キャリア・職場

育休の充実で若い女性の採用に影響はないのだろうか?

レス48
お気に入り102

40代のおばさん

働く

健康保険関係の仕事を始めたオバさんです。
若いときに少しやっていただけなので、何もかもが初心者という感じで頑張ってます。

ところで、最近は共働き世帯が多く、妊娠されても退職せずに産休や育休をとられる女性が多くなってます。

この仕事をやっていて感じるのは、働く女性の出産後も続けられるよう、私が若かったころに比べ、格段に法律が整ったということ。
今は、女性が妊娠したら1年以上も会社を休業することになります。
それが、もうじき2年まで休業できるようになるとのこと。

これって、よいことなのでしょうけれど、経営者からすれば、大きな負担ではないかと素直に思いました。
まあ、昔から、若い女性を雇うと結婚で辞められてしまうリスクがあったので、面接で結婚の予定はあるかとストレートに聞いてきたものですが、今はそれはNGです。(これは聞いても良いように思うのですが)
例えば、男性なら出産で休むことはないので、男性か女性かとなったら男性の方を採用すると考えてしまうのですが、実際のところどうなのでしょう?


それと、私のようなオバちゃんが雇われたのは、もう出産の終えた年齢だからというのは、あるのだろうか?

ユーザーID:3002061916

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数48

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 早くに出産を済ませて手が離れた若い女性が希望

    私が雇いたいのは、タイトルの通り。

    若いうちであれば、育休で休んだ1,2年のブランクはすぐに埋まります。
    24,5才で育休を取り、30前に二人目。
    32才くらいから本腰を入れて働いてくれれば、その先が長いです。

    現実的には無理かもしれませんが、極希にそういう女性がいるのです。
    今うちで雇っている女性には何人かいます。

    ユーザーID:1360328082

  • 若者支援と並行することが大事。

    影響はないとは言えないと思います。

    育休が取れる人は恵まれているんです。
    それ以前に働き続けたくても、企業風土や事情が許さない人達をおざなりにして
    育休手当を厚くしたり、保育園整備に費やすのは順序が違うと思います。

    船に乗ろうと手を伸ばす人を櫂で突き放すようなことをしながら
    船に乗れた人には船上ビュッフェが待っているようなものに思えます。

    海外にばらまく金があるなら、企業福利厚生の整備支援、職業訓練の強化をしてほしいですね。

    ユーザーID:3681401431

  • 正直に言う企業なんてないでしょう

    >男性か女性かとなったら男性の方を採用すると考えてしまうのですが、実際のところどうなのでしょう?

    正直に言う企業なんてないでしょう。「今回は男性の総合点のほうがよかったから」などと適当にでも理由はつけるでしょうね。
    求人の年齢制限が禁止になったので建前上は何歳でもOKとかありながら実際は違うのと同じです。

    >私のようなオバちゃんが雇われたのは、もう出産の終えた年齢だからというのは、あるのだろうか?
    私の経験から、出産が終わったからだけでの採用はありません。これまで私が面接で聞かれたのは
    1.親の年齢と介護がこの後あり得そうかどうか
    2.もし介護ということになった場合の対応
    3.子供の有無と子供の年齢と親などのサポートの有無(つまり預かってもらうとかいう体制がきちんとあるかどうか)
    4.(結婚している場合)配偶者の転勤情報
    5.職場の職員の年齢層や経歴のバランス
    6.妊娠・出産についてどう考えているか(40代…可能性ゼロではないので)
    でした(並びは重要度順ではありません)。
    オバちゃんが再就職するというのは、今の若者よりもずっと条件が厳しいと思いますよ。

    ユーザーID:4126404847

  • 休みを取ってもお釣りが来るくらいの人材しか採用されなくなる

    トピ主さんの懸念は当たっていると思います。

    雇用された後は様々な法律の庇護がありますが、
    採用そのものについては、男女同数採用しなければならないという縛りはありません。
    性別以外の理由を付ければ、男性のみ採用するような運用もことも可能です。

    ただ、男性でも介護で仕事を離れざるを得ない人はこれから増えてくるでしょう。
    また、女性でも育児介護休職を取っても、それを補って余りある人材ならば欲しい場合もあるはずです。

    そうなると、まずは非正規などでその人の能力を見極めてから
    正社員採用しようとする動きが広がってくるのではないでしょうか?

