国際離婚 日本帰国の場合の面会条件

レス15
(トピ主0
お気に入り63

恋愛・結婚・離婚

でんでんむし

初めまして。

フランス在住で、国際離婚し、離婚後日本へ子供と帰国して生活していこうと思っております。

国際離婚し、お子様を連れて日本へ帰国された方から面会条件についてコメントをお願い致します。

国際離婚といっても、国により受け入れられる面会条件が異なると思いますが、皆様はどのような面会条件を持たれていますか?

子供は未だ小さいので、一人で相手方の国に送ることはできません。したくありません。その他の理由で(ここで理由の詳細は書けませんが)、相手方の国での面会日数を出来る限り減らしたいと思っております。

日本の一般的勤務条件では、最長の休みは、夏10日程度です。
この夏の10日程度のみ相手方の国へ子供と行き、後は日本のみ、若しくは、第3か国などとしておられる方はいらっしゃいますか?

相手方が、こちらが提示する面会条件を受け入れるかどうかとなりますが、逆に、相手方が受け入れそうな、面会条件のアイデアとしたいと思っての質問です。
勿論、交通費・滞在費等による駆け引きが入ってくると思います。面会場所/日数に合わせて、交通費/滞在費の負担についてお答えいただけますととても助かります。

宜しくお願い致します。

ユーザーID:1143625360

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 面会でなく

    フランスの場合、面会ではなく離婚後も双方の親と同じように時間を過ごす

    が原則なのでは?


    そんな国で、「相手方が受け入れそうな、面会条件」は相手がどんな人なのかわからなければどんなアイディアを出せるというのでしょうか?

    それに、大原則は「子供の生活環境を極力変更しない」でしょう。
    つまり、子連れで帰国すること自体、子供に根本的な生活環境の変化を強要することになります。
    つまり、双方が「子供は日本で暮らした方が良い」という意見の一致が無ければ子供はフランスに残るのが最善と判断されますし、「一人旅」をさせたくなければ父親のもとへ連れていき、1か月、2か月後に迎えに行けば良い、と判断されると思います。

    ユーザーID:1575840445

  • できるんですか?そんなこと。

    在住国では、片親だけが子供を引き取るのは、相手方に親としての責任を全うできない理由など、余程の条件がないとできません。国外に連れ出すたびに、別れた相手の同意書も必要になります。黙って連れ帰れば、ハーグ条約によって連れ戻されます。

    私は、モラハラ夫と離婚しましたが、モラハラの実証が難しく、裁判に費用も時間もかかると聞いて諦めました。本来ならば共同親権で別れても交互に子供の面倒を見なければならないところを、モラハラを訴えないことを条件に8割の親権を取りました。子供にモラハラは絶対にしないと弁護士の元で証書を作りました。それがこの国でできることの精一杯でした。国側も日本に帰られると、貴重な国民が減るのだから必死ですよ。まずは、弁護士を交えて相談されたほうがいいと思います。ここで大丈夫だったというレスがあっても、夫婦それぞれですから、トピ主さんの主張が認められるとは限りません。

    ユーザーID:0498689514

  • 連れて帰れるのですか?

    そもそもご主人は、トピ主さんがお子さんを連れて日本に帰国することに同意しているのでしょうか?
    そうでなければ泥沼の争いになり、基本的には子供の現在の居住地や環境が優先になるでしょうから、例えばご主人が無職でトピ主さんが十分な収入(今後の生活に全く不自由がなく、さらに子供を父親に半々とはいわないまでもトピ主夫が希望する頻度でフランスに会いに行かせられる程度)があるとかでない限り、トピ主さんは監護権を得られないと思います。
    お子さんの将来を一番に考えていただきたいものです。

    ユーザーID:9307232155

  • というか・・

    フランスはハーグ条約に加盟してる国ですよね?
    だとしたら、そもそも主さんは子供を連れて日本に帰国出来ませんよ。
    主さんと子供さんはフランスに住み続けないと「誘拐罪」に問われるかと。
    だから海外在住の日本人妻は離婚になったら不利なんですよ。
    子供がある程度大人になるまで海外に住み続けないといけませんから・・。
    50代ぐらいで日本に帰国しても仕事も見つけられない場合も考えられますしね。

    ユーザーID:1282228990

  • 滞在が短い方なのでしょうか?

