おもちゃを分解する子

レス55
お気に入り259
トピ主のみ2

みさ

子供

このトピのレス

レス数55

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大いに結構

    子供の発想力って、大人の理解の範疇を大きく超える事が良くありますよね。
    4歳のお孫さんは、知的好奇心がとても強いのでしょう。
    そういう感性を大事に育てて行けば、将来大物になるかも知れませんよ。

    ユーザーID:9205637240

  • 首都圏旧帝大理系学部に通ってます

    うちも見張っていないとまぁいろんな物を分解するわ隙間に物をつめるはでほっとけない子でした。

    でも研究心mおおせいで、首都圏旧帝大の理系学部に進学しましたよ。

    ユーザーID:3654003540

  • いや、それ放ってると危なくない?

    分解大魔王は手先が器用で好奇心旺盛なので、大変結構なことだと思います。

    が、そこまでほったらかしにして、下に2歳の子がいるのに大丈夫なんですか?
    大人が見てるもんじゃないかと思うんですが、そういうの。
    …イヤリング口に突っ込みで書いてある様子を見ると、どうも娘さんほったらかし状態で、後から大人が気がついてますよね。
    細かい部品が散乱してそうで、ドキドキするんですが。

    ウチはかなり気をつけてたつもりが、
    5歳姉ちゃんのアイロンビーズのパーツ(親と一緒にきちんと片付けたはずだったんですが)が一個うっかり絨毯に落ちてたのを2歳の息子が鼻に突っ込んで取れなくなって、耳鼻科に駆け込んだ…
    という事がありました。

    将来のことはいいんですが、今現在の、下の子を巻き込んだ事故が怖いです。

    ユーザーID:0372308955

  • 分解したら、元に戻すのがルール

    私も機械を分解するのが大好きな女の子でした。目覚まし時計、電気ヒーター、三輪車、何でも分解して、それがどう言う仕組みになっているのか知るのが面白いのでした。母は私の興味を尊重してくれて、心配しながらもルールを守ればやらせてくれました。

    母の決めたルールは次の通りでした。道具にはそれぞれの機能があって、それが家庭に必要だから置いてあるのです。分解すれば、その機能が果たせない状態になって皆んなが困るので、分解したら、直後に元の使える状態に戻す。分解しっぱなしで他の事をしたら、以後何も分解してはいけない。分解しても元に戻せないほど複雑な物は、分解してはいけない。元に戻せるか疑問の段階でやめなさい。小さなネジやナットなどを失くさないように、分解する前にテーブルの上に新聞紙を広げて準備する。

    このルールを守って、色々な物を分解して楽しみました。学問的にも「何故こうなっているんだろう」と言う好奇心をずっと持ち続けた結果、大学は工学部に入ってエンジニアになりました。ルールを作って子供の興味を伸ばしてくれた母に感謝します。

    トピ文のお子さんの場合も、上手く指導してくれる大人が側に居たら良いのに。

    ユーザーID:4209905775

  • 想像力+探究心+手で考える子=素晴らしいかも

    そんな遊びをしていた子供(男児)は、
    家中の時計を分解して、また元どおりに作り、
    モーターや電気部品を小学校の時から、少ない小遣いのため
    自作できる物は自作し、いろいろ作ったそうです。

    小学校の時から工学・電気の原理を自然に考え、体得して
    小学校・中学校の理科の先生に理屈っぽく口答えし
    誰でも知っている有名な大学に入学・卒業したそうです。

    いまや工学部も女子が進出する時代です。
    ゆっくり自分らしく成長してくれると良いですね。
    期待しています。

    言葉のはったつを促すために本は出来るだけ家にたくさん置いて
    読みたいだけ読ませたり、図書館に毎週つれていったりは?

    また人とのコミュニケーションは就職してからも重要なので
    年齢に応じて、読んだ本のあらすじ・感想を言わせたり
    作文を書かせ、読み上げさせたり、食事の時に質問攻めしては?
    米国のビル・ゲイツ氏の育った家庭では、食事時間に親から
    質問攻めだったとか?

    感情の共有を親とするのも重要らしいです。

    例えば、分解した時、わくわくする?と聞いたり
    楽しいね、とか、嬉しいとか、
    親が子供が抱く感情を想像して、誉めたり共有すると
    良いのかも?

