夫婦別財布って一般的なのですか?

レス63
(トピ主2
お気に入り107

生活・身近な話題

ふせん

50歳代の専業主婦です。
小町で「夫婦別財布」で家庭内トラブルが生じて…のようなトピをよく見ます。

若い人の中では、共働きの場合、家計を別々に管理するのが主流なのですか?
それとも、主流と言うほど多数派ではないが、珍しいというほどでもないことですか?

別会計の場合は、相手の貯蓄額などもお互い知らないのですか?
マイホームの購入や子供の進学費用など、大きなお金の場合はどうするのですか?

どちらが良いとか悪いとか言いたいわけではありません。
単に下世話な好奇心から知りたいだけです。

ユーザーID:5636882970

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数63

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 若くないですが

    私はもう40代も後半なので若くありませんが、夫婦別財布というか、同じにはしていません。
    生活費に相当する部分を出して、あとはお互いそれぞれでという形です。

    うちではお互いのだいたいの収入や貯蓄は把握しています。家は他のこととの兼ね合いもあって夫名義で購入しています。
    そのほか大物家電なんかは、そのとき次第ですね。でも夫のほうが収入が多いので、なんとなく夫が出してくれることのほうが多いように思います。生活上の備品や小物なんかは私のほうで買っています。
    お互いに相手が持ってるだろうと思ってるので、貯金がよそのご家庭ほど上手にできてないだろうなという懸念は少しあります。

    ただ、うちはそれで生活できているのでそうなっているのですが、ほかのご家庭ではどうしているのかは知りません。

    ユーザーID:5727463156

  • 色々でしょうね

    小町を読んでいると、
    ○○費と○○費はどちらが担当というように決めているご夫婦もあるようです。
    私の友人の共働き夫婦は、収入費で家計(予算)を按分して一旦家計の財布に入れ、家計の財布に入れなかった分で服を買ったり趣味に使ったり(貯金してもいい)、としているようです。

    私が以前結婚していた頃は、私が管理担当でした。
    元夫の収入で生活しお互いのお小遣いもそこから、私の収入は○○家の貯金として全額専用の口座にまとめていました。

    今度の彼とも家計をどうするか話し合いましたが
    一旦一つにまとめて、そこから貯蓄も含めすべてを賄い、
    毎月「経営者会議」しようという話になっています。

    私は相手が自分のお小遣いをどう使うかまで把握する気はありません。ギャンブルなどは困るけど…
    子供の進学費用や、家や車などの大きな買い物の費用は、私の考え方だと家計に含みます。
    それも含め、固い考えかもしれませんが「予算会議」なども行い、積立などをするつもりです。

    ○○費で区切って分担するやり方をしたことがないのですが、逆に「それ以外は関係ない」という考えだと揉めるかも、とは思います。

    ユーザーID:5634363746

  • 離婚しやすいですから

    大きなお金は、共通の財布から出すのでしょう。
    互いに好きなだけ使えますので、不満が出にくいのもメリットなのでしょうね。

    実親に援助していても、口出し無用となり、それによりトラブルも発生しないでしょうね。

    互いの貯蓄額は、知っていたり知らなかったり、各家庭によって様々ですよね。
    デメリットは、相手が浮気しても、気付きにくい事かな。

    別財布の最大のメリットは、離婚です。
    ちゃんとした証拠が有れば贈与税も発生しないし、労力も少なくて済みます。

    最後まで添い遂げるなんて、幻想なのかも知れません。

    ユーザーID:5336161441

  • 学費、マイホームは夫です

    5歳の子がいる兼業主婦です。
    10歳差、夫の方が大手企業で収入がよいので、私が出しているのは食費や雑費や子供の物や自分にかかるお金。学費や住居費は夫が出します。
    相手の貯金額は知りません。

    ユーザーID:7354206681

  • 共働き家庭では、一般的みたいですよ

    私も以前小町で質問したのですが、やはり一般的みたいですよ。

    相手の支出も貯蓄額も不明で、家や車や教育資金など大きな支出がある時には、夫婦で話し合って、自分が出せる額を出すのですって。
    相手を信頼しているという事で、信頼さえあれば、支出も貯蓄額も確認しなくて良いのですって。

