日本ブランドの化粧品について

レス4
(トピ主1
お気に入り18

美容・ファッション・ダイエット

ハナ

以前外資系コスメを海外免税店で購入したとき日本のデパートで購入するものとは使用感が全然違ったので店員さんに聞いてみたところ、同じブランドでも日本と海外で販売されているものは成分が違うと説明を受けました。
…というところはご存知の方多いと思うのですが、例えばSHISEIDOやPOLAやRMK等々…日本ブランドの製品は海外で購入しても日本で販売されている成分と変わりはないのでしょうか?

それと日本ブランドの製品は国内空港の免税店で安く販売されていますが、国内のデパートで購入する製品と変わりないという認識で合っていますか?(成分が同じなら近々海外に行くので、出国の際に空港の免税店で安く買えたらいいな…と思っています。)

ユーザーID:0700259018

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 違う

    同じ事を国内の空港で尋ねたら、日本ブランドでも周辺アジア国から集めるので成分は違うと言われました。
    デパートでは日本の物を使って下さいと言われたので、なんだか釈然としません。

    ユーザーID:9721349879

  • 私も知りたい

    海外で海外ブランドの化粧品使ってたんですが
    帰国して日本で買うと違う気がしました!
    香りを始めどこかマイルドと言うか。
    薬事法か何かで日本で引っかかる事がある、
    日本人は肌が弱い、
    匂いの好みが違う(強過ぎを嫌う)、
    なので日本のマーケット向けに調整されていると
    昔どこかで聞いたような。

    ある海外向けのブランド。
    ブランドそのものが国内向けと違ったような。
    洗顔が世界中の水で泡立つように調整されてると
    これまたどこかのサイトで見たんです。
    硬水軟水違いますもんね!
    そうだったのか!とやけに納得したんですが笑
    石鹸や洗剤類、直輸入品が残念なのはそのせいか!と

    どの内容も記憶も曖昧、口づての都市伝説かも。
    関係者の方々、私にも教えて下さい。

    ユーザーID:4211093315

  • 日本製も海外では成分が違う

    日本と海外では薬事法で使用しても良い成分が全く違うので、同じ商品名でも中身は違います。日本の免税店は日本の薬事法のもとにつくられた日本製です。

    海外で海外のブランドを買う人は、日本の薬事法で禁止されている成分が入った商品を使用しているということ。
    日本の薬事法に沿った成分に変えてあるほうがいいと思うなら、日本で買う。

    ブランでだけで選ぶなら、どっちでもいいんじゃないですか?
    自己満足で、どっちでもきれいに慣れると思いますよ。

    私は、日本製しか使いませんが・・・。

    ユーザーID:5586518331

  • 皆様ありがとうございます!

    やはり日本ブランドでも海外で買うと成分は違うのか…
    国内空港の免税店であれば日本処方且つお安く購入できるということですね!
    また今度購入する際スタッフさんに詳しく聞いてみます。
    ありがとうございました!

    ユーザーID:0700259018

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