向き合うことをしなければ、大事な人間関係は築けないのではとも考えます。

    この質問が、学校関係者の方からだということにも大変おどろきました。

    ユーザーID:5381758165

  • 全年齢共通で

    私が考える「子どもと向きあう」とは、子供と同じ目線で、子供の話をよく聞く、そして話し合うということです。

    年齢に関係ありません。とりあえずは成人するまでです。

    どんな覚悟でかと言えば、躾が親が子に贈る最高のプレゼントと考え、将来子がひとりで生きていけるようにです。

    ユーザーID:3099918661

  • まずは映画でも見てみる

    お若い方なのでしょうか?
    文字数制限を気にしてか、質問の丸投げ感が気になりますが、
    まずは本を読んだり映画を見たり、自分で知る努力をして考えてみてはどうでしょうか。

    山田洋次監督の「学校」という有名な映画がありますので、観てみてください。
    どんな映画も、現実とはかけ離れているように見えて、意外とそうでもないのです。
    小説や映画は“例え”ですから、想像力を働かせて奥底のテーマを探ってみてください。

    ユーザーID:1494545069

  • 子供の心の声を聴くことです

    私の子供は息子ばかりなので女の子のようにおしゃべりではありませんが、それでも何かを訴えようとしているときはあります。

    感動したとき、傷ついたとき、迷ったとき、何か言いたそうな顔をしていたら声をかけるのです。
    そうすれば心の内を自分から話し出します。
    私の場合、子供と向き合うってこういうことでした。

    ただこのプロセスがうまく行くには前準備がありまして、時々でいいからまずは親が心の内を子供に話すようにすることです。
    親側から心をオープンにすると子供は警戒や緊張を解いてくれるのです。

    私の親は何を考えているか一切話さない人たちでした。
    だから私も親に相談したり愚痴をこぼしたりしたことがありません。
    結婚するまでは親子って心の内を話すものだとは知りませんでした。

    私の親としての姿勢は自分の親から学んだものではありません。
    だからこれで良かったのかどうか全く自信がありません。
    こんなことしかできなかったのよ、ごめんねと一人でつぶやいています。

    ユーザーID:4272693155

  • レスします

    平たく言えば、子供の自主性を受け止めることかな。
    子供は親が考えてる以上に伸びようとする力があります。でも、ただやりたいようにさせるわけではありません。

    我が家では、毎晩子供の年齢より2〜3歳上の本を読んでやってました。
    三人の息子のうち、例えば誰かがあるひとつの文章に反応すると、口々に話を広げてゆきます。話がヒートすると、私は本を閉じて彼らの話を楽しむんです。決して『もう!聴かないなら読んであげない!』などと言わないこと。
    『こうさくは、おぬい婆さんから5銭銅貨をもらって懐に入れた』という文章があるとすると、『5銭銅貨って今の何円?』『懐ってどんなところかな、落ちないの?』『5銭で何買えたの?』『学校近くの駄菓子屋みたいなとこ行くのかな』『や、スーパーじゃね?』『ばか、この時代スーパー無いだろ』『えー?じゃみんなどんなトコで買い物してたのさ』『お母さんの子供の頃お豆腐屋さんがあって、ボールを持ってお使いに行ったよ?それよりもっともっと昔だねー』みたいに。
    小学校いっぱいやってました。
    息子達は今でもあの布団の話し語りを話題にしますよ?結構豊かな感受性になりますね。

    ユーザーID:7058823684

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 知ってどうするの?

    責任を持つという意味だと思っています。
    向き合わないということは、逃げること、責任から逃れることですから。

    子育ての辛さ、戸惑い、葛藤から逃避する、投げ出すなど。

    子どもが何歳までというのはないです。
    例えば30歳の引きこもりの子は30歳だから関係ない?
    子どもだけ置いて逃げ出す?

    問題や障壁を解決すべき努力とか、知恵を出して乗り越えるのが向き合うということじゃないですか?

