夫の元彼女からの手紙(7年分)を読んでしまった

レス514
お気に入り3,979
トピ主のみ10

ぷーさん

男女

結婚20年、アラフィフの夫婦です。
先日、偶然、夫の机の引き出しの中から夫の元彼女(彼女)からの手紙を見つけてしまいました。

封筒には切手も消印も住所もなく、「○○○○(夫の姓名)様」だけ書かれていて、
「最初は、何かな?(ヘソクリ?)」と思いつつ、1通読むと、学生時代の彼女からの手紙でした。
手紙は7通ありました。
悪いと思いつつも全部読んでしまいました。
1年に1通、書かれていて、7年前から始まっていました。
内容は、とりとめもないことで、その1年にあったこと(仕事の変化や家族の病気)、昔付き合っていたころの思い出が書かれていて、
「また、来年、お会いできるのを楽しみしています。お体にお気をつけて」と締めくくられています。
最初(1年目)の1通には、「20年ぶりに再会できて本当に嬉しい」と書かれていました。

夫は、東京の大学を卒業して就職して地元に戻り、私と知り合い、結婚しました。
子供も2人(大学生と高校生)がいます。
女性に対しては奥手なタイプで、浮気などは考えられません。
実際、おつきあいも結婚も私からアプローチしました。

手紙を読んでいる限り、浮気などはなく、ただ、1年に1度の同窓会で会っているだけ。
その際に手紙を手渡されているのだと思います。
それを大切にしまっている夫。なんだか、ショックでした。

このままそっとしておくべきか、何か言った方がよいのか・・どうしたらいいでしょうか。

ユーザーID:9146372264

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数514

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です

    たくさんのコメントをいただきありがとうございました。
    「夫の手紙を読んだことへの批判」が多いですね。
    最初は、探し物をしていて見つけましたが、1通目を読んで「まさか、浮気?」と疑い始めると、
    全部読んでしまいました。
    今は、いろんな意味で、後悔しています。

    夫は東京の有名大学から地元企業に就職しました。
    長身、スポーツマンで、すごくもてました。
    私から交際を申し込みましたが、すぐに断られました。他の女性陣も同じでした。
    交際も結婚も私からのアプローチで、夫から「好き」「つきあって」「結婚してほしい」と言われたことはありません。
    そんなことも思い出されて、自分が情けなくなってきました。
    「他に誰か好きな人がいるんだろうな」とは思っていましたが、その人が目の前に現れて、見せつけられた気がしたのです。
    しかも、そいうことに無頓着な夫が手紙を整理しておいていることも、ショックでした。

    何人の方がかかれているように、浮気よりもショックでした。

    ユーザーID:9146372264

  • トピ主です

    皆様、たくさんのコメントをありがとうございました。
    結局、手紙を破ることも、夫に確認することもできませんでした。
    ただ、義姉に「Aさん(夫)の学生時代に付き合ってた人はどんな人か知ってる?」と聞きました。

    突然の質問に義姉は驚き、「もしかして浮気?」と疑いましたが、姉自身も「Aが浮気はありえないよね」と言っていました。
    義姉によると
    ・Bさん(=彼女)とは1度だけ会ったことがあるだけ。(両親は何回もあっていると思う)
    ・AとBさんは同じ大学。今は何をしているのか知らない。
    ・Bさんは東京生まれ東京育ちで、(地方に引っ越すことに対する)家族の反対もあり結婚できなかった。
    ・BさんはAの永遠のあこがれだと思う。
    とのことでした。

    夫は手紙などに無頓着です。結婚前の私からの手紙は本当にぞんざいに扱っていました。
    そんな人だと思っていたのですが、彼女からの手紙は丁寧に整理されていました。

    結局モヤモヤは晴れませんね。

    ユーザーID:9146372264

  • 携帯メールでやりとりしていました

    手紙を読んだ批判もありますが、携帯も見てしまいました。
    携帯ショートメールでやりとりしていました。
    といっても、内容はごく普通でした。

    夫「手紙ありがとう。いつも嬉しく思っています。元気そうで安心した。体は大丈夫?」、
    相手「メールに気が付かなくてごめんなさい。ご心配おかけしました。病気はまだ経過観察中ですが、とっても元気ですよ。」
    夫「よかった.心配していました。お大事に。じゃ、また!」
    でした。それ以降のやりとりはありません。

    夫の発信は同窓会の当日か翌日、相手からの返信は、おそらく1か月後。
    夫はそれにすぐ返していて、その後(2か月ぐらい経っていますが)のやりとりはありません。

    ユーザーID:9146372264

  • 夫とケンカしました

    この週末、この手紙のことでケンカになりました。
    元々のきっかけは結婚記念日を忘れていたこと。といっても、夫は結婚以来、覚えていたことはありません。
    いつも、私が「来週、結婚記念日だけれど」と言い出し、「そうか」で終わりでした。
    今回も同じやりとりでしたが、私の中で、手紙のことが頭をよぎり感情がおさまらず、「あの手紙は何よ!!」と言ってしまいました。
    「何のこと?」ととぼけられたので、目の前に出してきて、「これは、何よ!」と。
    黙って何も言わないので、手紙を破ろうとしたら止められました。
    「浮気してるの?」「そんなことしていない」と言い合いになり、夫が「もうやめるから」と言ったので、「じゃあ、今すぐ電話をして」「そんなことできない」と・・。
    結局、夫は私の目の前で電話をしました。「申し訳ないけれど、妻が手紙を読んで気にしているので、やめにしたい。」と。
    相手は「私の軽率な行動で、奥様に不愉快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。近況報告の年賀状のつもりでした。もうしませんとお伝えください。」と話したそうです。
    夫は、単身赴任先に戻っていきました。