    フランスは基本共同親権ですから、子供が幼いという理由だけで女親に全親権を与えたりしませんよ。
    暴力やひどいハラスメントといった夫側に一方的に非があるような場合はともかく、父と母で半分ずつ親権を要し、トピ主さんが日本に連れ帰って育てたいと思っても許可が下りない可能性が高いです。(無理やり連れていけば、誘拐罪にあたります)
    加えてトピ主さん自身に十分な収入がなければ(現在あるいは日本で仕事持っている?)経済的に不適合と考えられて、夫側に親権が行ってしまうかもしれません。

    トピ主さんの状況をよく理解して、様々な面でアドバイスをしてくれ、トピ主さんの有利になるよう援助してくれる弁護士を見つけることが先決です。
    夫側がトピ主さんの要請をハイそうですかとのむとは到底思えないので、弁護士を通して交渉することになると考えられる為、依頼すると決めた弁護士にできることできないこと、権利や義務その他についてご相談されるようお勧めします。

    ユーザーID:3940263372

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 他にもレスがつくと思いますが。

    面会条件云々の前に、トピ主さんの夫は、子供とあなたが日本に帰ることに同意しているのですか?
    そうでなければ、トピ主さんとご主人の共同親権になりますから、お子さんと日本に帰国はできませんよ。
    私はフランスに20年近く住んでいたので、その間に離婚したカップルも数多く見てきましたが、離婚して、母国に子供を連れて帰れた母親は周りに一人しかいません。

    トピ主さんはおそらくフランスの法律に詳しくないので、こういう質問をしているのだと思いますが、面会など父親と過ごす権利は、「子供の側」の権利であって、親であるあなたが100パーセント決められることではないんですよ。あなたとご主人の取り決めが、「子供の利益になっていない」と判断された場合やご主人があなたの提案を受け入れられない場合、子供がどういう風に両親の間を行き来するのかを決めるのは、残念ながら裁判所なんです。

    こうして家庭裁判所が介入するため、大半の国際離婚家族は、子供を連れて母国に帰れません。
    日本に連れて帰りたいのなら、ご主人にあまり不利な条件にしないほうがいいですよ。
    下手すると、子供が18になるまでフランスから出せなくなりますよ。

    ユーザーID:1951568545

  • いつも・・・

    私も子供はいませんが国際結婚しておりまして、関連トピがあると見るようにしています。いつも不思議なのが「ダメ」「できない」という趣旨のレスをする人たちが上から目線、知ったかぶり、トピ主の人格を攻撃するような書き方をするのはなぜかという点です。トピ主の希望が通るのが悔しいみたい。

    フランスの法律では云々と書いている人もいらっしゃいますが、皆さん法律家なのでしょうか? 子連れで帰国した人を1人しか知らないとしても、実在するなら子連れ帰国が可能、完全に禁じられているわけではないことの証なのだから、トピ主のように条件の駆け引きを考えたっていいと思います。

    たしかフランスは基本的には弁護士抜きで離婚できない国だったと思うので、トピ主にも弁護士がついているのでしょう。ならば、法的な問題や有利・不利の部分は弁護士に確認すればよい。経験談やアイデアを出してあげることはできないのでしょうか?

