おっぱいにティッシュ

レス17
(トピ主5
お気に入り55

生活・身近な話題

ai

ついさっきのことです。
昼休憩にお手洗い。歯磨きして、鼻をティッシュでかみました。
その時です。
ティッシュで鼻をかむ自分の姿を鏡で見て思い出しました。


それは私がかつて8歳だったころ。
大人のお姉さん方々の大きな胸にあこがれて、当時母にお願いし子供用のスポーツブラを買ってもらいました(いわゆるぺったんこにポチしかない体型のくせに)。
それでも満足せず、子供ブラの中にトイレに行くたびトイレットペーパーやティッシュを詰めて少しでも大きく見せるようにしてました。
(アホで背筋をよく堂々と「aiおっぱいおおきいんだよ〜」みたいに歩いてました。・・・当時の自分をなぐりたい。)

しかも夏とかはその子供ブラにタンクトップとかしかきていなくて、
走るたびに、服のしたからティッシュがでてきて、友達に「aiちゃん今なんかお腹からティッシュでてきたよ!!!」とか言われてました。 


あーあたま悪かった私も今は20代になりきちんと就職できて、胸も一般的な大きさになってよかった。
午後もお仕事頑張ります。 

ユーザーID:8180110309

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ティモテ

    似たような事をしていた34歳の女です。
    「ティモテ」って知ってますか?
    私が子供の頃のシャンプーの名前で、うろ覚えですが、小川で外国人の女の子が「ティモテ ティモテ」言いながら金髪の長い髪を洗っているCMでした(多分)
    当時から きのこカットヘアだった私は長い髪でティモテするのに憧れていましてね。
    家からタオルを引っ張り出して頭にかぶり、それを輪ゴムで止めて、ほら、ツインテールの出来上がり…とばかりにティモテしていました(恥)
    あの当時の母の生温かい視線といったら…。

    それと、当時少女マンガの表紙には、必ずと言っていいほど「鼻の頭に絆創膏」をしたヒロインが登場したんですよ。
    鼻に絆創膏!何て可愛いの!とトキメキました。
    さっそく怪我もしてないのに絆創膏を貼りました。
    鏡の中にいたのはただの悪ガキでした(恥)
    7つ上の兄から「お前は怪我してないのに なんで絆創膏貼るんだ!」とよく怒られたものです。
    今でもたまに「お前、絆創膏 無駄にするの好きだったよな(笑)」と笑われます。

    ユーザーID:8939010475

  • あはは

    なんだか微笑ましいですね。…当時のお母様がどう思ってたかは気になるところですが。

    実は先日8歳になった長女も、将来はママみたいにおっぱい大きくなるんだ!!と声高に宣言していたので、ついレスしてしまいました(笑)
    娘二人とも私の胸が大好きで、よく抱きついてすりすりしてきます。
    母親のおっぱいが好きなのは男の子だけだと思ってましたので、いっぱいぎゅっとできて思わぬ役得(笑)
    …だいぶ話が逸れてしまいましたが、もし娘が必要ない時期にブラを欲しがり出したら、どうして欲しいのか理由を聞くようにします。

    ユーザーID:4848377138

  • 私はおっぱいにハンカチ

    トピ主さんのおっぱいティッシュエピソードで
    私も自分のおっぱいハンカチデビューを
    思い出しましたよ。

    7歳ごろ夢中で観ていた魔法少女アニメ。
    主人公が変身後に成長するのですが
    おっぱいがあるのが羨ましかったなぁ。

    私もハンカチをブラジャー形にして
    服の中に入れておっぱいがあるつもりに
    なってみたけれど、すぐにズレてしまうし
    親にバレて、何おっぱい入れてんの?と
    からかわれたりと、恥ずかしいけれど
    懐かしい思い出です。

    そして、成長すれば大きくなるはず、と
    あんなに憧れたおっぱいですが、
    結局残念ながら手に入りませんでした。

    ユーザーID:7308957735

  • 赤いフェルトペンで口紅

    小学校1年生前後だったと思います。
    私は何を考えたか、赤いフェルトペンで口を真っ赤に塗りたくりました。
    お化粧したかったのでしょうね。
    フェルトペンと口紅の違いなんて知りませんでした。
    母は化粧っけのない人だったので、漫画とかアニメとかの真似をしたかったのでしょう。

