博士課程中退と満期退学の違いについて

レス19
(トピ主0
お気に入り53

趣味・教育・教養

博士

博士課程中退と、単位取得満期退学する場合とでは、何か違いはありますか?

皆様の知見をお聞かせください。

ユーザーID:8669352583

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あなたの自信による

    あなたに自信が無ければ、どうすることも出来ません。自信があれば、どちらでも良いでしょう。

    ユーザーID:5273423150

  • 手が疲れる…欄はみ出したりするし…

    どっちも「博士論文書けなかった半端者」という点では一緒。
    まあ他所様からの扱いも似たようなもんかと。ちゃんと確認してないけど。

    違うところは、手書きで学歴書く羽目になったときに、
    博士課程って大体所属名からして長ーい長ーいから、最後「博士課程単位取得満期退学」まで書いてると手が疲れるとこ。
    欄はみ出したりするから最初からちっちゃくちっちゃく書かなきゃならないのに気を遣うし。
    そういうの鬱陶しいから、単純に「中退」って書きたいんだけど、
    それはどうしてもできなくて、ちゃんと書いてしまうわが身のサガに腹が立つ、という点。

    ユーザーID:0080010789

  • 両方とも履歴書に正直に中退とかけるけど

    単位取得満期退学する方が印象がいいと思います。


    博士課程中退なんて自分で辞める形だから
    ちょっとカッコ悪いかなと思います。

    ユーザーID:6515803834

  • 〇〇大学学位規定

    博士課程修了:博士学位(甲号)取得済み

    博士課程単位取得満期退学:博士学位を取得するための講義等の単位は取得したが、博士学位未取得。今後、博士論文を提出して博士学位(乙号)を取得する可能性はあります。

    博士課程中退:博士課程在籍中に退学する。将来、博士論文を提出し、博士学位(乙号)を取得する可能性はあります。

    ユーザーID:3507609157

  • 博士課程中退

    博士課程中退という学歴はありません。最後に修了したのが修士であれば、修士課程修了となります。

    ユーザーID:1446013098

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • どちらも同じ

    博士号をとらずに退学してしまえばどちらも同じで何の役にも立ちません。

    ユーザーID:1428098529

  • 給与が違うことがあります

    私の先輩で、優秀なため年次のわりに業績の多い人がいたのですが、彼は単位取得を待たず就職しました(某私大)。
    その後、研究室に遊びに来た時、驚愕の事実を・・・。
    あくまでもその私大に限った話なのですが、なんと給与体系が最初から違うと。
    「君たちは、早めに単位をとり終えておいた方が良い!」と力説してくれました。
    それを聞いた私は当時、博士課程1年目くらいでしたが、良い就職口があったら飛びつけるよう、最初の2年間で単位をとり終えるようにしました。
    わりとよくある話みたいですよ。

    ユーザーID:7640873842

  • 博士を取得するなら大違い、取得しないなら一緒

    博士さんは、博士取得済でしょうか?もしくは取得予定ですか?取得予定なら満期退学にしておいた方が圧倒的に有利なので、詳細は所属大学の事務室に聞いて下さい。まあ、そういう状況の人は、こんな質問しないと思いますけど。

    もし博士課程を中途修了しようとしていて、単位取得満期退学の形式が揃うまで待て、と引き止められているなら、その後に博士を取得する可能性がある、もしくはアカデミアで仕事をする可能性があるなら、満期退学の形式を整える値打ちはありますが、今後絶対可能性がないなら、なんの関係もありません。

    次が決まっていて、もう関係ないと思っても、急に放り出されて在籍するところがあって良かったと思うことがあるかもしれないし、人生意外なところで縁があったりするものです。追加の手間や負担と相談のうえ、形式を整える労力が小さなものなら、検討してみてください。

    そうではなくて世間様の一般論が聞きたいなら、私も他のみなさんの解答を楽しみにしています。

    ユーザーID:0093823716

  • これからどうするの

    学位はどうするのですか?大学院を離れたら何をするのですか?それによって回答は変わります。

    ユーザーID:7363067808

  • あくまでも第一印象ですが

    博士課程単位取得中退(満期退学)
    →学位取れなかったんだな−。法学などのような厳しい分野か、理系なら指導教員とうまくいかなかったかだろう。

    博士課程中退(1)中退後すぐに就職するなり助教になるなり学振研究員になっている場合
    →学位の取得に見込みがあっても金銭面で苦しかったんだろう。納得できる。

    博士課程中退(2)中退後プラプラしている(不安定な研究員を含む)場合
    →どうしたのかな、無計画だけど大丈夫?

