ひどすぎる医者(怒)

レス49
(トピ主3
お気に入り104

生活・身近な話題

いちご

去年、乳がんで手術を受け現在も治療中です。

その、告知の時に医者が吐いた暴言と、傲慢な態度がトラウマとなって今でも苦しくて涙が止まらなくなることがあります。

私の場合、ステージ1で初期と言われる段階でたまたま発見されて完治も望める状態だったのですが、確認というか、前向きに治療に臨むために医者に、
「この段階で見つかったのはラッキーだったんですかね?」
ときいたところ
「さあ。癌があることをラッキーというかどうかは知らん」
と吐き捨てられました。

そして勝手に術式を温存と決めつけて、適当な説明しかせず、次は三週間後の手術前日の入院の日までくるな的ないい方で診察を拒否しました。
詳しい説明がほしいと訴えると前日にさっと軽く説明はするからとまた拒否。

あまりのひどさに病院を移りました。
次の先生は本当に丁寧に親身になって診察してくれて、術式も何度も何度も診察をして話しを聞いていただいて、納得の行く方法で手術していただきました。

確かに、いい先生に出会えて、納得のいく治療が受けれたので、それでいいじゃないかと言われればそれまでですが、それでは済まされない心の傷が残りました。

ユーザーID:3358647565

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数49

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 酷すぎて悲しくなりますね

     治療は患者の不安をなくすところから始まると思います。病院を移って正解でしたね。このような医者が無くならないから、患者は病院を探しまわり結局無駄な時間と医療費を使っています。何より病気の体を抱えて探すのは大変ですね。

     私は命に関わる病気ではありませんが以前「良性発作性頭位めまい症」で何軒も病院を探しました。最後にある大学病院へ行きました。診察後病名は同じでしたが医者の言葉に絶句しました。「何故此処に来たの?ここにきたら何か分かると思った?残念でした!何も研究していません」でした。どうしたら治るかきいたら、「ベッドで頭を左右に動かす」でした。枕は外すのか聞いたら「あなたの枕の形は分かりません」でした。結局他の大学病院で耳石の移動の治療で治りました。

     今その医者は独立し「耳鼻咽喉科」を開業しています。その前を通る度に悔しさが蘇ります。

     体が病んでいる時は心も弱くなっています。すがる相手は主治医です。信じて体を預けたいですね。医者は心と体をセットに治療をすると肝に銘じて欲しいですね。

    ユーザーID:6274382967

  • 藪医者です

    口も悪いし、藪医者だったのだと思います。

    転院ができてよかったですね・・・

    ユーザーID:2752595778

  • そう?

    タイトルからどんなにひど「すぎる」のかと思って読んでみたけど、全然許容範囲じゃないですか。

    暴言とも別に思えないし..
    考えすぎ!

    ユーザーID:3382314906

  • 済ましましょうよ。

    その親切な医師の納得行く手術で心の傷も治ったと思いましょうよ。

    叔母は乳がんの末期で亡くなり、母親も乳がん発症しましたが、
    主さんと同じステージ1、部分切除で済みました。
    『妹(叔母)が助けてくれた』と母親は言ってました。
    お風呂場の鏡をみてたらほんのほんの少しの胸の凹みに気づき
    検査。医者も信じられない程、小さい内の発見だったとか。

    早期発見に感謝しましょうよ。

    ユーザーID:4523742641

  • 大変ですね

    お気持ちはよくわかりますよ。
    でも、医師=人格者ではないので…
    私も結構嫌な思いをしてきましたが、
    医師=頭も良く、人格者であるという思い込みがあるので、
    余計に傷つくのだと思います。
    ドクハラという言葉もあるくらいですから、思い込みに過ぎません。
    患者は自分で病院を取捨選択して自分の身を守るしかないです。
    もう忘れましょう。
    お体大切になさってください。

    ユーザーID:9553309033

  • 思うとおりに

    今は患者も医師を選ぶ時代だと思うので
    病院を変わって正解でしたね。

    手術の説明というと別室で何時間か時間をとって
    というイメージでしたが、今は外来診察1回分。
    補足が必要ならセカンドオピニオンどうぞという制度?ですからね。
    こちらからドンドン医師を切ってやれば良いのです。
    私なら性格悪いんで病院変わって良い方向へ向きました。
    ○先生にもお世話になりましたので
    ご報告までって病院宛てに
    手紙やメールするとかするかも。

