本は借りる?買う?(駄)

レス41
(トピ主3
お気に入り53

生活・身近な話題

唐揚げ

子供の頃、本だけは、親にたくさん買い与えてもらいました。
月に1冊は、買ってもらい、ボーナスが出た時には、3、4冊買ってもらえたので
子供ながら、親のボーナスが楽しみでした。
図書館にも頻繁に連れて行ってもらいました。

私は、基本、新品で買う派です。
パラパラとめくった時のハードカバーの匂いが好きで、
中古本は、誰かが手に取っていた感じとその生活の匂いが付いているので、苦手です。

古くからある生活感の見えない古書独特の匂いは、割と好きです。

と言いつつ、マンガも大好きで沢山読むのですが、それは、中古でも大丈夫という、
変なこだわりがあります。

私の本の読み方は、まず流し読みをします。
その後、じっくり読み返す
→登場人物の視点になっている読み、かつ、登場人物がどんな人か想像する
→好きな場面を読み返す
→詳細を忘れた頃に読み返す
→後日談とか、私自身を物語の中に入れるといった妄想をする。

といった感じなので、図書館で借りるとなると、思うように読めないため、
購入したくなります。

文庫本より、ハードカバーが好きなのですが、
値段が張るので悩みどころです。
後発で発行される文庫本は、たまに、ハードカバーには無い後書きや番外編があったりするので、
それも、ハードカバーと文庫本で揺れ動きます。

金銭的に辛い時には、文庫本が出るまで我慢したり、
図書館から借りてきます。

本を選ぶ時は、瞬間的な第一印象です。
なので、失敗もありますが、とりあえず読みます。
もしかしたら、購入したのは失敗だと、その時は思っていても、
次に手に取った時には、面白いと思うかもしれないから。
現に、そういった事も経験していますが、なんとも、リスキーな買い方だなぁと思いつつ。

皆さんは、借りる派ですか?購入派ですか?

ユーザーID:1695767615

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数41

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 購入派だけど・・・

    BOOK off の100円コーナーでしか買いません。そして読み終わった本はまたBOOK offへ持って行きます。図書館はタダだけど借りに行くのも返しに行くのも面倒だし、返却期日があるのがせかされてるようで嫌なので行きませんね。

    基本は好きな作家さんの本を買いますが、それ以外で買うとなるとタイトルと裏表紙に書かれている内容で決めますね。私はサイコホラー系が好きなのでそういう内容の本が多いかな。

    購入した本って読み終わったら家に置いておくのですか?どんどん増えていくと思うんですが書庫でもあるのかしら?私は狭い賃貸に住んでいるので本なんて置いておく場所が無いし、荷物が増えるのが嫌なので買っては売りの繰り返しです。

    ユーザーID:8110816161

  • 好きな作家さんのは絶対に買います

    好きな作家、朱川湊人さんや川瀬七緒さん・・などは新刊本が出たら、すぐに買います。というか、前もって予約しておきます。

    ちょっと興味がある本は、ネットの中古(状態の最も良い中古に限ります)を購入したり、町の古本屋で見つけて購入したり。

    それ以外の作家さんの本は、図書館で借ります。

    でも、思いがけず非常に面白かったり、何度も読み返したくなる本は、借りて読んだあと、改めて購入します。
    同じ本は一度しか読まない友人は、「読んだ本をどうして改めて買うの?」と驚くのですが、私は好きな本は何度でも読みたいので。

    幸いにも私は自分の部屋があるので、かなり収納できるのですが、それでも年々増えてしまうため、時々売ったり、処分したりします。

    常時手元にあるのは、ハードカバー300冊くらいかな。それ以上多いと、管理が大変です。

    もう還暦を過ぎたので、細かい文字はちょっと辛い。
    「大活字本」がもっと増えたらいいなと、密かに願っています。

    ユーザーID:7088854868

  • 借りないです

    借りたことはなくて、買う派です。
    他の人が触っていた本を読むのは抵抗があります。

    読み返すということは滅多になくて、一度きりが多いです。
    内容をすっかり忘れてしまったら読んでも良いかな、と思いますが。
     
    面白かった本や好きな作家の本は取ってありますが、それ以外はしばらくしたら古本屋に売ります。

    ハードカバーも時には買いますが、高いので基本は文庫です。

    10代、20代の頃に一番本を読みましたが、中年になったら読みたい本が減りましたし、面白いと思う本も減りました。
    それでも、読書は好きですけど、やはり面白い本は少ないです。

