電車の中で。

レス24
(トピ主1
お気に入り92

生活・身近な話題

じゅのん

先日。電車の向かいの座席に小学校低学年くらいの男の子が2人座っていました。親は同行せずで「どこへ行くのかな、大丈夫かな」と何気なく見ていたら、2人でコソコソ話を始めました。
そして1人の子が勢いよく立って「おばあさん!どうぞ!」。コソコソ話は席を譲る相談だったみたい。
譲られた女性は、おばあさんと呼ばれるには早すぎる。60歳前後かなって感じです。
その光景に私はドキン!!…なぜなら、遥か30年以上も昔の苦い思い出が蘇ったから。

遥か昔のその日私は1人で電車の座席に座っていました。途中で年配の2人の女性が目の前に立ちました。手には大荷物。
迷ったけど「どうぞ」と席を立ちました。荷物が重そうだったから。
すると女性の1人が「わあ!席譲られた!」、もう1人が「こんな子から見たら私ら年寄りに見えてもしゃあないわ(関西弁・仕方ない、の意)」。そして2人でゲラゲラ笑い出しました。
最後は「せっかくやから座らせてもらうわ」と。どちらか1人が座りました。

人生経験を積んだ今なら「たくさん荷物をお持ちだったので…」なんて言えるけど何しろ当時は高校生。
恥ずかしくていたたまれなくなって、下車駅はまだ先なのに次の駅で降りてしましました。次の電車を待ちながら、悲しくて悔しくて涙が出てきそうになりました。

そして現代に戻って……
おばあさんって言っちゃったけどどうなるかな。ドキン……
するとその女性、言いました。「ありがとう!荷物が重くてしんどいなって思ってたとこ!気がきくね!」
そしてホントに嬉しそうに座られました。男の子たちも誇らし気な嬉しそうな笑顔。

ああよかった!この子たち、これからも迷わず席を譲る優しい人に成長するだろうな、って気持ちがほっこりしました。

私もいつか初めて席を譲られる日が来たらこんな風でありたいな、って思った出来事でした。

ユーザーID:2979125507

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それはいい場面を見ましたね

    でも、トピ主さんの経験、そんなに苦い思い出でしょうか。

    その時の女性たちは怒り出したわけではないのですよね?
    しかも、せっかくだからと座ってくれたのですよね?

    泣く必要は全くないと思うのですが。

    高校生が30年以上前なら、今は50手前くらいでしょうか。
    あと10年もすればお分かりになると思いますが、自分の気持ちと客観的な年齢に大きなギャップのできる年代があるんですよ。
    その時の女性は単純にびっくりし、いつまでも若い気でいる自分に多少の自省をこめて笑ってしまったのだと思います。

    決して悪意はなかったのですから、責めないであげてくださいな。

    ユーザーID:6224804181

  • すてきなお話ですね

    私はいま足を痛めていて、杖を使って歩くのがやっとです。

    電車に乗ると、本当に立っているのは辛い。
    若い人はスマホに夢中で知らん顔。でも時々、とても敏感に見つけていただき、席を譲ってくれる方がいらっしゃいます。

    本当に助かるので、心から「ありがとうございます」といってお言葉に甘えますが
    その人がずっと乗っていらっしゃる時は、降りる時にもう一度「ありがとうございました!」と笑顔で伝えるようにしています。

    「あ、いえ」と相手の方も笑顔になります。

    せっかくのお気持ちへの感謝はしっかりを伝えて、相手の方も、良い気持ちでいてほしいです。

    ユーザーID:4150373970

  • 少年に言われるのと、若い女性のあなたに言われる違いが分かる?