    否定的なレスが書き込まれることで、トピ主だけでなく似たような状況にある人が「言えば通ったかもしれない希望」を言うことすら控えてしまい、あえて自分に不利な状況に甘んじているかもしれないことが心配です。

    ユーザーID:8414877731

  • 皆さん上から目線ではないと思いますが、、、

    離婚はフランスではとても厄介な作業です。皆さんの意見は知ったかぶりではなく、こちらに在住していれば、常識になっている事柄です。対して、日本の離婚は実に容易く出来てしまう。

    離婚は、年単位の時間がかかります。トピの相談内容、希望事項を読む限り、その重大さを認識されていない方と思えるのです。既に弁護士を入れていると言う気配も無い。

    片親が相手を嫌いになったから、子供にも極力合わせたくないと言う考え方は通用しません。一方が子供に危害を加え、子供もその親との面会を拒否していると言う事実が無い限り、面会は両親とも同じだけの権利があります。

    以前、こちらのTV番組で、合意していない夫を無視し、無理矢理子供を連れて帰ってしまった日本人の母子を、社会問題として取りあげていました。

    面会条件が違うのではなく、どちらかが親権をとると言う考え方ではないのです。万一、トピ様と子供さんが日本に住む条件が承諾されるならば、面会に関しては、夫の希望通りとし、旅費は全てトピ様持ちになると思います。しかし、難関は、日本に住む条件を夫が承認するかどうか。其れが法的に妥当とされるかどうかです。

    ユーザーID:4611768981

  • 不思議さんへ

    子供を連れて帰国できないわけではないですし、皆さん、そうは言っていません。

    父親も子供が日本で暮らし、学校の長期休暇中はフランスに来て父親と過ごす、ということに賛成しているのならば、当然ながら母親が子供を日本へ連れて帰ることは可能です。

    しかし、トピ主さんは夫の意向についてまったく触れていません。
    ですから、みなさん「母親の一存では連れて帰れない」と言っているのです。

    子供の身の振り方に関して両親の意見が一致しない場合、調停が必要となります。
    その際、まず第一に優先させるのが「子供を取り巻く環境を極力変えないこと」。

    具体的には「住居を変えないこと」「転向しないこと」「子供と暮らさない親と断絶させないこと」

    私が住んでいるのはフランスの隣国ですが、ここでは、子供が母親と暮らす場合には、たとえ住居は父親名義でも、出ていくのは父親の方です。ローンの支払いは父親が続け、母親が元夫に家賃を払うこともありません。
    これが、行政判断の基本です。

    父親が子供の転居を認めていないのに母親の一存での転居はたとえ国内であってもできません。父親との面会を拒否したら、警察が動きます。

    ユーザーID:1575840445

  • 不思議さんの意見もわかりますけどね。

    ここに書いているフランスで経験している人の言うことは、全部否定的ですが、それが真実なんだからどうしようもないんです。アドバイスしてあげたくても、裁判になって外国人の母親が単独親権を得るのがほぼ不可能な国なんですよ、フランスは。

    唯一のチャンスは、夫が、最初から奥さんが子供を連れて母国に帰国することを了承している時のみです。弁護士を入れて裁判になったら、ほぼ100パーセント共同親権になって、子供が18になるまではフランスに在住せざるを得なくなります。

    私が知っているケースはよく思い出してみたら、2件ありました。一人は、日本で知り合った旦那さんとフランスに来たのですが、離婚。その後ご主人の新しい彼女が妊娠したので、日本に子供を連れて帰ってもいいと旦那さんが了承してくれて、さっさと出国したケース。もう一つのケースは、ご主人が犯罪者(すでに牢屋に入ってた)だっためです。彼女(中南米出身)と子供は、離婚成立後48時間以内に出国という条件でフランスを離れました。

    私にできるアドバイスは、『ご主人の機嫌を損ねないように、裁判にせずに子連れ帰国を了承させること』のみです。

    ユーザーID:1951568545

  • ハーグ条約等、子供への影響を考慮し、実際「できない」のです。

    日本や仏を含むハーグ条約加盟国間で国際結婚し、お子様がいる方は「離婚時に子供の生活を変えないように努力しなければいけない」と言う最低限のルールを承知した上で家族になっていると思います。

    全希望が叶えば、主様には最善でしょう。
    でも、今、お子様にとっては日本は外国です。異国へ連れていかれる子の立場を考慮+もう1人の親と離れる事を良いとは考えず、子供の幸福を最優先する為に生活(居住国)を変えない事が国際的な取り決めになっています。

