それってどうなのか?

レス106
お気に入り245
トピ主のみ0

そらら

ひと

初めて投稿します。
私の感覚がおかしいのか・・皆様にお尋ねしてみたいと思いどうぞよろしくお願いいたします。

主人についてです。
主人は父親の事をとても尊敬していて(もう既に亡くなっております。)たまに口にするのですが、「親父の子供に生まれて良かった」「尊敬している」との言葉を私に言います。
頻繁にではなくたまに言います。
そう思えることは本当に素晴らしいことだと思います。

そんな主人にこの前話しの中で(少し言い合いになりかけた時がありその時)「お父さんの命日知ってるの?」と聞くと「知らない」と言います。
そんな事はどうでもいい。
何を思い出に残してくれたかが重要と言います。
一瞬「はっ?」「この人は何を言ってるのだろう」

ちなみに実家に帰った時も別にお仏壇に手を合わせたりしません。

何回忌とかそういうのもどうでも良いそうです。
お坊さんのお経もどうでもいいようです。
(ありがたいお坊さんなんかいないという考えかたです。)
(お坊さんは金儲け的な存在にしか思っておりません。)

私は何回忌とかも意味のあるものだと思っていますし亡くなった人はお坊さんのお経で亡くなった後行けるところに押し上げてもらっていくのだろうなと思っています。

話しをもとに戻しますが、親がなくなり尊敬し大好きだった人なら尚のこと普通に命日って覚えていませんか?
仮に親のことが嫌いであったとしても命日はすぐに言えるし覚えているものだと思います。

「それって何かおかしい!」というと「別におかしくない!!」の一点張りです。
親のことが嫌いで命日なんか知らないならまだ分かるのですが。
皆さまこの考え方どう思われますか?

ユーザーID:1517881696

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数106

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
91106 / 106
先頭へ 前へ
91106 / 106

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