ADHDを何をもってしても抑えられない

レス21
(トピ主3
お気に入り142

心や体の悩み

ちよぬま

30代独身のちよぬまと申します。
タイトルの通り、ADHDを何をもってしても抑えられず、絶望しています。
もともとそわそわした子でしたが、大学4年生の時に医療機関でADHDであることが分かりました。
投薬治療も試しましたが、薬が合わなかったのか、午前中はしゃきっとしているのですが、午後からは自殺することばかり考えてしまって、中止になりました。
大学病院の医師には何度もつらさを説明していますが、話はよく聴いてくれるものの、具体的な治療は特にありません(二次障害としての双極性障害に対しての投薬はしてくれます)。
今は仕事にかろうじて就いていますが、ミスも多く、周囲の人の厚意に甘え続けている状態です。
具体的に言及することは避けますが、自由度の高い仕事で、さぼろうとすればいくらでもさぼれてしまうのですが、その分、食い扶持が減るだけです。
こうしている間にも時間はどんどん過ぎて行ってしまいますが、それでもそわそわと別のことが頭に浮かんできます。
同じ障害を抱える方、また、お子さんをはじめ、ご家族がADHDを抱える方、少しでも生きやすくなるアドバイスがあれば、ご教示のほどよろしくお願い申し上げます。

ユーザーID:3836578772

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 同じように悩む人の集いに参加

    タイトル通りです。苦しさは、本人しかわかりません。当事者同士での、分かち合い色々と役立つ情報もあります。特に医療機関・支援する機関などの事に関して。

    ユーザーID:6481909305

  • まずやってみてほしいこと

    大学に行けたということは、あなたはちゃんとやっていける可能性があるということ。
    まずは落ち着いてください。
    そして自分の部屋を見回してください。
    ぐちゃぐちゃじゃないですか?
    一週間以内に使うもの以外は捨ててみましょう。思い切ってバンバン捨ててみることです。
    ADHDの症状とはつまり混乱なのです。ですから、目標をはっきりさせること、そのために気を散らすものは身に寄せ付けないことです。
    まずは部屋の片づけ、というか使う予定のないものの廃棄。そこから始めてみてはいかが?いろんなことがわかってきますよ

    ユーザーID:9089769637

  • ADHDを受け入れる

    今更申し上げることではないかも知れませんが、敢えて言いますね。
    ADHDを服薬で改善しようと考えていらっしゃるようですが、特別の
    症状を抑える為なら理解もできますが、全面的な変更には結び付か
    ないのではありませんか。

    服薬されているなら、服薬前後の精神的な変化を記録されることが
    大切です。ハイな気分を抑える為の薬であれば、抑うつ的な気分に
    なるのが当たり前ではありませんか。

    いろいろな症状を病院で改善したいと考えられるのは当然と思いま
    すが、医師が全てを承知している訳ではありません。トピ主さんも
    主たる当事者として、向き合う必要があるのではありませんか。

    ADHDの個性は、変えることは難しいのではないでしょうか。変える
    よりも、ADHDに「合わせる」ことが必要ではないでしょうか。

    仕事の中で作業を進めることが難しい場合は「地域の障害者職業セ
    ンター」に相談することが可能です。(手帳も相談費用も要りません)

    トピ主さんの個性と言うか特徴を一緒になって調べて、作業の支援
    をして頂くことができます。一度ご相談になられてはと。

    ユーザーID:3510601355

  • グルテン、カゼイン、シュガーフリー

    GFCF(グルテンフリー・カゼインフリー食事療法)と砂糖抜きを実践していますが、始める前に時間をかけてリサーチしました。その際にADHDや自閉症児がGFCFでかなり改善した話をたくさん読みました。

    私は、砂糖類を止めて3年になります。これに加え、グルテンフリーを実践、数週間後にカゼインフリーも始めました。体の変化は素晴らしいものがあります。トピ主もご自分で調べて納得できたら、始めてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:5887192449

  • 3世代ADHD

    診断などなくても、息子の年長時の衝動的な行動で、発達障害を疑い、小学に入学した時、担任から「もしかして」との話があり、現在は間違いなく3世代ADHDだとわかりました。

    3世代の傾向は、のび太、ジャイアンに二極化しています。ジャイアンがのび太を育てる事をご想像下さい。
    さて、仕事を選びましょう。ソワソワして落ち着きがなく、頭が多動であれば、ひたすら手を動かす、体を使うルーチンワークが良いかも知れません。
    お喋りな器質であれば、ルーチンの中でも沢山の人と軽い会話が出来る仕事。

