異動直後の年休

レス6
(トピ主0
お気に入り9

キャリア・職場

ひろT

見ていただきありがとうございます、30代後半の会社員(男)です。

3年在籍した職場から今年、別部署に異動しました。以前の職場とは全く関連性のない部署で日々、苦労しております。

相談なんですが、皆さんは異動直後に新しい仕事を覚えないといけないのに年休を申請できますか?しかも直前にインフルエンザで1週間休んだにもかかわらずです。

来月早々、幼なじみが結婚することになり式に招待されました。挙式は平日で、その時は異動の話が出る前だったので年休申請して所属長の承認はもらっていましたが、異動が決まり年休の件はどうなりますか?と話をすると、「その日は異動後だから異動先の所属長に再度、話をしてくれ」と言われ却下?されたニュアンスでした。

同僚達にも聞いたのですが大半が「異動直後で病欠までして、年休は取りづらいなぁ」ってことでした。

皆さんはどう思われますか?

ユーザーID:0444796911

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ふつ−に取得しますよ

    異動というか、転属とか赴任とか
    特に住居の移転を伴う場合は、何かと手続きやなんかで平日の昼間にやらないといけないこともありますし
    みんな知っているし、着任したばかりの者に欠勤が不可能なんてことはまずありませんから。

    ユーザーID:0232265944

  • 平日開催の披露宴は社会人欠席前提を覚悟している筈

    年度末に近い平日の披露宴、
    平日ってだけで「一般の社会人は出席できない披露宴」と言えます。
    新郎新婦と親族が土日祝日が稼ぎ時の商売をしている家同士だと平日もあり得るでしょう、
    そういう披露宴は社会人は欠席となっても仕方がない、むしろ欠席覚悟のうえで平日、なのだと思います。
    わかってて平日なんだから、欠席しかないですよ。

    年休は時季変更権があり、次の上司は承認しない権利を有しています。

    ユーザーID:1916277880

  • 取っていいと思う

    前から決まっていた予定なので、そのあたりインフルエンザで休んだばかりで申し訳ないけれどと事情も話して上司の了解をもらえばOKじゃないですか?

    ユーザーID:7957376436

  • 前所属長は却下したわけではない

    年次有給休暇には理由も必要ないし、使いたいときに使えます。また、権利なので会社側の承認という発想自体と馴染みません。

    時季変更権は「事業の正常な運営が妨げられる」という限定的な条件で、なおかつ年休実現のために配慮義務を尽くした上でどうしてもダメなときにだけ有効です。簡単に「会社には時季変更権がある」と言えるほど強い権利ではありません。トピ主さんの場合、異動直後で特に担当プロジェクトが大詰めということもないでしょうから、「休みたい」と言えば普通に休めると思います。

    前の所属長が「異動先で話をしてくれ」と仰ったのは、異動後の職場について責任を持つ立場ではないし、時季変更権の行使が適切かどうかの判断もできないから異動後の責任者に確認して欲しいというだけでしょう。特に「却下」という意図はないのでは。

    あとはトピ主さんがどう考えるかだけですが、異動してきたばっかりの人が1日くらい、しかも披露宴のように前から約束してあるタイプの行事で休むくらいのことを大げさに考える人はいないのでは。同僚には「披露宴で休む」と開示した上で聞いたのでしょうか?

    ユーザーID:2848838154

  • 仕事の都合がつかず欠席はそんなに悪い事じゃない

    平日ではなく土日でしたが、友人の結婚式で別の友人が仕事の都合で欠席でした。
    その後も普通に友人です。
    平日なのだからますます仕事でも仕方ないと思います。
    長く付き合う、お金の絡む方を優先していいと思います。
    つまり仕事ですね。

    ユーザーID:0360266500

  • 上司への掛け合い方伝授します

    時季変更権についてレスしていらっしゃる方がいますが、この場合会社は権利を行使できないと思います。もう一回同じイベントがあるから、今回はだめなので次回に移動してねっていうのが時季変更権です。通常次回の同イベントがない結婚式や告別式の有給休暇について時季変更権は行使できない、と考えるのが労働法上正しい考え方です。有給休暇取得に理由は不要ですが、こうやって理由を明らかにしておけば会社の横暴に対応できます。

    閑話休題。気の利いた上司なら休暇の申し送りしてくれるんですが、だめだったと。披露宴に参加したいなら、今の上司に掛け合うしかありません。

    トピ主のために一つウルトラC(でもないか)を伝授すると、上司には部下の休日出社指示権限があります。休日出社した場合、適切な時期に代休を取得する権利がトピ主に生じます。休日がとりにくいと考えていることも含めた事情を全部お話しして、休日に出社するので平日(披露宴当日)に代休を取りたいといってみてください。心ある上司なら乗ってくれると思います。

    ユーザーID:0858085258

レス求!トピ一覧