    ユーザーID:7384605332

  • 会社規模や職種にもよるかな

    中小ですが、簡単に派遣で代替できない部署・職種の方が
    育休あけ前に次の妊娠報告で、産休育休を延々ループしています。
    部署には相当な負担がかかり、その人を評価していた上司もさすがに苦い顔。
    新人を入れたくても、部署の人数が限られているため復帰されたときに困るんです。
    その部署で以降の女性採用は正直かなり厳しいですし、
    一般職・補助職も新規採用は一定年齢以上の方(子供の大きい方)が主となっていますね。

    もともと当社の制度自体は充実した内容なんですが、
    実際の運用にあたって一人が権利を振りかざしてしまえば、
    中小では結構なダメージになる場合もあるわけです。
    産休育休は権利だと言われればその通りなんですがね。

    以前、零細企業の一人事務さんが産休を求める内容のトピがありましたが、
    現実的には厳しいというレスが多く、
    トピ主さんも退職の方向で返信されていました。
    環境を整えない企業が悪いと非難しても、大企業以外ではなかなか厳しい場合もあるでしょう。

    ただ、結婚の予定は聞いても余り意味なさそうですね。
    嘘もつけるし予定は変わる、シングルマザーを選ぶ人もいますから。

    ユーザーID:3167493083

  • 会社は負担増だと思います

    >私のようなオバちゃんが雇われたのは、もう出産の終えた年齢だから

    ここに同意です。

    私は45歳ですが最近いくつも採用をもらえました。
    大学や法律事務所やNPO法人や医療機関など、18歳から事務しかやってませんがその業種では未経験でも構わず応募。
    ほぼ面接に呼ばれ「この歳ですがもう子供は成人」と言えば必ず「じゃあ安心ですね」と言われ採用。
    横浜なのでこの年代は小学生持ちも多いため私は特殊です。

    大学生の娘にも、将来出産しても育休切り上げて戻ったほうがいいと伝えています。
    普通に考えれば育休伸ばしたってあまり良い事無い気がする。
    私が娘を早く保育園に入れてずっと働いてきたから、こんな考えなのかもしれないけど。

    ユーザーID:2842243813

  • 派遣を使います。

    大手保険会社の総合職をしています。保険会社は総じて女性に優しく
    産休も育児休暇も取れますし、男性社員にも育児休暇を取らせようという
    動きがあります。
    会社が大企業なので、正社員の女性なら部署を移動しながら回す事は容易です。
    派遣社員を増員する場合もあります。何より、保険会社は支払うとき例えば大規模災害
    が起きた時に、社員が被災した場合に備え、ギリギリの人員で仕事を回すことは
    ありません。加えて、仕事内容は分業ではなく、誰でも同じ仕事ができるように
    配分されていますので、誰が休んでも滞りなく仕事が回ります。

    採用は毎年新卒を一定数入社させています。

    たぶんトピ主さんがおっしゃるのは、中小零細企業のことだと思います。
    なにぶん中小零細企業では産休は取れても育児休暇までは難しいと思います。
    取らせないか、退職させるか、仕事によっては派遣を一時的に入れるしか
    ないでしょう。

    最後の質問ですが、派遣の場合は子育てが一段落した中年の女性が人気です。
    年齢による経験値も高く、若い子よりも教える範囲が少ないからです。

    ユーザーID:7486125984

  • 意識を変えないと

    育児休暇は男性、女性ともに取得の権利がある休暇です。女性に限定されるものではありません。

    >よいことなのでしょうけれど、経営者からすれば、大きな負担ではないか
    経営者は若い世代の育児休暇を前提にした雇用を行うような社会を作っていかなければならないと思います。

