交通事故過失割合

レス61
(トピ主0
お気に入り116

生活・身近な話題

ぴゅんぴゅん丸

車対車の交通事故です。私は直進(右折車線を停止線に向かい走行中)。相手は道路左の駐車場から走行車線と右折車線を横切り右折をしようとした所。右折車線を走行していた私の車両左に衝突。事故後、相手は「ごめんなさい、見ていなかった。すみません」とのこと。
保険会社は10:90を主張し
ますが、私の主張は、0:100です。
いろいろ調べました。そもそも、このケース最初が20:80だそうです。

それで、状況修正は(私A 相手Bとして)
1Bに徐行なし Aに −10
 Bの車両が見えた瞬間、加速してきた。私は右にハンドルを切り対向車線まで回避行動をとったにもかかわらず、衝突した。

2幹線道路 Aに−5

3Bに著しい過失 Aに−10

4Bに重過失 Aに−20
この3と4は両方加算されるか否かわかりませんが、完璧な前方不注意、明らかな重過失と判断されると思います。

つまりAの過失20から10、5、20を引くとマイナスですね。
0:100は成立しないのでしょうか。
相手の運転者は前を見ていなかったことを認めています。
仮に私が衝突前に停止したとしても、進行方向を見ずに急発進させているの書面衝突になったはず。被害が大きくなった思われます。

余談ですが、納車11か月の車両。メチャクチャに大切にしていた車。毎週手洗いしていた車。すごくショックです。事故の様子はドライブレコーダーであります。誰が見ても「回避不可能だねこれは。」
助けてください。
保険屋は私の過失10:相手90を決めて、私の過失をいろいろ後付けて言ってきます。なんか担当のお姉さんも気の毒だと思うけど、私は過失0を主張しています。
0になる可能性はあるでしょうか?それから今後の注意点はなんでしょうか?
有識者の皆さん教えてください。

ユーザーID:6386234120

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数61

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 示談しなければよい

    納得できないお気持ちはわかります。
    私は追突事故の被害者で、1年乗っていた限定色の特別仕様車は廃車。同じ車はなく弁済金をもらいましたが、1年落ちで車両価格の7割程度。同じ型の新車が買えるならまだしも、まったく納得できませんでした。
    不満があるなら訴訟をおこしてみては?ただ双方の車両が動いた状態での事故は、トピ主が回避行動をとりかつ避けきれない状態であっても90:10だと主張してきます。相手側保険会社が1円でも支払いを少なくするためです。理不尽ですよね。
    対向車線の車がハンドル操作を誤り、中央分離帯に激突、弾みで対向車線を走行中の知人車の上に落下して激突、という事故がありました。この時も相手側保険会社は100:0にしなかったときいています。

    100:0になっても愛車は帰ってきません。訴訟は疲れるし費用もかかりますよ。

    ユーザーID:9820953904

  • お気の毒ですね

    保険会社で働く友人に聞いたことがあるのですが、誰が見てもこっちが悪いよねというケースであっても、10:0になる事はまずない。
    0になるケースは停止していた車にぶつかってきた場合だと言っていました。

    実際に事故を起こしたのではなく、世間話的に話したのでもしかしたら異なる結果もあるかもしれませんが。

    身近な人が遭った事故では、直進車(知人)に右折して来た対向車がぶつかったケースでも相手9知人1の過失割合になりました。
    どう考えても知人は悪くないのに気の毒だなと思いました。

    ユーザーID:5330003669

  • 災難でしたね

    交通事故の過失割合についてお互いの車が動いていたらまず0-100の割合になりません。10-90が精一杯だと思います。止まっている車にぶつけられたら0-100は成立するでしょう。事故は両者お互い悲しいものです。

    ユーザーID:9871189115

  • 状況次第ですが

    0:100は、難しいことは多いです。

    いろいろ調べられたとのことですが
    もしかして、別冊判例タイムズで調べられました?

    もしそうなら「著しい過失」「重過失」の
    それぞれの意味が、第3章の序文(タ)に
    説明されてます。
    相手車両がこれに該当するかどうかが、ポイントですね。
    なお、これらは重複しては加算(減算)はされません。

    もう一つのポイントは、
    あなたがその車両を見えていたか
    (見える状態であったか)どうか。
    相手車両が頭を出して待機していたら、
    原則として、あなたに+10加算されます。

    事故があったところは、
    片側2車線以上だと思われますが
    その時の直進車線の状態はどうでしたか?
    相手車両が出てきたという
    道路左側の駐車場の見通しは?