    大きなお世話であるでしょうが、
    ステージ1はラッキーかの問い
    は質問が良くないかなとは思います。
    医師から前向きな返答や励まし?が欲しかったのなら
    ショックですがステージ1で分かって良かったって
    思って治療頑張ります。よろしくお願いします。
    とかの方が良かったかもしれませんね。
    、、、と言われても今更ですよね。
    傷が残ってどうされたいか書かれて
    いた方が希望にそうレスがつくと思いますよ。

    ユーザーID:2816973538

  • お医者様に求めるもの

    手術の説明も十分ではなかった医者は、
    確かに良くはないかもしれません。

    でも、お医者様に「今見つかってラッキーか」とか
    あまり聞かないと思います。
    どんな段階でも結果をラッキーにできるように治療するのが
    医師の仕事なんじゃありませんか?

    トピだけを読むと不思議だなと思います。
    私はおしゃべりは下手でも手術の評判が良ければそれでいいかな。

    ユーザーID:0797342802

  • 不安な時はねー

    不安な時に適当な扱いを受けると、もっと不安になりますよね。
    説明もしっかり聞きたい。よくわかります。
    トピ主さんも大変でしたが、私も、おそらくはもっと酷い医者に当たった経験がありますから。
    それも三度(二度は家族、一度は私で医療ミスレベル)。

    でも、

    >いい先生に出会えて、納得のいく治療が受けれたので、それでいいじゃないか

    これがすべてだとも思います。
    次の先生が、最初の先生と同じタイプの可能性だってあった。
    最初の先生が権力者で、根回しされて満足な治療を受けられない可能性もあった。
    現実にそういうことはあります。医者だって人間で、組織の一員ですから。

    二番目で、良い先生と巡り合えた。
    これほどの幸運はありません。
    トピ主さんは本当に引きが強い。

    心の傷、それは判ります。私もそうです。今も悪夢を見ます。
    でも、生きていれば理不尽なことはあります。
    交通事故の被害者で障害が残るレベルなのに、相手が保険に入っておらず、無職で賠償金も出ない。そういう話もよく聞きます。
    済まされないとありますが、「済ます」努力も必要ではないでしょうか。裁判を起こす気なら別ですが。

    ユーザーID:3411296390

  • まぁ、

    心の傷が残ると、こだわっているのなら、生涯引きずっていかれたらどうですか?
    だって、いい先生に巡りあえて、納得のいく治療を受けられても、こだわり続け、引きずるのなら仕方ないですよね。ずっと、忘れずに、拘って、生涯引きずるのもいいと思いますよ。
    それも人生ですから。

    ユーザーID:3304624180

  • 心に残りますよね

    その後体調はいかがですか?

    結果オーライだったとしても不安でいっぱいの時に言われた
    心無い言葉は残りますよね。

    もう過去のこととして葬り去ろうと思ってもいきなりフラッシュバックして
    怒りにまみれたり悲しくなったり

    もう5年ほど前の話になりますが
    40歳の時胸のしこりが気になり乳がん検診に行きました。

    乳がん検診は今回が初めてですかと聞かれ
    「お恥ずかしながらそうです」と答えたら
    「これで乳がんみつかったらこの先地獄だよ〜」と言われ
    検査の結果現実のものとなったとき
    「あ〜あ地獄の門を叩いちゃったね」と

    40歳まで検診に行かなかった自分が悪いのも十分承知
    その先生は明るくしようと冗談で言ったつもりなのかもしれない。

    そうやって自分を納得させてはいるけれど
    いまだにあの時言われた言葉が怒りとなってフツフツと沸いてきます。

    ユーザーID:1520127901

  • ひどいですか?