    >結婚の予定はあるかとストレートに聞いても良いように思うのですが
    予定外の結婚であってもそれを理由に解雇することはできないし、結婚予定の有無で差別することはできません。
    面接でそれを聞いても何の意味もないことです。

    >男性なら出産で休むことはない
    男性も育児休暇を取り、子育てに取り組むべきです。

    長い目で見れば企業にとって若い労働力は必要で、制度を整えて働きやすい環境を作ることは重要です。

    ユーザーID:3812324787

  • 30代40代は休みが多い・・は事実

    リーマンショックの煽りで56歳でリストラされたとき、ハローワークの読みとは裏腹に1か月で採用になりました。私が最年長かと思ったら60歳で採用された方がいました。
    採用担当の方とのちに話す機会があったのですが、「30代、40代は子どもの都合で休むことが多いけど、そういう理由で嫌な顔はできない。50代、60代は自分の健康管理もできているし、家族のために休みや早退は少ないので、今まで転職の少なかったその年代の人を優先して採用した」と言っていました。
    新卒で採用された場合、育休の制度があるので休むのは権利ですが、いったん辞めて再就職となると、上記のような考えの採用担当もいます。

    ユーザーID:0646519763

  • たぶん大丈夫

    よく言われることですが、新卒段階では圧倒的に女性が優秀です。出産などでブランクが発生してしまうことがわかっていても、優秀な方を採用してしまうのが人間というものだと思います。

    ユーザーID:3555108034

  • 同意です

    私もそう思います。
    実際、人を採用する立場になると、なおさら。
    だって同じ待遇で雇うなら同等の貢献を期待するじゃないですか、性別に関わらず。
    でも若い女性の中には権利ばかり主張して義務を果たさない人が少なからずいますからね。
    こういう女性のせいで、男性と同等に社会貢献する覚悟と能力のある女性に迷惑がかかるのはとても問題だし可哀想ですが、見極めが難しくて、残り1枠を、同等の経歴の男か女か、ならば男を取るでしょうね。。
    ちなみに私は女性ですが。

    ユーザーID:5080350205

  • 大手はないでしょう

    大手企業なら、それはないでしょう。
    女性社員を管理職に登用したり企業内で「活躍」させると助成金がもらえますし、ある程度の数の新人女性を雇わないと男性社員のやる気も起きませんから、育児制度を整えて、やる気と能力のある女性は今後も積極的に採用して行くはずです。
    会社のイメージアップのために「女性が働きやすい会社」をアピールする大手企業も多いですしね。

    問題は中小企業でしょうね。
    でも長い目で見ると、時代遅れな会社は遅かれ早かれ潰れて行くと思います。
    なぜかと言うと、今の時代は女性よりも男性のほうが共稼ぎを望んでいるからです。

    共稼ぎをするとなると、男性も子供のために休みを取ったり、妻の代わりに家事をしたりしなくてはなりませんから「女性は結婚、妊娠したら辞めるべき」なんて会社では男性も働けませんよね。

    育児支援の整った会社は、男性社員でも「子供が熱を出したので・・・」と言って早退できるものです。
    私の会社もそうです。

    男性社員に長く勤めてもらうためにも、育児支援制度を整える会社は増えて行くと思いますよ。
    と言っても、その数はまだまだ少ないのが現状なんでしょうけどね・・・

    ユーザーID:6007446332

  • 10年前は

    10年前、27歳の時面接行ったら、
    「結婚の予定は?」「出産の予定は?」と聞かれまくり、「予定はありません」と答えても、ことごとく不採用でした。
    派遣で採用されましたが。
    育休では、育休終わった後、やっぱり会社辞めます。
    育休終わった後、しばらく復帰して1年も経ってないのに2人目できてまた育休。
    その後、2人の子育て大変なので会社辞めます。
    って人が多いから男性採用の方が多いんじゃないでしょうか。
    子供が産まれて復帰しても、子供が熱出たら休み、早退、子供行事で休み、で休みまくりますからね。

    ユーザーID:0881116291

  • ???

