• ホーム
  • 働く
  • 退職後ワーキングホリデーをし児童英語教師になりたい

退職後ワーキングホリデーをし児童英語教師になりたい

レス21
(トピ主0
お気に入り36

キャリア・職場

フロランタン

20歳美容師1年目アシスタント
来年の四月に退職を考えてます。今の職場に何の不満もありません。むしろ美容室で福利厚生も良く、カリキュラムもしっかりしており時短勤務に力を入れてるので、とっても満足してます。
しかし、自分自身の美容師としてのビジョンがしっかりしておらず、美容師とは全く正反対の英語に関わる仕事に就きたいという新たな夢ができました。
来年の四月に退職し、2年間フリーターをしながらお金を貯めてワーキングホリデーでの語学留学を計画してます。留学をしながら英語の検定をいくつか受けていく考えです。
そこで皆様のご意見を聞きたいのですが、フリーター歴2年、大学ではなく専門学校卒、美容師1年勤務、留学1年経験あり、英語資格(toeicなど)ありですと、日本での就職はやはり難しいでしょうか?
私が今考えてる職業は児童英語教師です。教師なのでとても難しいとは思いますが、その分勉強する考えです。
皆様にお聞きしたいのは、現実的な意見です。留学後の就職はどのくらい厳しいのかなどお願い致します。

ユーザーID:1564488602

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 色々ありますが。

    児童英語となっているので小学校の英語教師か英語塾の講師でしょうか?
    トピ主さんは小学校教論の資格はありますか?
    公立小学校ではALTと言う制度があり外部より講師を招いて5、6年生は週1時間の授業があります。
    その他の学年は1学期間に何回か。
    と、いう具合です。
    ですので私の県では小、中学校教論資格のある方がやられています。

    トピ主さんがお仕事したいのは公立?私立?一般企業?。
    どのような雇用状態か調べたほうがいいと思います。
    公立でしたら正規職員ではない事が多いのでこの職業では経済的に大変かも。
    一般企業では正規職員としての雇用は有るでしょうが。
    自分のやりたいことがあるのはすばらしいですが果たしてそれが職業としてなりたっているのか?
    調べてみるのもいいかも。

    ユーザーID:2468683624

  • 英語に「関わるしごと」とは

    とぴ主さん、

    英語に「関わる」仕事に就きたい、と書いておられますが、
    その「関わる」があいまいな気がします。

    英語を「使って」仕事をする(英語はあくまでも仕事に必要なツール)
    英語を「教える仕事」につく(とぴ主さんが書かれたように)

    に大きく二つに分かれる気します。

    私ならば、美容師の資格を持っているなら、
    現在の恵まれているという環境を生かして腕を磨き、
    並行して英会話力をつけて、
    数年後に英語圏の方がお客さんに多そうな美容室に転職するかな〜
    東京なら、銀座、六本木、赤坂、麻布、表参道とか。

    そして、たまに、英語圏に旅行に行って来たらどうでしょうね?
    日本で鍛えた英語力を使って、「私は美容師なんですよ〜」って
    現地の方々と交流したら、また次のことを考えられるのでは?
    日本人の美容師さんって、手先が器用で上手、が定評みたいだから。

    ワーキングホリデーや現地語学学校って、案外、日本人とだけ交流して滞在期限を迎えちゃうんですよ。
    期待したほど語学力がつかないことが多いです。

    お若いから、いろいろと可能性を試してみてくださいね。

    ユーザーID:8758008188

  • 現実的な話ですが、、

    あくまでも私の意見ですが、
    そのまま今の職場で技術を磨いた方が良いと思います。

    今海外在住ですが、日本人が経営する美容室が多く、日本で経験のある美容師さんが多いです。
    そして、既婚者で子供がいるけど、自宅に人を招いて散髪したり、子供の散髪もされている人がいます。
    又は現地の美容室で働いている人もいますよ。
    日本で経験のある人はどの国に行っても美容師としてやっていけると思います。丁寧で気遣いがありますし。