    口下手だけど正直な医者としか思えませんが。

    吐き捨てられたとか、適当な説明とか、トピ主さん主観の記述が多くて何とも言えません。
    しかも、それって診察拒否なんですか?
    多くの患者さんを抱えていると、1人の患者さんに割ける時間は自ずと制限されますが。

    トピ主さんの方も、自分の思い通りに事が運ばないと相手のせいにするタイプなんじゃないかと感じます。

    ひどい医者ではなく、単に相性が合わない医者だったってだけじゃないでしょうか。

    ユーザーID:3768512995

  • まずは

    転院先でいい先生に出会えてよかったですね。

    私も医者には嫌な思い出がたくさんあります。
    弱って辛い状態だから医者に行く訳で、その状態で掛けられる医者の言葉っていうのは、自分で思っている以上にダメージを受けますよね。
    ましてやガンというインパクトの強い病気の場合はなおさらです。

    苦しい時は、思い切って苦しみ切っちゃうといいんですよ。
    思いの丈を紙に書き出すなり、クッションに向かって叫ぶなり、カウンセラーさんに聞いてもらうなり、身近な人に散々愚痴るなり。

    そういえば私は1回目の出産時に結構嫌な思いをしまして、ずっと引きずっていたんです。
    そして2回目の出産の時は別の病院で生んだんですけど、そちらの看護師さんに1回目の時の話を聞いてもらったところ、「それは辛かったですねえ」と親身になって話を聞いてもらったところ、それきり気持ちが晴れてしまったってことがありました。

    トピ主さんは「こんなことでくよくよしてる自分って」とか思ってないですか?
    でも、最初のお医者さんは本当〜にひどい人だと思いますよ。
    「自分が傷ついてるのは当然のことだ」って思えたら、少し気が晴れるんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:4319006775

  • はき捨てる?

    病院を変えたのは正解ですね

    ほんと 性格悪いのが 数パーセントいますからね
    我慢することないですよ

    ユーザーID:3951775899

  • 人生修行だと思って

    医者にあるまじき言葉を言われ今も泣いてしまう貴女は本当に気の毒。そんな人を人とも思わない態度の医者にまた出会ったら、きちんと抗議しましょう。誰も言ってくれる人がいないから医者も育たないのです。私も不整脈で受診した時、脈も取らず顔も見ずパソコン画面ばかりみて薬を処方したので、私まだ何も診察受けてないですよと言ってやりました。彼はハッとしてきちんとこちらを向いて脈を取り血圧を測り、丁寧な診察と態度になりました。医者じゃなくてもそのような人間はたくさんいます。相手次第、言い方次第もありますが、嫌な思いを引きずらないためにも、貴方の態度はおかしいと言える強い人になって下さいね。

    ユーザーID:0784463818

  • 最初のお医者様の一言

    最初のお医者様の説明不足が思い通りでなく転院したのは正解だと思いますが、
    >癌があることをラッキーというかどうかは知らん
    と仰ったのは、癌という事実を「ラッキー」という軽い言葉で受け止めている主様に釘を刺されたのではないでしょうか?
    心構えが足りない、辛い治療が待っているかもしれないとの言葉だと受け止めることは今の状況からもう無理なのでしょうね。
    その言葉だけを思い出してひどいと仰るのはお門違いかと思います。

    ユーザーID:9653493862

  • そういう時のためのクチコミ

    ホリエモンが言っていましたが、医者版食べログが有るべきである。
    私もそう思います。
    あまりにも横柄な医者なら、クチコミでどっかに書いちゃえ。
    飲食店並みに、医者もネットで評価されるようになる時代が来ますよ。

    ユーザーID:2659087722

  • 医師の仕事は接客ではなく……

    医師の仕事は診断や治療。
    説明も勿論必要ですが、患者さんのご機嫌を取ることが仕事ではないので、
    主さんの思う通りのリアクションをされなくても仕方ないと思いますよ。

    それに、医師に「ラッキーだったね!」と言われる方が軽々しくてむしろ引っ掛かりませんか?
    初期のがんと言っても転移の可能性もゼロではないでしょうし。
    だから主さんも手術後の「現在も治療中」なのでしょう?
    再発や転移の予防か何かをされているわけですよね。

    手術の説明って普通は1回で、渡される説明用紙や同意書に詳しい内容は書かれています。
    「分からないことは聞いてください」とは言われるでしょうが、
    既に診断がついて、必要な検査が終わっている患者さんに対して、不必要に何度も受診しろという方が疑問です。
    「次は手術前日に来て下さい」と言われるのはいたって普通です。

    今回の医師は、態度が嫌な感じだったのかも知れないですが、
    医師が患者さんのご機嫌をとって、受診の必要もない状況で受診させるようにするとしたら、
    医療従事者はますます疲弊し、国民医療費はますます膨れ上がるのではないかと思います。

