サラリーマンの生きがい

レス17
(トピ主0
お気に入り40

男性から発信するトピ

ゴリ

サラリーマンの方、何を生きがいに生きていますか?
特に、未婚で地元を離れて生活されている方が居ましたら、教えていただきたいです。

私は30歳前半です。転勤で地元を離れて生活しています。
仕事は朝から。家に帰ると、疲れて直ぐに寝てしまうことも多いです。
休日は、仕事に必要な能力を高めるため、勉強しているか、家事をしているか
後は疲れており、ボーっとしている事が多いです。

地元を離れて居ますので、友人と飲みに行くこともなくなりました。
(平日仕事が終わってから、部下から誘われ、飲みに行くことはありますが・・・。)
そもそも、友達は多い方ではありませんし、平日は家と会社の往復、休日はほぼ家にいますので
現在住んでいるところには友人等はいません。

最近、ふとした時に、何でこんなに頑張っているんだろう。何のために頑張っているんだろう。
と虚しくなる事が増えてきて居ます。
未婚という事もあり、誰かの為に働くという事もありません。

20代は今から思えば、仕事が自体が生きがいであったような気がします。
それこそ、土日も潰してガムシャラに働いていました。
その甲斐もあり、同期の中では最短で管理職に上がれましたが
今となっては、当時のような気力も湧いてきません。

同じような境遇の方、このような境遇にあり、解決したような方が居ましたら
お話をお聞かせいただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

ユーザーID:8018255486

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 婚活は?

    私も東京〜地方に転勤経験あります。
    運よく親切な同僚が多く、バーベキュー、飲み会、カラオケ、温泉などで楽しみました。

    結果、数年そんな休日も、都会育ちの私は物足りなく転職し東京に戻りました。

    やはり、恋人がいたらもっと張り合いがでますよ。私も婚活し、数人デートした方がいました。

    男性同僚達は、お互いのつてで合コンをし、結婚した方が沢山いました。
    トピさんは同僚さんに頼めませんか?

    頼めないなら、社会人サークルやお見合いパーティはいかが?

    ユーザーID:7078258368

  • 起業をしました

    サラリーマンをしておりました。
    今は会社を経営しております。

    以前 勤めていた会社は経営が傾いており、ボーナス無しのサービス残業で働いておりました。
    自分はその仕事が好きでもないのに頑張って働いておりました。
    そんなある日、社内の案件が少なくなり他社へ駐在勤務を命じられました。上司からは「他社の技術が得られるから戻って来たらきっと大きく成長している」
    と言われ自分は何の為に働いているんだろうと落ち込みましたが、他の社員達は将来のキャリアをイメージしながら無意味な競争をしておりました。
    他者の温度差から、自分は身の周りに起きている損なことを都合が良いようにプラスに考えて生きていることに気がつきました。
    今考えると現状を変えるリスクより現状を都合が良いように考える方が楽なのでそう考えていたと思います。そして、無意識に現状を保とうと思うあまり仕事をする意味を失ったと思います。
    好きなことで起業をすることで解決しました。最初はお金が無く苦しい思いをしましたが夢中で楽しく働いております。
    岡本太郎 著「自分の中に毒を持て」をオススメします。芸術家の岡本太郎が生きがいについて書いた本です。

    ユーザーID:9159862133

  • 生きがいは、まったく、お金に苦労しない生活

    トピ主さんより年上の元サラリーマンの意見を述べます。
    生きがいは貯蓄金です。現金です。まったくお金に苦労しない生活。
    私は若いときから貯蓄に勤めました。無駄な出費はしない。飲酒は避けた。パチンコなどはやめた。
    通勤にはフルカウリングの大型バイク、後に赤色のスポーツカー。現金一括払い購入です。
    同じ会社の女性社員のあこがれの存在だったようです。(良い家の息子に見えた)
    浪費は一切しなかった。給与もボーナスも振込。いくら入金したか関心がない。
    ある時に銀行から営業の電話を受けた。えっ?そんなに貯蓄があるの?と知りました。
    まったくお金に苦労しない生活。これが生きがいです。がむしゃらに働いた成果。
    今の悩みは欲しいものがないこと。既になんでも持っている。
    貯蓄した現金。お金があれば、幸せは後からやってくる。

