幸せの代償(独り言です)

レス36
(トピ主2
お気に入り175

妊娠・出産・育児

40代の母

40代前半、第一子である5か月の息子を育てています。

結婚が遅く、奇跡的に妊娠出産し、毎日本当に幸せでした。
息子は健康でいつもニコニコ、育てやすい親孝行な子です。

妊娠中は高齢のため、子に障害があったらと心配し、帝王切開で生まれた瞬間は、息子の足の指があまりにすらりと長かったので一本多いように見えて、喜びより先にギョッとしてしまいました。

夜中の3時間おきの授乳も、一緒に昼寝をして乗り切ることができました。

ママ友の中ではもちろん最年長。
支援センターではもしかしたら周りから浮いているかもしれませんが、20代、30代の素敵なママ友もできて、相談し合いながら離乳食や夜間断乳を順調に進めることができました。

主人は少し年下ですが同じくアラフォーなので、体力的にキツいとは思いますが、入浴、オムツ替え、寝かし付けなど積極的に育児参加、良きパパです。
全てが順調でした。

産後すぐに朝の指のこわばりを感じていましたが、添い寝の為に姿勢が悪く痺れているだけだと思っていました。
最近添い寝をやめてもこわばりが続き、治るのに時間がかかるようになってきて、さらに痛みが出始めました。
1週間程前から首が痛くなり、治りません。

思い切ってリュウマチ科を受診し、今は血液検査の結果待ちです。結果は1週間後。
レントゲンでは左手薬指のみ関節の間が狭くなっているように見えるが、診断はつかないとのことでした。

健康だけが取り柄でしたが、やはり高齢出産のダメージには敵わなかったのかな。
それでも、息子と出会えた事は私の人生の中で最良の出来事なのです。

独り言にお付き合いいただき、ありがとうございました。

ユーザーID:3188098326

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 年齢に関わらず

    出産後、膠原病などの自己免疫疾患を発症する可能性はあります。

    母体にとって胎児は異物ですから、異物を除去しようとする反応
    (正常なら免疫、行き過ぎればアレルギー)は、当然起こります。

    出産後は異物である胎児が居なくなるわけですから、この反応も
    消えるはずなのですが、それが残ってしまう場合があり、その結果、
    過敏になった免疫反応が本来異物でない自分自身を攻撃してしまう事になります。
    それが膠原病などの形で現れるのです。

    確かに子どもという代え難い宝物を得た代償と言えるのかも知れません。

    もし診断の結果、膠原病でしたらきちんと治療して行って下さい。
    それがいちばん大事です。

    ユーザーID:4271161224

  • 経験あります

    私は第一子を22歳で出産しました。
    半年後くらいから朝手の指が強張り、動きにくく、
    無理に動かすと激痛が走るようになりました。
    症状はどんどん悪化し、遂には、朝、自分では起き
    上がれなくなり、引っ張り上げてもらわないと
    ダメになりました。
    実家の両親が心配し、あちこち病院を回りました。
    リュウマチ科も受診しましたが、原因不明という事
    でした。しかし、現実は身体がおかしくなって
    行く一方で絶望的に落ち込んでいました。
    あの頃、義実家に追い詰められて、夫には庇ってもらえず、
    精神的にどん底の時期で相当に参っていたのです。
    子どもを抱えて泣いてばかりの日々でした。
    その頃から次第に手の強張りや起き上がれない症状へと
    なって行ったのです。
    結局、手の指は筋を削る手術を受けました。
    暫く実家に帰、り親に甘えて過ごしました。
    確か2.3ヶ月で身体は元通りに回復したと思います。
    20年以上も前の話です。
    私の場合は原因不明と言われましたが、自分では
    精神的なものが原因だったのだろうと思っています。
    トピ主様の原因は分かりませんが、私の様な経験も
    ありますので、あまり心配し過ぎないて欲しいと思います。