     しかし、そうやって子どもを産めない会社を続けていけば、顧客自体、社員自体が再生産されなくなって、結局は会社がつぶれるというのが、近い将来に起こる現実ですよ。

    ユーザーID:1403233589

  • そういう時代だから

    私自身は子供がおらず、新卒から変わらずずっと同じ仕事をしてますが、今の時代こういう人は多分減ってくるでしょう(男女問わず)。これからは転職も当たり前になり、産休育休、そして介護や自身の病気、リタイアする年齢まで同じペースで働ける人なんてよほど周囲と自分の健康に恵まれた人だけになると思います。

    トピ主さんは若い女性だけを言ってますが、男性だって育休は取れますし、40代の人でも出産は珍しくない時代なので、それこそ「差別」です。
    ただ、働く側もこれからは自分の人生設計を明確にして生き抜いていく能力を試されるので、「制度があっていいわねー」では済まなくなるでしょう。

    ただでさえAIが発達して今ある仕事の何割かが無くなるという時代、会社や家族がいつでも守ってくれない時代、結婚ごときにすべての人生を掛けられないのです、今の若者は。
    もやもやすると思いますが、そういう若者を生暖かい目で見ていくのが年長者の役目でしょう。

    ユーザーID:8228651637

  • 育児休業を男性が普通に取得する時代が来れば・・・

    主さんのような疑問もなくなっていくのではないかと思います。

    産前・産後休業は女性が休むのは必須ですが、その後の育児休業はどちらが取得しても良い、すなわち育児の主体が夫であっても何もおかしくないわけです。


    大手企業で制度が充実していても、やはり育休の取得は圧倒的に女性が多いですし、勢い新卒採用の男女比も、大手ほど男性を多く採用する傾向にあると思います。
    ばかげたことだと思いますが、現実はそのようです。

    うちの会社は海外勤務が多い業種ですが、それを言い訳にやはり新卒は男8:女2ぐらいの割合で採用しています。つまり出産、子育てに入ると海外赴任させられないという固定観念です。でもそんなことはないと思います。女性のほうが夫より収入が多ければ、女性の海外赴任に夫と子供がついていくというケースも今後は増えていくでしょう。

    とまぁ、アラフィフのおっさんが言っているのですから、もうちょい年長の経営者の方々もいい加減気づいて欲しいものです。

    ユーザーID:9618707320

  • 今はまだ過渡期

    >例えば、男性なら出産で休むことはないので、

    もう数年の内にこれはなくなるかもしれません
    まずは公務員から男性も育児休暇を取るように政府から指針が出されています

    実際、うちの息子の小学校でも男性教員が奥さまの女性教員と半年ずつ育児休暇を取りました

    本当に男女平等を目指すなら両親が半々で育休を取るべきだし、段々と育休は女性だけが取るものではなくなっていくのではないでしょうか

    いっそのこと子どもが生まれたのに育休を取らない父親はかえって出世出来ないぐらいの制度になってしまえ〜とも思います

    ユーザーID:4271915652

  • 人によると思う

    これからは間違いなく、担い手が減る時代です
    私の勤め先は、たぶんかなり人気企業なんですが、それでも応募者自体も減っていて、ある程度世間的に責任のある仕事をできそうな人、という視点で見ると採用が難しくなっている、という話を聞いています
    ピンキリの人全員に休まれたら辛いかもしれないけれど、「やれる」人がいたなら、数年のブランクがあっても来て欲しい、という企業はこれからますます増えるのではないでしょうか
    「休みません」だけが取り柄のイマイチなポテンシャルの人と、休むことはあるかも知れないけれどある程度ポテンシャルのある人と、生涯で見たらどちらが成果あげられるんでしょうね
    自分は、ブレーキかける期間があるのがなんとなく怖くて、仕事にブレーキかけないまま生きて来たら子孫を残すタイミングを逃した部類の女なのですが、20年30年の働く期間を考えると、数年のブランクなんて大したことはなかったな、と今にして思っています
    まあそれは、「甘えすぎない」という矜持を持った人限定で当てはまることなのかなとは思いますが。