    具体的に何をしますかというのは、それは子育てに関するあらゆることでしょう。
    対応、対処です。
    親はみんな自分で考えて対応していると思いますよ。

    ユーザーID:0437848295

  • ただただ必死に育児してます

    うちの子はまだ就園前なので、親に向かって絶えず発信してきます。
    パズルやるにも、ママ、これ、どれ?
    あってる?
    と、1ピースごとに確認してきます。
    同じ本を読んでも、これ、なに?と何度も同じ場面で疑問を投げかけてきます。
    道を歩いていてもそうです。
    逆に、新しいことを発見したらその都度一緒に驚いたり感情を共有してあげると喜びます。
    公園でひととおりの遊具を使いたがります。
    買い物行っても、店の中でこれナニ?が始まります。納得のいかないことがあったら30分でも座り込みます。

    こういうことを面倒がらず、うるさいと言わず、とことん付き合うことを目標にしてます。
    現実には大人の都合で子どもを急かすことも多々ありますが、少なくとも自分がラクをしたいからとか、面倒だからなどという理由で子どものこだわりを無視しない。
    呼び掛けには必ず答える。
    疑問は疑問のままにしておかない。
    何回同じこと聞かれても省略せず答える。

    今はただ、こういうことを懸命にやっている毎日です。
    これが、今の私の「子どもと向き合う」です。

    やるべきことは目の前に山積してますからそれをやるしかないのです。

    ユーザーID:2643152000

  • 子供の気持ちを考えろって事でしょう

    向き合う具体例とか、いくつまで向き合うのか、と質問されてますが、そもそも向き合うという言葉は、親を諫める為に使っている比喩的表現ですよ。

    それから、子供に向き合うって、何歳だからまでとかの問題ではないですよ。

    精神的な不安定さがあるような子供なら、その人が大人だったとしても、親子関係はどうだったのか、学生の時に何かあったのかなどを振り返ってみたら、という事ですから。

    ユーザーID:1745038355

  • 覚悟なんてない。普通の当たり前のことだもの

    向き合うって努めてすることですか? 日常、普通にやっている事すべてがそうですよ。
    例えば帰って来た時の顔色、表情、様子を見ただけで「ん?何かあったね」とか「良いことがあったようだ」とか分かるもんだし。
    食事の際には何だかんだと会話もするし、その際子供から「今日さ〜」って話し出すし。

    いくつまでか?って、家に居る限りですねー。学生の間は。

    ユーザーID:5625841993

  • いつまででも、向き合いたいな。

    これは子供に限らずですけどね。

    とにかく、なおざりにしないで話を聞くこと。対話をすることだと思います。
    幼稚園でも、小学生でも、中学生…その先でもですけどね。

    昔から、ママー。と言われたら、今やっている手を止めて話を聞くようにします。
    手が離せなくて、待ってて。と言ったら、さっきの話は何だったの?
    と、後でちゃんと話を聞きます。

    今は、かーさんですが。

    うちはうるさいくらいなんで、うんざりする時もありますが、
    なるべく、対ひとりの人間として対話をするようにしています。

    高学年、男児ですが、結構話しをしてくれますよ。
    私が、仕事が辛いと言ったら、息子なりの意見も聞けたりします。
    逆も、しかりなんですが。

    相手の話を聞くと、私の困っている話も親身になって聞いてくれます。
    向き合うということは、年齢に関係なくて、ただ相手の話を聞くことから始まると思います。

    後、大事なのは共感じゃないかと。
    子供がこれが嫌だー。それは嫌だよね。私も嫌だー。じゃあ、どうしようか?話し合う?
    ただ、それだけなんですけどね。

    ユーザーID:1738064055

  • 一生でしょ?

    両親が全く子供と向き合わない人だったので、私は子供と向き合っていこうと決めました。
    心がけているのはたった一つだけ。「何でも言い合える友人になる」ことです。年齢なんて関係ありません。自分の友人と同じように、正直で誠実でいて、困った時には助け合っていくだけ。

    でも、「友達親子」にならないように、親としての一線は超えないつもりです。親としてダメなものはダメ。友達だったら許せないことがあったら縁を切ったりもしますけど、親子はそれはしない。絶対に見捨てない。
    でも、頭ごなしに叱らずに、ちゃんと説明します。友達ならそうでしょう?