    過去を引きずらずお大事にしてください。

    ユーザーID:8635663163

  • 私がトピを読んで思った事

    私の母は、白血病で長期入院の末亡くなりました。
    大学病院でした。

    毎日クリーンルームに通いました。まさに毎日が命の現場でした。

    大学病院の先生方は、入院している、命の危険がある
    患者さんと向き合っておられます。
    それは、相当なストレスだと思います。
    それに並行して外来の患者さんも診てます。

    初期の癌を、患者さん側から「ラッキーだったか?」と聞かれたら、「どうかわからん」と言うのも、私は理解できます。沢山の色んな状態の患者さんを診てるからだと思います。
    そして、1人1人に感情移入をしていると、仕事にならないのです。

    だからと言って、説明しないのはダメだとは思いますが。

    白血病の母親が抗癌剤1クールでベッドに空きがなく、退院・転院しなければならなかった時、ステージ1の人が退院すればよいのに。って思いました。
    その立場にならないと、その人の気持ちは理解できないと思います。

    最初に診てもらった先生に、嫌な態度をとられた事によって転院し、よい先生に出会えたのだから、よかったのでは?

    ユーザーID:0808375127

  • 医者も色々玉石混合

    私は人間ドックで乳がんの宣告を受け、医師から、
    「乳腺は全部取ります全摘です乳首も無くなります男のような胸になります来週のこのあたり(カレンダーを指しながら)空いてますけどどうしますか?」と一気にまくしたてられました。「男のような胸」と言う言葉が頭の中をぐるぐる回りました。この男(医師)は術後の胸を見るたびに「男みたいな胸だな」と思っているんだと思い腹が立ちました。なんというデリカシーのなさ、こんな男に胸を切られるくらいなら死んだ方がマシだと思い、女性医師のいる病院へセカンドオピニオへ。そしたらこれがまた五十歩百歩で、胸を全摘する事が辛いと私が漏らしたら、とてもきつい口調で吐き捨てるように、「そんなに気になりますっ!?外から見てわからなかったらいいでしょっ!」と言われて,うなだれて帰りました。そしてサードオピニオンへ。穏やかな男性医師でしたが「部分摘出にしましょう」との言葉。いったいどの治療がいいのかわからなくなりフォースオピニオンへ。そしたらなんと、「これは良性のしこりです、ほっておいても命に別状ありません」との事。それを信じて何もせずに過ごしあれから5年半、私は今ピンピンしています。

    ユーザーID:9109840139

  • 医師はポイント公開制にして欲しい

    お辛い目に合われましたね。
    只でさえ、辛い状況なのに、それでも医師のつもりか!と言いたくなります。

    私も同様の仕打ちを何人かの医師にされました。

    解決には、患者が診察後、対応等のポイントを付けられるようにして、公開することだと思います。


    よく心配されているように、薬ばかり出す医師、媚びへつらう医師に人気が集まることはないと思います。

    患者はそこまでバカではないと思います。

    ポイント公開制、やってくれないかな〜
    ダメ医師は淘汰したいですね

    ユーザーID:1779353536

  • 後医は名医+悪化すれば医師は責められ改善すれば感謝されます。

    後医が主様のご希望に合う方で、その医師の元で納得する治療を受ける事が出来て良かったですね。

    ただ最初の医師との出来事を聞いているから、後医の態度が軟化した可能性もあり、(どのような経過で診断が下ったのか不明ですが)最初の診断が的確で治療し易かった可能性もあります。

    告知の時、患者様は診断を受け止める事で精一杯、動揺し、幾ら言葉を尽くして説明しても説明されていない、聞いていないと仰る事が非常に多いです。その為、術式説明を後日にしたり、家族と一緒に…と言う所は少なくありません。

    >勝手に術式を温存と決め
    可能なら温存したくないですか?