    ハケンから社員狙いでも良いかも。

    衝動は、自分ルール(こだわり)が叶うルーチン

    多動は、手足を動かす。

    お喋りは、沢山人がいれば出来ます。個性も色々。

    私は、自分の持つ個性が職場で生きるような職に就くようにしました。

    若い頃は、自分を知らずに大変な思いをしました。

    浮く理由を客観視してきました。自己分析し続けました。

    今では、職場やママ関係ではADHDを隠しきれてます。
    大丈夫です。薬は、必ず合うとは限りませんよ。
    全てにおいて対処する力をつければ、発達障害には、強い部分もありますから、生かせます。

    ユーザーID:4936658179

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • あなたが、あなたらしくしていれば良い

    文章を読む限り、あなたはとても賢そうなイメージがあります。
    人の厚意に甘えていると言う認識や、サボろうと思えばサボれる、と言ったところの判断をよく理解していらっしゃる。

    無理せず、自分らしく生きればいいのですよ。
    他の人と比較せず、悪い事をしたら謝り、他の人から助けられたら感謝する。
    基本的な事をしていれば良いのです。
    もう一歩先に行くならば、やはり他人を助けたり、思いやりを持った行動や言動はとても大切です。

    でも、自分を責めずやりやすい環境を見つけそれに順応して行けば宜しいかと思います。
    そして、もし迷惑をかけたな?と思ったら謝ったり感謝したりってとても大切である事を忘れずにね。

    ユーザーID:4645064629

  • 同じようなものです。

    自分は50になろうかというおっさん。
    今年ADHDであることがわかりました。
    ポジティブが喜ばれる世の中、必死で自分もそうなろうとしてきましたが、根暗でいつもマイナス思考、否定形から入る自分でした。
    結局ADHDであることがわかり、そういう自分に納得しました。
    これまでしでかした数々の失敗やらトラブルの遠因がそこにあることは理解できた。
    じゃあ、これからどうしよう、と思ったのですけど、結局自分は変わらないです。
    まわりに変わって欲しいと願うだけ。
    自分にできることは変わるんじゃなくて、少しでも自分の気持ちが楽しくなれることを探すだけだなと、好きな音楽ばかり聴いています。
    なんにも参考にならないけど。

    ユーザーID:1434035014

  • 落ち着いてください。

    自分でどうすればいいか分かるまで

    投薬の治療や世の中渡って行くことを

    心ゆくまで主治医さんとお話をされてください。

    藪医者ではない限り 訴えたら聞いてもらえると思います。

    ユーザーID:0217676470

  • お薬は絶対に飲んで下さい。

    もっと合うお薬をお医者さんと一緒に

    確認をして、これがいいと言われた薬に

    変更なさって下さい。

    いきなり投薬(または注射)を辞めてしまったら

    再発をします。

    自分だけの判断はとっても危険ですよ。

    ユーザーID:0217676470

  • 小刻みに行動

    私もADHD気味です。すぐ気が散るので、小刻みに違う事をします。

    優先順位をつけて、少しずつでも全体が終わる様に。

    Good luck!

    ユーザーID:2010946978

  • 身体の基礎を整えることを提案します

    睡眠時間は十分に取れていますか?

    あと、トリプトファンを含む食べ物を摂取するのはどうでしょう?バナナ、豆腐、なども良いそうです。

    ユーザーID:2530029554

  • 生きやすくなるようお祈りしています

    ADHDについてあまり知識が無いので、アドバイスは出来ませんが・・。

    トピ文がしっかりされていて、それさえ無ければかなり有能な方だと思いました。

    世の中手足が無い人、声が出ない人など、ご苦労されている方もおられます。

    お辛いことも多いでしょうが、どうか自殺など考えず、元気に生きていって欲しいと思い、レスしました。

    良いアドバイスが来て、生きやすくなるよう心からお祈りしています。

    ユーザーID:9417003977

  • 運動療法

    ADHD男児(18歳)の母です。運動療法を調べてみてください。別に病院にかかる必要はありません。ただ、運動をするだけです。

    お勧めは有機運動(走る、縄跳び等)。心拍数を最大限に挙げる運動が効果的です。特に朝出勤前にすると、効果が一番よく出ますが、無理ならば帰宅後でも構いません。また、午後衝動に駆られる傾向があるのなら、昼に少し休憩を取って可能であれば運動する(無理なら、速歩でも良い)。

    運動をすると脳の活動や脳内の化学分泌が活動的になり、ADHDや鬱など脳(の病気)の治療に効果的です。また、運動後の達成感は、自信にもつながります。ぜひ試してみてください。

    うちの息子は小学生1年の時から診断されています。薬に頼りたくないという本人の希望もあり、数年前投薬を辞めると同時に、運動療法を始めました。効果は信じられないほどです。

    希望を捨てないでね!