    これが正解かどうかは分かりませんが、私が子供の頃に親にして欲しかったことを今しています。ちなみに私も教育関係者です。自分の親子関係や子育てに自信がなかったので、勉強してから子供を産もうと思いました。そうじゃなかったら、第二の自分を作るのが怖くて子育てはできなかったと思います。

    ユーザーID:7261983162

  • こどもの思いを知る、受け止める、かな

    私の場合です。何才までとか、そういうことはそれぞれのこどもの性格や特性に
    応じて変わってきますから、そりゃ具体性がいまいちなのはある程度仕方ないでしょう。

    逆に言うと、これまで私が見てきた例で、こりゃこどもに向き合っていないな、と
    思う例は、「とにかく親の都合に合わせてこどもを動かそうとする」やり方でしょうか。

    その子その子の個性をつかみ、気持ちを受け止め、親は時にはある程度我慢することも必要でしょう。

    >何歳まで向き合うつもりなのですか

    この質問自体が私には驚きです。それこそケースバイケースでしょうに。

    ユーザーID:8575815748

  • いろいろ

    向き合うの定義は難しいので向き合わない、を考えてみました。

    子どもの様子に関心を示さない。
    子どもが何を話しても求めている回答をはぐらかし、見当違いなごまかしをする(たとえばおこずかいをやっておけば文句ないだろう的な)
    成長過程でありうる悩みや進路について関心を持たず、何をどう選んでもそれが本人のためになっているかという観点で感想ひとつ持たない。

    つまり、関心の有無がキーポイントだと思います。
    ただ、関心を持っていてもそれをどこまで本人に伝えるかは年齢や性格、内容によると思うので正解はないと思う。

    あのね、あのね、でんしゃがね、きてね、きいろでね、ぷあーんていってね、と延々と語る子どもに
    目をみてうんうんと聞いてやってもいいし
    あーはいはい、(毎日これだしうんざり・・・今日の献立なにしよ・・・)とスルーしながらたまに電車博物館とか連れて行って大喜びさせるのもあり。
    とりあえずこれに画いといて―と紙とクレヨン渡してごまかして、画いた絵をちゃんと飾ってもいい。

    いろいろあるから、具体例としては定まらないんだと思います。

    ユーザーID:4572503015

  • 向き合うって・・・

    私が思うには、よく子供の行動を観察して、交友関係、学校に楽しく通っているか、今どういうことに興味を持っているか・・・とかを、ある程度把握しておいて、ちょっとそれはまずいかな、と思う方向に行きそうになったら、話をしてみる、程度です。

    いつもいつも、子供に話しかけ、気をかけ、じゃ、子供も窮屈でしょう。

    具体的にするよりも、困っているときに、子供の方から話しかけやすい親であろうと心がけています。

    ユーザーID:2230965851

  • 年齢なんて関係ない

    学校関係者でこんなこと言ってるなんて大丈夫ですか?
    子供を安心して任せられないな・・・

    子供の年齢なんて関係ないと思いますよ。
    その時その時で 子供が直面している問題・悩み・トラブルなど
    真剣に耳を傾け相談に乗り 時には叱ったり褒めたりアドバイスを与えたり。
    手を貸したくても黙って見守るのも「子供と向き合ってる」と言えます。

    具体的にって、それぞれ置かれている環境や立場も違うし
    子供の個性によっても対応が違うでしょ。

    あなた、人の気持ちに寄り添うって意味解りますか?
    臨機応変ってできますか?

    人間には感情と言うものが有るので、これが絶対正解というものは無いのです。
    理屈で簡単に片付けられないのです。
    だからこそ、子供1人1人に向き合って耳を傾けるのです。

    ユーザーID:8297632353

  • 話を聞く

    うちはまだ幼児ですが、なるべく話を聞くようにしています。どうしても家事や下の子の世話で上の子が話しかけてきても上の空になってしまうので、意識して気をつけています。

    当たり前のことかもしれませんが、向き合うって言われたら、会話が大事かな、と。

    小学生の甥も普段とても優秀で良い子なのですが、たまに僕の話も聞いて!と泣きながら訴えたりします。(下の子ども有り)
    少しの間会話するだけで機嫌が治ります。

    自分の子供とはいえ、一人の人間だと意識してコミュニケーションするのが目標です。

    ユーザーID:9007059025

  • 20歳息子18歳娘の母です。

    私は、まだ向き合ってるつもりです。
    息子に関しては(お金を払ってでも)夜2人で外食に行った時(旦那も帰宅しない日、娘もバイトでいない日)……これは、小学生から始めたんですが、家だと違う事に、目や、気が行くからです。 外だと食事か、私の顔を見るしかないので(笑) 最近は、家でも会話してくれないので(グスン)
    娘は、家でも話してくれるので……あとは夜ウォーキング中とかでも向き合えるし……