    今の経験は決して無駄にならない事は確かだと思います。
    なので個人的には、美容師として数年頑張って欲しいな

    ユーザーID:4670769718

  • 美容師を続けたほうがいいと思うけど

    美容師さんをしながら英語のスキルを磨いておられる
    その努力には敬意を表します。
    けれどとぴ主さんが帰国子女で英語はネイティブレベル
    というのでなければそれぐらいの英語力の英語ができる人はたくさんいるので
    美容師をそのまま続けられたほうが将来的にいいと思います。
    児童英語といってもちゃんとした英語ですし、子供好きでないと務まらないと思うんですよ。
    どうしても英語と考えるなら
    英語でお客さんと話ができる美容師として自分を売り込むのはいかがですか?
    インバウンドで来たお客さんや居住者でも英語が通じなくて美容室に行きづらい方もいらっしゃると思うんですよ。
    そういう方のヘアスタイルを相談してカットやパーマ、カラーをするとかでどうですか?
    私は昔ヨーロッパで住んでたことがありますが、ショートヘアなんでしょっちゅう美容室に行ってましたが、
    言葉の問題や毛質の問題もあり結構悩んでました。
    外国人とは毛質が違うらしくてそういうときにパーマがかかりすぎるだの弱すぎるだの問題があり
    そんなとき日本語が通じたらなあと思ってましたよ。

    ユーザーID:1294846548

  • もったいない!

    海外に長く住んでいたものです
    あなた、それはもったいないよ。ご存じないかと思うけど、日本の技術を持っている美容師さんは海外で大人気よ
    私は欧州の片田舎に住んでいたけど、やはりワーホリで来た美容師さんはそりゃ人気で日本の倍のお金取ってみなさんに切ってましたよ
    だって海外の美容師さん下手くそだもの
    わざわざ車で何時間もかけて日本人が切ってくれる大都市の日系の美容院に行ってたよ、皆さん
    私だったらもう少しそこで働いて技術を磨いて海外に移住しちゃうね
    3年も働いたら十分海外でもいけると思う
    それくらい需要があるんだよ
    ちょっと検索したらさ、海外の日系の美容師さんの求人って出てくるんじゃない?
    せっかく美容師さんの免許取ったんだからさ、そっちを生かした方が良いよ
    免許取るの大変だったでしょ?お金もかかったでしょ?英語は日本でも学べる
    英語話せて美容師さん、最強じゃないの

    児童英語師は英語が得意な奥さんが空いた時間に子供相手にやる仕事っていうイメージだけど
    多分それだけじゃぁ生活できないと思うよ
    場所だって必要だしさ
    実労時間以外も授業の準備してウルサイ母親の相手して、割に合わないんじゃないの

    ユーザーID:4461023980

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • おめでとう!

    やりたいことを見つけたんですね、おめでとう。日本での児童英語教師のレベルがどんなものか知らないし、就職についてはアドバイス出来ませんが、元ワーホリメーカーで、そのまま海外在住20年近くになる者から。
    ・英語教師はどの位の英語レベルが求められているの? それはたかだか1年海外にいた位でOKなレベル?
    ・日本にいる間も仕事を続けながら語学学校へ行って、TOEICでも何でもパスすれば事足りるのでは?
    ・ワーホリ資金にいくら位を考えているのか?現地では語学学校へいくのか、大学のファンデーションクラスで勉強するのか?どの位のレベルを目指してるのか?
    ・学校もお仕事も一応3か月以内しか同じ所へ通えないことになっていますけど、その後はどうするの?
    ・今の職場が福利厚生しっかりしていて時短もあるのなら、目標金額に達するまで、そこで働きながら英語学校へ通えばいいんじゃないの?わざわざフリーターになる意味が分からない。
    美容師としてのビジョンなんて1年目でできるものなの?ただ、辞めたいのにカッコいい理由を探しているようにしか聞こえないわ。それでも「いやいや、私は本当に目指しているのだ」というなら自分で調べなさい。

    ユーザーID:1850837139

  • 無理でしょうね

    正社員で貯金ができないのに
    フリーターなら貯金できる
    と考える根拠は何ですか?

    留学といっても語学留学
    資格と取るだけなら通信とか夜間ありますよ

    ユーザーID:6180040654

  • 私が通っていた英語教室で

     私が以前通っていた英語教室のことですが(私は大人クラスで、講師は全員ネイティブの外国人)、そこの経営者の方が話していたことなのですが、子供クラスを担当している講師は自国で小学校教師をしていた方らしく、子供への扱いが上手いということでした。

     今英語が出来る人はたくさんいると思うので、英語にプラスアルファなにかがあった方が就職には有利なのではないでしょうか。

     それにワーホリで語学留学というとあまりイメージが良くないです。ちゃんと語学留学のビザを取った方がいいような……。
    (勉強への厳しさのハードルが全然違います)

    ユーザーID:8008248916

  • 今の英語力は

    今の英語力は?また、毎日英語の勉強していますか?

