自分の送別会なのに 

レス28
(トピ主5
お気に入り207

キャリア・職場

退職者A

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 続きです 2

    CCしていた私には事前に承諾を得たつもりでいたらしく、「12年もお勤めいただいて、要のような役目をしていただいていた方だと伺ってるので(伝聞調)、ぜひご出席いただきたく・・会議室はもう予約してしまいましたので、答えも早くいただけませんか」といった主旨の、言葉使いだけが丁寧なメールがきました。
    しかも肝心の送別会は、私以外のメンバーが参加する午前中の会議の後に続けて、昼休みに社内の会議室で行いたいみたいなのです。異動する人達は会議で集合してるから都合がいいってことはわかります。ですが、私は、仮に引き継ぎがなかったとしても、その曜日は、別の事務局に出勤しなければいけない日なので、わざわざ昼休みのためだけに、電車賃をかけてこなければなりません。
    幹事が前例を周りに相談しないで企画して、よくわかってない上司に先に許可もらう形で進めているので、全員の総意でないのはわかってるのですが。
    一旦こちらの都合はお知らせしたのだから、無理して合わせず、参加しなくても問題ないですよね?いい年してお恥ずかしいのですが、さんざん人の世話ばっかりしてきて最後がこれかと思うと、哀しくなってしまいました。

    ユーザーID:3619199755

  • 自分の送別会ではなく、異動者のためのものと考えます。

    長く働いたのですが、評価もずっと低かったので、今の会社での自分の位置はわかっています。
    それでも、これまでは、自分が壮行会の手伝いなどしてきましたので、最後ぐらいは私もあのように送り出してもらえるものだ・・・と、勝手に期待しており、馬鹿みたいですが、挨拶の言葉などもそれなりに考えていました。

    ところが、新しい職場の研修日と重なっており、それ以外の日は選択肢がなく、出席するには、転職先の職場の研修日をずらすしかないのに「何が何でもご出席いただきたく」という言葉は、形だけ丁寧に取り繕っているようで温かみがなく、一方通行な業務命令のようで哀しかったのです。ですが、今の職場では、私はその程度のランクなのですから、仕方ありません。異動者の壮行会に声をかけてくださったことだけでもありがたいと思うことにします。

    新しい職場を優先したいので、出席はできませんが。挨拶は華々しく大勢の前ではないけども、一人一人に丁寧にしようと思います。

    一方で、別の部署の方たちが、個別に送別会を開いてくれるという話もあり、少し救われました。立つ鳥跡を濁さず、あと少し頑張ります。

    ユーザーID:3619199755

  • 相談してよかったです

    私が非常識だったのだと考え、アドバイスいただきましたとおり、会の前に挨拶を一斉メールをし、お菓子の差し入れを仲のよい人に託そうと考えました。

    お菓子を託すことを頼んだ同僚が驚いておりまして、送別会のことは部内の誰も知らされていない、異動者にも出欠確認をしていないことが判明しました。(私以外にも、異動者の一人は参加できないだろうとのこと)

    同僚が幹事に確認したところ、会議当日は幹事は会議に参加してるので、会議中に届く、ピザやケータリングを受け取ることができないので、それらを、私に受け取らせたり、別室に運ばせたりして、私もどうせ退職するのだから、その会に呼ぶ形にして、「辞めるまでは秘書の仕事でしょ、なのにAさん来ないんだって〜」といったそうです。

    うっかりしていたら、秘書のくせに送別会の手伝いもしないでいなくなった、(異動者に連絡していないことも私のせい)とされてしまうところでした。自分の送別会と考えると、ケチをつけてるようで、相談しにくかったのですが、異動者の送別会と考えてビジネスライクに相談をしたことで、難を免れました。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:3619199755

  • その後

    結論として送別会は無くなりました。肝心の異動者2名が出席できないためです。
    私がこの幹事のことが苦手なのは、計画が実態が違うことがかなりあるからなのです。いままでは秘書的にサポートをして、幹事が失敗する前に、尻拭いしたりしていましたが。

    例えば、商談でお店を決めるにも、自分の通勤に便利なところで決めるとか、そのために、わざわざ遠くから来なければならない相手の移動時間を考慮していないとか、そもそも、相手には会の趣旨を説明すらしていないので、相手が機嫌を害してしまうとか・・・なのに、それのどこが悪いの?といった感じなのです。

    今回は私だけじゃなく、異動者も上司も???となりましたので、よかったと思います。代わりに部全体の年度末の会で、退職者全員に花束を渡してくださるそうで、その招待を別の幹事からいただきました。これなら私以外の退職者も一緒なので「退職者は異動者と一緒ではないんだから分をわきまえろ」「秘書のくせに」などとおかしな差別を受けることもありません。

    相談をした同僚も、ほかの部の人達も皆さんまともでした。感情的にならず、我慢してよかったと思います。

    ユーザーID:3619199755

  • ありがとうございました

    最初は、厳しい意見をいただき落ち込んでおりました。送別会に、秘書も何も関係ないだろうと。

    実際は、部全体でやっていただいたので、むしろ盛大になり、ほとんどの人からは、ねぎらっていただきました。
    また最終日には、取引先や外部の人からも、花束やプレゼントが届き、上司と例の担当者は「ふーん」と意外そうにしていました。

    私が合わなかったのは、最後まで評価してもらえなかった上司、でした。みんなが集まる会議の日に、一人だけ別の事務所勤務にさせられたり、仕事を外されたかとおもえば、責任だけは押し付けてきたり。担当者はその上司の腰巾着だったので、一緒になって私にだけわかるように意地悪をして、面白がっていただけでした。
    上司は、転職を報告したときに「自分になぜ推薦書を依頼しなかった」と取って付けたように言ってきました。こちらから頭を下げてお願いしたときは、相手にもしなかったくせに。

    でも、決して全員がそうだったわけではなく、見る人は見ていてくださったと思います。辛かったけども、逆に、送別会でそのことがよくわかって、よかったです。ありがとうございました。

    ユーザーID:3619199755

レス求!トピ一覧