ボーナスの手取り額・・・なぜ?

レス22
(トピ主2
お気に入り196

キャリア・職場

すずめの涙

転職して丸2年になる独身40代女性です。
今日冬季賞与が出ました。うちの会社は本社が雪国にあり
冬場は光熱費が高くなること、また年末年始で何かと入用が多い時期
ということで、夏よりも冬季賞与のほうが額が多くなります。
でも明細を見て驚きました。
額面は夏季賞与から4万円増えているにもかかわらず
手取り額は5千円しか増えていないのです。
引かれているのは夏季、冬季ともに健康保険、介護保険、
厚生年金保険、雇用保険、所得税だけです。
比較すると、夏季賞与の手取り額は支給額の約80%、
冬季賞与は75%しかもらえていません。
これはどういうことなのでしょう?
仕組みがわかる方、どうか教えて下さい。

ユーザーID:9582650459

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それはトピ主の勘違い

    >比較すると、夏季賞与の手取り額は支給額の約80%、
    >冬季賞与は75%しかもらえていません。


    税金は、1〜12月分全ての給与所得に対して、年末調整で確定します。支給時に天引きされている税は「とりあえず、この程度」ということでしかありません。

    ユーザーID:7257211512

  • 各々の額を比べた?

    支給額が増えれば各々の引かれる額も変わる。

    結果支給額に比べ手取りが相当少ないケースは当たり前に有る。

    私の場合、前期より支給額が17万円程増えましたが手取りでは11万円増となっています。

    ユーザーID:5294919911

  • 所得税の計算方法が給与の時と異なります

    控除される分の計算方法は下記の通りになります。

    1健康保険料(介護保険料含)・・・賞与額(1,000未満切り捨て)×11.54%
    2厚生年金保険料・・・賞与額(1,000未満切り捨て)×18.182%
    上記の数字は東京都の場合です。都道府県によって数字は異なります。
    3雇用保険料・・・賞与額×5/1000

    最後に所得税ですが、前月の給与を元に計算します。
    前月の給与額から前月の健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料を
    差し引きます。
    差し引いた金額から「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」に当てはめて係数を割り出します。
    所得税・・・賞与額ー(1から3の合計)×割り出した係数

    よって、前月の給与額が普段より多ければ係数は高くなります。
    前月、残業が多かったという事はないでしょうか?

    また健康保険料等も賞与額が基準となっているので、
    夏季賞与より控除額が多いと思います。

    ユーザーID:3078442027

  • それは

    所得税の違いでしょうね。

    額面が上がれば、スライドしていきますが、一律ではなく、金額によって税率が一気に変わる所の境目だったのではないかな?

    だから結果的に夏と比べると、そのような違いになったのだと思われます。

    ユーザーID:4583321242

  • 金額かいてくださらないと分からないですよね

    これだけの情報じゃ、控除金額が適正なのか疑義があるのか分かんないじゃないですか。
    収入増えた分控除が増えたんでしょとしか言いようがないよ。
    失礼ながら
    0.75(a+4万)−0.8a=5千
    ってことで、夏50万の冬54万。でもそれにしちゃ控除されてる金額が小さすぎて??

    せめて社会保険料でいくら、所得税でいくらって書いてほしいけど、額面4万円の差なら等級も1つ違うくらいで、3万前後手取りが増えるのが自然かなという結論。

    ひょっとしたら、1〜11月で源泉徴収した金額が小さすぎて年末調整で追加支払いしてもらう金額が発生したものの、12月の給与でいっきに引くと12月給与が少なくなりすぎるおそれがあるので、賞与からも仮の徴集をしたのじゃない?
    まあ、給与担当者が所得税計算まちがってても、確申すれば大丈夫。社会保険料だけしっかり保険料額表と照らしてチェックして、それでもおかしければ担当者に聞くしかないね。

    ユーザーID:9144013498

  • ?答えは手元に

    賞与の明細があるんですよね?

    何が幾ら引かれているかを比べたらわかるのでは?

    それさえ出来ない????

    ユーザーID:0926347874

  • 所得税が高いから

    ボーナスだと最低でも10パーセントの所得税がとられます。
    額面によっては20、30パーセントになります。

    賞与に対する保険料率も通常と異なるため。

    ユーザーID:1755778420

  • 社会保険料が上がったんですよ。

    世の中をもうちょっと勉強なさった方がいいでしょうね。

    ユーザーID:5799964450

  • なにそれ

    ボーナスがあるだけ、ありがたいんじゃないですか?

    ユーザーID:2277361797

  • 前月の給与は

    現役を離れて、数年が立ちますが、
    各種社会保険料、及び所得税の額を確認しましたか?
    確か、
    各種社会保険料は前月の給与によって決定したような気がします。
    まっ、ここで聴くより経理に行った方が早いです。
    資料がある筈ですから。
    まさか8月昇給ってことはないですよね?

    ユーザーID:5279259331

  • 年末調整

    税金がガバッと増えてたら、年末調整で持っていかれたのでしょう

    ユーザーID:8714408111

  • 確実なことは言えませんが...