    ユーザーID:0015589314

  • 買います

    返すのが面倒なので買ってしまいます。
    買うときは、4〜5冊まとめ買いします。
    ほぼ出先で読むので、新刊は文庫版になるまで待ちますね。
    古本は買いません。どうしても読みたい本は取り寄せてもらいます。

    私は解説から先に読みます。なんとなくあらすじが判ります。
    解説者の着眼点はなかなか面白く、読む楽しみも増えます。
    たまにざっくり跳ばし読みすることもありますが、読みたいと思って選ぶ本なので、ほぼ、きっちり読みます。

    子供の頃、母が本の嫌いな人だったので隠れて読んだものです。
    子供の頃に何度も何度も繰り返し読んだ本は、エーリッヒ・ケストナーでしたね。楽しかったなー。

    ユーザーID:0776051151

  • 古本屋で買って、古本屋に売る

    最も行きやすいのが商店街の小さな古本屋さんで、新刊書店は遠くにしかありません。
    図書館も遠く、歩くと片道1時間かかります。
    車で行くと駐車料金が要りますし、バスに乗っても同じくらいかかります。

    なので、古本屋で本を買って読んでいます。
    読み終わったらその本を持って行き、売って、次に読む本を買えば、図書館へ行くより安上がりになります。

    ユーザーID:3413287387

  • 読むだけ派

    小さい頃からの本好きです。
    人より読むのが早いので、販売前の本の読書OKの本屋&カフェでお茶を飲みながら読んじゃいます。読み返したい本だけ購入。

    数ヶ月前に本の断捨離をしてからこの方法になりました。
    以前は1冊を何度も読み返すタイプだったのだけどね。
    本に対するスタンスが変わったのかな。

    ユーザーID:8305500957

  • 合わせ技です

    基本的にはまず借ります。
    図書館に予約して半年待ってでも借ります。
    で、手元に置きたいと思うものは買います。
    新品中古はどっちでもいいですが、文庫本が望ましいです。

    全ては収納スペースに限りがあるためです。
    気に入ったものだけにしないと、あっという間に家が本に埋もれてしまいそう。

    例外はあって、時間つぶしにすぐに本が欲しいときは
    本屋でまだ読んだことのないものを買ってしまうこともあります。
    割合的には、一度読めばもう気が済む(買うほどではない)本の方が多いので
    そうやって買った場合の多くは失敗に終わるわけですが
    たまにはいいものです。

    ユーザーID:4752635279

  • 買う派

    買わなくても図書館で借りて済ませることが可能な本とは、ぶっちゃけ小説(文学)作品のみ。理工系、法学経済学といった社会科学・・・のような、多少なりとも専門性のある本は、大学図書館を別として一般の公立図書館になじまない。

    というわけで、私は必要な本はすべて買います。

    ユーザーID:3958505973

  • 購入派

    が、転勤族のため、あまり荷物が増やせず、電子書籍の割合が増えてます。
    特にコミックや人気シリーズの小説など。

    ほとんど文庫本ですが、たまに「この作品は文庫化しなそう」というような
    ややマニアっぽいのはハードカバーで購入します。
    中古で購入するのは、絶版だけど、どうしても読みたい本のみです。
    何となく「新品で手に入れたまま自分の部屋で一緒に時を過ごしたいから」と
    いう些細な拘りからです。

    図書館で借りるのは、ややレアな本が多いです。
    絶版でも手に入らなく、図書館のみ在庫がある本。
    現在の表現では「不適切」とされ、修正・編集された本の編集前の作品とか。
    発表当時は問題ないとされていたオリジナルの雰囲気を味わいたいからです。
    特に、ミステリなどは謎を解くための鍵が不鮮明になりがちなので、やはり
    修正前の正しい状態で読みたいです。
    最近は、よほど過激な表現を除くと「不適切だけど、当時の情勢を鑑みて
    敢えて原文のままにしています」と但し書きつきで再発表されている本も
    多いようで、当時の雰囲気を味わいたい人間としては少し安心しています。