    ユーザーID:0571454016

  • 団塊の世代の兄が・・・

    団塊の世代の兄は、能力が高い企業戦士だった。転勤をこなし、バリバリ働き、出世コース。若くても、見事なまでの強い自主独立精神を持っていた。

    30過ぎた頃(当時では男性でも30過ぎたら結婚は遅い方)

    ある日突然

    「このままだと、天涯孤独になる」と言い

    お見合いで、あっという間に結婚した。

    この時の「天涯孤独」とは「親族が誰も居ない」という意味ではなく「ひとりぼっち」という意味。親族はたくさんいる。

    人生は長い。自分の一つの時代が終わり、次のステージに進む「時」が来たということでしょう。誰にも何度かそういう「時」がある。女性にもある。

    次はどんなステージなのか?

    それは人によって違う。

    自分にしかわからない
    自分でもわからない次のステージ

    こればかりは
    自分で自分と対話するのみ。

    【時】が来ている。

    卵が幼虫になり、葉上を動き回り、バリバリ食べ続け、さなぎになって1本の糸に引っ張られてじっとしているかと思えば、突然背中が割れてバリバリと柔らかい蝶という虫になり、あれよあれよという間に堅い体に変化し、あっという間に空を飛ぶ

    自然界は魔訶不思議。人間もまた不思議な存在です。

    ユーザーID:3142060460

  • 実際そういう人は多い


    帰ると疲れが出て寝てしまう。
    それって悪い事?致し方ないのでは。それだけ懸命に働いていた証拠。

    まぁね、現実にそれで生活や生計が成り立っている。働かなければ食べるのがおぼつかない。

    意義をちゃんと見出し生きている人の方が少ないですよ。だからそんなに卑下することもないし嘆くこともない。

    ただこのままではますます縁遠いよね。それは分かる。

    ユーザーID:0883850221

  • 男性から発信するトピランキング

    一覧
  • 婚活をすすめます

    私の周りの男性も、同じような悩みを持ってる人は多いです。

    がむしゃらに仕事をしてきたけど、今は何のために頑張っているのか分からない。

    そういう人は、もしかしたらその仕事自体が好きというより、会社に必要とされるとか、認められる、何かの為に頑張るのが好きな人かもしれません。

    好きな人ができ、家族を養う事でやり甲斐をまた感じられる人が多いように思います。

    仕事は家を買うため、家族を養うため、地位を目指すため、など目標を決め、ある程度割り切って、仕事で消耗しすぎないようにしてはどうでしょうか?

    私は仕事自体が好きなことなので、どんなに忙しくてもあまり辛くないです。

    仕事が楽で学びが少ないと思えば、給与に関わらず転職して、能力を伸ばす事を目的にやってきました。

    偏見かもしれませんが、男性は、誰かを養わなきゃという本能があるので、やりたい事を優先して給与や地位が下がる選択をするのは難しいと思います。

    私は女だからか、性格なのか分かりませんが、給与や地位や一つの会社に囚われずやりたい事を追求する事が出来ました。
    結婚を視野に入れないなら、そういう生き方もありかなと思います。

    ユーザーID:1203989440

  • 昇進とクオリティと信用

    仕事のクオリティを上げて、
    同僚、上司、部下を始め、
    取引先との絶大なる信用を得ること。
    いい仕事ができる環境を作ること。
    それに従い、昇進し給料が上がること。
    これがサラリーマンの醍醐味。