    ユーザーID:7374338918

  • 処方された薬は必ず飲んでください

     ADHDというよりは、トピ主さんを今苦しめているのは双極性障害かと。強烈な希死観念はADHDでは現れないので、今のそれは双極性障害の症状かと思われます。薬もそれに準じたものを飲んで、それなりの生活が維持できているようですし。そう状態とADHDって症状が似ているので、間違えて当たり前ですが…
     2次障害でうつがでることはあるんですけど、通常はそこまでひどいのはでないんです。


    >今は仕事にかろうじて就いていますが、ミスも多く、周囲の人の厚意に甘え続けている状態です。
    >そわそわと別のことが頭に浮かんできます。

     典型的なそう状態です。ADHDだと、薬とちょっとした工夫で何とかなってしまうことがほとんどで、普通はそうはならないです。


     薬は自己判断せずに必ず飲み続けてください。この疾患は、自己判断で勝手に薬をやめて、増悪をし、果てには自死を選択する病気です。双極性障害は、通常のうつより自死率が比べ物にならないくらい高いです。双極性障害と自分で受け入れられない人も多いです。遺伝性が高い疾患であることやそう状態時は自分の問題を見誤ることがその原因です。発達障害じゃないと思いますよ。

    ユーザーID:2591568054

  • ADHDを抑える、ではなく…

    ADHDを抑える、ということではなく、
    ADHDによって起こる「困ったことに対処」できれば良いのですよね?

    ADHD自体は強い個性のようなものなので、人の個性を変えるってすごく難しいし、そんなことをする必要があるのかな?と思いますし。

    ADHDと診断されている友人がいますが、
    医師や友人にどんどん相談して、自分用の対処マニュアルを作ってる感じですね。
    例えば、やることを書き出して優先順位を付けて掲示するとかも、そわそわすることへの対処法ですよね。
    みんなに「優先順位の付け方」をどうやるのか聞いて、自分で納得のいく付け方を選んだりしているようです。

    大きく「ADHDが」と考えると手が付けられなくなってしまうので、一つ一つの困ったことに、一つ一つ対処するようにしたほうが分かりやすいんじゃないでしょうか。

    ちなみに、そわそわしたところも、その友人の魅力の一部ですね。

    ユーザーID:4094918528

  • レスありがとうございます。

    ちよぬまです。
    お返事が遅くなってしまいました。

    まず、服薬についてですが、ADHDからくる衝動を抑える薬については、希死念慮が強くなったことを報告したところ、主治医の判断によって中止しました。
    なので、私が勝手にやめたわけではありません。
    本文にも書きましたように、二次障害として双極性障害がありまして、そちらを緩和する薬(抗不安薬など)は適切に使用しています。
    食事療法に関しては、主治医から禁止されているのでしていません。

    部屋の汚さに気付かれた方がいらっしゃいましたが、さすが、というより他ありません。
    眠るとき以外は自室にいるのも嫌で、職場とリビングにばかりいます。
    しかし職場もリビングも、私のいるところは一様にぐちゃぐちゃになっていきます。
    他の人の机は整然としているのに…。

    自分自身の受け入れも、少々怪しいところがあります。
    こんな自分は嫌だなぁ、恥ずかしいなぁ、と思いながら生きています。
    ただ、中高生のころに比べたら、突然歌ってしまう、地下鉄の轟音をやりすごせず嫌な顔をしてしまう、などの「奇行」はなくなったので、落ち着いたのかしら、とも思います。

    ユーザーID:3836578772

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 運動療法(訂正)

    すみません、先の掲載に誤字があることに気づきました。有機運動ではなく、有酸素運動です。もちろん、他にやりたい運動があれば、それで可。ちなみに、うちの息子は小6時からロッククライミングを始め、高校以降はランニングとウエイトトレーニングを日課としています。