    年配の女性は、
    三十年前の当時でも、

    「女性たち」です。

    想像ですが、
    女性が「おひとりさま」だったら、
    素直に譲られたかも。
    でも、
    女性二人って怖いものなしの最強ですよ。

    それに、

    「どっちがより老けてみられたのかしら?私?片方?」なんてね。

    女心は複雑なものよ。

    それと、
    年配といっても女は女、
    子供じゃない若い女性のあなたに年寄り扱いされるのは、
    ムカついたと思いますよ。

    少年は少年、
    なんだか嬉しいものよ、女は。

    長いトピなので、
    長く書きました。

    ユーザーID:3761514243

  • 「おばあさん」で正解

    その子たちの祖母世代が、大体60歳前後でしょうから。

    ユーザーID:1630483538

  • 席を譲られたら座ってあげてほしい

    随分昔、混んでいる通勤電車に乗りました。
    目の前にはお腹が大きいお母さんともうすぐお兄ちゃんになる5歳くらいの男の子が座っていました。
    男の子がお母さんに何か耳打ちし、お母さんは「そうしたければそうしなさい」と優しく答えていました。
    そして、男の子は私に席を譲ってくれたのです。
    当時私は30歳。しかもあまり化粧っ気がなく若く見られる方でした。
    しかし、男の子には席を譲るべきすごく年上の人に見えたのでしょう。
    男の子の気持ちを無下にしたくなかったのでありがたく座らせてもらいました。
    「あぁ、この子は将来ものすごく良いオトコになるんだろうなぁ」と思いながら。
    今頃、25、6歳になっていると思います。

    私も18歳の頃、電車に乗ってきた妊婦さんに席を譲ろうとし、断られました。
    次の駅で別の席が空き、その方はその席に座られました。
    その時の虚無感と言ったら、なかったです。

    席を譲るのって、すごく勇気がいるものだと思います。
    その勇気を挫かないためにも、譲られる側はできる限り座ってあげるべきだと思います。
    座ると立ち上がるのが辛いなどで座れない場合は、その理由を教えてあげてほしいと思います。

    ユーザーID:8601190932

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • そんな人になりたいよね。

    心からそう思います。
    カッコ悪い生き方はしたくない。


    でも、関西弁のおばちゃんたちは
    確かに誉められたもんじゃあない対応ですが、
    かたくなに席を譲られるのを拒否する人より、
    よっぽどましだと思いますよ。

    勇気を出して席を譲る側から見ればね。

    ユーザーID:1117677068

  • 素敵な歳のとりかた

    子供たちに席を譲られて、気持ちよく座ったご婦人、素敵ですね。
    私もそんなふうに人の親切を素直に受け取れる人間になりたいと思いました。

    あなたの席を譲ったエピソードも関西のおばちゃんにはありがちなことかなと思いました。
    「せっかくやから」と座ってくれたんだし、おばちゃんたちはあなたの気持ち、ありがたく受け取ったと思いましたよ。
    ゲラゲラ笑ったのも、あなたを笑ったのでなく、私らももう年寄りやなぁみたいな乗りだろうと思います。
    ちょっとデリカシーなかったかもしれませんけど(笑)

    ユーザーID:3844244865

  • 相手が違う

    小学低学年の男の子が言うのと、女子高生が言うのは違いますよ。

    ユーザーID:3005780589

  • こういうよい話、もっと読みたいね

    タイトルから、またマナーの悪い乗客への批判かと思ったりしましたが、そうではなくてよかったです。
    みんなで公共交通が気持ちよく利用できればいいですね。

    ユーザーID:1199493686

  • 私は気にしません

    関西弁を話す女性が乗ってきたいうことは、トピ主さんが嫌な思いをしたのは関西以外でですよね。

    慣れない関西のノリがきつく感じたのでは。。

    私は関東出身ですが、大阪とかでは席を譲る時、こんなやりとりが普通ではないかと思っております。(明るく笑い飛ばすような)