    もし「勉強はこれから」「留学したらやる」というなら、止めた方がいい。多分、留学しても英語が話せるようにはならないから。買い物程度の英語は身に付くと思うけど、仕事したりはムリ。

    なぜなら、英語が話せないまま留学に行っても、まず周囲から相手にされません。だって話が通じないから。となれば、同じ境遇の日本人と群れて行動するようになる。そうすれば授業以外は全部日本語。留学している意味がゼロです。

    という現状があるので、語学留学経験を評価して採用する会社なんかありません。語学留学して「英検2級」じゃ話にならない。留学経験ゼロの高校生でも受かる試験です・・が、語学留学帰国組でも、この程度の人が多い。だから評価されない。

    なので、仕事は続けて、英語の勉強始めよう。今はオンライン英会話もあるので、国内でも十分勉強できます。英検なら準1級、TOEICなら800超えると、「英語が得意」と見なしてもらえますから、それから考えればよいでしょう。留学もそのくらいの人が行くと効果があります。

    英語が話せる美容師、もいいと思うけどなぁ。

    ユーザーID:4480799126

  • 児童英会話講師ですか?

    児童英語という響きから、民間の幼児〜小学生向け英会話教室を想像したのですが、その前提でお答えします。

    正直、留学経験があってもなくても児童英語の講師はそれほどハードルは高くありません。高校卒業程度の英語力があれば採用試験には受かります。ただし、職業として自立できるほどの収入があるかというと、かなり難しいと思います。主婦の小遣い稼ぎくらいでしょうか。

    せっかく美容師の資格があるのだから、もう数年修行して技術を身につけてからスタイリストなどで海外留学を目指してみては?そのほうがキャリアとしてよほど幅が広がると思います。もちろん、児童英語への転職も楽勝でしょう。

    まだ二十歳なのであちこち手を広げたい気持ちは分かりますが、「英語にかかわる仕事」は結局のところアシスタントっぽい仕事がほとんどです。何年勉強しても専門職には就けませんので、よくよく考えてから行動してくださいね。

    ユーザーID:6139505792

  • 海外に住むというのはどう?

    他にも同じレスが付くかと思いますが、美容師さんというスキルを利用しない手はないと思いますよ。日本に戻って英語を使った仕事、ではなく、海外に暮らすのはどうですか?
    トピ主さんが行きたいなと思う国で、美容師として働きながら海外暮らしをするんです。
    日本人が居るところでは、日本人美容師は重宝します。英語を学びながら 非日本人相手にも切れるように経験を積んでいくと、良い腕だったら口込みで客は増えますし、多くの国では その国の美容師より日本人の方が儲かると思います。
    ただできれば、少なくとも3−5年は美容師としてのキャリアを日本で積んでからの方が良いとは思います。1年足らずでは「はさみ1本で仕事」という力はないでしょう。

    上手い日本人美容師さんは海外では、とてもありがたい存在です。そして腕がよく良心的な金額ですとすぐに口込みで広がります。黒人、白人など人種によっても髪質が違いますし好みも違います。海外で仕事とするには、海外に出てからそれも勉強しておくといいでしょう。

    海外に住む多くの日本人は英語ができるできない関係なく日本人美容師を利用するか 日本に帰省するまで美容院へ行くのを我慢します

    ユーザーID:2974036683

  • まず、美容師としての経験とスキルを磨いてからにしたら?

    >来年の四月に退職し、2年間フリーターをしながらお金を貯めてワーキングホリデーでの語学留学を計画してます。

    お金を貯めたいのに、なぜフリーター?
    しかも、2年も…。
    福利厚生のいい現職よりも稼げるのですか?

    ワーホリで英語圏に行くのなら、
    経験豊かな美容師さんは、
    いい時給で引っ張りだこなのでは?
    私はシドニー住まいですが、
    日本人美容師募集の求人は昔も今もよく見かけるので。
    経験を積んでいれば、
    海外で語学学校に通い、割りのいい収入を得ながら、
    学業と両立できそうな気がします。

    あと、率直な印象としては、
    日本で子供に英語を教えても、低収入で、
    一生続けられるようなキャリアにはならないと思うんです。
    独立して、自分の教室をいくつも開いて成功するなど、
    ビジネスウーマンとしてのキャリアを目指すなら別でしょうけど。
    それから、子供に英語を学ばせないと思う日本の母親たちは、
    おそらく、日本人教師よりも、
    外国人が教える教室を好み、選ぶ傾向にあると思います。
    「英語=外国人」というイメージで。

    夢をつぶすような、現実的なことを言って、ごめんなさいね。

    ユーザーID:4831626541

  • 辞めないで

    北米在住の主婦です。
    私は美容師の仕事をプロとして自信がつくまで続ける方がいいと思います。
    仕事をしながら英会話を身につけ、それからワーホリ制度を利用するのはどうでしょう?