    という感じです、第一印象では。企業で人を採用する場合は、真剣に履歴書を読み込み、しかるべき関係者に問い合わせなどをして疑問を潰してから面接をします。

    ユーザーID:4835902871

  • 勝手な推測

    日本の博士号は,大学を出た後,何年も研究を続け,優れた研究成果を上げた人に功労賞的に授与されるもの(昔のヨーロッパ風)から,研究者として独り立ちできるという証明書(現代の米国風)へと変わってきたが,この変化が分野(特に理系と文系)や大学で違うので,あるところでは,博士課程を終えても博士号を持っていないのが普通だが,別の所では持っているのが普通という事態も生じているそうです.

    そんな状況の元,昔は「博士課程中退」が普通だったのに,今では,中途で挫折した「半端者」と見做されかねないので,せめて「単位取得満期退学」と書くようになった,そう理解していますが,実際のところはどうなんでしょう.

    今はかなり昔の話になりましたが,「学術博士」というのが新設されたのも,表向きは学際的な研究に適当な博士号がないから,と言いながら,実は,米国風PhDを増やしたいという文部省(当時)の意図があったという噂を聞いたこともあります.

    ユーザーID:0016014607

  • 人文系です

    私の世代の人文系では、ほんの一部を除き、博士課程修了と同時に博士論文を出す慣習はなかったです。事実上、課程博士はいませんでした。
    博士にすぐならない場合、博士課程は研究職に就くまで、在籍しています。
    博士論文を出していないので、中退=満期退学となります。

    また優秀な人は3年にならないうちに就職が決まり、文字通り中退する人もいます。
    普通に中退する人もいます。

    3年以内に大学院を辞めた場合は「中退」。
    年限ぎりぎりまで在籍していて、博士論文を書かない場合を通常「満期退学」といっています。

    最近は、人文系でも課程博士が増えました。
    でも、年限内に博士論文が書けない人もかなりいます。

    ユーザーID:9783982423

  • 次に学位を取りに行くと微妙な差が・・・・

    自分の実体験をもとに書きます。今後他の大学で学位取得を目指す場合について記載しましね。
    博士課程中退というのは大学院生として所属した大学院の所定の単位を取得していない状態ですから、その所属した大学での大学院所属実績がない状態ともいえます。
    次に単位取得満期退学では、所属した大学院の所定の単位を取得(■規定の期間所属していた)ものの、学位論文が受理されず学位が取得できなかった状態です。
    二者は世間的にはほぼ似た状態になりますが、次に他の大学院に”進学”し、学位取得を目指す段階で微妙に差が出ます。
    課程を経ての学位申請の場合、学位申請条件に”所定の過程を終了したもの”が付くことがあり、大学院(博士課程)所属歴が求められます。この所属歴は申請する学位によっても差がありますが、基本的に3年など具体的な年数が要ります。これに対し、〜中退ですと過去の所属期間がカウントされないことがあり得ます。単位取得満期退学はこの所属期間がカウントされることが期待されます。ただし大学によっては(格下大学などの)所属期間を見てくれないこともあります(私はこれでした・・・)

    ユーザーID:2906847537

  • 文学系の場合

    40代、文学研究系、博士課程前期修了で就職、修士号を持っています。その後,色々あり、今は研究の世界にはおりません。
    ご質問の件、文系の話ではないかと推測します。
    理系でしたら、後期課程まで進んで博士号が取れなかったという話はあまり聞いたことがありません。修士も然りで、私の夫は「実験は終了したけれど、修論は書いていない」のに修士号を持っていますから。