    ユーザーID:5474995149

  • 素晴らしいエッセイです。

    小町の投稿からは、たくさんの人生訓を得ることができます。

    「電車の中で」を読ませていただき、こころに灯がともる想いがしました。

    二人の小学生低学年の会話、高校時代のトビ主さんの悔やまれる思い出、気持ちよく座席を譲られたおばあさんのやり取りがまるで動画を見るごとく伝わってきます。

    立場を異なったひとが、ちょっとだけ自己主張を横に置いて、隣のひとを「考える」そして相手も感謝して「受け入れる」ならば、少しは生きやすくなるのではないでしょうか。

    トピ主さんの最後の願い事は大切です。そういう人がひとりでも増えますように。
    また、最初から最後まで非の打ち所のない観察眼と文章で、素晴らしいエッセイです。

    ユーザーID:5323805652

  • 自分の親ながらあきれた

    私の父親はもう70歳半ば。
    外見は立派なおじいさんです。
    ですが、外出時におしゃれして電車に乗ったら席を譲られたと憤慨してました。
    「俺は席を譲られるほど年寄りじゃない!」
    いえいえ、あなたは立派なおじいさんですから・・・と呆れました。
    挙句の果てには私の母まで「本当にどういうつもりで席を譲るのかしら!この人がそんなに年寄りに見えるの?!」と言ってました・・・夫婦してこの有様。
    で、席を譲られてどうしたの?と聞くと
    「私はそんなに年寄りじゃないので結構です」と言ってやった!と胸を張って言ってました。そんな父を見て母は「そうよ!あなたでおじいさんなら、皆さんおじいさんだわ!」と言ってました。
    もう頭抱えました。
    超高齢化社会の日本、90、80台のお年寄りが多くなっているので70歳でも「私は若い!」と思うのでしょうね。
    私は父にあなたは他人から見たら立派なおじいさんです!認めなさい!人からの好意は素直に受けなさい!と言いました。それでも父は納得していない様子。
    父に席を譲って頂いた方に申し訳なく思いました。

    ユーザーID:5780257351

  • 今の人の方が素直に譲られるような気が・・

    昔のお年寄りの方が「まだそんな年齢じゃない」アピールをしていたように思います。
    今のお年寄りは素直に譲ってもらう人が多いと思います。

    例えば、私は妊婦さんと間違えて譲って怒られた経験がありますので、それについては今でもとても慎重ですが、友人はふわっとしたワンピースを着ていて譲られたとき素直に座ったと言っています。

    太っていて間違えられる人は、痩せている人より立っていることが辛いと思うので代わられてもいいと思います。

    前に自分では気づかなかったのですが、40代の頃前に座っていた人に「代わりましょうか}と言われ驚いたことがあります。よほど、疲れたような気分が悪そうな感じに見えたのでしょうか?「いいえ大丈夫です」と断りましたが。

    ユーザーID:3154919442

  • ありがとう!は魔法の言葉

    まだ自分では「おばあさん」と呼ばれるのに抵抗があったころ、ちょっと混んだ電車に乗って、ドアの近くから中のほうに移動しはじめたとき、なにかの運動部の合宿だったのかな、中学生くらいの団体がいた。席にすわっていたのがひとり。そのひとりが「どうぞ!」って私に席を譲ってくれたんです。すごくうれしくて「わあ、うれしい、ありがとう!!!」って言って微笑みながら席についたら、みんな私のほうを見てさざなみのように「かわいい、かわいい」というささやきが・・・。そうか、私はかわいいおばあちゃんなのねと思って、でもなんかほんわか暖かかったわ。

    ユーザーID:6100588234

  • おばあさんも素敵

    遠慮せずに、男の子たちの好意を無駄にしないために、笑顔で座ってくれたおばあさん・・・素敵なマダム! ですね。

    席の譲り合い促進は、譲られたら素直に座る、ということ大事だとおもいます。


    私は海外にいたとき、バスでそれはたくさん席を譲られました。子供が小さくていつも抱っこしていたからです.「すわる?」って腕をつんつんして、聞いてくれます。
    最初は遠慮してたんですが、笑顔で座らせてもらうようになりました。