    ユーザーID:5832700970

  • 素晴らしい!

    想像力、創造力共に優れた素晴らしいお孫さんですね。

    まだ四歳、本来の遊び方なんて、よく分からなくても当たり前です。自分が遊びたい様に工夫する、そのやり方や程度は個人差がありますが、「赤くみえる鏡」には脱帽です! ご両親ものびのびと育てているんですね、是非このまま見守ってあげてください。

    各言う私は、お孫さんよりも少し年齢の高い6〜7歳の時はよく玩具を分解してました。現在、理学博士です。

    ユーザーID:4739620879

  • 良いですよ。

     他人のオモチャを分解するのはいけませんが、自分のでしょう。
    弟くんも、自衛しているのがスゴい。

     しかも、ただ分解するだけじゃ無く、その後も使用している。使用方法の為に分解しているのかも知れませんが。
     将来有望かも。
     上の子ちゃんが、工学部や医学部に行く、と言い出したら、応援してあげて下さい。

    ユーザーID:8215563671

  • だいじょうぶです!

    間違いなくりけじょになるでしょう。
    うちの息子も子供のころから分解だいすきでした。
    どうなっているのだろうとの好奇心からだとおもわれますよ。

    ちなみにうちの息子理系難関大学に通っています。

    ユーザーID:6669888652

  • 仕組みが知りたい

    母親じゃないですが、、、元分解大王本人です。

    私の分解対象はおもちゃに限らず電化製品も。
    電話、カメラ、カセットレコーダー、ビデオデッキ、ミシン、アイロン、掃除機…etc
    祖父母宅のマッサージチェアは、座面を切り裂いて中身と動作をチェックしました。

    恐らく年齢と共に分解対象も拡がります。分解されたくなければ、工具やカッター等の置場所には注意してください。

    私の場合は、とにかくどう動くのか仕組みが知りたくて。好奇心を抑えられませんでした。両親にはかなり怒られまくった幼少期でしたが、そのうち簡単な仕組みなら修理もできるように。結果、壊した物と直した物とでイーブン…まではいってないと思いますが、今は重宝がられてます。

    職業はSEです。
    物作りが大好きなので、引退したら老後は紙漉きとか焼き物とかを趣味にしたいと思っています。

    ご両親は大変だと思いますが、できれば個性を伸ばしてあげてほしいです。

    ユーザーID:4838792210

  • きっと

    天才になりますよ。

    …と、いうことにして楽しみにしていればいいのでは?

    元分解王の妻より。

    ユーザーID:8369820212

  • 今でも分解好きです(笑)

    高校生の息子がいます
    彼は幼少期から分解大好きでした
    当時は力加減ができなくて、大半は破壊行為になってましたが…
    母親である私自身も分解大王だったので、あまり強く言えませんでした(苦笑)

    おそらく、かなり想像力、発想力のあるお子様だとお見受けします
    もともとの(大人の思惑)通りには遊んでくれないんですよね…(嘆息)

    そのうち元に戻そうと試みるようになります(しかし、できません・涙)
    分解するものも、高度になってきます
    しかし、成長とともに「分解したらまずいもの」がわかるようになってきます

    昨年は、処分される予定のラジカセを先生から譲り受けてきて、家で分解に勤しんでいました
    欲しい部品だけとって、あとは「これ要らない」
    最終処分するのは母ですかそうですか…


    ご心配なさるお気持ちはとてもわかりますが、見守ってあげてください

    ユーザーID:9544867643

  • 普通じゃないですか?

    小さい子が何でも分解したがるのは普通の事では?
    普通の事だからこれからも普通に育つと思いますが。

    ユーザーID:4574143650

  • たぶん

    わたしの長男も分解するタイプの子供でした。

    お孫さんは、とても頭のいいお子さんだと思います。特に、理系の分野の才能があるのではないかと思います。おそらく、物がどういう仕組みになっているか、知りたくてたまらないのでしょう。また、想像力や発想力もあります。だから、ドレッサーをいろいろな形に変えて遊んでいるのです。

    わたしの長男は、一を聞いて十を知るタイプで、なんでも自分で調べては理解してしまう子供でした。非常に冷静で穏やかな上に、自立心も旺盛で、保育園時代に友達同士の喧嘩を仲裁するような子供でした。いまは、大学の理系学部で頑張っています。