    最近そういう家庭が多いみたいで、ファイナンシャルプランナーによると、そういう家庭は相手が貯金しているだろうと思ったら全然貯金がなく、老後に困窮するケースが多いそうです。

    うちは家計は一つにして、収入と支出、貯蓄額を明確にしています。

    ユーザーID:8126781766

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 家庭ごとに様々でしょう

    家計の管理方法は、それぞれの家庭により様々に違うと思います。
    何故なら、一定の「決まり」はなく、夫婦が二人で自由に決めて良い事柄だから。

    >別会計の場合は、相手の貯蓄額などもお互い知らないのですか?

    互いの貯蓄額を知っている夫婦も居れば、知らない夫婦も居ると思います。

    >マイホームの購入や子供の進学費用など、大きなお金の場合はどうするのですか?

    その夫婦ごとにやり方が違うと思います。

    色々な価値観の人間が居る中、縁あった人と夫婦になる。
    夫婦の数と同じ数だけ家庭が存在する。
    家計のやりくりの方法は様々であり、答えは1つではありません。

    ユーザーID:7369738076

  • 別財布です

    60歳代男性です。
    結婚当初は、妻は専業主婦だったので妻がすべて管理していました。
    が、とある事情から僕の両親と同居するようになってから妻が働き出し、お互いに別財布となってしまいました。
    僕の方が給料が高かったので、妻は生活費分をキャッシュカードで僕の口座から引き落としていました。
    子供の学費、家のローン等高額なものは全て僕の方が負担しておりました。
    従って、妻にどれだけ貯蓄があるか全く知りません。
    ある時、「娘の着物に数百万円かかった」と聞きましてびっくり仰天!

    終末期が近づいたら、僕の貯蓄分は遺言状にでもしたためておこうと考えております。

    ユーザーID:7108565550

  • 私も不思議です

    すみません。パート主婦で財布は一緒なのですが、私も不思議でたまらないので参加させていただきます。

    知人なのですが、50代女性。
    何歳でかは知りませんが、結婚は遅かったそうです。で、年齢的な事から子供はあきらめたと。
    夫が病気をして入院。
    退院時に病院から請求があった入院費を夫が払えないと言ったので
    病院に頼んで分割にしてもらった。
    その後通院しているが、病院から「通院がめんどうならちょっと多めに薬だしておきましょうか?」と言われたが、夫はまとまったお金がなくて、来週も来るからと病院の提案を断ったとか。
    え?
    夫婦なのに夫婦の共有のもしも困ったことが起こった時貯金ってしないの?と
    すごい衝撃でした。
    だって、勝手に「あちらも困ったとき貯金をしているはず」と思って自分だけ貯めてて、いざ困ったときにあちらが一文無しで、自分の貯金を切り崩す、なんて納得いかないですよね。
    貯めてなかった夫の困ったときにそれ使って、私が困ったときどうすんのって話ですもん。
    まあ、その知人は助けようにも自分も貯金がないみたいですが。

    ユーザーID:9036702714

  • 最近よく聞きますね

    これは
    お互いに話し合いで
    決まることなので
    良いか悪いか
    多いか少ないか
    は無関係

    ユーザーID:0457751054

  • 私の家では

    結婚したばかりの40代女性です。子どもはお互いにいません。
    主人は50歳過ぎですが、結婚して別財布と言われました。
    私のほうが収入が少ないので、食費、家賃、消耗品費、電気光熱費用に関しては主人が負担しますが、何をつかっているかわからず、義家の仕送りなど聞きました。

    夫の実家は借家で、私達は賃貸なので、結婚後は夫婦の貯金をと一緒の財布を伝えていますが、なかなかです。

    トピさんの仰るとおり、何かあったときの夫婦の貯金は必要ですので、夫婦別財布、考えられません。

    結婚前に、結婚したらきちんとするからと言ってくれて結婚しましたが、実際は違いました。

    実家では離婚のことは、社会的に悪いので生活をみてくれるなら、自分だけ貯金して我慢しなさいと言われましたが、収入は少なく、携帯や美容、小遣い、洋服、年金、保険、通院は自分でまかなっています。