    日本でも、子供がちいさいころ、電車でお席を譲っていただいたことたくさんあります。
    混んでいたとき、とても助かりました。

    勇気をだして、「席どうぞ」といった男の子たち。きっと胸は誇らしさでいっぱいですよね。


    うちの息子は8歳になりました。電車で席をゆずれるような男の子になってもらいたいです。

    ユーザーID:0127266329

  • わかるわ〜

    私も言われた事あるわ。
    もっとも社会人になってからの話ですが
    「そんな歳に見えるの!!」と怒られましたよ。
    怒らなくてもなぁと今でも思います。
    でも多かれ少なかれ、そういう経験してる人は多いんでしょうね。
    明らかに足が悪い年寄りと言って差し支えない男性に席を譲った時も
    (しかも席に座るのに手も貸したのですが)うんともすんとも言われなかったわ(笑)
    お礼が言われたくてした行動ではないけど、それもなんだかね…


    私もあと何年かしたら譲られる側になるんだろうなぁ。
    その時は年齢がどうのという事より、親切に素直にありがとうと
    言える人間でありたいと常に思っております。

    ユーザーID:6594136122

  • 素敵ですね

    善意の人に恥をかかせてはいけないと思ってます。
    なので、ちょっとぽっちゃり太ってしまった30代半ばの頃、
    チュニックを着て電車に乗っていたら、妊婦と思われたのか
    若い女性に席を譲られました。
    もう、妊婦になりきって「ありがとうございます」譲っていただきました。
    「違います」なんて断ったら、失礼なことをしてしまったとその女性は後悔してしまうし、恥をかかせてしまう、そう思ったので。
    座っている間は、さらにお腹を膨らませて妊婦になりきりました。
    久しぶりに妊娠したような気分にもなって、彼女の優しさとともにほっこりさせていただきました。

    ユーザーID:5637564559

  • いつか、そんな日が来るのだな。

    数年前に、若い男性に席を譲られた事かあります。私を見て『あ、すみません!どうぞ!』と。何故譲られたのか分からず、戸惑いながらお礼を言い席に座りました。ニコヤカな彼。
    ふと、妊婦さんと間違われたんだなーと思い及びました。確かにあのワンピースの時、私のお腹はポッコリしていた。彼に笑顔を贈りながら、お腹を大事そうにさする演技をしました。
    ちょっぴり傷つきながら。
    今度は、そう遠くない未来に年配として席を譲られるのだな。その時が来たら、ニッコリと笑顔で気持ちを受け取ろうっと。ちょっぴり傷つきながらね。

    ユーザーID:4971188033

  • 私も断られたなー。

    小学生か中学生の頃だったかな。
    意を決して譲ったら「大丈夫よ」と断られました。
    今は年の功もあり(40代です)「いえいえ、そう仰らずに」なんて会話もできるけど、その時は何だか凹んでしまい、しばらく席を譲るという行為ができませんでした。
    私もいつか席を譲られたら、譲ってくれた方の気持ちに感謝して、ありがたく座らせてもらおうと思います。

    ユーザーID:1142986870

  • 逆の思い出

    思い出というほど昔ではありませんが、
    電車で子供を抱っこしていると良く席を譲ってくださる場面に遭遇しました。
    大変有り難いと思いつつ、自分の子が座ると愚図るタイプだったので
    「座るとこの子愚図るので大丈夫です。」と断っていました。
    でも今思えば、きっと勇気を出して声をかけてくださったのに、
    座った方が良かったのかなと思いました。