    他の方も仰っていますが、ラッキーに対する医師の発言は初期癌とも真摯に向き合っている証拠ではないでしょうか。
    入院すれば、ステージの進んでいる患者様を見かける機会もあると思いますが、その方をアンラッキーだとは思って欲しくはないです…。

    診断が重かったり緊急手術等、心が追いつかずトラウマになる事があります。主様も憤りを最初の医師にぶつけ消化しようとしている可能性もあります。自然治癒しない時は心療内科等にご相談ください。

    お体ご自愛ください。お大事に。

    ユーザーID:9414942693

  • 怒鳴り散らす医者は一定数いる

    ラッキーかどうか
    医者は口先で適当な事は言えないだろうから、文章だけみると悪い回答ではないように見えます。
    でも理不尽に感情的に大声で怒鳴り散らす様な医者に何度か会っているので、言い方がキツかったのかなと思います。
    私も質問する度に怒鳴り散らされ、説明がないまま手術を急かされた事があります。
    自分の利益しか考えず説明を面倒がって恫喝して萎縮させて、早く手術に持ち込もうとする医者は一定数いるのかもしれませんね。
    怒鳴り散らすのは担当したくないから追い払う目的なのかと思ったのですが、手術の予約は急かされたので何を考えているのか全く理解不能です。
    質問すると大声で怒鳴り散らす医者は結構いますよね。何なんでしょうね。何かトラブルがあったら質問しない患者が悪いと言うためなのでしょうか。
    ラッキーかどうかの質問はさておき、手術の説明をきちんとしないのは無責任ですね。
    トピ主さんだけでなく嫌な思いをしている人は多分沢山いますよ。

    ユーザーID:0734545437

  • 科によっても対応が異なります。

    医師といっても、外科・内科・小児科と専門分野が異なると、対応も変わってきます。例えば今回のケースでも、初診が内科で発見された場合、充分な説明やトピ主さんが望む対応も受けられたかもしれません。内科は実際に人体を切ったりしませんから。外科医は少なからず客観的にならなければやっていけない職種だと思っています。私の場合でも、内科で発見されたので、懇切丁寧に説明を受けられ、納得して手術を受けましたが、主治医の内科の医師から、「執刀医はぶっきらぼうだけど、良い先生だから安心してね」と言われました。内科より外科の方が職人気質が強いのは仕方がないと思いますし、腕の良い職人が人付き合いが下手で、言葉が素っ気なくてもそれは良くある事ではないでしょうか。ただトピ主さんが不安で気持ちに余裕が無かった事、私の様に内科医のフォローが無かった事が、トピ主さんの身に起きた原因だと思います。

    ユーザーID:5316862590

  • 良かったんだ!!!と思うといいですよ

    子どもの心臓病で医師にひどい暴言を吐かれまして、同じく転院した者です
    あの時は確かに心折れましたが、今は前向きに考えられていますよ

    もしもとっても優しくて思いやりのある医師にしか見えなかったら・・
    こちらが何を言ってもやんわり濁して、お仕着せの治療しか受けられなくされていたら・・

    そう思うと、後で恨むような事にもならなかったし、転院に罪悪感持たずに済んだし、
    良かったんだ!と思えますよ〜

    ユーザーID:2192992510

  • 相手があってのこと

    はやっている病院のお医者様はご飯を食べる時間もないほど忙しいです。

    手術のための検査を終えたら書類を渡され、次回は手術日に来院するのが普通です。
    手術についての説明もいくら聞いても質問したがる人もいますし、予後などはお医者様でもわかりかねます。
    乳がんは転移しやすいですからたとえステージ1でも安心できません。そういう意味で「ラッキーかどうか知らん」とお答えになったのだと思います。

    あれもこれもと質問を続け、「この段階で見つかったのはラッキーだったんですかね?」と診断には直接関係のない話を続けるトピ主さんにお医者様は付き合いきれんと思ったのでしょうね。

    行政の医療相談に行けば公正に判断してくれます。

    ユーザーID:1737702405

  • ステージ1で発見した医師が、ひどすぎるって?

    2番目の医者は
    既についている診断→乳がんステージ1
    に検査繰り返していらっしゃるのよね。
    無料じゃないだろうし…検査一杯のほうが病院側にとっては
    いいのですがね。

    癌は転移、要注意な病気…ラッキーと仰るトピ主様

    手術日CNLで伸びていますよね(2番目は検査一杯で、さらに遅くなっている)
    また手術日を決定されていたなら、誰か他の方の早く治る機会を奪ったかも。

    吐き捨てるとか説明不足とかは、トピ主様ひとりの感情かも。

    実家の母は女性医師です。祖父(現在は叔父)の病院(胃腸科関係では高評価)で。
    患者様の気持ちに添いたい気持ちはありますが、
    転移が心配される癌にラッキーという言葉には驚くでしょうね。
    (それを言う事はないでしょうが)
    昔「不幸中の幸い」と仰った患者様(高齢)がいらっしゃったそうです。
    友人の医者にチェックしてもらい「よく、みつけてもらいましたね」。
    母のところに戻って其の発言。
    思わず「え?」幸い?って?と、まあ高齢患者様で黙っていたそうです。

    最初のお医者様、名医かもね。トピ主様にとって。

    ユーザーID:3285738772

  • ラッキーですよと言われたいの?