    ユーザーID:9146372264

  • 結婚までのこと

    何人の方から質問のあった結婚の経緯ですが・・
    夫はある競技スポーツの国体選手のため大学卒業後に地元に戻ってきました。
    私もその競技(趣味程度)の経験があり、知り合いました。
    知り合ってすぐに告白しましたが「付き合っている人がいるので」と断られました。
    でも、諦めず、毎週のように夫の試合に応援に行きました。
    1年後、試合の帰りに「送っていこうか」と言われて、家まで送ってもらいました。
    そのときに「付き合っている人はいるの?」と聞いたら「うーん」とどっちつかずの返事でした。
    それから、毎週末、応援とお弁当の差し入れを続けて、試合の帰りには家まで送ってもらうというパターンが1年ぐらい続きました。
    その間、好きだとか付き合ってとか言われたことはありません。

    最終的に、結婚できたのは、義姉(私の父と同じ職場)のおかげです。
    義姉が、夫と私の両親を引き合わせ、夫が「真面目に交際しています」と挨拶をしてくれたのを契機に、結婚話が進みました。

    ユーザーID:9146372264

  • 結婚までのこと(続き)

    もう20年以上前のことを指摘されてつらいです。そして、自分がみじめです。
    試合帰りに送ってもらっていた1年間、「ご飯食べに行きませんか?」「遊びに行きませんか?」といっても「仕事と練習で忙しいから」が返事でした。誕生日やクリスマスのプレゼントもなし。お弁当のお礼にと遠征先でのお土産のお菓子をもらう程度。
    その頃、私に見合い話があり「好きな人がいるから」と断ったら、両親が「彼に一度会いたい」と。両親はつきあっていると思いこんでいたようです。結局、グズグズしている私心配をした両親が義姉(父と同じ職場)に相談し、義姉が夫に「挨拶ぐらいしておいたら」とセッティングしてくれました。
    挨拶の後は、試合帰りに我が家に立ち寄って食事をするようになりました。(両親もそれを勧めました)。誕生日前に「どこか行きたい?」と彼から聞かれ、泊りがけでしか行けないテーマパークを指定しました。とまどっていた彼に「忙しいと思うから私が予約しておく」と。両親公認の1泊旅行ですから、結婚も当然のムードになりました。

    ユーザーID:9146372264

  • トピ主です

    結婚前、夫の心に誰かがいるのは、気が付いていました。
    だから、結婚前後、「私のどこが好き?」とは絶対に聞けなかった。
    子供が産まれて、やっと訊けたのが「どうして、私と結婚したの?」でした。答えは「俺のことを本当に好きになってくれたから」でした。

    彼女は東京在住で、夫の単身赴任先は反対方面なので、二人が会っていることは無いと思います。単身赴任は3年で、もうすぐ終わりです。2週に1度ぐらいのペースで戻ってきます。3月の3連休も帰ってきました。

    彼女の1通目(1年目)の手紙に書かれていた内容です。
    ー『結婚する』と連絡をいただいた日から、もう連絡もしない、もう会わないのが自分自身へのけじめだと思っていました。
     私のワガママであなたを傷つけたのだから、当然だと思っていました。
     でも、最近、仲の良い友人・知人が相次いで亡くなり、『生きているときに会っておけばよかった』と思うことが多くなりました。
     ならば、●●さんは、私にとって、死ぬまでにもう一度会いたい人NO.1でした。本当に、今日は会えてよかった。−

    夫と彼女の思い出に嫉妬しているのは、自分でもわかっています。

    ユーザーID:9146372264

  • ありがとうございました

    結婚までのことを思い出し、いろいろ悩みましたが、
    何人の方が書いてくださったように、「この20年のつながり」を信じたいと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:9146372264

  • ありがとうございます

    御心配いただき、ありがとうございます。
    特段、変わりなく過ごしています。
    夫の単身赴任は秋まで続きます。
    手紙の件は、私も何も聞かないし、夫も何も言いません。

    ユーザーID:9146372264

  • その後の報告

    9月末で彼の単身赴任は終了し、自宅に戻ってくる予定でしたが、その直前に、夫から「離れて暮らしたい」と言われました。
    夫は、「離婚してもしなくてもいいが、家には帰らない。下の子供が卒業するまでは離婚したくはない。生活費は今まで通り入れる。自宅もそのまま住んでもらったらいい。」とのことです。
    理由は、「やっぱり彼女と一緒に生きたい。もう自分の気持ちを我慢するのは嫌だ」そうです。

    私は、「離婚して、慰謝料などをもらって精算する」か「離婚せず、生活費をもらいつづける」を選ぶことになります。

    ユーザーID:9146372264

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