現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

それってどうなのか?

そらら
2017年2月19日 22:30

初めて投稿します。
私の感覚がおかしいのか・・皆様にお尋ねしてみたいと思いどうぞよろしくお願いいたします。

主人についてです。
主人は父親の事をとても尊敬していて(もう既に亡くなっております。)たまに口にするのですが、「親父の子供に生まれて良かった」「尊敬している」との言葉を私に言います。
頻繁にではなくたまに言います。
そう思えることは本当に素晴らしいことだと思います。

そんな主人にこの前話しの中で(少し言い合いになりかけた時がありその時)「お父さんの命日知ってるの?」と聞くと「知らない」と言います。
そんな事はどうでもいい。
何を思い出に残してくれたかが重要と言います。
一瞬「はっ?」「この人は何を言ってるのだろう」

ちなみに実家に帰った時も別にお仏壇に手を合わせたりしません。

何回忌とかそういうのもどうでも良いそうです。
お坊さんのお経もどうでもいいようです。
(ありがたいお坊さんなんかいないという考えかたです。)
(お坊さんは金儲け的な存在にしか思っておりません。)

私は何回忌とかも意味のあるものだと思っていますし亡くなった人はお坊さんのお経で亡くなった後行けるところに押し上げてもらっていくのだろうなと思っています。

話しをもとに戻しますが、親がなくなり尊敬し大好きだった人なら尚のこと普通に命日って覚えていませんか?
仮に親のことが嫌いであったとしても命日はすぐに言えるし覚えているものだと思います。

「それって何かおかしい!」というと「別におかしくない!!」の一点張りです。
親のことが嫌いで命日なんか知らないならまだ分かるのですが。
皆さまこの考え方どう思われますか?

ユーザーID:1517881696  


お気に入り登録数:245
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいレス順
レス数:106本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
本当に
ぺん子
2017年2月27日 16:42

命日を忘れるのですか?

その日に墓参りに行かなくても、その日に仏壇に手をあわせなくても、お経をあげてもらわなくても、それはその人の考え方だし、遠距離ならそもそもその日に墓参りはできない場合もあるだろうけど、自分の親が亡くなった日を覚えてないって本当ですか?

ユーザーID:5108873517
どうかしてる
ミケ
2017年2月26日 1:39

命日覚えてないって…

例えばお父さんの命日が4月12日、お母さんの命日が2月14日みたいに似た数字で混乱してあれどっちだっけ?っていうんじゃなくて、まるっきりスッポリ忘れてるなら、おかしいでしょ。
しかもトピ主さんのご主人は亡くなったお父さん自慢するんですよね?だったら尚更命日覚えてないって普通じゃない。「は?」って思ったトピ主さんの感覚は至極当然かと思います。

お経や法事に関しては、地元から離れて暮らしてればできなくて仕方ないこともあると思うけど、命日に関しては忘れるなんてあり得ない。

ユーザーID:5108873517
なぜそんなに問い詰めるのかな
ハテナ
2017年2月25日 14:12

私もご主人よりです。
命日忘れても大丈夫な、優しいお父さんだったんでしょうね。

ユーザーID:8205671554
おかしくないと思います
レノア
2017年2月24日 20:16

私もご主人派です。
誕生日は憶えていても命日は憶えていないです。
どちらが正しい訳でもおかしい訳でもないと思います。

ユーザーID:2493359004
覚えてなくてもおかしくないと思う
サトシ
2017年2月24日 16:41

命日って亡くなった日ですよ。
あまり繰り返し思い出さないというか、思い出したくないと思いませんか?

普通に考えたら、毎年お祝いする誕生日とかクリスマスとか、そういうイベントの方が記憶には残ると思う。
だから、誕生日は覚えていても命日は特別な日とは思えません。

トピ主さんは亡くなった日、亡くなった後のお墓とか法事とか、その後の世界を見てる。
ご主人はきっと繰り返し、元気だったお父さんと過ごした月日を思い出してる。
そこにはお葬式とか仏壇は出てこないんですよ。
私はそんなことでおかしいなんて言う、トピ主さんが冷たい人だと思う。