    友達は飲み屋で出会ったりしてます。
    笑える楽しい話ができる関係がいい。
    その場限りの付き合いが望ましい。
    休日は、部屋の掃除と銭湯と図書館と散歩。
    片付いた部屋での読書は最高。
    料理も好きなので、家事は苦ではない。
    こんな調子なので結婚する気はゼロ。
    一人暮らしは安定して充実。
    結婚などして妻が常に部屋にいる。
    妻と会話をしないといけない。
    妻の要望を受け入れないといけない。
    多分相当なストレスになるね。
    今の自由な生活を手放す気は毛頭無い。
    時間も給料も環境も自由。
    老後は保険、貯金、福祉で解決。

    あなたはお見合いして結婚する方が
    向いているようですよ。

    ユーザーID:6135689826

  • どうにもずれている・・・

    管理職って無理して成るものじゃないでしょ
    何も頑張らずとも、年功序列でなってしまうもの。
    能力がないのに管理職になれば進退窮まっていずれ退職せざるを得ないもの。

    まぁ、むろん、管理職になっていずれば出世の階段を昇りつめるって野心もあるでしょうが
    そういうのは経営幹部に人員不足の中小零細ですね
    大手は外部から有能な人材を役員で招聘できます。
    新人が入る以上、それまでの従業員はどんどん中堅として職責を担うことになる。
    やらなければ職場に自分の居場所がなくなる。
    スポーツのスタメンみたいなもんです。


    サラリーマンの理想は、平で残業代を稼ぐ、でしょう。
    管理職になったらそれが出来なくなります。
    上層部から無理な達成目標を課せられて部下に突き上げ食らって苦労するだけ。
    管理職はババ抜きのババ。

    で、休日の使い方??
    あなたは学生時代に何をしてきたのでしょうか?
    私生活を充実出来ないのは人生の大半を捨てているようなものです。
    趣味を充実させましょう。
    所得は有効に活用してこそ価値があります。
    ただ貯蓄するだけではインフレを起こすだけです。

    ユーザーID:4192780849

  • 疲れていますね

    今の頑張りが、次へと繋がります。ここでくじけずに頑張り通してください。ですが、それが明確とならないとやる気も起きませんよね。少しでも仕事にてを抜いたら堕ちていくだけですし。

    私なんて、生きる屍状態です。贅沢な悩みなんでしょうが、生きる張り合いも見いだせずにいます。

    トピ主さんは、結婚するのが一番だと思います。簡単なことではありませんが、家庭を持つと、取り合えず養うと言う目的が出来ます。後に、一人の方が良かったと思うかもしれませんが、それさえも今の状態よりマシだと思います。

    ユーザーID:5051744043

  • そんな時期かも

    最近このようなことで悩む人が増えてきましたよね。

    そんな人が人の上に立って部下を指導している事事態が不思議です。

    30代前半なら男女とも仕事と結婚で悩む時期ですから、生きがいといった

    漠然としたことに苛まれる時期だとは思いますが、生きがいなんて結局は

    自分で考えるしかありませんよ。

    ユーザーID:6608369055

  • 共感します

    結婚していたら、家族のためとかになるのかな?
    結婚って実はそのためにあったりするのかな?
    とまで思ってしまいます。

    理屈では、お金や老後や、買ってくれたユーザーのため、ひいては会社や株主のためということになるんでしょうが、頭ではそう思っても心がついてこないというか。

    私の場合は多分、何のため?って思いながら、自分が必要とされてる、誰かの役に立っていると思いたいというところにつながっているんだと思います。

    休日にボランティアを月一でやっていますが、なんとなく満たされない気持ちがあって夢中になれるものを探しています。

    子どもの頃のように何かに夢中になりたいと思います。
    何かに打ち込んでいる人が眩しく羨ましいです。


    考えとしては、健康で生きてるだけで丸儲け、なんでしょうけどね。

    今書いていてふと、散歩でも、泳ぐでも体を動かすと気分が晴れる気がします。
    外に出て動く、っていうのがいいんじゃないでしょうか。
    なんて思ってみたり。