    ワーホリで海外に旅立ち、もしもですが海外で暮らしたいと思い始めたりした場合、日本の美容師さんは重宝されます。い
    日本に帰国した際も美容師経験があれば、最悪やりたい仕事がなかったりした場合、美容師としてまた働くことも出来るのかなあと思います。

    英語教師の需要がどのくらいあるのか等も詳しく調べてから退職するほうが絶対に良いと思います。
    若いので焦らずもう少し今の仕事を続けることを強くおすすめします。

    ワーホリ制度を利用し、その後英語とは全く関係ない仕事に就いておられる方の方が多いんじゃないでしょうか。
    1年、もしくは2年気を抜かず、必死で勉強した場合は英語力もかなり伸びるのかとは思いますが、ワーホリに1年行ったからといって企業側もそこまで評価はしてはくれないと思います。

    つづく

    ユーザーID:3599157075

  • つづきです

    ワーホリに行くのであればお金と英語力これだけは身につけておいてください。
    英語ができなければ仕事もみつからない、お金がなければ学校にも行けないです。

    「現地でなんとかなるさ」と思い出発してしまう人が多くいるようです。
    国にもよりますが、現地の人さえ仕事がないような状況だったりもします。
    バイトがみつからなくても生活できるくらいのお金は持って行くようにすることをおススメします。
    お金に余裕があれば近隣の国に旅行をしたり、気持ちにも余裕が出来ると思います。

    話がそれてしまいましたが仕事は続けるに1票!

    ユーザーID:5859872298

  • 要件は何か

    まず、児童英語教師というのは何なんでしょうか?小学校の英語教師という意味でしょうか?

    あなたの言うところの児童英語教師の要件を、まず調べた方がいいです。小学校は義務教育だし、パートであっても各自治体で要件が決まっていると思います。仮に『大卒』となっていても、若いので、今からでも大学に行けます。でも、やはり、やり直すなら早い方がいいし、こういう匿名の掲示板ではなくて、きちんと要件を調べてから動く方がいいと思います。

    次に、ワーホリはワーホリで、留学ではないと思います。語学学校には行くのかもしれませんが。交換留学だったり、自費にしても、きちんとした大学(高校生なら高校)のプログラムでなければ留学ではなくて海外生活体験くらいの認識の方がいいと思います。

    民間の英会話学校も、日本人の講師は大卒と謳っているところがほとんどかと思います。でも、私が最初に教わった先生は自称短大卒で本当は専門卒ワーホリ経由でした。とってもいい先生で、努力家で、その先生の教え子は皆モチベーションが高まりました。その先生についている間に自覚できるほど力が付きました。民間のスクールなら、実力があれば、そういうこともあるのかなと思います。

    ユーザーID:9779691851

  • 元英会話スクールマネージャーです


    子供英会話も併設していたスクールです。

    大体 コマ数でお給料が変動するため

    生徒数が少ないと お給料も少なく安定がないです

    その割に TOEIC高得点など高いスキルが求められます

    せっかく英語をお勉強するなら、英語を生かして海外でスタイリスト修業など

    相乗効果を狙ってはいかがでしょうか?

    そして老後に 英会話講師などをしてみるとか

    ユーザーID:2895376737

  • しばらくは美容師で

    私も他の方の意見と同じく、もうしらばく美容師を続けた方がいいと思います。

    海外、特にアジアに行くと美容院によく日本のヘアカタログが置いてあります。
    また求人を見ていても、日本人経営の美容院が美容師さんを募集しているのをよく見ます。
    日本の美容師で経験があるというだけで価値はあると思いますよ。

    私は観光の仕事をしているのですが、最近アジアからの観光客がすごく増えて、とにかく体験として記念として日本の美容室でカットをして帰りたいって人が多いのですが、言葉が通じないからと対応してもらえない事も多いです。

    海外旅行している時、美容師をしてるって人にカットをしてもらった事があります。
    合法なのかはグレーゾーンですが、旅行しながら手に職があればちょっとしたお小遣い稼ぎもできるんだな、と思いました。

    ワーホリにはまだ十分年齢的な余裕があるし、あと数年美容師を続けながら英語の勉強もして、資金も貯めてみてはどうですか?