    私も将来別の理由で席を譲られるようになった時、
    ちゃんと笑顔でお礼が言えるようになりたいです。

    ユーザーID:9923791060

  • 私もそうありたい

    分かります。

    私は何歳であろうと、50代で譲られたとしても、
    若い人(小さい人)の善意を汲んで、喜んで座りたいと思っています。

    以前、席を譲った女子高生に対し、
    65歳くらいでしょうか、フンと鼻を鳴らして無言のまま立ち続けた場面に遭遇し、胸が痛みました。

    それに比べると、主さんの思い出の女性たちはマシだと思いますが、
    感じやすい時期の子には辛かったろうなと思います。

    若い人小さい人が、見知らぬ年配者に声を掛けるのって、それだけで勇気がいると思うんですよね。

    それを肯定してあげたい。
    たとえマラソン走れる体だったとしても(笑)、善意に感謝したいと思っています。

    ユーザーID:6276056282

  • やさしい子たち

    こういう話は素敵です。

    若かりしトピさんが勇気を出して席をゆずったのにゲラゲラ大声で笑った二人のおばさんたちはあまりにもデリカシーがなさすぎました。高校生だったトピさんの傷ついた心が痛いほどわかる気がします。もちろん、その方たち、年寄りに見られたと思って自分たちのことを大笑いしていたのでしょうけれど、それにしても。

    最近は昔にくらべて年配の人たちに席をゆずる若いひとたちがずいぶん増えたように思えます。一年ほど前に日本に2週間ほど滞在したとき(海外在住なので)電車やバスに乗ると席を譲っているのをしばしば見かけ、温かい気持ちになりました。優しい人が多いと感じました。
    席を譲られたら素直に気持ちよく受けたいものですね。

    ユーザーID:4309801438

  • いいね、うれしいね。

    関西の人、東京より人間くさい人が沢山います。
    その60歳近くの女性がまだ若かった頃、日本はバブルでジュリアナ東京、大阪もUSJ誘致、花博、関空建設で実に華やいでいました。 女性の誇りは高く、「私の夢」も多種多様で楽しかったなぁ。
    関空の人、とっても冗談が大好きです。特に凍死するほど寒いのが。この60位の人たち、ものすごく照れ屋でお礼を言うのがとっても恥ずかしく、お友達も一緒だからこうなってしまったと思います。
    あと女性は死ぬまで女性です。どんなに小さな女の子もお婆ちゃんも女心、あります。誇りも憧れも変わりません。 嫌なことはいつまでも忘れないし、認知症になっても絶対そのままだと思います。
    そして、その子達はさらに気遣いを覚え、女性が歳を気にすることを覚え、声のかけ方を覚えていきます。知らない女性に「おばちゃん」「お婆ちゃん」「ハバア」は大人が絶対言ってはいけません。 「よろしければどうぞ」「無言」が一番よいと考えます。
    45歳 男 統合失調症より 草々

    ユーザーID:1296706237

  • トピ主です

    初めてのトピをたくさんの方に読んで頂き、とても嬉しく思っています。

    皆様のレス、全て読ませて頂きました。
    見知らぬ者同士が一定の時間を共有する電車。様々な思いやエピソードがあるんだな、と思いました。
    妊婦さんと間違われたり、譲って断られたり。まだ若いけど譲られたり、譲られたお父様がまだ若いと怒っておられたり。
    最近は席を譲る若い人が増えたとも。
    そしてご指摘頂いたり、文章を褒めて頂いたり。

    当時、電車内の出来事を話した母にこんな事を言われました。
    ・女性たち、初めて席を譲られてビックリや照れ隠し…色んな気持ちが入り混じっての言動かも。
    ・その女性たちも今頃、ゲラゲラ笑って女の子を傷つけたかな、って気にしてるかも知れないよ。
    ・座ってもらえてよかったね。
    …高校生の私も席を譲られる側にも色んな思いがあるのだと気付く事ができたのでした。

    先日見かけた小学生の男の子。あんなにキラキラした目で譲ってくれたら、誰でもありがとうっていう気持ちになるかな。確かに女子高生に譲られるのとは訳が違いますね。

    電車の中だけでなく、いつも穏やかで、ありがとうという気持ちを持っていたいと思いました。

    ユーザーID:2979125507

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