• ホーム
  • ひと
  • 30過ぎて、いいものを身につけなさいと言う実母

30過ぎて、いいものを身につけなさいと言う実母

レス83
(トピ主1
お気に入り181

家族・友人・人間関係

いちこ

レス

レス数83

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です。

    トピ主です。お返事が遅くなり、すみませんでした。
    レスをすべて読ませて頂きました。母の言うことも分かるのです。もう外見を若さだけで保てない年齢になったことは自覚しています。安いものを買いすぎてしまうこともあるので、今後は自分の手持ちの服とよく考えて買い物していきたいと思います。でもやっぱりすごく値の張るものは買わないと思います。

    ユーザーID:8753160664

  • 30歳と言えばいい大人です

    30代からは、質のいい服を着て質のいい靴、バッグを持たなければなりません。

    それが周囲に対するマナーというものです。

    貴女がもし、何か大切な人に仕事帰りにコース料理に誘われたとしましょう。
    お店にはファストファッションはみっともないです。

    30歳は若いといえる年齢ではありません。
    大人としての一歩としてお母様は質のいいものを。。。と仰っているのでは。

    私は20代の時、年収300万ありませんでしたが、会社に最高品質の物を身に着けることを強いられましたよ。
    先輩達から白い目で見られました。

    親からも、質のいい服、靴、バッグは身に着けるように言われました。

    家も別にお金持ちでもありませんでしたが、社会人としてのマナーとして叩きこまれました。

    沢山持たなくても、着回しのできる上質な服を小物でおしゃれにアレンジするのです。
    大人のおしゃれとは、そういうものではないでしょうか。

    ユーザーID:9333583160

  • 値段は充分

    40代子育て真っ盛りの主婦です
    え〜子育て主婦だって みんなお金なくて
    1着5000〜1万出せたら十分すぎますよ!

    というか私などはほぼ全身ファストファッション。
    それでもVERY妻風に見せているので
    オシャレ!どこで買ったの?!と聞かれます。

    ポイントは20代のころのような
    素材やデザインから 30代に移行することです
    れだけ!30代向けの雑誌を見て学び
    30代向けの服がおいてある店に行く
    コートやバッグや靴など目につくアイテムはそこで
    なぜなら脱いだときどこのか見られるから
    それ以外はファストファッションでもOK

    あとは髪や肌の手入れに気をつかう
    メイクも安いのでいいからちゃんとする。
    中古でいいからブランド財布など
    1点なめられないようなものを魔除けとして持つ。

    お金かければいいってもんじゃないですよ。

    セレブ妻の友人が言ってましたが
    交際中ごはんも服も買ってもらってたから
    お金かからなかった〜ですって!

    ユーザーID:7034644525

  • どちらの気持ちも分かります

    トピ主さんは堅実で素敵な方ですね。
    私は40代半ばなので主さんとお母様の間くらいの年代ですね。そのせいか、お二方のお気持ちが分かります。
    40代になると、さすがに若い頃に身に着けていたお手頃価格の物が似合わなくなってくるんです。
    でも、まだ三十代になったばかりのご様子ですし、いきなり高価な物を買うわけにもいきませんよね。
    なので、例えば今まで2万円の予算で5千円くらいの服を4枚買っていたとします。そこを、同じ予算で5千円の服を2枚と1万円の服を1枚の計3枚買ってみては?1万円の服は数年着続けられる品質、ベーシックなデザインの物。5千円の2枚は流行のスタイル。
    そうすれば、今までかけていた被服費は増やさずに済みますし、ほんの少し「いいもの」を身に着けられます。シンプルでベーシックなデザインなら、着回しが効くので服のトータル枚数が減っても他の手持ちの服と合わせてコーディネートのバリエーションが増えるかもしれません。おしゃれがますます楽しみになるかもしれませんよ。
    たまにでいいので、そんな買い物の仕方をしてみてはいかがでしょう?

    ユーザーID:7639242770

  • 私は同情をひいて買ってもらう(笑)

    やりこめたいなら、きょとんとして「どうやって?」と聞くといいですよ。
    もしつけていたら家計簿を見せて、「ここからどうやって服飾費にお金かけるの?」と。

    うまく転がすなら「やだ、買えるわけないじゃない!」と大笑いしたあと、
    「お母さんがいいもの教えてよ〜(笑)」と可愛げを見せて買ってもらいましょう。

    それか資金源であるお父様へ大げさに訴えるのは?
    「なに、可愛いいちこがそんな思いをしていたのか?」と激怒して、お母さまの服飾費を減らすか、いちこさんのお洋服を買ってくれるかもわかりませんよ。