    母が驚いた記憶があります。
    怒られたようなあきれられたような、もう記憶があいまい。
    もう40過ぎの私の思い出。

    ちなみに、子供ならそんな間違いを誰でもするんじゃないかと思っていたら、わが娘はしなかった。
    する方が少数派なんだろうか。

    ユーザーID:8379393452

  • あー、笑った(笑)

    子供の頃ってなにかに憧れて、変な行動とってしまった事ってありますよね。
    私はハイヒールでした。近所のお姉さんがいつもハイヒールを履いて、コツコツと音を立てて歩いてる姿に目がハートになり、あーいう風になりたい!!!と。

    でも、小学校低学年、ハイヒールなんてサイズもある訳ないし、買ってもらえる訳もなく、悩んだ末に、運動靴のかかとに父の飲んでいたワンカップの瓶をガムテープで張り付けて自作のハイヒール(笑)

    結果はですね。。。瓶が割れ、足を捻り、
    ハイヒールの代わりに分厚いギプスをつけましたとさ。
    思い出すだけでも情けないし、あの時の母の哀れみを含んだ目を忘れる事はありません。

    ユーザーID:5365427887

  • なるほど。

    私は20代のとき肩パットを入れてました。

    ユーザーID:4876719144

  • うる星やつらのラムちゃん

    私が小学生の時にうる星やつらの連載が開始し、中学の時には大人気でした。純朴な私は何の疑問もなく、自分が高校生になったらラムちゃんのスタイルに成長するのだと信じて疑いませんでした。高1 まだ子供体型 高2 ちょっとウエストができる 高3 同級生にラムちゃんスタイルがいるが、私はまだしのぶ程度 大学一年のとき、まさか私の成長はここまでなのか?自分はラムちゃんになれないで一生を終えるのか?と気づき愕然とし絶望しました。その時の衝撃はいまだに覚えています。

    子供の思い込みって怖いですね。小さい時からウルトラマンになりたい、とか非科学的な事は特に言わず、子供ながらに自分ではかなりリアリストだと思っていましたが、今になると本気でラムちゃんになれると思っていた事の方が痛いです。

    ユーザーID:2870186066

  • おバカネタですね。

     小学生の頃、せっけんの香りが大好きだった私は固形石鹸を手に持って学校へ行き、授業の合間?に香りを嗅いでいました。

     学校から帰ると祖母に呼び出されて、「今日手に何をもっていったのか?」と激しく責められました。理由を言えずただただ泣くばかりでした。

     今思うとなんて可愛いやつなんだろうと思います。あの時の私を慰めてあげたい。でも祖母にとっては、せっけん一個でも大事だったんだろうなぁ。

     そして、母が知り合いから頂いた「シャネルの5番」の香りに魅せられ、小学6年生だったませガキの私は母のタンスからひそかにシュッと自分の服に黙って使用していました。

     今思うとバレていただろうなぁ。でも何も言われませんでした。

     女の子ってませてますよね。好きになるのは高校生ぐらいの知り合いのお兄さんとかでした。同級生の男の子は、喧嘩相手でした。

    ユーザーID:4002902208

  • トピ主aiです。

    v-funf様 
    面白い過去の出来事シェアしていただきありがとうございます。
    「ティモテ」を画像検索していまいました。
    タオルをまいて満足されていたv-funf様がかわいすぎます。

    皆様、
    こんな私の昼休み中にふと思ったことのくだらないトピにこんな多くの「面白い」ポチ、誠にありがとうございます!

    ユーザーID:8180110309

  • 鼻に洗濯ばさみ

    v-funfさんの投稿をみて、自分の黒歴史を思い出しました。

    団子っ鼻がコンプレックスだった10歳の私、少女マンガで同じように鼻を高くしたい!と思った主人公が鼻に洗濯ばさみをはさんで寝る・・・というのをみて、
    「なんと名案」とやってみました。

    そんな人いないかもしれないけど、試した方はご存じかと思いますが、むちゃくちゃ痛いです。
    鼻をはさんで手を離した瞬間、激痛に「んあぁぁああぁ〜〜っ(鼻声)!!!」となりました。
    しかもプラスチックの洗濯ばさみでやったんですが、それまで知らなかったけど、はさむところにぎざぎざがついていて、
    あまりの痛さにほんの数秒ではずしたのに、鼻の頭にへんな痕がついて、しばらくとれませんでした。