    >確認というか、前向きに治療に臨むために医者に、
    >「この段階で見つかったのはラッキーだったんですかね?」ときいたところ
    >「さあ。癌があることをラッキーというかどうかは知らん」と吐き捨てられました。

    「吐き捨てられた」というのはトピ主の主観ですね。
    「ラッキーですよ」と言われたかったのにという逆恨みみたいなもんでしょう。

    でもね、「ラッキー」って、医者が本心から言いきれるものでしょうか?
    先のことは、明確にはわからないというのがガンについての現代医学の限界だと思います。
    わからないことについて気休めを言っていいものでしょうかね?
    実は、正直なお医者さんだったのではないのかな。

    >確かに、いい先生に出会えて、納得のいく治療が受けれたので、

    その手術と、暴言ドクターの手術と、どっちが良かったのか、トピ主サンにわかりますか。単に、納得しただけに過ぎないかも知れません。

    ユーザーID:1477247379

  • トピ主です

    たくさんのレスありがとうございます。

    何からどう書き込みをしたら分かっていただけるのかとても悩んでいます。

    ラッキーかどうかの質問は告知の言葉が酷すぎて聞くに堪えがたく、それでもその医者を信じたくて発した言葉だったのですが…
    その言葉だけでその医者のひどさをわかっていただけるのではないかと思ったのですが。

    いろいろな検査をしたけれど良性か悪性の判断がつかず、最後に病巣を日帰り手術で取り出して、その結果を聞きに行ったときに
    「おめでとう、悪性だったよ。あなた、良性と思ってたでしょ? 残念でしたー(笑)悪性だったねー(笑)」
    そういって告知されたのです。

    そして、そのころちょうど有名歌舞伎役者の奥さんがの乳がんが公表されたころで乳腺外来が混み始めていたころなので、
    「これから外来込みそうやし、説明なんてしてもしなくても同じだから手術前日までは来ないいで」
    と言われたのです。

    そこまでひどいことを言われたことを書き込むことは私の中で結構勇気のいることで、トピでは、ラッキーかどうか発言だけのかきこみとなりました。

    ユーザーID:3358647565

  • 医者はサービス業ではない

    それでも、腕だけでなく人柄も重視され患者に選ばれるのも現実。
    患者と医師という立場から、高圧的な態度を取る人は多いですよね。
    一体なにを勘違いしているのでしょうか?
    治して欲しけりゃ我慢しろとでも言うのでしょうか。
    私はそのような冷たい医師に治して欲しいとは思いません!

    ユーザーID:2902870599

  • 腹が立ちますね

    多数のお医者様には尊敬と感謝の念がありますが、
    腹が立って忘れられない医者も何人もいます。
    一生許せないと思います。
    でもそれを発信する場所も方法もない。
    また、抗議したところで患者側にマイナスになることしかない。

    レスをざっと読みましたが、
    そういう経験のない方が多いのか医療関係者が多いのか、
    医者側に寄り添う意見のほうが多いのが不思議でした。

    私も昨年今までで一番腹立たしい許せないことがありましたが、
    患者が自分ではなく我が子であり、
    治せる病院も限られていて転院することも難しく、
    身バレを考えるとこういう場ですら詳細を書くことができません。

    患者を見下している医者は必ず一定数いると思います。
    大学病院などに行けばよくわかりますが、
    上の先生への言葉遣いや態度は慎重で丁寧で仰々しいのに、
    患者に対してはひどい人がいます。
    上の先生がいる時は患者にも丁寧に話したりしているので、
    自分の損得で態度を選んでいるのでしょう。

    医者を精査する第三者機関があったら良いのにと常々思います。

    ユーザーID:0019755283

レス求!トピ一覧