    ユーザーID:0242306392

  • 私は35で初産で

    少しずつ左足の土踏まず辺りに痛みが出始め、
    娘が1歳になる頃には階段を下りる時に足が痛みで着けなくなったので、
    整形外科を受診しました。
    結果、サポーターを巻いて、3日で治りました。

    主さんもなんて事無いと良いですね。

    ユーザーID:8184776586

  • わかります、すごくわかります

    私もアラフォーで、息子を奇跡的に産むことができました。
    宝物です。かわいくてかわいくて、たまりません。
    しかし、体はクタクタです。
    最近生理のときのしんどさが半端ないな、と思ったんですが、息子をうんで約一年半、生理のときのしんどさがわからないくらい、毎日しんどかったのでは?と気がつきました。
    最近ようやく、少しは元気になりましたが、つい数ヵ月前まで、自律神経がおかしく、息苦しさやめまいがありました。産後うつの症状もありました。
    でも、強い母になって、二人くらい育ててみたいのが、来年の目標です。

    ユーザーID:8334575677

  • 代償、ですか

    忘れるぐらい前にリウマチを発病した後、2回出産した者です。

    痛みの中の育児は辛いですね。心中お察しします。

    たとえリウマチであっても、初期のうちにキチンと治療を受ければ痛みも随分と軽減するので大丈夫です。
    信頼できる医師に出会えますように。

    代償だなんて悲し過ぎます。元気を出してくださいね。

    ユーザーID:6039469097

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • マイナス思考はまだ早い。

    更年期には嫌でもそうなります。
    待望のお子様の匂いに、エネルギーを沢山得て下さいね。
    ご主人もまだまだお若い。
    孫を預かる祖父さん達は還暦で同じ事をしています。
    今どきの還暦は若いですけどね。
    さて、リュウマチ性の痛みですが、私の場合、クレストールなどの薬の副作用でした。
    朝のこわばりに始まり階段の昇降も一苦労でしたが、医師と試行錯誤、4回薬を変えたら治りました。
    お身体、冷やさない様にね!

    ユーザーID:6483135896

  • 大丈夫

    出産が引き金でリウマチを発症する人は多いようです。私もそうでした。ただ、もしリウマチという診断がついても、私が発症した20年ほど前とは違って今は良い薬が出ていますから、以前のようなやっかいな病気ではなくなって来ていますよ! 小さいお子さん連れで通院は大変かもしれませんが、どうしても難しい、という時は頼れる人に頼って、良くなるまで頑張って下さいね。

    ユーザーID:9834168924

  • 代償って

    私も晩婚で、40代で二人授かりました。
    一人目の時にあなたのような症状が起きて、病院へ行きましたが無問題との事でした。
    しばらくすると症状は無くなりました。
    そして二人目の時はほとんどその症状が出ませんでした。

    失礼ですが代償ってまだ何かの病気になったと決まったわけでもないのにおおげさではありませんか?

    私のようにしばらくしたら治るかもしれませんよ。
    落ち込むのは診断がはっきりしてからで良いのではないですか?

    ユーザーID:6410413423

  • 授乳が終われば治る

    私もですが、授乳が終わって徐々によくなり今はほぼ完治しました。
    大丈夫ですよ。

    ユーザーID:8577197994

  • 一病息災

    ひとりごとにコメントして申し訳ありません。

    母を思い出し、ついつい出てきてしまいました。
    35歳の高齢初産で私を産んだ母は、その後41歳で弟を出産しました。

    1歳の弟を抱いた母に『子ども?孫?』と声をかけてきた同級生がいたそうです。

    母はリュウマチでした。
    若い時の指輪は、関節が太くなってしまい入りませんでした。
    あちこち痛かったと思います。

    そんな母が亡くなったのは7年前。81歳でした。
    弟は40歳。母の死は堪えたようでしたが、頑張って葬儀やらなにやらしてくれました。

    リュウマチの闘病で、お医者様とのご縁が続いたことで小さな病は早期に発見できました。

    どうか主様も、病を得られていらしたとしても、一病息災。
    お体を大切にお過ごしください。
    お邪魔をいたしました。

    ユーザーID:9946495069

  • 一病息災

    病気は幸せの代償でもなく、何かの報いでも罰でもありません。
    リウマチかもしれないということで今は心が弱っておられるのだと思いますが、誰でも病気になるときはなるのです。