    ユーザーID:5329505675

  • 元解体王です。

    幼少のみぎり、ラジカセ、おもちゃ等等 解体しました。
    どうなってるのかとても気になったからです。
    今の子と違って おもちゃを大量に買い与えられた世代ではないので 親が使っていたラジオなどを解体して とんでもなく叱られたことを覚えています。

    さて、そんな私もいつしか道具を立派に使いこなせるようになり
    壊れたラジオの修復から 昔ながらの話ですが カセットテープが中で絡んだり下のを上手に撤去できるようになり 親から重宝がられるように

    大人になると PCを自分で組みたてる ようになり 今じゃ立派なパソコンオタクですが 無事に結婚もし、子供にも恵まれ 普通に生活しています。

    謎の遊び方・・・って言うより お孫さんにとって面白くも何ともないおもちゃなんでしょうねぇ
    そもそも子供は好き勝手に遊ぶので 大人の想像の域を超えてしまうのはよくあることです。

    先々ものすごい物を発明したりする大人になるかも知れませんねぇ、ちょっと楽しみです。

    ユーザーID:7896196564

  • 分解するのは……

    探究心の発露です!
    科学者や発明家は、子供の頃、いろんなモノを分解して遊んでいたそうです。
    僕も子供の頃はオモチャから時計まで、いろんなものを分解して遊んでいました。
    その結果、特に犯罪者になったりはしていません。もともとアタマが文系だったせいか、科学者には慣れませんでしたが。
    なので、心配は無用です。神経質になる方が、子供には有害です。
    分解されたくないモノは仕舞い込んでおきましょう。

    ユーザーID:2358491959

  • 私も同じでした

    私は現在60歳・男ですが、私も幼児期から「分解大好き」でした。

    鉛筆の中はどうなっているのか、縦割りしたり、折ったり、黒い芯が一直線に鉛筆の内部を貫いていることに感動。

    ボールペン どのような仕組みで 替え芯が出し入れできるのか分解

    電球も故障したら ガラスを割って内部を観察

    もちろん おもちゃも 全部 分解。特にモーターが入っていたら、モーターも分解して内部を観察、界磁に使われている磁石を取り出して 磁石の性質を知る。

    うっかり 怪我したときはすぐに治療せず痛みをこらえて傷口から内部を観察し、
    皮膚の内部の組織は 赤 だけではないことを知った。

    観光船に乗船したとき、船内を歩き回って立入禁止とは知らず機関室のエンジンを観察した。

    鉄道に乗るときは駅のホームの端へ行って、線路の構造、切替線路の構造を観察、後年、将来 日本国有鉄道(JNR)に就職しようと決めるも、日本電信電話公社に就職して電気通信線路、無線設備の給電線路(同軸ケーブル、導波管など)の仕事に従事しました。(線路とは縁が深し)

    ユーザーID:5802127759

  • 目的は分解ではないと思う

    想像力の豊かなお子さんなんだと思います。
    なんでもかんでも分解したい、分解するという行為そのものに執着があるのではなく、トピ主さんのお孫さんの場合は「自分の(想像の)世界に登場する道具として使い易い形に変化させたい」
    のではないでしょうか。

    私も分解というか、小さい頃はごっこ遊びが好きで、ありとあらゆるアイテムが(時に生活用品まで)自分の中の「これは〇〇のつもり!」という設定で道具になっていました。
    (製図をする父親の仕事で使う計算定規が、伝説のなんとかソードになったりしていました)

    ただ、おもちゃを壊してしまったら、下の兄弟が遊べなくなくなってしまいますよね。
    私の母はよく一緒に私の妄想に合うアイテムを探したり工夫してくれました。

    お孫さんがドレッサーを分解する前に…赤い鏡にするにはセロファンを鏡にはってみようか、とか、壊しちゃったら兄弟が使えないよ、っていうような注意はしてあげて一緒に妄想ごっこしてあげるのもいいかな?と感じました。

    最後に、そんな私は美大に進学し今はデザインの仕事してます。
    想像することは役には立っているようですよ(笑

    ユーザーID:7757952442

  • 才能の塊

    それって一種の技術なのではないですか?
    おもちゃを分解なんて普通簡単に出来ないですよ。
    一種の才能だと思います。
    原形をとどめてないので遊べないのは残念ですが
    その才能を生かして、分解したものを組み立てる
    作業に取り組んでみるとか?
    技術系のお仕事に将来就けそうではありませんか。