    ユーザーID:2756119127

  • 最近は電子書籍

    借りる施設がないので専ら買っていました。

    前は立ち読みである程度内容を確認できましたが、
    今ではネットでサンプルやレビューを読める。

    電子書籍なら通販で紙本取り寄せる時間的ロスもなし。
    場所を取らないし、埃もたからない。
    電子書籍端末以上に重くならないし、数百冊入れても収納に困らない。

    紙本は順次売却処分中です。

    ユーザーID:2956648842

  • 特定の作家は買う

    私もマンガを含めた本が大好きです。
    好きな作家(宮本輝さんとか)の本は、すぐに買いますし、手放さずに持っています。

    好きだけど、急いで読まなくてもいいかな〜という作家さんの本は、図書館で予約して借ります。

    年に数回、海外旅行をしますが、旅先で処分する文庫本は古本屋で100円で買っています。

    ユーザーID:3767447653

  • 買う

    私は買います。

    学生の時は、使えるお小遣いのリミットもあったし、図書館で借りてくることが多かったです。学校の図書館は便利ですよね、、同じ建物の中にあるし。しかし学校を卒業したあとは、公共の図書館には返却期限内にわざわざ行くのが面倒で、出かけた帰りに本屋に立ち寄って、買う方が便利になってしまいました。本屋には新刊もあるし、ディスプレイなども凝っていたり本を買うつもりでなくても、フラフラしているだけでも楽しいです。公共の図書館は週末に、うるさい子供が多かったり、読みたいと思った本は貸出中とか、がっかりが多くなってしまいました。静かな平日の昼間に行けたとしても、定年退職後のおじいさんが居眠りしていたり、雰囲気が良くないのもあります。

    あとはやっぱり、新しい本の紙質とか手触りが好きですね、万が一汚しても(コーヒーとかさ、笑)折れ目がついてしまっても、気にしなくていい気楽さもよし。

    ユーザーID:3060223131

  • 買う派です

    月に20冊位読みます。
    新刊で出るハードカバーは欲しいけど、高いし場所を取るしで、
    ずっと文庫本でした。
    しかしそれでも収納場所がなくなり、ついに電子書籍となりました。
    なので、借りることができなくなりました。(苦笑)

    ユーザーID:9648348980

  • 借りる派になりました

    もともとは新品で買うのが好きでしたが、あまりに本が増えたので買うのを控えることにしました。
    いったん図書館で借りて読み、再読したくなるほど面白かったら買うようにしています。
    このやり方にしたら予算を気にしなくてよいため読書量が増え、年間の書籍代も10万円程度に減らすことができました。
    図書館、ほんとありがたいです。

    ユーザーID:0229576916

  • 今は借りる派

    子ども時分は読解力がなくて一度読んだ時と繰り返し読んだ時とで理解が変わり、何度も読み返しました。また、何度も読むことでまさに血肉になったようにも思う。

    大人になってからは複数回読んでも印象が変わるということはまずないので、読み返すことはほぼなくなりました。

    なので最近はほとんど買わないです。

    とはいえ、実家に帰ると相変わらず購入派で、本棚をみるとこういうことに今興味あるんだあ、とその傾向の変わり具合が一目でわかるので面白いです。

    ユーザーID:5061659056

  • 借りる

    活字中毒のため、月に10冊は読みます。

    買うと
    1.お金がかかる
    2.保管しておく場所がない
    3.処分が面倒

    以上の理由により、図書館ヘビーユーザーです。

    ユーザーID:0591825205

  • 買う派です

    近くに図書館がない環境だという事もありますが、買う派です。
    夫しか知らない変な趣味ですが、積み上がった本や並んだ本も好きで、読み終わった本を本棚に並べる瞬間が快感です。