    ユーザーID:4957009253

  • 男性も結構な割合で辞めていく時代だから

    私の同期は、入社後15年経った時点で半分が転職しています。
    職場の同僚も、半分近くが他社から転職してきた人たちです。
    残りの人も、全くかけ離れた他部署からの異動者がほとんどで、入社時からいた人は少数派です。

    つまり、男性だからといって辞めないかと言えばそうでも無い、のです。また、今の時代は病で休業される男性も結構います。
    辞めてしまう人材よりは、育休後に残る人材の方が貴重、かな。


    人の出入りがある職場ですと、男性の病気休業や転職、異動に、産休や育休の女性が加わるだけ、と認識されるので、数ある人事異動の一つと受け取られます。経営側も、女性だから負担、ということもなかろうと思います。

    人の出入りが少ない職場では、トピ主様の考えるような意識が残っているとは思います。

    ユーザーID:1407483614

  • ご心配なく

    トピ主様の会社は制度が整っているというのはそれなりの規模ではないでしょうか?大企業はもちろん、そこそこの規模の中企業でも今は制度が整っていますよね。
    若い女性の採用というのは新卒でしょうか、全く問題ありません。
    それに、辞めないなら男女関係なく採用します。そして、少子化の為、どの企業も優秀な学生を採るのに必死です。性別は関係ありません。

    なぜそのような会社で産休育休制度が整っているかと言うと、今まで育ててきた人材に辞めてほしくないからですよ。2,3年休んでも戻ってきてほしいんです。
    新しい人を雇って一から育ててマナー教えて…より全然効率がいいのですよ。

    これは航空業界の方もよく言っていますね、せっかく育てた中堅が辞めていくから会社に託児所作ればいいのに、とか。

    ただ、これを小さい会社や零細に押し付けるのはよくないとは思います。
    そのような会社は一人産休育休を出すと会社にも他の人にも負担が大きいですよね、そのような会社は結婚したら辞めるかどうか聞いてもいいような気がするので、そこはトピ主さんに賛成です。
    そういう会社が男性ばかりを雇えば結婚出来る男性も増えるしいいと思います。

    ユーザーID:8561198406

  • 最近の男性は

    給料が低い方が育休を取るようになってきつつあります。男性は出産後に休むことだって出てきているのです。

    あと、年配の方が採用されやすいのは、人生経験を積んできたからこそ、保険に対する商品価値の説得力が出るからではないでしょうか?
    ともあれ、良い時に採用されたと思います。このご時世だと、40代後半から50代の人は、介護退職がありうるので(男女とも)、採用しづらいと思います。私もお仕事、頑張らなくちゃ。

    ユーザーID:6516749523

  • ま、とりあえず…

    社会で働くなら、新聞読みましょか。

    ユーザーID:0184687732

  • やたら難しい内容ですみません(トピ主)

    回答レスありがとうございます。

    今は深刻な少子化ですが、とにかく産めばよいわけではなく、経済的に申し分がなく、教育力の高い世帯に2人目、3人目を産んでもらいたいものです。
    そのために仕事を持つ女性に育児休業を充実させるというのは、長い目で見て大きなプラスになるハズなんですが、その額面通りに社会は変わってくれるのかなあと思い、皆さんに実感としてどうなのかを聞きたくてトピを立てました。


    小波様
    22、23歳で出産した友人が2人ほどいて、片方は未就職、もう片方は1年かそこらで退職したので、どちらも専業主婦になってしまいました。現在、30才を超えた「第二次新卒」状態です。
    小波様の会社の方は、本当に優秀な方なのだと思います。