    最近はリウマチの研究が進んでいて、診断が早ければ治療で炎症を抑えて手指の関節の変形に至ることは少なくなったようです。
    関節の変形がなければ、日常生活は普通に送れます。
    しっかり通院治療に努めて、無理はせず、疲れを溜めぬようお暮しください。

    私もリウマチの類縁疾患ですが、幸い軽症のまま出産育児を終え、今は好きな仕事をしております。
    性格がずぼらなのもありますが、家事では完璧を求めず、手抜きです。
    仕事は手を抜くことはできませんから、仕事量をセーブしています。
    それでも疲れやすいです。
    家にいるときで疲れたなと思うときは10〜20分横になります。仮眠をとるとリフレッシュ出来ます。

    今まで健康だったのに、これから病気を抱えながら生きていくことは制約を受けていると感じるでしょうが、病気とうまく付き合っていきましょう。
    私は病気でも幸せです。

    ユーザーID:4200681139

  • 同じく

    ベビーカーを持ち上げて階段を上ったらひざを痛めました。
    腫れてしまってかなり痛いですが、息子と出会えた幸せからしたら
    なんでもありません。

    これから息子とどんな時を過ごせるのだろうか。寝顔を見ながら
    考えます。楽しい時間を過ごすためなら金に糸目は付けない、
    付けられない。そんな気持ちです。

    ユーザーID:0812759431

  • ご出産おめでとうございます

    元気な赤ちゃん、おめでとうございます。かわいい盛りですねぇ。

    私も出産後、手から始まり、色々な関節が痛み検査をしたのですがリウマチではなく、赤ちゃんのお世話による疲労とのことでした。痛み止めがしばらくは手放せませんでした。

    レントゲンで明らかな異常がないのでしたら、もし、リウマチであったとしても初期で軽度なのでしょう。今は、とっても良い薬ができていて、しっかり治療を受けていれば以前のよう痛みが強かったりに生活に困ることは、ぐんと減ってますよ。

    ユーザーID:0727502604

  • 産後不調はありました

    私も最初の子から6年後に二番目の子を出産しましたが、産後特に手首の関節の痛みが続き、久しぶりの乳児の世話で疲れてるの?と思っていましたが、身体を休めても治らないので公立病院へ行きました。

    「リュウマチ因子が出てるからリュウマチかもしれません。しばらく様子を見ましょう」

    と診断され、不安でいっぱいになりました。痛み自体は疲れたような地味な?痛み方でした。

    半年位経ってもまだ痛みが続いていたので、離れた大学病院のリュウマチ外来で診察を受けました。血液検査の後、問診で痛み方や痛む部分の話を聞いた医師が、

    「リュウマチではありませんね。血液検査にはリュウマチ因子が出ていますが、それが出てる人が全部リュウマチではないのです。逆にリュウマチの人には必ずこの因子は出ています。 

    リュウマチはその名前が(流れる)という意味から来てるように、痛みが必ずあちこち移動していきます。あなたのように半年経過しているのに痛みが1ヵ所だけの場合は、リュウマチではありません」

    と確信を持って言って下さり、安心したのか帰り道からもう痛みが消えていました。
    お大事になさって下さい。

    ユーザーID:3424045097

  • お大事にしてください

    私も産後しばらくずっと、特に指の関節、手首、膝などが痛くて痛くて。
    初めての子育てで慣れない抱っこや、オムツ替えで膝をついたりしてるせいで
    あちこち痛いのかと、最初はあまり深刻になっていませんでした。
    それでもふと指の痛みにリウマチの不安がよぎり、産院で相談したら
    ほぼリウマチかもねと脅されましたが、検査結果は大丈夫で様子見となりました。
    そのまま何年も経ち無事に過ごしています。
    産後の体の痛みはいつの間にか消えて行きました。

