• ホーム
  • 学ぶ
  • ローストターキーのレシピ 低温でじっくりロースト

ローストターキーのレシピ 低温でじっくりロースト

レス8
(トピ主1
お気に入り60

趣味・教育・教養

うまうま

今年はお正月にローストターキーを焼く予定のトピ主です。
トータル7-8回焼いているのでいつも通りと思っていましたが、今年少し気になるレシピが!

家族がアメリカに昨年行った時、美味しいローストチキンをご馳走になってきました。
とてもジューシーで美味しかったのでレシピを伺うと、
低温で9時間オーブンで焼いたとのこと。

今回焼く予定のターキーは4キロです。
9時間はいらないと思いますが、低温ならそれなりにかかるはず。
20年近く前のレシピのまま、ずっと作っていたのですが、
低温で長時間ローストはまだ未知の世界です。
ぜひぜひトライしたいのですが、これぞというレシピを見つけられません。
こんなのあるよ!とレシピをご存知の方、教えていただけると嬉しいです。

ユーザーID:9213778901

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 低温で長時間だと 縮みが少ない

    ただし アルミホイル3重くらいにしないと乾燥しちゃいます。

    それと鳥のお腹にローズマリー数本・オレンジなどに穴を沢山開けた状態で詰めると
    しっとり焼きあがります。

    それとは別の方法だとマリネ液(水・スパイス・塩・砂糖・ニンニク・蒸留酒)に1晩つけ込む方法。


    海外料理番組で見たのは 低温だけれど二度温度を調整してたということと
    10時間以上かけてた。
    (ターキーではなくグースだったと思うけど)

    一番確実なのはご馳走になったお宅の方に直接詳細をうかがうことです。
    それとオーブンが違うので時間は調整したほうがいいでしょうね。
    お肉の内部の温度をはかる温度計は必要です。


    出来れば事前に一度練習に焼いてみるのが良いと思います。

    良いレシピが見つかるといいですね。

    ユーザーID:7300989838

  • 低音325F(摂氏160℃)で1LBあたり20分が目安

    毎年焼いています。一般的には、低音325F(摂氏160℃)で1LBあたり20分が目安です。

    ジューシーさは、ブライン液に浸しておくか、どうかで違ってきます。

    ターキーはグレービーをかけたり、翌日はサンドイッチにしたいので、塩辛くならないように
    3,4%塩分を目安に漬け込みます。

    このブライン液にフレーバーを加える事で、毎年少し違った味を楽しんでいます。

    我が家のお気に入りは、このブライン液に、ダークブラウンシュガー、オレンジの皮(絞ったあとの外皮)しょうゆ ローズマリーの小枝 という組み合わせです。量は最近は目分量、ブライン液がを味見していろいろ試すといいですよ。 薄めの味がおすすめです。

    オーブンバッグなどの大きな袋にブライン液を入れて、お肉をいれて冷蔵庫へ。

    当日、バターにオレンジの皮(香りがいい部分を削ったもの)にローズマリーの葉のみじん切りを加え、ターキーの皮と肉の間に塗っていきます。ターキーの外皮にバターを縫り、ロースト用の器にお水と香り野菜を入れお肉をセットしてオーブンへ。

    私は詰め物しないで焼くほうが、バランスよく焼けると思いますが、お好みで。

    ユーザーID:2820984317

  • 在米小町さん勘違いでは?

    在米小町さんが書かれている
    ターキーを華氏325度、1ポンドにつき20分焼くのは
    低温でローストではありません

    それはごく一般的なターキーの焼き方の温度、時間です


    自分がこの数年焼いている方法は
    華氏250度で、1ポンドにつき、35−40分
    焼き時間はほぼ2倍になります

    途中で肉汁をかけまわす必要がない
    でも、かけるほうがきれいに焦げ目がつく、1時間に1度ぐらい
    多少焼過ぎてもぱさぱさにならない
    トップをアルミホイルでカバーする必要がない
    流れ出した脂肪と肉汁がはねたりしないので、
    オーブンの汚れが格段に違う
    という利点があります

    さらに引く温度で焼く方法もあるようですが
    安全温度になるまでに時間がかかるので
    危険という説もあるようです

    在米小町さんや、NAMIDAさんが書かれている前の日から液に漬ける
    をしなくて
    もジューシーに仕上がります

    ユーザーID:0016499275

  • もうお正月終わっちゃいましたが・・・

    私自身はやったことないのでごめんなさいなんですが、
    Low Temperature / Turkey / Roast などで検索すると、
    「寝てる間にターキーを焼こう」みたいなサイトがいくつか出てきます。
    英語ですが、レシピは単純(にみえる)し、写真つきのもありますので
    よかったら探してみてくださいませ。

    私もやってみようかな。成功したら投稿しますね。

    ユーザーID:0797798049

  • トピ主です つくりました

    レスをくださった方々ありがとうございます。
    正月に(皆が集まるのがその時だったので仕方なく)焼きました。

    ローストは、前日昼からブライン液につけ、当日は120度くらいで一時間ごとに
    ひっくり返し、計5時間やいたでしょうか。
    結果を申しますと、ちょっと焼きすぎたようです。
    ジューシーさが足りなかったかなと思いました。
    なかなかポップアップする例の白くて赤い棒?がポップアップしてくれなくて、
    (最後までしませんでした)、じれて皆の判断でローストを止めました。

    こんどはもう少し、ジューシーさのあるターキーが作りたいなあと思いましたが、
    ちょっとターキー、チキンに皆飽きてきたので、
    来年できたら、ハニースパイラルハムを購入したいところです。
    (でもお高いですからね、、、)。

    教えてくださった皆様ありがとうございました。
    このような地味なトピにお答えいただき感謝しております。

    ユーザーID:9213778901

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 温度計を購入しましょう

    ポップアップタイプのターキーの温度計(?)
    を使っているんですね

    あれは摂氏180度前後で上がるようになっているので
    胸肉の温度で調節すると、焼きすぎになります

    モモの温度でチェックするほうがいいと思いますが、
    できれば、デジタル温度計を購入することをお勧めします

    ユーザーID:0016499275

  • チキンみたいにはならない

    トピ主さん、ターキーはそもそも脂肪が少なくてぱさぱさしてますよ。だからダイエットしてる人に、チキンのヘルシーな代替として人気があるのです。丸焼きにはクランベリーソースがついてくるのも、ぱさぱさ感と淡白さ、くさみ対策なんじゃないでしょうか。チキンだったら要らないですよね?

    私は北米で、仕方なく感謝祭にターキーを焼きますが、あの独特のにおいと、ぱさぱさ感が苦手です。なので、焼いてる途中に何度かオリーブオイルやにんにくを塗りなおしますが、それでも焼きたてはさすがにおいしいけど、翌日以降はぱさぱさ感と匂いがが気になる。カレーとかさらに匂いの強い料理にまぜてごまかしてます。それでも消費するのが大変!

    チキン並みにジューシーなターキーって、そもそもないものねだりなのでは?でももし成功したら教えてください。私も知りたいです。

    ユーザーID:2302610500

  • 参考になります

    来月低温ローストをやろうと思っていて、このトピの結果が気になっていました。
    トピ主さんとレスしている方、ありがとう。参考にして美味しく焼けるようにがんばります。

    ユーザーID:9146466168

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