    買って1年以内の愛車がめちゃくちゃになったのは
    ショックのことと存じます。
    ちょっと、厳しめのことを書きましたが
    もし、裁判となると、こういう点が問われます。

    最後になりますが、任意保険、弁護士特約に
    入っていませんか?入っているなら、
    すぐに弁護士を使った方が得ですし
    過失割合なども含めて、
    あなたの主張をくみ取ることも多いと思います。

    ユーザーID:7792283101

  • 0になる可能性はあるでしょうか?

    はて?
    それは損保会社が判断するのもで、無関係の第三者が判断出来る事では無いのですよ
    そんな事も理解できませんか?

    ユーザーID:4995914510

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • そんなもんじゃないですか?

    有識者ではありませんが、そんなもんです。
    絶対無いとは言いませんが、0:10の割合は相手に余程の過失がないと適用されません。
    日本の法律は100%被害者側でも、必ず何らかの因縁をつけて一方だけが悪い という結論を避けます。
    10:90なら、納得いかなくても落とし所じゃないでしょうか。
    不満なら保険屋に交通事故調査官を紹介してもらえばいいです。
    但し、自分の過失割合が増えることもありますよ。

    ユーザーID:7474528780

  • ぶつかった時

    あなたの車も動いていたのなら

    ゼロは無理です。

    ユーザーID:7544007962

  • 言われませんでしたか?

    あなたの車が停まっている所にぶつけられたのであれば100:0という判定は出ます。

    少しでも車両が動いていたのであれば100:0という判定はでませんよ。
    それに100:0判定が出ると、逆に相手方との交渉には保険会社は動いてくれません。(弁護士特約が付いていれば弁護士は動いてくれます)

    どれだけ大切にされている車でも、例えばそれが親の形見でもそのようなことは斟酌してくれません。

    ユーザーID:5451652984

  • 残念ながら

    停車中でもない限り、交通事故は100:0は無いと思う。
    勿論、トピックを読む限りにおいてはとても同情するべき事案ですが。

    トピ主がそれでも曲げたくないのなら、裁判かな…
    費用の問題ではなく、とことんやりたいなら、腕利きの弁護士を探すと
    良いかもしれません。逆に費用の問題もあるのなら、ある程度の妥協は必要かも。

    個人的には自分に過失が無いとしても、車の運転をしている…という事だけで
    10の責任は背負うしかないのかなと思います。

    いずれにしても、トピ主さんに大きな怪我が無くて良かった(ですよね?)
    愛車が守ってくれたと考え、修理から帰ってきたらまた大事にしてあげて下さい。

    ユーザーID:1912445000

  • 弁護士特約はつけていますか

    車対車の物損事故ですね。

    まず主様が、過失ゼロを主張されるのでしたら、主様の保険会社は仲裁交渉には入れません。(相談には乗ってくれるとは思います)
    もし弁護士特約をつけているのでしたら、それを使って弁護士を立てるのが一番です。

    つけていないのであれば、主様自身で頑張ってみるしかないですね。
    示談提案内容に不服があれば、交通事故紛争処理センターにあっせん依頼をしましょうか。

    ところで「判例タイムズ」はご覧になられましたか?
    主様と類似ケースが多々あるかと思います。
    保険会社はこれを利用して、それぞれの過失割合を決定しているはずです。

    そして残念ながら主様のケースですと、主様も動いていましたので、0:100はほぼないと思われます。
    現行法下では仕方がないことです。

    ほぼ新車だったとのことですが、11か月は微妙なところです。
    事故による「事故歴」「修復歴あり」で査定が落ちる分は、「格落ち」として損害賠償請求をすることができます。ここは頑張ろう!