    ユーザーID:6294385618

  • 笑った笑った(笑)

    私もやった
    娘もやった(笑)
    私は3歳くらいだったから時効?だけど
    娘は4年生だったかな
    購入した服が、胸の下でリボンを結ぶタイプ
    少しだけ胸が膨らんで見えるんです。
    足が長く見えるので人気の形の服でした

    空気だけの膨らみが嫌だったようで
    別の肌着のパットを外して重ねて
    巨乳にしてましたよ(笑)
    ある日、そそくさと学校行きました。
    私に見つかると外されるか
    怒られるかするからと隠れるように登校
    保健室で外すよう指導されて持ち帰ってきました
    お便り帳に「女の子ってやっちゃいますね」と
    先生が書いてくれてて
    良い先生だったから良かったと思いました。

    娘も今や23歳
    新婚さんの笑い話になってますよ(笑)

    ユーザーID:6064981711

  • トピ主です

    わんこ様、こんにちは。
    私は、わんこ様のおこさまのお気持ちがすごくわかります。
    私は2人姉妹の次女ですが、ずっとずっと特に大きいわけでもない(いや、むしろ大きくない)母親の胸でさえすごく好きで、隙があればずっと触ったり、ぎゅーってハグしてました。(子供だから許されますね 笑) 

    今では私のほうが母より大きくなりましたが、やっぱり男女ともに、どの年齢でも、なんかおっぱいへの憧れってあるんでしょうね。笑

    ユーザーID:8180110309

  • トピ主です

    クリイミィマミりん様、

    こんにちは!
    ティッシュではなく、ハンカチという手段があったんですね。
    私のティッシュなんて走り回って汗かいたら肌にひっついて最悪な状態でしたが、ハンカチのほうが通気性が良いですね。笑笑
    そして、あのずれる感じ本当にひどいですよね。左右の差と異様な形、、、なんともいえないです。

    ユーザーID:8180110309

  • トピ主です(笑)

    笑笑
    皆様のレス読んでて、休憩中に一人で声だしてわらっちゃいました。 

    肉球様、
    フェルトペン!!!!!!!!!!!!
    え、、、それって消えるんですか。恐ろしくて試す気力もないです。
    娘様のおもしろエピソード楽しみにしてます。

    みなつき様、
    本当にごめんなさい。、、お怪我は体験痛い思いをされたかと思いますが、お父様のワンカップの瓶をガムテープでくっつけられたことを頭のなかで描いただけで、もう声だして笑いすぎて涙でてきました。(電車のなかで読まなくてよかった・・・)
    かつ、最高なオチをありがとうございます。

    ユーザーID:8180110309

  • あった!あった!

    大人の女に憧れていた幼少時代私にもありました

    おっぱいにハンカチ、唇に母の真っ赤なルージュ、瞼には妖怪人間ベラも真っ青になるくらいの青いシャドー、そして母のよそ行き用のボディコンぎみのスーツにパンプス

    あほだなー笑

    懐かしい思い出です

    今、小学生の娘がいますが色つきリップに雑誌の付録のマスカラぬって喜んでいます

    血は争えんなー

    ユーザーID:5802607893

  • 貧乳の存在を知らなかった!

    子供の頃は、周りの大人を見て、「自分も大人になったらこのくらいの胸になるんだろうなー」と思ってました。

    まさか自分が貧乳になるなんて…(絶望)
    貧乳の存在自体知らなかったので、子供の頃は考えもしませんでした。。

    ユーザーID:4794562468

  • トピ主です

    皆様こんにちは。週末は圏外の場所にいて、やっと皆様の爆笑レスを拝見しました。 
    特にご自身のエピソードと只今育ててらっしゃる娘様達のお話しをきけて、本日も出勤し、昼休憩が楽しくなりました。 

    もういろいろと思い出してきました。
    青いシャドー (だれかに殴られたとしか思えないレベル)
    ネームペンで口の近くにホクロを書く(書いたことを忘れて顔を触ってると。。。ご想像におまかせします) 

    ユーザーID:8180110309

レス求!トピ一覧