    当時はリウマチになったと思い込んで不安になっていましたが
    周りのママたちに当時聞いたら、ほぼ全員が指や膝の痛みを持っていて
    同じように不安になっていました。

    だいぶ経って他の病院にかかった時についでに話したら、
    産後のホルモンバランス変化などでよくあること、みたいに言われました。

    もちろんちゃんと病院で検査は必要だと思いますが、、。
    私や周りのママたちもそうだったように、月日が経ち育児に慣れていくにつれて
    痛みも取れていくことも多いので、あまり不安になりすぎないでくださいね。

    産後の体をいたわりつつ育児を楽しんでください。

    ユーザーID:3327020988

  • 若くても

    出産後にリューマチを発症する人はいます。
    知人に二人います。

    年齢は関係ないですよ。

    ユーザーID:4359725306

  • 比較的ポピュラーな現象では?

    私も同じような状況で病院を受診しましたが、結果問題なしでした。
    当時調べたところでは、授乳中の"指のこわばり"は珍しいことではなかったような記憶が…
    授乳中はまだ普通の体ではないので、あちこちにガタが出てもしょうながいと思います。
    授乳婦の知識ある病院はなかなかないでしょうから、助産院とかそういった所に相談に行ってみてはいかがでしょうか?
    そして、断乳後にも治らないようでしたらその時点で再度病院に行った方がいいですよ。

    最後に…男の子は1歳すぎてからが体力勝負なので油断なきよう…

    ユーザーID:5402594783

  • だいじょうぶ

    幸せの代償なんて
    なんておおげさな(笑)

    加齢と共にリウマチ発症率はあがります。
    リウマチじゃなかったとしても
    あちこち不具合も出るお年頃です。
    もうすぐ41で4歳になった子を育てていますが、
    やっぱり40過ぎたところから体はいろいろ
    がたがきてるし。
    ここにくるまではすごく健康だったんですけどね。

    膝とか痛むときもでてくるし
    背中が張って痛くてつらいとか
    腰いたいとか
    いろいろあります。
    でもしょうがない、40すぎたおばちゃんだもん。
    そのしょうがないなかで、いかに楽しく
    年齢なりに小綺麗にしていくかっていうのは
    それもまた大事。


    私も最近指の関節痛くてこわばる感じあります。
    でも園の送り迎えと仕事でなかなか病院行けず。
    もうすぐ冬休み、やすみにはいったらまず
    病院いってみてもらおっと。

    ユーザーID:1044035011

  • それは幸せの代償ではありません!

    出産したのは30代後半でしたが、”指のこわばり”私も経験しました。一言、幸せの代償なんかではないですよ!と言いたくて出て来ました。
    出産後6ヶ月くらいでその症状が発症し、症状はあなたよりひどかったです。毎朝指が固まり、おきてから最低でも10分間は全く動きませんでした。朝イチにしたいことがあるときは本当に困り、夫に協力頼んでました。私はその他にも身体的に辛い症状がいくつかあったため、このことのために病院に行くことなく日々がすぎてしまい気付いたら治っていました。(たぶん子供が1歳になる頃までに)
    最近、ある日テレビの健康番組でリウマチについて特集があって、指のこわばりの症状は稀に出産後の女性にも現れると知って、まさしく私はそれだったんだ!!と今更ながら納得しました。なのでもしかしたらあなたも同じようなことなのかな?と思っていますが、念のために病院に行くのは良いことですよね。元々あまり水を飲まないのでカイロの先生からはもっと飲むようにとは言われていて、テレビでもやはり水分が大事というようなことを言っていました。
    早く回復されることを祈っています。かわいいお子さんとお幸せに!