    老後の夫婦の資金など、主人の貯金から貯金したいのですが、なかなかです。

    私としては、一緒の財布にしたいと思っています。それが夫婦だと思います。
    男性としたら、今までの自由なお金がなくなるかもしれませんが、嫁として不安です

    ユーザーID:6130517556

  • 私の周りでは

    珍しいと言ったとこですね。

    夫婦とも年齢から計算して平均以上の収入
    奥さんの方が収入がちょっと上
    旦那さんも家事や育児に積極的

    夫婦一組くらいしか知らないので一例になりますが、
    大きなお金(買い物)は完全折半
    基本的な生活費も完全折半
    細かいお金(ランチ代、お土産等)は交互に払う

    貯金額はお互い知らないそうです。

    奥さんは将来離婚を考えているそうですが、
    都内マンションを購入し子供が大きくなったら売るそうです。
    本当に離婚するのか?仲が良さそうな感じですので、
    とっても謎ではあります。

    ユーザーID:7204245793

  • そうなりつつあります

    あなたのような専業主婦にはムリでしょうが、出産後も働いてる主婦には別財布可能なんです。パートではなく、フルタイムで働いてる主婦なら充分可能です。生活費折半にして、家事育児も折半で、残ったお金は貯金したり欲しい物を買ったりでしょう。そういう女性は、夫にいちいち許可取らず、自分の稼ぎで海外旅行に行ったりしますよ。子供がいれば子供には言うでしょうが。

    自由に生きられていいんじゃない?

    出産費用、子供の学費など折半ですよ。珍しい事ではありません。マイホームは夫、妻それぞれ購入してる方もいますので、妻も自分名義のマイホームを持ってる場合があります。職場に近い所にマイホームを買ったり、定年後に住む予定のマイホームを買う妻がいますよ。経済力がある妻だからこそできるんです。あなたには理解できないでしょうが。

    ユーザーID:4926136618

  • 主流がどちらかは知りませんが

    失敗してしまった方々は文字通り
    失敗してしまったのでしょう。

    うまくいっている方々はわざわざ
    トピを立てませんので。


    ところで、人にものを聞く際は自分の
    情報を出してからにした方が、
    回答を得られやすいですよ。

    ユーザーID:8030053885

  • 同財布って?

    日本は夫婦別産制ですので、どのようにして同財布なるものが可能になるのでしょうか。

    双方の収入をいったんすべて引き出して、自宅に持ってきて、必要な支払いなどの固定費・生活費・貯蓄に分けて、それぞれにおこづかいをもらうということでしょうか。

    その場合に、貯蓄はどちらの名義になりますか?
    もし貯蓄の名義もしっかり半分ずつというならば、まあ同財布といってもよいのかもしれませんが。

    双方にほぼ同じ収入があった場合(いや、かなり収入格差があっても)は、上述の作業を(いったん現金を持ち寄らないで)計算上で行なうだけです。それぞれの口座から必要経費が引き落とされ、予め相談して決めておいた貯蓄額を貯蓄する。家事も分担するので生活費部分は予め決めたところまで支出する。
    この場合は別財布ですか?

    給料がその同財布に(夫婦共有名義口座を持つことが出来てその口座に)振り込まれるならば、同財布といえますが、
    そうでなければ、すべて別財布ではないでしょうか。そもそも財布なる概念がよくわかりません。それぞれの財布がありますよね?