    私も親に似たようなことを言われますが、自分の年収がイマイチなので
    「私もそうしたいんだけど……」と語尾を濁し、しゅんとして服の裾をつまみ、同情をひいて買ってもらう作戦でのりきってます(笑)

    ユーザーID:4387169569

  • 右から左へ聞き流しましょう

    私はトピ主さんよりはお母様に近い世代ですが、トピ主さんと同じような価格帯のものを身に付けています。高価ではないもののファストファッションよりは品質も良いかな・・・素材や縫製もチェックしてます。

    母が服飾の勉強をした人で(資格もいろいろ)お店を持ってるお仲間もいるし、必然的に私も服に関する知識が豊富な人たちと接してましたが、具体的なアドバイスはあってもそういう言い方(実は漠然としていますよね)はありませんでした。

    お母様はトピ主さんが着てる服を見ただけで安物と言い切るほどの目と知識がおありなのでしょうか?そうではないとしたら、お母様の「もういい歳なのだから、いいものを身につけなさい」は他者から自分がどう見られるかを非常に気にするあまり、しきりに口にしているのかもしれません。

    まぁ、どっちしても右から左へ聞き流しましょう。

    ユーザーID:3025444368

  • お母さまの持ち物とアドバイスを混同しない

    私は「年齢・身の丈に合ったもの」っていう意味で言われます。決して、
    わかりやすいブランド物をという意味ではないようです。

    安めでも、私の年代をターゲットにしているものであれば、普段着にするの
    なら問題ないようです。

    お年を召しても、鮮やかな色を素敵に着こなすご婦人がいらっしゃいますが、
    そういう鮮やかさじゃなくて、安っぽい鮮やかな色ってありますよね・・・
    若い子が「それ、かわいい〜」っていうような。

    私は、夫にもよく言われます。なんとなく、生地の質感とか、デザインとか、
    自分とはちぐはぐな感じになってくるんですよね・・・

    お母さまがどんな意味でおっしゃっているのか、本当にブランドものってこと
    かもしれないけど、もしかしたら、三十路という転換期に乗り遅れたセンスの
    ことをおっしゃっているのかな?と。それが「いいものを」「安物は」っていう
    言葉になっているだけかも。
    実際に「ブランド物を」って言われているのなら、お気の毒です。。

    ユーザーID:5422524562

  • 30過ぎると安っぽいものはみすぼらしくなりやすい

    トピ主さんの経済事情では、トピ通りの価格設定で問題ないと思います。でも、安いものではなく、安っぽいものを買うと、若いころはチープさが個性になるのですが、30歳過ぎるとみすぼらしくなります。

    洋服はまだチープシックがあり得るのですが、アクセサリーは確実にチープ=みすぼらしいにつながります。スカーフや手袋、バッグも含めて、アクセサリーは良いものを少なく持って長く使う方が良いと思います。また、良いもの=ハイブランドではありませんので、そこは誤解なきよう。私はバーゲン品を翌シーズンにも使うということもします。体重管理が大変ですけど。

    ユーザーID:6455911420

  • 分かるけど

    お母さんのおっしゃることも分かるけど、時代も年齢も違うから困りますね。お母さんは一から十まで高級品を身に着けているんですか?お出かけの時や、見栄を張る必要な時だけでしょう。サラリーマンの妻がそんなにお金を使えるわけがありませんよね。しかもあなたの分までホイホイ買ってくれるほどの余裕がない。それだったらあまり偉そうに余分なことを言わない方が賢明ですよ。

    ただ、あなたの服装を見て「安っぽいな、すぐ飽きて新しい服やバッグを買ってきて」と気が気でないと状態でしょうね。でも、お勤めに行く人は何種類もの着替えも必要だし、周りとの釣り合いも必要ですよ。高級品を無理して持っていれば妬みも買いかねない、でしょ。

    あなたの経済状態を表にしてお母さんに見せればどうですか。年収、手取り金額、生活費、将来のための貯金額など。お母さんに納得してもらいましょう。もしかしたら、あなたの結婚費用、住宅購入の頭金など莫大なお金はすでに用意してあるかもしれませんよ。そうしたらちょっと贅沢したらどうでしょう。

    ユーザーID:5888688669

  • そういう時は親が買い与えるものだけどね

    そういうときは、何かいい物を買い与えるか、それなりの現金を与えて
    「いい物を身につけなさい」
    って言うものだと思うけどねえ。親は。

    何も出さずに「いいものを」とか、何言ってんだと思いますが。親として。

    ユーザーID:7538151763

  • 今のままでも

    トピ主さんの年齢なら今のままでも良いと思います。
    ただお母様の仰る「いいのもを身につけなさい」も正しいと思います。
    ただ、それはブランドものではありません。
    年を重ねていくと、素材が良く品のあるおしゃれが必要になってきますから。