    最近物損事故の当事者になりました。
    私も動いていましたが、なんとか過失ゼロ主張が通りましたが、これはレアケースだと思います。

    ユーザーID:9388252298

  • 0:100でした

    私も今年の夏、ぶつけられました。

    信号のない交差点で直進優先路を直進中、
    「止まれ」のある方の道から進入してきて
    左後部に衝突。

    こちらも動いていたため、交差点の事故の
    場合は、止まっている所に真後ろから
    ぶつかってきた場合以外は過失ゼロに
    なることはない、と保険屋に言われました。

    自分の保険屋を入れて交渉すると
    どうしてもルール?に従う必要があるのでと
    言われたので、自分の保険屋を通さず、
    直接相手の保険屋とやりとりし、こちらの
    過失はないことを主張しました。

    また、警察にも人身事故の届を出し、
    現場検証も行ってもらって、こちらの
    過失はないことを証明しました。
    (あくまで保険の適用とは別です。)
    相手も完全に自分の前方不注意を認めました。

    結果、一円も払いませんでしたし、
    両方の保険から慰謝料も出ました。

    保険屋を通さず、自分で交渉することを
    おすすめします。

    ユーザーID:6868153050

  • 大きな事故に至らなかったことが幸い

    納得できなければ、裁判までお遣りになればと思いますが、
    人身事故に至らなかったのであれば、妥協点を探ることも
    大切です。

    追突でない限り、0:100はないと聞きます。何時までも拘っ
    てゐては、精神的に疲弊して結果的に大損を得ます。

    自動車を利用していれば、事故は付き物です。ある程度の
    割り切りが必要ではありませんか。

    トピ主さんは、相手が突っかかって来た時、それを避ける
    動きをされたようですが、「トピ主さんが動かなければ」
    100パーセントの要求が可能だったかも知れませんね。

    それから、車を大事にしているという言葉がありましたが、
    「形ある物は、何れは壊れます」物に過剰に価値を置く事
    は疑問と考えます。

    ユーザーID:4388670289

  • 不服なら裁判しかないでしょう

    当事者の主観と仮定の話はどうでもいいです。
    個人的には、現実では回避も停止も出来なかったのですから、過失割合としては妥当なラインだと思います。
    納得できないのなら、最終的に裁判まで行く事を覚悟の上で、弁護士立てて交渉をするしかないでしょう。
    大切にしていた車なんですから、勿論弁護士特約は付けてますよね。

    ユーザーID:6050321781

  • 絶対になりません。

    理由:あなたが走行中。だから。0にするには「停車中」が条件です。

    20のものを10にしたなら騒がない方がいいですよ。最後の最後に、相手の保険会社から引いた分の10を返せと裁判起こされますよ。

    余談ですが、納車11か月の車両。メチャクチャに大切にしていた車。毎週手洗いしていた車。すごくショックです。事故の様子はドライブレコーダーであります。誰が見ても「回避不可能だねこれは。」ご主人の車を自身のない奥様が運転していたとかですか?ローンがある?修理の一割払えない?関係ありません。

    それから今後の注意点はなんでしょうか?少し大人になりましょう。

    「心情」

    に配慮するには小さすぎる案件です。嫌なら保険に弁護士特約、自損、全保証をつけることです。間違っても共済じゃないですよね?
    それと・・0ですと、自分の保険屋は出れなくなるのですべて自分で処理ですよ。できますか?

    私は停車中衝突され0でしたが、保険がすべての対象に加入していたため相手の共済から来た金額の三倍を自分の保険会社からもらいました。地震保険もですが起こる前に約款を読み、保険会社に何をしてもらえるのかを理解しましょう。

    ユーザーID:6428476593

  • 担当によります

    以前主人が駐車場で車を停めて人を待っていたら後ろから車をぶつけられました。

    主人は10対0と確信してましたが、8対2保険会社に。主人側の担当が新人、相手がガラの悪い相手で事実無根の話を信じ、相手が怖いから早く解決したいから!とむちゃくちゃでした。

    最終は7対3になりました。私に話をまわしてくれたら10対0になるまで譲りませんが、主人も早く解決、修理したいからと終わらせました。

    その後保険は更新しませんでしたね。

    担当によります。新人や仕事出来ない人なら交代して貰いましょう。

    ユーザーID:4740611719

  • 0:100の場合もあります

    回答されている皆さんが
    「動いている車同士の事故で過失割合が0はありえない」と答えてらっしゃいますが
    私は当方が直進中、対向車が右折での交通事故で0:100の過失割合でしたよ。
    人身事故で先方保険会社提示の示談案に納得できず、民事訴訟
      ↓(途中経緯は略)
    裁判の判決で0:100を勝ち取る
    という、かなり複雑な経緯を経ての結果です。

    交通事故に強い弁護士さんにお願いしての訴訟でしたが
    私の入っていた自動車保険に「弁護士特約」を付けていたので、ずいぶん助かりました。

    数人の方が仰ってる通り「判例タイムズ」を参考にされるのが良いと思います。

    ユーザーID:3027990918

  • 我が家の場合

    加害者の方が、よそ見をしていた自分が100パーセント悪いと保険会社に言ってくれたそうで10:0になりました。
    事故後すぐこちらの保険会社に状況を説明したら、それでも過失1は免れないと言われていたのに。

    ユーザーID:4563517747

  • 手遅れかな?