    ユーザーID:7434219819

  • 手根管症候群

    症状が私と同じです。
    おそらく、手根管症候群かと思います。
    月のものが再開し安定していくにつれ症状は緩和します。
    5か月育児、大変ですね。
    お体にきをつけてください。

    ユーザーID:1348701318

  • ばね指かも

    私も産後同じような症状で病院に行きました。
    母親がリウマチでしたし。

    でも結果的にばね指?とかでそのうち症状もなくなりました。リウマチは左右対称の症状で、血液検査をすればほとんど確定するはずです。
    ばね指は産後に多いらしいですよ。

    リウマチでなければいいですね。赤ちゃんがいて大変な時期ですが、お体に気を付けて。あと、幸せの代償・・・なんていう考えは私は嫌いです。
    いいこともあれば辛いこともある。それが普通です。ただそれだけのことです。

    ユーザーID:0754352255

  • 大丈夫

    私も41歳で男の子を出産しました。
    先月4歳になりましたが、生まれてから今まで息子のおかげで毎日楽しく幸せです。
    私も生後半年くらいで、両手指にこわばりを感じました。
    激痛というわけではないけど、グーするとギチギチするというか。
    同じくリュウマチを疑い血液検査をしましたが問題なしなのに症状は改善されず、ひざ関節まで痛くなりました。
    しゃがんだり立ったりの動作も何かに捕まらないとままならない感じで、ああ、もうおばあちゃんになっちゃったな、と思っていました。

    しかし、いつのまにか気づいたら症状は消えていました。
    それどころか男児と公園行ったり電車見に行ったりしているうちに、若い頃よりアクティブで疲れ知らずの自分がいました。
    症状が出ていたのは一年近くだったかも。今思うとホルモンの関係だったのだと思います。それがゆっくり時間をかけて元に戻っていったのかな?
    私も周りに聞いても同じような人がいなかったので不安になりましたが、多分時間が解決してくれとおもいますよ。

    ユーザーID:1702283140

  • 私もそうでした

    毎日の育児お疲れ様です。
    お子さんを大事に大事に育てていらっしゃるのが伝わります。

    私は息子を出産し約1年が経ちました。
    産後しばらくしてから身体の痛み、関節の違和感を経験しました。リウマチのような症状で手指の腫れぼったさや動かしにくさ、ギギギと音でもしそうな感じ。

    今は良くなりましたが、振り返ってみるとあの時期は疲れで身体からのSOSが出ていたのだと思います。
    絶対とは言えませんが、もう少し成長すると赤ちゃんもお母さんも夜の睡眠時間がしっかり取れるようになります。赤ちゃんがお座りして一人遊びが出来るようになると手にかかる負担はぐっと軽くなります。

    私はお母さんが元気でいることが家族のためにも一番大事、だと思っています。
    年末年始は楽しくもあり忙しくなります。自分に優しく、無理しすぎないようになさってください。

    ユーザーID:5647090254

  • なりました

    私もなりましたよ〜
    もう20年前ですが、7月に子どもを産み、寒くなったころ指のこわばりがひどくて
    医師をしている姉に相談しました。
    とくに検査も治療もせずに、様子を見ているうちに、治りました。

    産後はいろいろありますが、なんともないといいですね。

    ユーザーID:2211607472

  • きっと大丈夫ですよ!

    私も41歳のとき息子を出産しました。
    主さんと同じように、手の関節にこわばりと痛みを感じ、
    リウマチかな?と思いましたが、結局は、だっこや授乳の際に
    不自然なポーズをすることが多いための血流障害で、
    授乳が終わったら、いつのまにか治っていました。
    どうも主様も自然妊娠のようですし、きっと大丈夫です!
    気にしすぎないのが一番ですよ。
    そしてもし万が一、痛みに病が隠れていたら、早めに
    分かったことに感謝して、治療頑張って下さい。
    なんにせよ、子育て楽しんで下さいね。