    ユーザーID:2417249837

  • そうは言っていない

    今まで一万円のスーパーで買ったような服きてた人に、いきなり「ハイブランドの服を着なさい」なんて、誰も言ってないですよね(笑)
    ハイブランドの服着て似合うと思ってるの?10年かかりますよ。無理無理。
    でも、安い、若い子が着るような服は、とにかくアラサーには痛々しい。そこに気付いた方が良い。
    的を射た、良いアドバイスと思いますが。

    ユーザーID:0045903488

  • 服にお金をかけるかどうか

    あまりかけすぎても流行も体型も、変わるかもしれないし。しかし、20代の洋服も、浮くかもしれないから。年相応に見えるには、いいおうちの子に見えるには、と外見を言う家と全く外見を言わない家とあります、車の方がいるとか。お洒落は足元からと言うので、靴だけはきれいにしていると言うとか。鞄をかってもらって持ち歩くとか。全て言うことを聞かなくても趣味もあると言えば伝わるけど、趣味のいい洋服を来てほしいのか。自分の方が全く逆らう場合いってることもきにもしないでしょうし。ちょっとだけでも、合わせてあげたら相手は機嫌よくなるでしょうけど。外見で人の値打ちは決まらないけど目安にはなるでしょう。高いものはかってもらって会うときだけつかうと傷まないし、相手も納得自分も大部分納得できるでしょうか。手間イコール情かな親子の。

    ユーザーID:6262996240

  • バブルの恩恵は受けていませんが。

    50代です。例に出す私とその友人は、共にバブル時代は貧乏で、
    ブランド品身に着けたり、贅沢三昧した経験がありません。
    でも、私は母上の考えに一票。
    あなたの「安いものを沢山買っている。」というコメント見て、さらに。

    友人があなたと同じで、3000円〜5000円の服、小物を頻度多く購入。写真と値段をメールで知らせてくれる。
    「私にはお金がないから、この程度でいい。」「これぐらいしか買えない。」
    「ちょっぴりの贅沢」と月に3回4回、出かけるたびに買う。

    ある時「同窓会に着て行く服が無い」と一緒に友人と百貨店へ。
    一目ぼれのワンピースが4万。高いと渋る友人。
    私は「毎週のように服を買っているのに、何故服が無いのか考えてみない?
    本当にホレぬいて、喉から手が出るほど欲しいわけでないのに、
    安いからこれぐらいいはいいだろうと、買うからでは?
    今までの服着る頻度は?一二度着たら、飽きて次の週に買うでしょう。
    トータルして、結局このワンピぐらいのお金だよ。」
    「生地や縫製型紙が雑だから着ていて疲れるし、ウキウキしないから着なくなる。」
    続きます。

    ユーザーID:0819416239

  • バブルの恩恵は受けてないけど。2

    続きです。
    「このワンピは職人が生地の染から作ったもの。年月とともに生地に深みが出てくる。こういうものを買って、大事に着続けると結局お得では?」

    決心して買った友人。同窓会や道行く人から褒められ、着ると元気が出る。
    物欲が無くなった。満足するお買い物ってこういうことかと納得、と。

    それからピタリと安いものを頻度多く買わず、同じ予算で年に一度、
    一つ¥ゼロがが多い服を買っています。
    5000円の服10枚より、25000円の服二枚の方が、(または5万一枚)
    ずっとオシャレに輝かせてくれるのです。

    「私はお金がないから仕方がない」という「卑下」の考えもよくないと思う。
    それで本当は満足していないのに、卑下すると、そういう人生になる。
    ランクを一つ上げる、でも沢山買わない。
    そういう事を母上は言っているのだと思いますよ。

    ユーザーID:0819416239

  • 今は違うでしょ

    お母さまは経済的に余裕ができたのでしょう。
    子どもにお金がかからなくなり、夫の退職金もあり、人生の中で今が一番何でも買える時です。
    子供の頃貧しくて買えなかった物が何でも手に入る、買い物が楽しくて嬉しいのでしょうね。

    しかし、あと何十年と続く老後の生活費は準備できているのでしょうか。散財して貯金がなく、子どもに生活費を無心する人たくさんいます。その点も聞いてみてはどうでしょうか。

    トピ主さんにもいいもの=高価なものを勧めてくるのは間違っていると思います。
    仕事にハイブランドは着ないですし、その人の品性が何より大事でしょう。
    いくら高価なものを身につけていても素敵に見えない人もいますし。。

    価値観も人それぞれ、身なりはほどほどにして私はスキルアップや教養、知識を深めるためにお金をかけます。

    ユーザーID:9952044247

  • センスの問題

    トピ主さんの、洋服のセンスに何か言いたいんじゃないですか?
    センスさえ良ければ、シンプルなものでも安っぽくは見えないもの。
    ハイブランドなんて買わなくて良いから、安物3枚買うお金で、1枚の良いセーターを買って3年は着る、とかね。
    小物使いでも工夫すれば、オシャレに、上質に見えると思いますよ。

    ユーザーID:5070935600

  • もう少し具体的に考えてみては?