    ねここ様
    私は就職氷河期で就職が上手くいかず、定職のない中で出産になってしまいました。
    それでもめげずに働き続けてきたので、遅咲きです。
    育休すごいなぁって思います。
    育休をとらせてくれなかった女性にも、育休の給付金やってもいいように思います。
    当面、無職でもお金くれるなら中絶を防げますよね。


    つづく

    ユーザーID:3002061916

  • まだこんなこと思ってる人がいるんだ

    >レモン様
    >よく言われることですが、新卒段階では圧倒的に女性が優秀です

    これは大間違いですよ。

    一般的に面接時に同能力であろうと推測されるのであれば、育休リスクが少なく体力の
    ある男性を採用します。故に女性の応募者は次にワンランク下の企業に入社すると、ワン
    ランク下の男性の比較するので優秀に見えるだけですが、残念ながらレベルの低いところ
    で比較しているだけです。

    そういう事例からもこの世の中がトピ主の懸念しているとおりになっているのがわかり
    ますよね。

    法律がどうであろうが経営者が若い世代が育休を取りやすい世の中にしなければならない!
    と声高に叫んだところで現実はこうなんですよ。そういう机上の空論をこねくり回して
    いるだけでは問題は解決しません。

    ユーザーID:0073699821

  • 受益者じゃないのに不利益は被ります

    夫の仕事の関係で数年おきに引越があり、その都度、働き口を探しています。
    事情があり、子供を持つ予定がないのですが、面接では既婚で子供がいないことを理由に不採用とされることが結構あったと思います。
    どうせすぐに妊娠したとか言って辞めたり、産休育休を要求されたりすると決めてかかっているんでしょうね。
    私は30代前半なので、一般的にはそういう可能性が高いと思われるのかもしれません。

    採用面接で妊娠出産の予定を尋ねることが表向きは禁止されていても、
    「そうは言ってもね」みたいな感じではっきり聞いてくる管理職クラスの男性も少なくないです。
    そのような予定はありません、と申し上げたところで建前だと思われるのが関の山。

    実際に産休や育休をとる方が増えて働きやすくなることは、良いことだと私も思います。
    その一方で、私のように子供を持つ予定のない既婚者もいるわけで、何とも複雑な気持ちはしますね。
    もちろん何社か当たれば採用してもらえることろはあるので、あまり気にしないようにしています。
    採用する側も本当に悩ましいでしょう。

    ユーザーID:1890931466

  • レスします

    損になりそうになったらその人員は切って、
    健康な人に交換したらいいってことですね。

    切り捨てられた人はどうでもいいんだと。

    だったら会社に福利厚生なんていらないし、
    賞与なし、
    退職金もなし、
    低賃金で当たり前、
    そういうことですよね。

    経営者からしたら損ですよね?ってそういうことですもんね。

    やっぱり女性社員は総合職なんてダメで一般職がいいと、
    結婚したら退職って感じ?
    うっわ、全時代的ですね。

    少なからずエールがつくんですね。
    自分が切られる側になったら大騒ぎするくせにね。

    ユーザーID:6374920669

  • 長すぎる育休はプラスもマイナスも?(トピ主)

    さらなるレス、ありがとうございます。

    はな様
    介護というのは、確かに、同年代の方(男女とも)にちらほら起きてます。
    子育ては成長すれば手が離れますが、介護は時間がたてばたつほど重度化するもので、なのに限られた期間だけ休暇が取れるというのは実情に合わないような。
    幸い、私の親は元気ですが、介護が始まったら仕事どころではなくなりますね。

    セイウチ様
    介護休業と育児休業の大きな違いは、介護の場合、ある程度勤続年数が経ている方がとるのに対し、育児の場合、十分な勤続年数を経ていない状態だから、なかなか理解が進まないのかなあと思ったりもします。
    女性の場合、最初に入社した会社が肝心なのかもしれませんね。