    はぁ、好きな人が欲しい。

    ユーザーID:6965321493

  • タイミング的には婚活ですね。

    家族がいれば頑張れるし、生き甲斐も増えますよ。

    そろそろ重い腰を上げてみたらいかがでしょう。

    ユーザーID:7704872753

  • 恐怖感を持ってました

    たとえば何十年後か。大過なく定年を迎えて、送別会でも開いてもらい、
    花束のひとつももらって、とうにローンの終わった自宅に帰る。
    その家の鍵を開ける。自分で電気を点ける。
    自分で花瓶を探して、自分で活ける。
    自分で湯を沸かし、お茶を淹れて、ダイニングの椅子に腰掛ける。
    そのとき私は気付くでしょう。

    わが身ひとつを賄っただけで、人生が終わろうとしている。

    ゾッとするような恐怖に襲われました。
    正しいか間違っているかという問題ではありません。
    どこが問題かわからないという人はそうすればいい。
    でも私は、そうなることにとても大きな恐怖を感じました。
    それはもう、死ぬことと同じぐらい怖かった。

    「だから結婚した」とまでは言いませんが、
    贈る相手、遺す相手を求める気持ちは確実にありました。
    私は出世もしてませんし子供もいません。
    家庭がある不自由さだって感じないわけじゃありませんが、
    それでも、パーマネントなひとりに戻りたいとはまったく思いません。

    ご参考になれば。

    ユーザーID:6768451342

  • 夫が似たような事を言っていました

    お互いアラフォーで婚活で知り合い結婚したのですが
    なんで結婚しようと思ったの?と聞いたら
    「毎日会社と家の往復で、給料あがっても自分のために使うだけ。
     特にお金のかかる趣味もないし、
     激務だから食事もコンビニですませるだけで味気ないし。
     何のために働いているのかが分からなくなった」
    と。

    飲み歩くのもアラサーくらいで「楽しくなくなった」そうです。

    解決かどうかは分かりませんが、
    結婚してたぶんしあわせにやってます。
    40代なので子供はいませんが
    子供がいたらもっと幸せだったかなと思います。

    トピ主様も家庭を持つことを考える時期なのかなと思いました。

    ユーザーID:9113192197

  • サラリーマンの生き甲斐が知りたければ

    毎年詠まれる恒例のサラリーマン川柳(第一生命)で分かりますよ。
    一句ひねってみたら如何でしょう。

    ユーザーID:7787586808

  • 管理職なら。

    トピ主さんの将来的な人生設計によりけりですけど、例えば取締役として部下の申請に対する決裁者を目指して、あるいは大株主として経営方針を左右できる立場を目指して、更なる向上を重ねるという選択肢はあります。

    ユーザーID:3015760067

  • 気持ち分かります

    私も同じ30代前半未婚の管理職です。違う点は実家暮らしという点。
    ですので、その気持ち分かります。

    恐らく回答として、結婚or趣味という回答がほとんどでしょう。
    私もそれは同感です。
    私の場合それらを充実させるべきパートナー探し、趣味を増やす等は着手しました。
    それなりに成果は上げました。

    しかし満たされない気持ちは変わりません。
    何もしないより幾分スッキリはしますが。

    そして、世の中のほとんどがそのように暮らしているのだろうと想像出来ます。

    どなたかが言っていましたが、次のステージに上がる時が来たのでしょうね。

    仕事での出世をとりあえずは果たし(同年代よりも早く)
    人よりも自分は優秀な分類だと自覚できるようになった。
    そこで一つのステージクリアしたわけです。

    そうした今、目標や何かが無くなり宙ぶらりんな気持ちになっている。
    空虚感を感じているのでしょう。
    友達と飲みに行っても趣味を増やしても変わりませんよ。その場だけです。

    やはり次のステージに行くしかない。行ってみないと見えてこないから考えても無駄。そのステージは何ですか?

    ユーザーID:5810354676

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