    事故現場で本人から念書取れば良かったのに。

    ユーザーID:9267428682

  • ゼロはない

    車の車輪が動いている以上、過失ゼロには
    ならないでしょう。

    交通事故の書籍を何冊も買い
    読みました。

    ネットでも学びました。

    ユーザーID:9446871215

  • 重過失ではありません

    トピ主さんが参照していると思われる過失割合算定表には注釈があります。
    重過失の例としては、酒酔い運転、居眠り運転、無免許運転、過労等により正常な運転ができない恐れがある場合、等が挙げられます。
    脇見運転や著しい前方不注視は、著しい過失の例の一つに挙げられます。

    保険会社の提示する過失割合に納得いかない場合は、弁護士を選任して争うことになります(特に、自分の過失0を主張する場合、保険会社は賠償交渉の代行をできません)。
    まずは、今ご加入の自動車保険に、弁護士費用を保険で賄う特約が付いていないか、ご確認ください。

    ユーザーID:7698668246

  • 双方が動いていても過失割合が10:0はあります

    よく言われる「両方とも動いていたのであれば、10:0はあり得ない」というのはウソです。

    過去の事例をよく調べるといいですよ。

    知人も動いていたところにぶつけられて、保険会社が9:1と算出しましたが、納得できず過去の事例を調べたり市の無料法律相談の弁護士さんに相談したりして過失ゼロを証明して見せました。

    そこで調べた結果、双方が動いていても一方の過失がゼロになる事例はたくさんあるそうです。

    トピ主さんの場合がどうなるかは、私は専門家ではないのでわかりませんが、「動いていたら過失ゼロはあり得ない」というウソが蔓延しないようにレスしました。

    ユーザーID:5195475628

  • 有識者ではないけど

    1車線の道路でコンビニの横に停まっていた車を避けてすり抜けようとしたら
    その車が急発進して、私の車の左前部にぶつかりました。

    警察では停まっていた車が「発進の合図をしていたか」どうかを聞かれ
    私は見た覚えがないといい、相手はウィンカーを出した、と主張しました。
    結局、私の「見落とし」もあったかもしれないと言うような見解になりました。

    保険会社に話をすると 私が20で相手が80で話を出し、30、70くらいに落ち着けば、と言うような言われ方をしました。
    修理に持ち込んだ車屋さんでは「相手が強気に出れば最悪、5分5分に持ち込まれるかも…」と。

    その時は保険の知識も車の知識も全くなかったのですが後で聞くと、お相手の車はポルシェでした。
    なので、うちの保険屋さんもなるべく、こちらの過失を減らしたかったようですが厳しいだろうなァ、と。

    ところが、後に保険屋さんから「相手方の運転手さんの強い要望で全額持つとの事です」との連絡が・・・

    さすが、金持ちケンカせず?
    ポルシェのオーナー様、太っ腹!!   と感嘆しました。
    滅多にはないケースだそうですが、そう言う事もありました。

    ユーザーID:3958357157

  • ありえません

    10:90で良かったです。
    それ以上は無理です。
    何故なら、車が動いてあなたが運転してるからです。
    例えば、自転車を追い越そうと思った時に、もしもこの自転車がすっ転んでこっちに転がって来るかもしれない等、可能性を考えながら運転しないといけないのです。
    避けれるわけがない、というのはあなたに責任が無いという事にはなっても、保険の場合は仕方がありません。
    常識です。

    ユーザーID:7863209134

  • 説明は長くなるので省略

    私が過去に事故に遭ったとき、
    交差点での事故でしたが、

    当初 10(私):90(相手)

    結果 0(私):90(相手)
    となったことがありました。

    相手の保険屋さんと直接交渉しました。
    自分の保険は使いませんでした。
    ただし、ケースバイケース、破損状態にもよるので、お勧めはしません。

    ユーザーID:5013311363

  • 100:0は無理でしょ

    加害者側の前方不注意なのは間違いないでしょう。
    では、被害者である主さんは、どれだけ前方あるいは
    側方に注意を払っていましたか?