    ユーザーID:7067170952

  • 私がそういうこどもでした

    どうなっているのかしら知りたくて分解していた記憶が有ります。
    母や祖母は何でも壊してしまって困った子だと思っていたでしょうが、
    そこまで激しく叱られもしなかったので小学校低学年くらいまでやっていたと思います。

    最初は中を見てまた元に戻すつもりが戻らなくなった(結果壊した)のですが、
    ある程度色々な構造を見てくる&成長して手先が器用になってくると
    簡単な構造の物は組み立て直したり出来るようになりました。

    実家にノブにつまみが付いていて90度回して内鍵を掛けるタイプのドアが有ったのですが、
    何故かある時そのノブが外れてしまい(いや、多分私のせい)四苦八苦して付け直しました。
    ただつまみが縦で開、横で閉が一般的なのにその後は逆になってしまいました。
    その時5才か6才でしたね。

    どういう人間に育ったかというと多少拘りが強いかも知れませんが、
    自分では物を作ったりすることが好きな普通の人間だと思っております。

    たとえお人形の首や手足はずして戻らなくしてしまっても、
    残虐性から仕出かしてしまったわけではなかったので…。

    ユーザーID:5121541169

  • ははは、、、

    私もそうだったそうです。

    ぬいぐるみは、なかの詰め物をだされた状態だったり、手足を動かしてポーズをとれる人形は分解されて、バラバラ。

    フランス人形、置き人形は植毛の状態が丸見えな無残な頭に、、、と、大人は嘆いていたそうで、日本人形は触ってくれるな!とガラスケースに鍵をつけられていた記憶があります。

    やがて探究心旺盛な子どもに育ったようで、とりのひなを卵から育てたり、幼虫が成虫になるまで大事に育てるのがもっぱらの楽しみでした。好きなえさはどの草か、何をあげるとどんな卵を生むなど、いろんな野草の香りとともに何時間でも一緒にいた楽しい時間を覚えています。

    ひとなみに思春期を迎えて、進路を決めるときに、なんとなく理数系の道を選びましたが、インターンのときに、これだ!と、ピキーンと感じた分野に進むことに。
    時代が時代ですので、さすがに父親は平凡に幸せな女の人生を、と思ったときもあるようですが、渡米した頃から、志を高く生きるように、と応援してくれるようになりました。

    そういう私ですが、優しい人と巡り会い、今では家族からお母さんと呼ばれる幸せな時間を過ごしています。

    ユーザーID:7903190048

  • 普通かと

    うちは男の子2人ですが、似たような感じです。
    三面鏡をキッチンにしたっていいんじゃないですか?
    どう使おうと自由だと思うんですが。

    4歳くらいから工作にハマって、箱とか紙パックとかストローでいろんなものを作って遊ぶようになりました。
    市販のおもちゃやゲームも好きだけど、その通りの遊びしかできないのはつまらないようで、自分で思いついたアイテムを作る方が楽しいみたいです。
    子供っていろんなものに見立てて遊んだりするもんなんじゃないんですか?
    それほど変わった育ち方をしてるとも思わないんですが。。。

    ユーザーID:9771957018

  • 分解しました

    私自身がよく分解していました。といってもビビリなので、自分で戻せそうなところくらいまででしたけど。オルゴールやらなにやら、分解しては組み立て直して遊んでいましたよ。工作も好きでした。

    でも、バリバリ文系です。数学なんて数が苦、ですから。

    ただ、文系でも文法とか文の構造みたいな問題が得意でしたね。漢字の成り立ちとかも興味があります。

    お孫さんの遊び方、別に謎でも何でもないですよ。おもしろい発想だと思います。やられてみると「あ〜なるほど、そう見えるのね」「うまいこと考えたな」と感心します。

    そういう発想の芽を摘まないでほしいですね。

    ユーザーID:9193341189

  • 父がそうでした

    父がそうでした。(本人談)