    結局、一方が無職の場合には家計管理業務を負わされているだけではないですか。

    ユーザーID:0126294597

  • 別財布です

    トピ主さんと同世代なんですが回答します。

    >別会計の場合は、相手の貯蓄額などもお互い知らないのですか?
    知りません。
    別に隠しているわけではなく、聞けば教えてくれると思いますが、今のところ必要にかられてないので聞いたことがなく、夫に聞かれたこともありません。

    >マイホームの購入や子供の進学費用など、大きなお金の場合はどうするのですか?
    マイホームのお金は半分ずつ出し、名義も半々としました。
    子供の進学費用は私が出しました。
    どこの学校を受けるとか、だいたい私と子供で相談して決めてたので、なんとなくまあ流れで。

    「私たちは同一世帯で、一生一緒にいるのだから、別にどっちがいくら出してもいいよね」
    ぐらいのアバウトな感覚を双方がもっていれば、別に夫婦別財布から家庭内トラブルが生じることはないのではないでしょうか。
    1円単位で折半…みたいな方針だと揉めやすいかなとは思います。

    ユーザーID:2782258215

  • 日本の法律を守った結果

    日本は夫婦別産制であることは、婚姻という法的制度を利用しているならご存知であると思います。
    グレーな扱いをされて見逃されているだけで、厳密には配偶者でも好き勝手していいものではありません。
    だからクレカでもなんでも本人でないと情報開示がされなかったりしますよね。
    給与なども個人的なものであり、配偶者に権利などありません。ただ、一部が家庭を運営するためのお金として使われるだけ。
    配偶者の総資産など把握する必要がありますか?
    有事の際には手を打てるようにしてあれば、生きている間に事細かに把握するのは些か卑しさが過ぎるのではないでしょうか。
    信用できない相手とはそもそも結婚しないわけですし。
    互いに費用を出し合っていれば生活費やマイホームの購入などどうとでもなります。残る部分にまで手を伸ばす必要があるのでしょうか。
    法律を守っても正常に家庭を運営できるはずなのに、敢えて法律に背く合算制の方が私には理解不能です。
    実際、合算家庭は別産家庭よりトラブルが多いです(職業上知りうる限りでは)

    ユーザーID:2916915521

  • いろいろなやり方があるのでは

    共働きの場合それぞれが貯蓄するという意味では別財布でしょう。

    一つの口座にまとめたりしたら、税務署から何言われるかわからないです。

    でも、相手の資産はわかってます。年に1度、ちょうど今の時期に資産も含めて棚卸してどれだけ貯まったか、どれだけ使ったかは話をします。

    財布が一緒かどうかより重要なのは、夫婦でお金の話を出来るかじゃないでしょうか。

    ユーザーID:8740676387

  • うちの場合

    アラフォー共働き夫婦です。
    子供はいません。

    > 主流なのですか?
    共働きの友達も別財布と言っていました。
    ただ、職場では珍しがられたので多数派ではなさそうです。

    > 別会計の場合は、相手の貯蓄額などもお互い知らないのですか?
    お互い把握していません。
    夫の稼ぎは夫のものという認識です。

    > マイホームの購入や子供の進学費用など、大きなお金の場合はどうするのですか?
    共同貯金として、毎月お互いに一定額を同じ口座に入れています。大型家電などはこれで賄う予定です。
    マイホームは考えていませんが、買うのであれば、お互いどれだけ負担できるのか話し合うことになると思います。

    ユーザーID:4775967555

  • トピ主です・1

    レスをくださった皆様、ありがとうございます。
    興味はあっても「お宅は家計はどうなさってるの?」なんて人様に尋ねるわけにもいかなかったので、小町で聞けて良かったです。

    >「予算会議」なども行い、積立などをするつもりです。
    カッコいいですね。対等な感じでステキですね。

    >定年後に住む予定のマイホームを買う妻がいますよ。経済力がある妻だからこそできるんです。あなたには理解できないでしょうが。
    理解はできますが、私にはとても実践はできません。一円の稼ぎもないので。うらやましいかぎりです。

    >退院時に病院から請求があった入院費を夫が払えないと言ったので、病院に頼んで分割にしてもらった。
    そんな家庭があるとはビックリです。生活費分担とは別の課題がある感じですね。