    当然、脇の駐車場から出ようとしている車があるって
    ことは見えていたわけですよね?
    もしかしたら突然出てくるかもしれないと注意しながら
    走行しましたか?
    それとも、突然目の前に現れたのでしょうか?

    現場を見たわけではないので断定はできませんが、
    トピを読む限りでは主さんに全く落ち度が無かったとは
    言い切れないんじゃないかと思いました。

    ユーザーID:4809196464

  • 良かったね

    人身事故でなく本当に良かったと思います。9対1の割合なら受け入れるべきですが、少しは文句を言いましょう

    ユーザーID:7082619461

  • 100対0は無理かな

    停車中の事故、右側通行、赤の信号無視以外は100対0にはならないと思います。
    停車中でも、ぶつかりそうになって停車したのは、直前停止と言って停車中の事故にはならない。
    右側通行は、追い越し禁止の道であって右にはみ出さなくても通行できるのに、右にはみ出した場合は右側通行で100:0となるはず。

    ちなみに100対0を主張すると、自身の保険会社の示談代行サービスが利用できなくなる。
    これは弁護士法によるもので、こちらにも過失がある場合は弁護(示談サービス)をしてくれるが、過失がないと主張すると示談サービスが利用できないそうです。

    あくまでも100対0を主張するのであれば、それはトピ主さん自らが相手の保険会社と交渉することになります。

    ユーザーID:5872031857

  • あくまで相手側の言い分に過ぎない

    「双方が動いていたなら100:0はあり得ない」ということはよく聞きます。
    ただ、粘り強く交渉した結果、勝ち取った事例もあることは事実。
    相手側の保険会社だって支払額を減らそうと「アラ探し」をしてくるわけですから
    その言い分をうのみにする必要はない。
    たとえ100:0が逃れられない状況でも少しでも支払額を減らそうと
    代車をケチったり(100:0の場合、代車は無条件で付きます)、修理に自社の提携工場を勧めたりと、いろんな手を使ってくる。

    まず、自分の保険を使う如何を問わず、自分の保険会社に連絡。
    過失ゼロの場合は交渉はできませんが、ある程度の話は通してもらえます。
    また、自分の保険会社の見解も聞けます。
    弁護士費用担保特約に加入していれば、それについての相談もできます。

    相手に弁護士費用担保特約に入っていることが伝わるだけで流れが変わることも大いに考えられます。

    ユーザーID:0517424045

  • 過失と考えないで、事故回避可能性と考える。

    免許取るときに「危険予知運転」を習いましたよね。
    皆さん忘れているんです。

    トピ主さんが、免許教習中の車だったら、廻りには迷惑だろうけれど、事故なかったと思いませんか?

    右が見えていない車の動向は、止まって安全確認していないとか、不審な動きがあるのです。
    100人の運転手の中には、約10人くらい衝突回避が出来る人がいると思えば良いのです。

    クラクションを鳴らすとか、手前で減速して安全確保、直前で急ブレーキとか。

    車が動いていても0過失の場合有ると思います。
    たとえば、

    相手車が、手前の塀や家などによって全く見えない場合。
    衝突の場所が車前面ではなく、後ろ席ドアやリア部分だったりした場合です。

    これだと、100人中一人も事故回避出来ないでしょう。そういう場合です。

    ユーザーID:2545592462

  • 回避義務を果たしていないような

     相手の保険屋さんは突っ込みどころだと思います。

     >>私は右にハンドルを切り対向車線まで回避行動をとったにもかかわらず、衝突した。

     残念ながらハンドルを切ってぶつかった場合は「判断ミス」と取られかねないです。
     ぶつかろうがブレーキを踏むことが回避のセオリーです。(もちろんハンドル切手避けられればモアベター)

     さらに突っ込まれやすいのがスピード この場合世間離れしていますが「制限速度を守っていたか」守っていたとしてもそれが証明できるかがあります。たいていの人は流れに乗り制限プラス10キロオーバーは当たり前ですが違反行為は違反行為。で減点材料。

     保険屋さんの判定は妥当だと思います。

    ユーザーID:9858718861

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