    普段職場で給与賞与計算の担当をしている者です。
    賞与税率が前回の賞与より上がったため控除額が増えたのかな、と思います。
    税率は直前の給与額に紐づけられるものなので、たとえば前の賞与から今回の賞与までに昇給があったりすれば、税率があがります。

    ユーザーID:1950467115

  • 引かれるものが増えた

    厚生年金の保険料率が、夏より上がっています。
    あと、賞与の所得税は、直近の給与額によって決まります。明細に何%って書いてないですか?
    夏より上がっているはずです。

    ユーザーID:3066468421

  • 所得税の税率?

    給与計算に携わっている者です。
    賞与の手取り、ビックリするぐらい色々引かれていて驚きますよね。

    考えられるとすると、
    ・9月に厚生年金保険料率が上がったので厚生年金が増えている
    ・所得税の税率が上がっている
    の2つだと思います。

    厚生年金はたいした増額にはならないはずですが、
    賞与の所得税の税率は、前月給与の額に応じて決まるので、
    前回の夏の賞与以降に昇給があったり、
    最近残業が増えたりして前月給与が増えた場合には、
    所得税が多くかかってしまうことがあります。

    所得税は、最終的には年末調整で再計算されて、
    年間トータルで引かれすぎていれば戻ってくるので、
    一時的な残業で税率が上がってしまった場合には精算されますよ。

    ユーザーID:6366271185

  • 40歳になったばかりですか?

    厚生年金保険料の料率が上がるはずですが。

    ユーザーID:4180044115

  • トピ主です

    投稿した後、いい歳してあまりにも無知であることを
    さらしてしまい、恥ずかしく思っております。
    こんなトピに対し、わざわざレスを下さった皆様、
    本当にどうもありがとうございます。
    改めて明細を見ると、夏季賞与の時は支給額に対して
    3%ほどだった所得税が、今回はどかんと9%近く
    引かれています。レスしていただいた中にもあるように
    ここが大きいようです。
    年末調整で戻る、ということなので年末調整を待ちます。

    ユーザーID:9582650459

  • 会社に聞けば?

    こういったネット上に賞与額を晒したくないでしょ。
    給与計算の担当者に聞きましょうよ。
    そういう疑問に答えることも担当者の仕事のうちなんですから。

    ユーザーID:2970915385

  • 前月給与が多い

    賞与の税額は前月分の課税対象額によって税率がかわります。前月沢山残業などをしてると多めに徴収されます。
    払いすぎは年末調整で返ってくるので問題ありません。
    厚生年金の保険料率も9月に上がるので夏と冬では賞与額が同じでも冬は徴収額が上がります。

    ユーザーID:0711814660

  • トピ主です。謎が解けました

    引き続きのレスをありがとうございます。
    謎が解けました!
    「所得税率は前月給与による」とのレスを下さった方たちがおられます。
    すっかり忘れていたのですが、11月給与は通常給与に加え、
    いったん自費で払っていた外部講習会の費用が返金されたいたのです
    (最終的に会社負担となるもの)。
    その額、12万円・・・大きいですよね。
    これがボーナスの所得税率に反映されてしまったと思われます。
    これも、払い過ぎている分は年末調整で戻るのでしょう。
    返金分はすぐに貯金口座に移してしまって、生活費等には
    使わなかったこともあり、すっかり忘れていました。
    いやー、すっきりしました。そして、トピを読んで下さった方々には
    お騒がせいたしました。再度になりますが、無知な私の質問に
    親切にレスを下さった方々にはありがとうございました。
    心からお礼申し上げます。

    ユーザーID:9582650459

  • それは違う!給与担当者に確認しましょう!

    外部講習会の費用は、あなたの収入じゃありません!
    会社の経費です。
    収入じゃないものに税金が掛かるのはおかしいのです。
    仮に、外部講習会費用を研修手当として支払ってあるのなら別ですが
    これは、あなたが立て替え払いした会社の経費でしょ?
    もし、この費用が課税対象として支払われているのだとしたら
    給与計算が間違えているし
    あなたから指摘がない限り、年末調整で訂正されることはありませんよ。

    納得いかない給与計算は担当者に確認するんです。
    これは恥ずかしいことでもないし、おかしな事ではありません。
    給与受給者の正当な権利です。

    悪いこと言わないから、早急に尋ねたほうがいいですよ。
    もしかしたら間違えているかもしれないんですから。
    25日給料で年末調整も同時にする会社なら、もうすでに年末調整計算も振込処理も終わっている可能性が高いです。
    あとで訂正はできますが、早めに動いたほうがいいですよ。

    ユーザーID:2970915385

  • え?

    >雇用保険料・・・賞与額×5/1000

    poyochanちゃんさん

    トピ主さんの業種がわかりませんが、
    今年の4月から雇用保険の料率が下がって、
    農林水産・清酒製造の事業と建設の事業は5/1000
    上記以外の一般の事業は4/1000
    が労働者負担分ですよ。

    ユーザーID:6998820563

  • もう一点

    >1健康保険料(介護保険料含)・・・賞与額(1,000未満切り捨て)×11.54%
    >2厚生年金保険料・・・賞与額(1,000未満切り捨て)×18.182%

    上記の率は会社負担分と従業員負担分に分けていない全額なので、実際に従業員から徴収する金額は上の計算で出た金額の1/2です。

    ユーザーID:6998820563

レス求!トピ一覧