    新しいおもちゃを与えられるとすぐさま分解していたそうです。
    とあるメーカーの研究開発部で、定年まで勤め上げました。

    お嬢さんも理系に強い子なのかもしれません。

    ユーザーID:6160306693

  • 有名な逸話

    かの発明王エジソンも、幼少期から分解大魔王だったようですよ。

    ユーザーID:3864463774

  • あのう、私も子供の時

    ミルクのみ人形の中がどうなっているのか知りたくて頭をはずしたら管が外れてしまい、元に戻せなくなってしまったり、オルゴールを分解したらやはり元に戻せなくなったことがあります。 壊したいのではなくてどういう構造になっているのか知りたいだけだったのですけれど・・・。 最近では目覚まし時計の裏を外したらねじが一個余ってしまって・・・使用には問題ないのですけれど。 今でも道路工事現場を通るとどこをどうやっているのか見たくて立ち止まって覗きます。 家に職人が来るともう張り付いて見ています。 職業を誤まったかも。

    ユーザーID:9051676878

  • 近所にいた

    近所にいました。男の子ですが分解魔。
    あまりいい結果になりませんでした。

    小さい頃はおもちゃを手に入れては分解、放置。
    親は怒らなかったようです。

    大きくなると自転車を分解、放置。

    もっと大人になると車を分解、放置。奥さんが泣いていました。
    分解癖がついちゃったんでしょうね。

    そういうのを見ていたので、うちの息子がおもちゃを分解し始めたときは
    「分解してもいいけど、元に戻しておけ。元に戻せないならもうやるな。」と言いました。息子は分解して元通り直しています。

    分解することに興味がある、好きっていうのはいいと思います。仕組みの勉強にもなりますし。でもそのまま放置なのが気になります。

    ユーザーID:4995524305

  • 店主やってます

    赤ちゃんのころ、指だけで時計を分解した弟。アラジンの魔法のランプのような金属の置き時計で、今でも、どうやって分解したのか謎です。
    私がねだってやっと買ってもらえた足こぎの汽車の乗用玩具は、弟によって分解され、乗れなくなりました。目が閉じる人形も分解され、髪の毛は稲刈りのように引っこ抜かれ…。仕組みが知りたかったそうです。
    技術系の職場に行ったものの、器用貧乏。何でも器用に出来るせいか、すぐ上司を超えてしまい、その割に対人関係は不器用で転職を繰り返し。今は自分の店を構えています。物作りですが、料理の道に行きました。

    お弁当を作らせたら、かなり見栄えのいいお弁当を作る弟でした。オシャレをすればモデル並み。

    私は、ごくごく普通です。

    ユーザーID:7381792012

  • それは

    エジソン!
    エジソンは子どもの頃、そんな感じだったみたいですよ〜
    楽しみですね、お孫さん歴史に名を残すかも

    ユーザーID:6656509498

  • 壊し方によるけれど

    ただただ破壊して喜んでるわけでなく、
    お孫さんの場合、決まりきった遊び方にとらわれず自分で創意工夫をして「作り変えている」ように思えます。

    頭がいい子または独創的な子だと思いますよ。「レゴ」とか「ワミー」とか「マグナスティックス」、そういう類の玩具与えてますか?お人形よりそっちが向いてるかもしれませんね。

    分解大魔王、私の兄がそうでした。
    私のぬいぐるみのおなかを割かれたりなんかして。
    「乱暴」でそういうことをしていたわけじゃなく、「おなかを押すと鳴く、どうなってるんだろう?」という知的好奇心からだったようです。
    万華鏡も壊された。これも「どうして、こんな風に見えるのか?」」という理由です。よく泣かされましたよ。
    兄は知能指数が大変高く、理系の有名大学に難なく進学しました。

    万華鏡やぬいぐるみ、不思議だな〜と思いつつも、「そういうもの」ととらえて深く追求することがなかった私は、Fランク大学に浪人の末にやっと受かったレベルです・・・

    ユーザーID:7860337848

  • 頭のよいこ

    姉がそうでした。
    学校に行くようになってからは成績優秀で中学高校学年トップで、日本と海外とどちらも有名大学を卒業しました。特に理数系に強かったです。
    語学習得能力も高く、今は4外国語を使って仕事をしています。
    子供の頃はピアノを弾ける子の演奏を見て、同じように弾いていました。
    特に時計を分解するのが好きだったらしく、母が時計屋さんから故障した時計をよく分けて貰って来てました。
    頭の良いお子さんなのではないですかね?

    ユーザーID:2138419564

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