    小説は、電車や色んな待ち時間で読む事が多いので文庫派です。
    人の手あかにまみれた古本でもいけます。
    本棚に並べたくなるような背表紙を持つハードカバーは、文庫で読んだ後に買ったりしていたバブリーな時期もありました。

    世の中には、まだまだ自分の知らない面白い本がたくさんあると思うとゾクゾクしますよね。
    死ぬまでにその内のどれだけを読めるかな。
    私もタイトルのイメージだけで買ったりする事もありますが、そういう本が面白かった時の高揚感は何とも言えないですよね。

    しかし・・子どもが生まれてからは自分の時間など無いに等しく、今はなかなか読めなくて切ない毎日を過ごしています。
    はぁ・・どっぷり本の世界に浸れる日々を夢見ながら、もう幾年頑張るとします。

    あとは図鑑や写真集なども好きで、そういう本は何度も手にとるので、やはり買います。
    私は買う派です。

    ユーザーID:3151167970

  • 買います

    基本的に書店で買います。絶版になっているようなものを除いて図書館で借りたり中古本屋で買ったりすることはありません。

    理由は本はリラックスしてだらしなく読みたいからです。ベッドに寝転がって読んだりお酒を飲みながら読んだりが好きなので、傷んでもよいように自分で買います。おかげで部屋は本で埋まっていますが、本が増えすぎたときは古紙回収に出します。ハードカバーは場所をとるので文庫が多いです。

    もうひとつの理由は、異論はあると思いますが、本の著作者と出版社へ正当な金銭的評価をしたいからです。だから読み終わった文庫本は古紙回収に出します。もう一度読みたくなったら、また買います。それが私なりの著作者と出版社への感謝と誠意の示し方です。

    もっともそれは、それなりに生活に余裕があるからできることで、そうしない人はそれでいいと思います。

    ユーザーID:1828155925

  • どちらもします

    子供が小さい頃からよく図書館を利用しています。書店の店頭でも欲しいなと思えば新品を買うし、図書館で借りて好きだったから買うこともあります。中古かどうかは正直気にならない性格です。

    上記に加え、最近はタブレットでも読むようになりました。これが結構気に入っています。暗いところでも読めるのが利点なので、寝る前でも部屋の電気を消して眠くなる直前まで読んだりできますし、本より持ちやすい。場所をとらないのもメリット。私の住んでる市の図書館はデジタル書籍もあります。

    将来的には、本当に収集したいシリーズだけハードカバーなどで集め、基本はデジタルで読むようになると思います。書店さんには申し訳ないけど、本の検索・購入も最近はインターネットが主流になりました。

    ユーザーID:5930643820

  • もうすぐ60歳

    若い頃は乱読、速読でしたが、中年以降はじっくり読むようになりました。
    ですから、返す期日のある図書館本は自分の読書スタイルに合わなくて、どうしても購入するほうが多い。
    古本屋で見て、あまりにひどいのは買わないけれど、そこそこの状態だったらオッケーかな。
    買った本は再び古本屋で買い取ってもらうこともあるけれど、面白かった本は手元に残したり、新品を買い直したりすることもあります。
    最初からでなく、気に入った箇所を読み返すことが結構あるし、もちろん最初からじっくり読み返すことも珍しくないのです。
    再読は楽しいですよ。
    以前は主人公や嫁の立場の気持ちしか判らなかったのに、この歳になって再読すると、姑の気持ちが痛いほど判る(笑)
    1冊で2度も3度も感動したり、人生の勉強が出来たり。
    本は良いですよね。
    ちなみに絶対に購入する作家の本は、篠田節子さんと宮部みゆきさんかな。朱川湊人さんもいいですね。

    ユーザーID:4476831767

  • 以前は買っていた

    小説とかノンフィクション作品です。今は図書館で借ります。手元に置いても2度と読まないのがわかったので、買ったものも読み終わったら古本で引き取ってもらったり、図書館に寄付したりします。どうしても買いたいという本がないことも原因です。