    ユーザーID:9326198678

  • そんな事思っちゃダメ

    病気になった事が【幸せの代償】ですか?
    なぜそんな風に思うかなぁ?
    私も高齢出産で40で初産。
    丈夫な体がウリだった私も、出産を機にアチコチと痛みました。
    原因不明の腰痛、膝・腕の関節痛。気づくと襲ってきていた老眼。ビックリするくらい突然出てきた白髪。シミ・シワ・たるみ、乾燥。体力の衰え。挙句に病気による子宮全摘出。ホルモン治療による更年期障害様の症状。からの本当の更年期障害。
    私もこれ全部、可愛い我が子が元気に生まれ育ってくれてる幸せの代償でしょうか?
    私はそんな事、これっぽっちも考えた事もなかったわ。
    「歳をとっての初産だからアチコチ痛むのも多少は仕方ない。(苦笑)」
    「病気になっても、命を落とさなくて本当に良かった(安堵)」
    「今が幸せだから、家族がいるから、元気になれる。頑張れる!」
    そうとしか思わなかった。
    他にも怪我をしたり、別の病気にもなったりもして、身内は「お祓いしたら?」なんて心配してくれたけど、死ぬ事はないし。
    大きな不幸は無く、小さな不幸で厄落としをしてると思ってます。

    代償を払わないと、愛する我が子と会えなかった訳ではないはず!
    そんな事思っちゃダメ!

    ユーザーID:0336554466

  • 多分・・・

    それは年齢のせいかもしれませんよ?
    出産、育児のせいとは言いきれません。
    子供を持たなくても、健康でも40を過ぎて肩や腰をはじめ、その他の不調を感じる人も出てきます。
    遅かれ早かれそのような症状が・・・そういう体質だったかもしれません。だから幸せの代償なんて言わないであげて。
    いくら独り言とはいえ、トピ主であるお母さんがそういう発想では、せっかく授かった赤ちゃんが可哀そう。

    ユーザーID:6671826099

  • 産後の食事

    40代の母さま、
    ご出産おめでとうございます。

    指の強張り、痺れはビタミンB不足だと思います。
    そして首の痛みは鉄分不足による血流の悪さから来ているのではないでしょうか?

    産後は年齢に関係なく食事内容に気を付けないといけません。
    赤ちゃんのお世話に必死でご自身の食生活が疎かになっていませんか?

    私自身、産後に手首の痺れと首の痛み(酷い寝違えの様な)に悩まされました。原因が分からず、その後立つのもやっとの状態になってしまいました。幸いな事にオーソモレキュラーと言う医学に出会い、詳しい血液検査の結果、栄養欠損である事が分かりました。

    不足していた栄養をサプリで補い、全て元通りとなりました。
    通常の病院ではここまで掘り下げて検査はしてくれません。
    オーソモレキュラー(分子栄養学)に特化した病院で検査されると良いと思います。

    たっぷりバランス良く栄養を取り、育児頑張って下さいね!

    ユーザーID:1142378513

  • 似た症状がありました。

    私は32歳で第一子を出産しました。
    子どもは、その子ひとりです。

    私も産後しばらくして指のこわばりがありました。
    気付いたら首も痛く、左方向を向くことができにくくなっていました。

    当時、私もリウマチを心配したのですが、
    結局、リウマチでもなんでもありませんでした。
    指のこわばりは育児に追われて半年が過ぎたころに消えました。
    首は時間を見つけて整体に通ったら、少しマシになりました。

    どうかトピ主さんの指も、ただの疲労でありますように。
    子どもを産み育てる親への肉体的ダメージは計り知れませんよね。
    親御さんに手伝ってもらえるなら親御さん、
    もしくは一時保育など利用して、
    休めるときには休んでください。
    お疲れの出ませんように。

    ユーザーID:4061875337

  • 無理をなさらずに

    やはり40歳を過ぎると、身体は疲れやすく、病院に行きながらでも子育ては頑張らないと…てなりますよね。
    私は同じく40代ですが、子どもには恵まれず、
    同じ状況ではありません。
    しかし、子育てがなくても身体は衰えて行くものですから、トピ主様はご主人と協力して、ご自分達も健康第一でいたわり合いながら
    頑張ってくださいね。
    検査の結果が出るまでは不安ですね。
    万一病気が見つかっても、早期発見で、治療が
    早く出来ますように。
    くれぐれも、大事になさってください。

    ユーザーID:2229928606

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