    以前は勝手に子供を連れて帰ってしまう人が問題になっていましたが、今は離婚後もその国に残り、子供の拠点で生活している方が増えています。父親が子供に接見禁止令でも出ているなら別ですが、母親が単独親権を取る事は「国際離婚の常識」では難しいです。
    抜け道があるなら、皆やりますよ。抜け道禁止令もでるでしょう。

    空港では円満家族の父親抜国外休暇も、父親の同意無しでは飛行機に乗せて貰えません。厳しい(書類)審査を何度も経験している私はトピを読んで?となり、皆さんが「ダメ」「できない」と言うのは当然だと思いました。逆に主様はご自身の事しか、考えていないように感じます。

    ユーザーID:3964410136

  • 共同親権とは何なのか

    1月20日にレスした「不思議」です。

    トピ主さんは父親に子供を会わせたくないとはおっしゃっていないし、フランスに子供さんを連れていくこと、父親が日本に子供に会いにくることなども前提として考えていますよね。

    トピ主さんは相手が納得してくれるような条件を提示したくて、このようなトピを立てたのだと思います。相手の合意がなくては子供を連れて帰れないことなど、すでにご存知なのでしょう。子連れ帰国が簡単なことなら、トピ主さんだって、小町にトピなど立てなかっただろうと思います。

    だからこそ、条件交渉が重要になる。子連れ帰国を相手に認めてもらうために、条件で駆け引きしたっていいではありませんか。自分一人では思いつかないようなアイデアはないかと、藁をもつかむ思いなのではないでしょうか。


    共同親権について正しく理解していないような人からのレスもあるので、トピ主さんの希望(子連れ帰国)が叶ってほしくない人もレスしているのだと思いました。


    私にはアイデアもないし、子連れで帰国した人も知りませんが、トピ主さん、がんばってください。

    ユーザーID:8414877731

  • 不思議というよりご無体

    >トピ主さんは相手が納得してくれるような条件を提示したくて
    >子連れ帰国を相手に認めてもらうために、条件で駆け引きしたっていい
    >自分一人では思いつかないようなアイデアはないかと、藁をもつかむ思い

    しかし、父親に関する記述がない上に、

    ・子どもは日本で母親と暮らす
    ・フランスでは会わせるなら10日が最長、あとは父親が日本、もしくは第三国来い

    という、子どもと別れて暮らす父親が不利でしかない条件に相手が納得してくれるようなアイデアを募集されても…ご無体な

    ユーザーID:3390622878

  • それで、トピ主さんは?

    意見は出揃ったようですが、結局トピ主さんはフランスが共同親権であること、
    ハーグ条約で基本的に帰国は難しい事など、知っていてのご相談だったのでしょうか?

    ユーザーID:1969888608

  • ベストな解決案(レス)が出ないのも無理ない。

    国際結婚33年アメリカ在住の者です。皆様のレスを拝読し、離婚及び親権に関した考え方がフランスとアメリカは似ていると思いました。周りに離婚者が多くスケジュール及び経費の調整の大変さを目にする機会多いです。

    トピ主様のお考えはわかります。日本の従来の離婚は、母親が親権を手にしたら父親は子供に会えなくなるケースが多かったですよね。こちらの場合それは母親のエゴだと思われてしまいます。

    ここも共同親権が多く、父親の面会は子供の権利であって、親の都合や感情とは別問題です。父親が子供に、精神的あるいは身体的に危害を与える人物なら別です。そうでなければ、父親が同意しない限り、トピ主様の主張内容は無理な気がします。ハーグ協定があるので、無理に帰国したら、国が取り返すのがアメリカ式やり方ですけどね。

    アメリカ人父親なら、子供が日本で母親と暮らすことは納得したとしても、アメリカで会うのはたった10日は納得できないでしょう。子供が一人で渡航できないなら『母親がアメリカへ連れて行き、父親が日本に連れて帰る』という策もあります。日米を一人で飛んだ子供と機内で会ったことは何度かあるし、そういう家族もいます。

    ユーザーID:3866745461

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