    ユーザーID:7227376520

  • 買う

    ただし 永久保存したい本だけです。
    あとは我慢するか図書館で借りるかですね。

    全ての本を買うということはないけれど 手元に置いておきたい本は存在します。

    ちなみに数十年前に5000円で購入した本は 現在68000円の値段がついてます。
    そういう本も存在します。
    (別に売却目的ではありませんが)

    ユーザーID:1312577828

  • 最近は図書館が多い。

    でも、いつも買う作家さんの本も有ります。

    やっぱり場所をとるので、厳選しますね。

    読み方は、感情移入タイプです。
    だから、同じ作家さんでも「この本は無理」っていうのもあります。
    好きな場面ばかり読み直す事も有ります。

    少しですが、借りて読んで買った事も有りますよ。

    ユーザーID:6204503653

  • 買う派

    出来れば新品で買います。
    作家さんの収入に貢献できなければ次回作がないと思っていますので。
    ただ、家族間では貸し借りしてますね。
    図書館へは少し遠いし、読める時間がきっちり取れるわけではないので、読み終わって返すストレスを考えると買うほうが私には合ってます。
    ただ、金銭的な問題と収納でハードカバーは買いません。
    本当はハードカバーを初版で買うのが作家には一番いいのはわかってるんですけどね。
    漫画は初版で、発売すぐ買うようにしてます。
    電子は目が疲れるのと、すぐ前のページに戻れないのでやめました。

    ユーザーID:9939980138

  • 紙の本は借りる、電子書籍なら買う

    本とCDは持たない、と決めて、小さいマンションに住んでいます。
    Kindle や iPod、それに公立図書館でネット予約できる仕組みなどが無ければ成り立たない暮らしですね。
    テクノロジーに感謝です。

    ユーザーID:3290279948

  • 買う

    若い頃は図書館で借りてました。
    気になった箇所を、ノートに書き写したり、コピーしたりして、真面目だったなー。

    今は、読みながら赤線を引いたり付箋を貼ったりするので、買うようになりました。
    でも、買うのはほぼ当たりだろうというものですかね…。

    ユーザーID:9996406784

  • 基本は借りる派

    本が大好きだし
    できれば作家さんの売上に貢献したい

    でも手狭な家で本を置くスペースは限られてるし、大した給料ももらってない
    月に2〜3冊程度の読書量なら買っても問題ないですけど
    平均20冊前後、漫画をいれるともっと読んでるので
    とても全てを買うのは無理です

    ですから基本的には図書館で借りて
    手元に置きたいと思った本だけ購入します

    書庫のある家が欲しいな〜

    ユーザーID:7411802264

  • 買い支えたい

    文芸、小説、マンガはできる限り買います。
    好きな作家さんの新刊は、発売初週(できれば初日)に。
    初動売上で重版の有無が決まり、次巻・次作があるかどうか分かれるからです。
    本棚に空きスペースがないので電子書籍で買うことも増えました。
    (電書売上は別カウントという出版社もまだ多いそうですが…)

    本の売れない時代だからこそ、買える限り買いたいのです。

    ユーザーID:7078506696

  • 借りてから買う

    同じ作者でも、
    これは読めない
    と思うこともあるし
    ○○賞を取って作品でも
    2ページで断念したものもある
    なので、一度は図書館で借りてから
    気に入ったら買います

    好きな本は何度でも読みます

    この作者なら。。
    と思って買った本で何度も失敗したため
    この方法になりました。


    話題になっている本でも
    合う合わないがあります

    ユーザーID:5699040885

  • 古本屋さんで買います

    薄給ですので、本は読みたいがお金がない。
    文庫本でも良かったのが、最近は寄る年波で読みづらい、
    ということでもっぱら古本屋さんです。
    古本といえども、上手に読んでいられるのか
    はたまた読もうと思って読んでないのか、ほとんどがとても綺麗な状態で並んでいますね。

    著作者に敬意を払いたいと言われる方の意見ももっともで恐縮しつつも
    新刊はひと月に2冊買えればいいところです。

    一度ネットで古本を買ったことがあるのですが、
    タバコなんだか、なぞの匂いが染み付いていてそれ以来ネット購入はやめました。

    ユーザーID:9267614136

レス求!トピ一覧