    例えば、60歳の時点で、仮に5千万貯蓄したいとします。
    (女性の平均余命の87歳までの27年間、毎月15万円使えます)

    実際は、怪我や病気等で失職するかも知れないし、自然災害等で貯蓄が底をつくかも知れない。
    反対に、65〜70歳位までパート等で働いたり、年金も出たり、親からの相続資産が入ったり、結婚するかも知れない。

    その辺りの不確定要素は、計算が面倒になるので今回は考えません。
    増えた分に関しては、仮に「医療費や87歳以降の生活費、施設入居費に充てられる余裕資金」と思って下さい。

    主さんが働ける年数は残り30年弱。今まで1千万貯めてきたと仮定して、
    4千万÷30年とすると、これから60歳まで、毎年133万円貯める必要が有ります。

    年収から必要経費と小遣いを引いて、残りの金額がどの程度有るかを考え、
    それに見合った買い物を計画的にすれば良いのではないでしょうか。

    当然ですが、経費が商品価格に反映することをお忘れ無く。
    広告やイメージに騙されません様に。是非、「商品の本当の価値を見極める目」を養ってください。

    ユーザーID:3250724169

  • 放っておきましょう

    私も似たような年収です。
    服にお金をかける余裕なんかありません。
    言いたい人には言わせておけばよろしいのでは。
    年齢相応に見える格好をしていればいいと思います。

    ユーザーID:4017365472

  • えーそんなに駄目かな

    わたしもトピ主さんと同じ年代ですが、トピ主さんと同じような価格帯のものしか着てないです。
    大体セールかアウトレットでしか買いませんよ。
    それでも安物着てるようには見えないと思います。

    それに子供が小さいとどんな服着ててもすぐに汚れます。
    今が一番服にお金を掛けづらい時期です。
    子供がいないときに買った高い服は全てお蔵入りです。

    ユーザーID:8794079730

  • うーん

    決して「ハイブランドを買え」ということではないと思う。
    30すぎるとどうしても一気に老け込んでくるので、今までのような服が似合わなくなることが多くなるんです。
    ようは、生地ぺらぺらの安い服だとみっともなく見えてしまうんですね。
    お母さんはそれを懸念しているのではないかなと思うんです。

    ちなみに年収300万でその値段の衣服は身の丈に合ってないです。
    節約は大変素敵なことですが、将来のことを考えすぎて今がおろそかになってしまうことの方がきついですよ。
    30こえて「将来」も何も… って感じなんですけどね、世間は。

    ユーザーID:4343363015

  • 親子といえども

    貴方のお母様世代です。
    28歳の娘がいます。娘が自立していれば子供のお金の使い方にあれこれ言いません。
    お財布の中身は個人の価値観です。
    私の時代とは違います。娘は海外旅行、勉強、投資などを優先しています。
    衣類や持ち物にお金をかけていた私の若い頃と違い、今の若者は素敵だなぁと娘を誇らしく思います。
    良い物をと思う時は、私が支払います。装飾品や冠婚葬祭の洋服、着物、コートなどです。
    身に付けるものでお付き合いの人が変わるなら、その方が良いかもしれません。
    私は趣味や教養や将来に対するお金の価値観が同じ人が良いと思うからです。
    人にどう思われるかも大切ですが、それは子供がそれなりの年収を稼ぎ、恥をかきながら自分の身の丈にあった物を身につければ良いと思います。
    トピ主さんは堅実な聡明なお嬢様だと思いますよ。

    ユーザーID:1436942021

  • 30歳ですよね

    TPOに合わせた服を買えばいいと思います。

    ブランド物である必要はなくて、縫製のきちんとした服も必要です。

    30歳にもなって親に服を買って貰うような恥ずかしいことは止めてくださいね。
    子供の2人くらいいても不思議ではない年齢です。

    同居だったら逆に月5万程度は家に入れるのが常識です。

    一人暮らしの家賃より安いですよね。


    まあ、安いペラペラの服ばかりで恥をかくのは主さんですから、そうならないように親御さんがアドバイスしたわけです。

    ユーザーID:9333583160

レス求!トピ一覧