    ユーザーID:5636882970

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • トピ主です・2

    書ききれなかったので続きます。

    >実親に援助していても、口出し無用。
    そうですよね、自分の稼ぎがあれば相手に気兼ねがいりませんね。
    うちの夫は「(私の)お母さんちのエアコン古いから、買い直してあげよう」などと言ってくれるので甘えていますが、悪いなあと感じます。

    >人にものを聞く際は自分の情報を出してからにした方が、 回答を得られやすいですよ。
    情報不足ですみません。専業主婦と書いたので財布は一つとか書かなくていいと思いこんでいました。専業主婦でも収入のある人もいますよね。
    配慮が足りませんでした。

    ユーザーID:5636882970

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 家計管理を一元化することと情報共有するのは別

    共同財布でのトラブルトピも沢山ありますよ 笑

    家計管理者がやってることを二人それぞれがやってるだけと考えればいいのです。
    ところで、トピ主様に家計を管理されている(?)ご主人は
    >相手を信頼している
    のでしょう。家計の支出や貯蓄額を把握しておられますか。ナナ様のお宅では明確=ご主人も把握ということみたいですね。


    別々に管理しようが、誰か一人が管理しようが、一緒です。情報を夫婦で共有することと管理することとは違います。

    また、
    >そういう家庭は相手が貯金しているだろうと思ったら全然貯金がなく、老後に困窮するケースが多い
    情報共有していなかった場合でも財布が別の家庭は最低限自分が管理していた財産はあるはずですが、財布が同じだった場合は、全財産分ありません。困窮の程度は、財布が同じで、かつ情報共有していなかった家庭のほうが甚大となります。

    ユーザーID:6866363732

  • さあどうなんでしょう

    片働きでも大黒柱が家族に貯蓄額や金融資産を全く知らせず月々の生活費だけ配偶者に渡している家庭もあれば、主婦役の配偶者が所得全額管理し資産運用して夫に知らせてない夫婦、大黒柱も主婦役の作った家計簿読んでる場合とあるでしょう。

    共働きで給与口座が2つあって、互いに給与明細や源泉徴収票を確認しあって世帯収入を二人とも把握している家庭もあれば、互いに知らせず定額生活費だけ月々共通口座に振り込んだり、家賃など引き落としは夫で食品などの買い物は妻と支出で分けている家庭もあるようです。

    大黒柱が家計管理と定額生活費出しあうのみの秘密型夫婦は本質的に同じで、主婦役が経理担当し大黒柱も家計簿見られるのと互いの源泉徴収票見てる明けっぴろげ夫婦が本質的に同じでしょう。

    私見では、明けっぴろげ型が主流だと思いますけどね。最初警戒して秘密にしてて、住宅購入や子供産まれて多額に支出や、いずれかの所得ダウンで、このままではと危機感から総ざらいして以後明けっぴろげと。
    かき集めて工面となると、貯蓄開示にデメリットないですからね。

    ユーザーID:5303395212

  • 別財布じゃないと怖いよね

    >小町で「夫婦別財布」で家庭内トラブルが生じて…のようなトピをよく見ます

    そうですか?私は「夫婦同財布」のほうが家庭内トラブルが多いと思いますけど(離婚したい時に自分の財産のありかが分からないとかないとかってイヤすぎ)

    私が若いかどうかは知りませんけど、主流っていうより私の周りの共働き家庭も、お互いの財布事情は知りませんよ。そんなの根掘り葉掘り聞かれるのって、夫婦だろうがいやです。

    >別会計の場合は、相手の貯蓄額などもお互い知らないのですか?
    知りません。日本だと夫婦別産制だから、万一裁判になったとしても、相手のお金が自分のものになるとかってないですよね。
    昔は専業主婦は折半とかなんとかあったみたいですけど、最近の判例だと、専業主婦だとほとんど相手の財産形成に関係なくなるとか聞きました。
    確かに、専業主婦は一方的に世話になってるだけなのに財産形成なんてしてないですよね。
    だから相手の貯蓄額なんて知っても意味なくないですか?