    ユーザーID:5571978284

  • 英語+美容師 じゃダメですか

    ワーホリは一芸に秀でた人はとっても有利です。
    英語力によっては雇ってもらえるのは日系のお店に限るかもしれませんが常に募集しているところが多いです(是非はありますが店長以外全員ワーホリって店も多いです)。
    お店によってはお客さんのほとんどが非日本人という場合もあります。
    日本に帰ってからもキャリアの途切れがなくなるので、日本での再就職にはほとんど影響しないと思います。

    日本もこれから在日外国人が増えるでしょうし、東京オリンピックに向けても英語で接待できる美容師は必要とされると思います。

    人生は一本道なので、できれば今まで培ってきたことをベースに次のチャレンジをしたほうがいい結果が得られると思いますよ。
    この先本気で、児童英語教師一本でチャレンジしたい気持ちがあるなら、フリーター二年→ワーホリで語学留学で完了という発想には至らないと思います。

    ちなみにTOEICは資格ではありません。検定テストです。
    とにかく1つ1つをもっと掘り下げて調べ計画してください。

    この手のトピは定期的に上がりますが、夢に向かっての挑戦というよりも現実逃避の傾向がありますね。

    ユーザーID:7203088891

  • ワーキングホリデーの意味わかっていますか?

    児童英語教師になるためにワーキングホリデーで語学留学って矛盾しています。
    ワーキングホリデービザで入国しても語学学校は通えますが、語学留学が主であるなら、普通に学生ビザで良いのではないでしょうか?
    行先が書いていませんので、滞在国によりビザなしでも入国できる期間が決まっていますので、あわててワーキングホリデーって決めなくても、どこかの国で2週間程度の語学学校でお試し体験してから決めてもよいのでは?

    ユーザーID:4504302798

  • 美容師としてしっかり腕をみがいてから

    皆さんと同じ意見です。

    まずは美容師としての技術をしっかり磨いた方がいい。
    友人知人で語学はなんとなく日常会話できるけど
    事務職だった子たちは皆、ワーホリでもウェイトレスや
    ホテルの清掃程度しか仕事がなかったそうです。
    でも、美容師として行けばかなり得るものがあるはず。

    で、子供向け英語教師について。。ですが。
    子供相手だから大学出てなくてもいいだろと
    思ってません?
    うちの子供が通っていた幼稚園、カリキュラムの一つとして
    英語があったのですが園から提携の語学学校には
    「講師は金髪、青い目の外国人女性」と
    指定があったそうです。
    つまり、子供だからこそ「外国人」に接する機会を
    持たせたいんです。
    (うちの子供は別に幼稚園時代から英会話通ってますが
    やはり、外国人の先生の教室です)
    受験や授業の英語なら日本人で
    そこそこの大学出てる人で教え方(子供との接し方)が
    うまい人がいいかなと思います。
    つまり、子育て経験のある女性がいいと個人的に思ってます。

    まあ、中には値段重視で講師の経歴なんて
    一切気にしない人もいると思いますが。

    児童に英語を習わせている親の立場からの意見でした。

    ユーザーID:1957053869

  • ご希望の答えとは違っちゃうけど

    今の時代英語がちょっと話せる程度の人は掃いて捨てるほどいます。
    帰国子女だってもうそれだけではセールスポイントにはならない。
    だからトピ様がワーホリ1年で身につけた英語力はあまり就職の際には評価されないかも。

    英語に「関わる」のがどの程度までがトピ様のイメージの範囲に入るかわかりませんが
    トピ様が帰国子女に勝てる強みを考えると「美容師の資格・スキルがある」点です。
    先日お世話になった美容師さんは5年日本で働き、その間英会話を学びながら資金を貯め
    その後1年間美容師としての勉強をするためにイギリスへ渡ったそうです。
    今は帰国されまた美容師として働いていらっしゃいますが有益な経験だったそうですよ。

    そんな例もあると言うことで、ご参考までに。
    ご自分の行くべき道が見つかるといいですね。

    ユーザーID:8778586156

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