    文系,特に文学の場合は,博士課程後期修了後にすぐに博士号が取れることはありませんでした。修士論文が通り、博士課程後期に進学、単位習得後満期退学してどこかの大学の講師をしつつ研究を続け、博士論文を仕上げて博士号を取る、というのが一般的でした。私の学生時代の教授たちは5、60代で博士号を取ったという方が多かったと記憶しています。少しずつ風潮が変わり、同期はもう少し早く、40代で博士号を取得しています。

    ただ、このような文系大学院の事情をご存じない方にはどちらも同じに聞こえるかと。

    ユーザーID:8181891873

  • 違いは特にない

     違いは特にない。
     研究者なんか、どんだけ引用される論文を書いたかでしか評価されない。
     
     

    ユーザーID:9880560718

  • 単位取得満期退学は正式名称ではありません

    単位取得満期退学は、正式には「退学」です。
    私は、単位取得満期退学した際に、学校から書留郵便で「退学」通知をもらいました。
    退学というイメージはよくないのですが、学位を請求するための前提条件を得たことになります。また、これにより、大学院の卒業生名簿に載りました。
    中退とはこの点で異なります。

    ちなみに、私は「退学」後、編入学、博士学位請求論文を提出、口頭試問や論文審査等を無事に通過し、課程博士の学位を取得、博士課程後期課程を修了しました。
    博士の学位を取得するには、本人の実力や努力だけではなく、論文のテーマの価値、指導教員の力や、本人の運の良さ等、さまざまな要素が必要となるため、取れるときにいただくべきだと思います。

    ユーザーID:3344466970

  • 正式名称が「単位取得満期退学」の大学はある

    正式名称が「単位取得満期退学」の大学(院)は存在します。メジャーな国立大学群です。

    文科省は近年「単位取得満期退学」は制度的な裏づけがないとの通達を出したので(その意図は、満期退学→年数経ってから博士の前提ではなく、規程年限で課程博士を出せということ)、これだけ読んだ人が、中退や退学では聞こえが悪いから勝手に名乗ってるかのようにネットに書いてますが、学則に「単位取得満期退学」の規程があり、依然として、これが正式名称の大学は存在しています。

    大学自治がちゃんとある、古くからある国立大学ほど、その傾向があると思います。また、文科省の通達に投降して、その大学が満期退学制度を廃止したとしても、それ以前の卒業生に関しては、満期退学が正式名称であることに変わりはありません。

    なお、大学によって「満期退学」「単位取得退学」等のパターンがありますが、これも学校毎の制度名称の違いです。

    ユーザーID:0093823716

  • 結局同じじゃないの?

     大学院に行っていないので良く知らないけど、「博士課程中退」と「博士課程修了」という違いはあるんだろうね。
     でも、拘るところを見ると博士号は取得できなかったということなんだろうから、結局、似たりよったりなんじゃないの?

    ユーザーID:0939518374

  • 同じ、ではないかな。

     この話題、結構ネットやマスコミでは好まれますね。山月記に連なる学歴社会に
    翻弄される人が感じる哀愁や軽侮・憧憬(コンプレックス)を伴うからでしょうかね。

     博士課程中退の理由の一つに、「満期退学」がある学校がある一方で、
    レスの中に例のあった国立大学(法人)の例のように、博士課程中退の
    理由の一つとはしないで、べつの学校から離れることの言い方にしている学校がある
    という感じです。

     博士号とってないなら同じ、という言い方は、一昔前は課程博士・論文博士の
    あれやこれやで、捨て台詞のように言われましたが、昨今は
    「こんな学校の博士号ならいらない」と良い意味での学歴ロンダリングが
    当たり前になりつつありますので、中退してほかの学校で再度勉強中という人の
    ほうが満期退学よりポジティブに評価される可能性すらあります。

     学校にこれ以上置いておいても仕方ないので、ほおりだされた人が満期退学という
    こともあるし、やはり博士号には至らずとも人以上に勉強した証拠としての
    満期退学というのもあり得るので、人によりますね。
     これは博士号取得者でも一緒です。

    ユーザーID:9134174758

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