    キノン様
    そういえば某大手も子育て中の社員に対する配慮を辞める改革をしたことが話題になりましたが、何事もほかの社員さんとのバランスが大事なのですね。

    牛山サキ様
    確か、香港とか女性が活躍する国は育休が短かったような。
    長ければよいというわけではなく、短いなりのメリットもありますよね。

    ユーザーID:3002061916

  • 男性の育休が進まないホントの理由(トピ主)

    ろこ様
    大手でそのような配慮をするなんていいですね。
    姪が工場勤務ですが、工場も集団で配置転換をしながら仕事を進めていく要素が強いので育休がとりやすいようです。
    でもやはり、そういう恵まれた会社は、新卒でないとなかなか正社員は難しいのでしょうか。
    姪の会社も新卒だから正社員ですが、それ以外はパートになってしまいます。

    キンカン様
    男性の育休が進まないのは、意識の問題ではないと思います。
    育休中は給与がもらえず、代わりに給付金がもらえますが、その給付金は給与の3分の2しかもらえなくなるからです。
    月給30万円だった男性が20万円になる感じです。

    働かずに貰えると思えばすごい金額ですが、妻が大幅にダウンしたうえに、夫までが大幅にダウンするとしたら、どうでしょう?
    妻はともかく、夫は育休をとらずに働く方を選びますよね?

    企業や社員の意識が低いのではなく、育休の給付額が少ないから、男性の取得が進まないのです。
    これが本当のところですよ。

    ユーザーID:3002061916

  • トピ主です

    maimai様
    このトピを立てての最大の発見は、一般論ではもう採用がないとされている中高年でも、本人の職能さえちゃんとしていれば、採用はあるという書き込みが少なくないこと。
    私も、このトシで採用になるなんて思わなかったし、私の周囲でも、50歳過ぎの女性がちゃんと採用貰ってます。
    もちろん、何もしていなければ、採用はないのでしょうが。

    レモン様
    我が子が小学校のときの父母会なんか出ていると、働いているお母様で、優秀なんだろうなあと思われる方がチラホラいて、服装から見て、結構稼いでいる感じでした。
    優秀な方は、育休がどうであろうと関係ないのかもしれませんね。

    たらこ様
    私は若いときに転職活動をしたんですが、基本給が18万とか20万の場合は女性を前提にしていて、28万から30万円貰える仕事って、男性を前提にしているパターンがよくありました。
    なんでこんなに格差があるんだろうって思ったものですが、確かに、28万、30万もの給与をあげるなら、しっかり働いてくれることを前提とせざるを得ないのかも。

    ユーザーID:3002061916

  • 社会は大丈夫だろうか

    これまで読ませていただいた感想ですが、女の子のキャリア教育の参考になるレスがたくさんあるように思います。
    自分自身が、もう産み終わったオバちゃんだから雇われたのかという仮説は、なまじ間違っていなかったのかも?と思いました。

    私には息子しかいないのだけど、奥様となる女性は優秀であること、それに加え、息子も家事や育児を手伝って、奥様に仕事と家庭の両立ができるようサポートしていくことがとても大切なのだなあと感じた次第です。

    とくめいこ様
    大手って優秀な女性を集めることができるということなんですね。
    子供の父母会に参加していて、服装からみて、それなりの報酬で働いておられる方がちらほらいて、本当に優秀なんだろうなあと思っておりました。
    やっぱ、優秀なんだろうなあ。

    子持ちですが様
    同じ経験してます。就活していて、「結婚しちゃえばいいじゃない」とまで言われましたから。結婚しないという選択肢は女性の場合、ないのかなあと思いました。


    おとこ様
    市場縮小はすでに起きてますよね?
    年賀状、今年、2枚しか来なかった!郵便局員は相変わらずノルマがあるみたいですが。

    ユーザーID:3002061916

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