    ユーザーID:7063215147

  • 親を必要としている間

    子供と向き合う=子供の様子に気を配って心のケアをすることでしょうか。
    例えば「行ってきます」「ただいま」の声の調子。話しかけてきた時の表情。瞳の輝き具合。1人で何かをしているときの様子や雰囲気。口で問いただすのではなく、見守りながら大きな変化がないか確認する。

    子供が話しかけてきたら、手を止めて、目を見て耳を傾ける。

    >何歳まで
    子供が親を必要としている間、でしょうか。

    子供が高校生の今も、私は「ただいま」の声の調子は気にしています。でも高校生にもなると、子供の動向に意識を向けていることは減りました。
    親より、友だちや異性に頼るようになる年頃だからかも知れません。

    ユーザーID:1196511325

  • 「向き合う」に違和感。

    私の知人にもやたら「向き合う」を連発する人がいます。
    「子供と向き合って」「問題とちゃんと向き合って」云々。

    でも、彼女の子供、はっきり言って一番問題があるのです。
    わがままで、自分勝手、気に入らないとイライラ全開ですぐ切れる。
    暴力は振るわないものの、暴言の嵐。大人を馬鹿にしていて、
    いうこと全く聞きません。

    親は、問題行動を報告されても「自分が悪い、自分が向き合ってなかったから」
    等言い訳し、子供をキチンを叱って反省させるとか謝らせるとかもしない。

    なので、今では「向き合う」を連発する人は怪しいと思ってしまいます。

    ユーザーID:9017415987

  • わかるわかる

     聞きたいのはそこじゃないというやつですね(笑)

     ちなみに、私は「ちゃんとやれ」と指示されても何のことかわかりません。「きちんとやっといてね」って何のことですか?という感じ。子どもと向き合えって言われることもそれと同じような気がします。向き合うって具体的に何すんじゃコラと思います。

     子どもが抽象的な表現が不得意な発達障害がある(良好な状態で成長している)のですが、多分私にもそういう傾向があるのでしょう。この手の表現をする療育関係者や指導者は全く信頼してません(笑)抽象的表現を好む人に限って、こちらが理解できないことを怒るんだよね(苦笑)面倒くさいことこの上ない。


     ただ、私が療育関係者に言われたことは、「あなたは子どものことを考えて、療育にも通って、子どもがどうすればやりやすいのかを試行錯誤して追求してきたよね。そうやって子どもと向き合ってきたから今うまくいっているんですよ」といわれた覚えがあります。多分、向き合うってそういうことなのかな?と勝手に思ってます。ただ、これは多分私の子どもとの向き合い方で、人によって違う気がするし、正解なんてないような気がするんだけど。

    ユーザーID:8434098329

  • ありがとうございました。

    ありがとうございました。最近「向き合う」と声高に叫ばれる方に違和感があるのです。そんなにまわりにアピールしなくてもいいのに、と感じてます。我が子を育てるのは当たり前で自分なりにやればいいと思ってきたので、わざわざ言うのには何かあるのか知りたかったのです。子どもはその家庭なりに育つものだと考えて子育てしました。もう私は孫がいる世代です。現代にタイムスリップして同じような育児していたら、「向き合っていない」と言われるのかな。私にとっては「自分探し」と「子どもと向き合う」はよくわからない言葉です。人生に真剣に向きあっていないと評価されそうですね。

    ユーザーID:7821171458

  • 向き合う、寄り添うはアヤシイ

    なんか抽象的にごまかしてる感じがする。
    具体的に何をやっているんですか?て聞いてキレるようなら、確実にうさんくさい。

    多分食品関係の仕事をしている人が、やたら長ったらしい表現のグルメ漫画のセリフにうさんくささを感じるのと、同じだと思う。

    ユーザーID:9478904967

  • なぜ、そう言われるのか。

    向き合うっていう言葉が出てくるのは、その人の思う『我が子』と他人から見た『我が子』に隔たりがあり過ぎるからなのでは?
    一昔によく言われた、『うちの子に限って』ですよ。
    学校でいじめを起こしても、問題を起こしても、我が子が見えてないから原因が分からない。
    悪いのは他の子で、何かの間違いと決めてかかる。

    それはやはり、
    親子間のコミュニケーションが足りてないかではないでしょうか?
    家では大人しくしているが他人の前では荒れている子も多いそうです。
    毎日、塾や習い事に通わせるだけ。
    悪いことをしても注意してない。
    躾してない。
    …子は問題が多いなあと思います。

    ユーザーID:0924936330

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