• ホーム
  • 話題
  • 海外の小学校での、生徒同士のトラブル対応

海外の小学校での、生徒同士のトラブル対応

レス10
(トピ主2
お気に入り26

生活・身近な話題

五十肩

こんにちは。初めてトピを立てます。

日本でしか暮らしたことのない日本人です。

以前、アメリカのドラマを見ていた時に疑問に思ったことがあります。

小学生の女の子が、学校でクラスメートの子に殴るか蹴るかしてケガをさせてしまい、女の子とその親が校長室に呼び出されるシーンがありました。

校長先生の前で、親が「なぜそんな事をしたのか」と尋ねると、女の子は「理由は言いたくないが、自分が何をしたかは分かっているので然るべき処分は受ける」みたいな答えをしたと思います。

その場で校長先生がどういう処分を下したかは覚えていませんが、親が女の子に「一週間の外出禁止」を決めていました。

そして、ケガをさせるに至った経緯ですが、自分の親友がクラスメートにいじめられていたから、それを止めようとして、というものでした。

クラスメートのケガというのが、病院にいって治療を続ける必要のあるものでしたが、このトラブルについては校長室のシーンでほぼ終わっていました。

かなりのケガなのに、相手に謝罪とかお見舞いがありませんでした。

そこで、ご存知の方にお尋ねしたいのですが、アメリカでは学校での生徒同士のトラブルは、学校の中で校長先生のもとで完全解決するのでしょうか?

直接双方が接触して話し合ったり、謝ったり・・・ということはしないのでしょうか?

アメリカだけでなく、他の国の事情もご存じなら、教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

ユーザーID:4559865791

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 校長先生に任せられている

    米国と日本の学校で大きく違うものの1つに、日本の学校では子供のいざこざは担任が処理するのに対して、アメリカでは担任はあくまでも学習を教える、授業を教える事に徹底できる、という事があります。学校のもめ事、保護者や子供の問題らは校長先生や副校長が担当するので、担任は授業に集中できる、という事があります。日本の担任の先生の仕事の量が多いのは、これも原因の1つかと思います。
    病院などでかかった医療費は、普通は各保護者の支払いになるかと思います。そのようなサインを学校開始時にサインをしましたし、毎回の遠足などの行事前にもサインをします。ペナルティに関しては日本より厳しいと思います。私のアメリカ人友達の息子(中学生)は、リュックサックをお腹の方に、逆にしょって 友達をお相撲さんのようにドン!と押したら、友達がお尻をついたことで3日間の休学を命じされました。相手の保護者へ謝罪などはなかったと思います。
    子ども同士の怪我は、基本的には誰がやった、などは被害を受けた保護者には言いません。

    ユーザーID:8968668752

  • いろいろ違いはあるとおもいますが

    アメリカの近くの国ですが、州ごとに法律も異なっているので国内すべてとは言えないことを前提として。
    まず、学校である部屋にだけ登校を許され、他の児童とは接触禁止・停学・退学と義務教育でもあります。

    校長先生は、直で生徒に関わることが多く親への連絡も校長先生からというパターンも結構あります。
    日本だと担任がするかと思われることも校長先生が行います。
    トラブル解決は校長先生の大事な仕事です。
    問題が起こったら日本より頻繁に生徒が直接校長室に呼ばれます。

    >直接双方が接触して話し合ったり、謝ったり・・・ということはしないのでしょうか?
    ありますよ。

    アメリカだと訴訟とかになるかもしれないので親同士の話し合いより介入者が必要なのかも。
    もっとも、日本の学校でも今はお互いの主張を客観的に聞くため間に誰か入ってもらいますけど。(言った言わないなどのもめごとにならないよう)

    ユーザーID:9812672461

  • 英系ですが

    学校で起きたことは学校で責任を持つというスタンスで、親はあまり出てきません。子供同士だとお互い様ということもよくあり(この場合もやりすぎ感はありますが、まあそうですね)、どちらが悪いかわかりにくく、そこに子供の味方の親が出てくるとややこしくなります。第三者の校長が入った方が、客観的に見れます。うちの小学生娘も時々トラブルがありますが、加害者の名前も連絡先も教えてもらえません。親同士となると、必ずこじれるからだそうです。まあ子供は誰にやられたと言うんですけどね、よく聞くと、娘が手を出さないまでも言い過ぎだったりということもあります。
    病院代は保険に入っているので、それほどではないと思います。何歳かわかりませんが、小学生女子がかなりの怪我を負わせるなんて滅多にないし、その辺はドラマかなと。
    娘の学校では、加害者は停学などの措置があります。担任や校長が決めます。

    日本人はすぐ謝りますが、非を認めたことになるので海外では責任追及されて危険です。こちらの人は「sorryごめんなさい」ではなく「excuseすみません」と言います。

    ユーザーID:6673365409

  • その後

    怪我を負わせた子の方が金持ちの場合、その親も訴訟されるかもしれません。それと、学校側が怪我をした子の親から訴訟されると思います。監視がなっていなかった、と。怪我を負わせた時点で警察が呼ばれた場合は、加害者は、特別な学校へ転校されられると思います。