    運動療法で特記したい点は、即効性です。コツは少しづつでも、毎日続けること。でも、もし一日サボってしまっても、気にしないこと。再開すれば良いだけです。

    ADHD者は決して障害者ではありません。トピ主さんは大学もちゃんと卒業されて、能力も、社会人として活躍できる素質も十分備えている方です。

    是非、今の困難を乗り越えてください。道は開けるはずです。将来のご活躍を祈ってます。

    ユーザーID:7374338918

  • ちよぬまです

    多くのお返事ありがとうございます。
    いくつかのご助言に、わたくしの説明不足を原因とする誤解が生じているようなので、ここに補足いたします。
    第一に、医師から処方された薬をやめた、とありますが、やめたのは、ADHDの薬です。
    薬の服用を始めたところ、午後からの希死念慮が強くなり、主治医の判断のもとやめました。
    「薬が合わない人」によくある副作用だそうです。
    双極性障害の薬は、服用しています。
    以前よりは状態がよくなったので、頓服です。
    また、食餌療法に関してですが、主治医からまんべんなく何でも食べるように、言われているのでしていません。
    かえって、これを食べてはいけない、あれはいいと神経質になることの方がストレスになるのでよくないと苦言を呈されました。
    第二に、私はADHDではなく、双極性障害のみではないか、というご助言についてですが、知能検査や母へのヒアリング等からADHDであるという結論は出ています。
    幼い頃からカンが強く、また、そわそわしていたそうです。
    他にも、中高生の頃、今歌いたい!という衝動を止められずに歌ってしまったり、友達をそれに巻き込んだりしてしまっていました。

    ユーザーID:3836578772

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 続きです。

    おかげで友達と呼べる人はとても少ないですが、理解してくれる人には心から感謝しています。
    お返事の中で、「そわそわしているところもその人の魅力」との一文を拝見しましたが、友人がそう思ってくれているなら幸せなことだと思いました。
    一部の方から、部屋を片付けること、運動をすること、優先順位をつけること、というご助言をいただきましたが、ものすごく苦手なことを何故ご存じなのかしら…!と目を丸くしております。
    やはり、ADHDの人間が失敗しやすい部分なのでしょうか。
    ちょうど年末なので、大掃除をするといい運動と頭の体操になりそうです。
    もっとさまざまなことを教えていただけましたら幸いです。

    ユーザーID:3836578772

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 片付けについて

    元々ADHDの人は、決して汚部屋が平気な訳ではありません。
    むしろ、部屋が片付いていないと、余計混乱してくるのです。

    頭の中が忙しいのです。
    外部から影響を受けやすく、視覚から汚部屋の情報を頭に入れてしまうと、余計ざわざわします。

    そこで、色んな本にあるように、片付けも「今日は洋服のトップス整理」等、区切って片付けます。一気にやりません。

    収納は大きめかつシンプルに、普段使うカバン等も、色んな物が全部入るもの。
    例えば薬箱。これも薬の種類が増えて溢れてきます。洋服も。
    洋服は思いきって処分出来ますが、使う薬等は仕舞わないといけません。

    また「何でもBOX」を作り、どこに片付けて良いかわからない半端な、でも日常使う、というものを、放り込める見映えの良い大きめなものを一つ購入します。
    後は、時間を決めて、その時は片付けだけをする。強制的に短い時間やります。
    耳から入る余計な情報も頭に入ってしまうので、テレビ等は消して、せいぜい気に入った音楽をかける程度に。

    掘り下げてみました

    ユーザーID:4936658179

  • ADHD同じく双極性障害持ちですが。

    私は落ち着かないタイプではなく、ぼーっとするタイプで、双極性障害に対しての投薬はありますが、ADHDに対しての投薬はありません。なので、あまり参考にならないかもしれませんが。
    まずですね、たぶん、何をしても、ミスは抑えがたいだろうと思います。ですからね、あまりそこに対するアプローチを続けても不毛ですし、本人の劣等感を増幅するだけではないかと思います。
    それと、仕事のミスについての記述が目立ちますが、それよりも死にたい衝動の方が重要ではありませんか?これは、双極性障害の躁鬱の混合状態ではありませんか?双極性障害は、大変自殺率の高い疾患ですので、ADHDに対する治療よりも、双極性障害に対する治療を重視されてはいかがでしょうか?
    双極性障害は、治療がうまくいっていればともかく、うまくいっていなければ、本人は無理が効きません。非常に調子良い時と何もできない時の落差が大きく、本人には非常に辛くなりますから、そこも考慮してあげてください。
    そして、お子さんの仕事内容が書いてありませんが、仕事内容はお子さんに合っていますか?仕事にミスは必ず出ます。しかし、ミスがあっても、そんなに問題ない仕事、正確性よりも他の事が重視されるような仕事が好ましいと思います。私はグラフィックデザインをやっていますが、自宅でもできますし、向いていると感じます。自分で言ってはなんですが、ADHDの双極性持ちならば、かなりクリエイティブなセンスの持ち主であるはずです。この二つの障害は、共にクリエイティブな方が多いですから。これは障害であると同時に才能でもありますから、良い部分を活かすことです。症状を抑えよう、他人と同じようにしようとばかり考えては、本人はどんどん辛くなりますから。しかし、お子さんは、このような親御さんを持って、幸せだと思いますよ。がんばってください。

    ユーザーID:5924940304

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