    >マイホームの購入や子供の進学費用など、大きなお金の場合はどうするのですか?
    それは親の援助も考慮しなきゃならないし、最終的には話しあいだと思います。

    ユーザーID:9956208460

  • レスします

    私は40代で親は70代ですが、親世代ですら「自分名義の口座を持っている」のは普通ですよね
    うちの親の場合は、母もパート的に働いてはいましたが、父の収入とは全然桁が違ったので、家族の生活費は父親の収入から出てました
    具体的にどうやっていたのかは聞いてませんが、家族カードかなにかを母が持って、日常の生活費は引き出していたんだと思います
    ただ、銀行口座は複数持てますし、働いている人は自分名義でカードローンも組めます。自分の口座の全ての内容を開示しているとは限らないのではないでしょうか
    両親の状況はほぼ同財布に近いとは思いますが、父の死後カードローンがあったことが発覚したり、逆に積立口座が出てきたりしました
    果たしてこれは同財布といえるのか、というと若干グレーだと思います
    同じように「別財布」とおっしゃる方も「完全なる別財布」というのは稀で、濃度は違うまでも同財布と別財布の間のグレー、というご家庭が大半だと思います
    双方に収入があると、一旦それをどこかにまとめて、という作業に手間がかかりますので、その作業は省略して支出場面で調整するケースが多いのではないでしょうか

    ユーザーID:3639391860

  • 40代だけど別財布

    主流というわけではないでしょう。

    うちの場合、貯蓄額も年収も、百万の桁では把握しています。

    マイホームは片方の名義で購入し、その家賃相当の半額を名義人に払います。
    ローン中は名義人の方が負担が大きいですが、一生で考えると平等です。
    離婚の際のリスクが低いことや、ローン審査が簡単なのがメリットですが、
    実際にはラブラブで、もちろん離婚の気配はありません。

    子供の進学費用は、子供名義で積んでおき、万一離婚になったら子供に付帯させます。

    そのほか大小関係無く、個人のものは個人が、共用で使用するもの及び子供費は家計費、が原則。
    例えば、各人の親への仕送り等は、各々の貯金から負担します。
    でも、個人で50万以上の支出をする時には、お互い相談しています。
    相手がもっと良い商品や方法を知っているかもしれないので。
    家計費は、建替えた方がたまに計算して「二百万溜まったので、百万出して〜」という感じで清算します。

    1円単位で節約したい家庭や、お金にだらしない人、お金の話をあけっぴろげにできないカップルには向いていないです。
    また、家事分担に差があると不満が溜まりますので、都度改善を求めます。

    ユーザーID:3206239660

  • 分担制です

    40後半なので若くはないですが、家計を別々に管理しています。

    収入の内一定額は「共通の貯蓄」をしているので大きなお金はここ。家族旅行などの娯楽費は別々に管理している内から幾ら出せるか相談して出します。

    >互いに好きなだけ使えますので、不満が出にくいのもメリットなのでしょうね。
    別々に管理したら好きなだけ使える、と考える方は家計を管理する立場自体に向いてないでしょうね。財布が一つでも別々でも、収入-貯蓄を考えたら使える額は変わりませんよね。自分が管理する支出内で配分を決める事が出来るのがメリットです。

    >パート主婦で財布は一緒
    パート代を家計に入れて家計から小遣いを貰っているのであれば財布は一緒ですね。よく「夫とは同一財布」と言いながら「パート代は私の小遣い」という方がいらっしゃいますが、これは一種の別財布です。だから昔から別財布は沢山あるし珍しくないと思います。

    >私としては、一緒の財布にしたいと
    ご主人にゆり様の収入をお任せしてお小遣いを貰うのはいかが。家計の内容は定期的に報連相して貰い運営は一緒にしたらよろしい。というか財布の同別より家計の運営を一緒に出来ていないのが問題ね

    ユーザーID:1151758032

  • 情報

    >小町で「夫婦別財布」で家庭内トラブルが生じて…のようなトピをよく見ます。
    単純に「情報の共有ができてない」だけで、「別財布」とは別の問題だよね。
    各々管理するんだから「共通財布」よりトラブルは少ないんじゃない。
    まあ、出と入が自分でわかってるんだから、わからないよりね。