    ユーザーID:3961914174

  • 当然です。

    アメリカ在住27年です。子供はアメリカの大学生です。
    学校内の子供同士のトラブルを両方の親だけで解決する事は不可能です。正しい公正な判断はできません。学校も事故があった事は把握しているのですから、その件を把握し対処する義務があります。全てそれらは両方の生徒の記録として小学校でも保存されます。話しをするのは担任と言うより主に校長先生ですね。日本もそうではないのですか? よく思うのですが日本で交通事故等、実際に加害者が示談金+菓子折りを持って被害者の方に謝りに行って、来ないと誠意がないなんて、両者にストレスではないですか?十分な保障が貰える様に保険会社の方にお任せして、もし満足できなければ自分の保険会社に相手の保険会社を訴えてもらえばいいのです。

    ユーザーID:7145810255

  • 学校内で対処です

    基本的に、学校で起こったことは、学校内で対処
    校長先生、生徒数によっては、事によって副校長先生が対処する場合もあります

    処分によっては親が呼び出されることもありますが
    被害者がいても、親同士が対峙することはないです

    仮に喧嘩両成敗の場合でもけんか相手を、知ることはないです
    どういう処分が相手に下されたかも知らせられません


    それらを知らせてしまうと、プライバシーの侵害になるからです

    家では、子供がクラスメートのものを勝手に捨ててしまい
    処分をうけたことがあり
    捨てたものを弁償したいと申し出たことがありました

    その時のやり取はすべて学校を通して
    直接親がやりとるする機会は与えられませんでした

    ユーザーID:6467498715

  • 他人の子供は他人事

     英語圏在です。
     トラブルに相手側は必須ですが、相手側の名前を知ることはありません。
     なぜなら、今は自分の子供について話をしているので、相手の子供がどうであれ、それは関係がないからです。
     相手側に話し合いや謝罪で、接触するということもありません。自分は自分の子供にのみ責任を持ち、相手側に干渉してはならないからです。
     学校内で起こったことは、学校側に全責任があり、例えば喧嘩にしても、トラブルに気がつき、病院に行くようになる事態になる前に止めるべきなのは、学校側です。いわゆる、安全管理を怠ったという認識ですね。
     親が呼ばれるということは、親がトラブルの詳細報告を受け、それについて要望を述べる機会で、子供のために謝り倒すとか、先生と一緒になって叱責するということではありません。なので、親が相手側に謝罪に行く、ということもありません。
     訴訟は、学校内で起こった事件ならば、学校側に対して行います。
     校内で暴力を受けたという痕跡が自分の子供にあり、学校側から何も報告がないなら、こちらではまず警察に通報です。非常に合理的というかドライです。

    ユーザーID:8506034806

  • 法に触れれば警察が介入

    アメリカです。子供同士の怪我で、それがアクシデントであれば学校側で処理されるので親同士がどうのということはありません。小さいいざこざも全て校長先生が介入して学校内で処理されますね。問題があればすぐに停学になりますし、もちろん親の呼び出しもあります。万が一親同士が顔合わせが必要であれば校長先生などを交えて学校内でミーティングがあると思います。日本みたいに親同士「あいすみません」で収まらないのがアメリカじゃないでしょうか。余計なトラブルを避けるためにも学校外での親同士の連絡はしません。

    あと小中学校レベルでも素行の悪い子供がいて校長では手に負えない場合は遠慮なく警察が介入します。警察が話をしても改善されない場合は地域の「素行の悪い子が行く学校」へ送られます。

    ちなみにですが、高校レベルでは地域の警察の出張所が高校内にある場合もあります。ド派手に喧嘩をすればその場で手錠も掛けられますし、薬が発覚すれば逮捕もされます。やはり素行の悪い子がいく高校も存在します。保護観察期間で足にGPSを付けてる子もいます。そんな子とトラブったら逆に個人的にその子の親には会いたくないですね。怖い。

    ユーザーID:9648610660

  • ありがとうございます(トピ主)です

    皆さま、お返事ありがとうございます!

    ケガをさせてしまった子の親は、その後の親の集まりの場などで肩身が狭くなったりしないのかな…と思いながら、ドラマを見ていました(相手の子の親も、謝っても来ないなんてと悶々としてはいないかと)。

    ですが、確かに、菓子折り持っての謝罪などはストレスなだけで、感情的にはスッキリするかもしれませんが、トラブルそのものの解決ではないですよね。

    皆さんが書いて下った海外の学校のやり方のいいところは、トラブル解決の手順が学校・生徒・保護者にとって明確で、責任の所在も明確で、「これを以て解決」と学校と当事者が認識できるところですね。

    私の子供はまだ幼稚園生で、今の小学校を経験していないのですが、「まずは担任がトラブルに対処・解決する」というやり方ですと、担任の先生の負担が増すのはもちろん、うまくいかない場合に密室の中で担任に処理されるような危険性があると思います。


    他の国のお話も聞けたら・・・と思いますので、もうすこしトピをこのままにさせてください。

    ユーザーID:4559865791

  • 〆ます(トピ主です)

    こんにちは。

    トピ主です。

    レスも落ち着いてきたようですし、一番知りたかった情報も得られましたので、もう〆たいと思います。

    何気なく見ていたドラマのワンシーンでしたが、海外事情に関心が広がったりして、こうしてお返事くださって嬉しかったです。

    どうもありがとうございました!

    ユーザーID:4559865791

レス求!トピ一覧