    >別会計の場合は、相手の貯蓄額などもお互い知らないのですか?
    上でも言ったように「情報の共有」の問題ね。
    共同生活するんだから「情報の共有」は必須でしょ。
    普通の人は支払いを分担するんだから、ちゃんと話してるでしょ。

    財布が同一でも「情報の共有」ができてなきゃ、トラブルになるよね、当たり前。
    hiyokoさまのおっしゃるようにね。

    ユーザーID:9846598973

  • まあ、自分が良いと思うようにすれば良いですよね。

    >情報共有していなかった場合でも財布が別の家庭は最低限自分が管理していた財産はあるはずですが、財布が同じだった場合は、全財産分ありません
    困窮の程度は、財布が同じで、かつ情報共有していなかった家庭のほうが甚大となります

    つまり、別財布を選択し、老後の貯蓄は相手もちゃんとしているだろうと見込んで、もし相手に貯蓄が無かったら、老後は熟年離婚すればいいやって事ですかね。
    財布が同じだった場合は全財産無いというのは意味が分かりません。普通、財布が一つなら、計画的に貯蓄しますからね。
    財布が一つの場合は、家計が一つで、かつ口座も共有物ですから、いつでも自分の見たいときに残高を確認出来るので、殆どの場合家の財産を把握しているものです。だから、財布が一つで、夫婦で情報共有せず、貯蓄がスッカラカンだった、という家庭は殆ど無いですよ。それは大変レアなケースです。
    夫婦が一方に家計を任せる場合でも、そういう人は大抵非常に堅実で計画的なので、がっつり貯金がある場合がほとんどです。

    ユーザーID:8126781766

  • 続き

    夫婦別サイフで老後は思いがけず貧困、というケースは、ファイナンシャルプランナーが警告記事を書くほど非常に多いですが、サイフが一つで老後は思いがけず貧困というのはめったにありません。
    夫婦共働きで別財布の家庭より、その家庭より収入が少なくても、妻が専業主婦で財布も一つという家庭の方が、世帯の地貯蓄額もずっと多いという統計データも出ています。例えば、夫婦共働きで、別財布で世帯収入が900万の家庭より、妻は専業主婦で、財布は一つで、年収700万の家庭の方が、数百万以上貯蓄が多いという感じです。

    もちろん統計での平均ですから、例外もあり、必ずしも別財布だと貯蓄が少ないという訳ではありません。

    夫婦別財布で老後貧困に陥る人が多いという事実や、こういった統計データも頭に入れておいて、自分達が別財布にするか、財布は一つにして世帯の貯蓄を明確にするか、判断したら良いですね。

    後、別サイフというのは、夫婦でお互いの収支や貯蓄額が不明、というのを前提に書いています。そういうのを別サイフと言うと思うので。

    ユーザーID:8126781766

  • そんな事は無いですよ

    >離婚したい時に自分の財産のありかが分からないとかないとかってイヤすぎ
    夫婦で財布が一つの場合、離婚時には、相手がギャンブルで浪費しまくった事が離婚原因とかでなければ、結婚後に形成された財産の半分が自分のものとなります。

    >最近の判例だと、専業主婦だとほとんど相手の財産形成に関係なくなるとか聞きました。
    そんな事は無いですよ。妻が家計を管理して貯蓄を形成していた場合は、家庭の貯蓄の半分が自分の取り分となります。

    >専業主婦は一方的に世話になってるだけなのに財産形成なんてしてないですよね。
    そんな事は無いですよ。本来夫が自分ですべき家事、育児、夫の親の介護を担い、家計管理と財産形成をして一家を支えていますからね。一方に世話になってるだけの専業主婦は、ほとんどいません。

    >相手の貯蓄額なんて知っても意味なくないですか?
    非常に重要です。上の方も書いていますが、貯蓄額や収支の情報開示は、メリットが沢山ある上、デメリットがありません。お互いに別財布で収支や貯蓄額が不明なのは、デメリットがいくつもあります。

    ユーザーID:8126781766

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