ユーザーID:0970939389
私のお墓の前で泣かないでください
2017年2月24日 13:57

そこにお父様が眠っていると思っていないので、
お経にも関心がないのだと思います。

ユーザーID:8168857355
心の拠り所
お〜ば
2017年2月24日 11:44

ご主人はお父様が好きすぎて、亡くなったことを認めたくないのですよ。もう尊敬する彼はこの世にいないのだという事実に耐えられず、懐かしい思い出に浸ることによって現実から目を背けているのです。
お坊さん嫌いも仏壇を無視するのもその所為です。
分ってあげてください。そして、「命日」「お墓」「法事」などの話題は避けるようにしてください。
どうかご主人のアイデンティティを崩さないであげて下さいね。

ユーザーID:1361221525
自分だけが常識人とは思わないこと
59
2017年2月24日 11:39

>そして月命日にはお墓参り。
>当たり前だと思ってました…

毎月飛行機に乗って墓参りできないのですよ。
皆地元にいるわけではないのでね・・・
それを当たり前と言い切ってしまうあたり凝り固まった自分の常識は世界の常識タイプですね。

>命日を思い出せないなんて非常識の極みです

でも少なからず居るようですね

>命日に一生懸命思い出すよりも日常の生活の中で亡くなった人のことをお思い、敬意を表する方が亡くなった方にとっての供養になっていると思いますよ。

このように考えられるってすてきですね。
我が家の菩提寺のご住職も似たようなことを仰っていました。

月命日であろうが、祥月命日であろうが
自分が覚えていてお参りされること自体は、偉いと思いますよ

でも、こう言うとぴを見るに付け思うのですが
自分の常識だけで、夫といえども他人を批判してはいけないと思うのです。
特に御主人本人の父親の供養です
その人なりの悼み方があって良いじゃないですか?

トピ主さんの親の葬式に欠席すると言っているわけじゃないんですからね

ユーザーID:6929033659
うちも
麦茶
2017年2月23日 17:28

うちの夫も、そんな感じかな。
長男ですが、仏壇に手を合わせることもない、お墓参りも行かない。
仏壇とかお墓より、心でどれだけ思えるかが重要だって言ってます。

夫の両親は健在ですが、亡くなったとしても、それは変わりないと思います。

うちは、兄がきっちりやる方なんで、そんなもんなのかーって感じでした。

別に、人それぞれのスタンスでいいんじゃないですか?

ユーザーID:5349742923
覚えてないな
葉牡丹
2017年2月23日 8:42

祖母のことですけど、
亡くなった当日やお葬式のことなどはよく覚えてますけど、日にちは覚えてないですね。
でも大切に思ってないとかそんなことないですよ。
遠方に住んでるのでお仏壇で手を合わせる機会も少ないですけど、
私なりに大切に思ってます。
そんなに大事なことなのかな?というのが正直な印象です。

ユーザーID:5409919913
感覚の違い
ヅダ・トライアル仕様
2017年2月23日 7:30

ご主人が仰ってるように、ご主人に取っては大事なのは父親の命日がいつかではなく、父親の記憶とか思い出なんです。
トピ主さんがそんなに好きな父親なのに、命日を覚えてないの?と思うのは普通の感覚だと思いますが、しつこくそれはおかしい、大好きならば命日くらい知ってる筈だと言うのは変だと思います。
逆に好き過ぎて、亡くなった事がなかなか受け入れられずに亡くなった事を考えずにいたら、命日が記憶から消えてしまったなんて可能性もあるんじゃないですか?

ある歌手が大好きと言う人が、その歌手の誕生日や出身地などを知らないと言ったら、トピ主さんは「おかしい」と言い続けるのでしょうか?
相手が、その歌手の歌が大好きでプロフィールなどには興味がないと言っても、好きなら気になって調べる筈だと言い張りますか?

例えが適当か分かりませんが、ご主人が大事なのか父との思い出や記憶、トピ主さんの考えは大好きな人だったら命日は覚えている筈、どちらも間違っていないと思いますが、ご主人が命日を覚えていないからって、「おかしい」と言うのはチョット違うと思います。

女性の方が記念日に拘る人が多いのと同じような感じなのかも?

ユーザーID:5644683505
価値観の違い
みや
2017年2月22日 22:43

としか言いようがないですね。命日より誕生日やその人が与えてくれた日々を思い出す人もいるでしょう。

そもそも言い合いになった根元ってこれじゃないですよね?話を脱線させるのは、女の常套句ですので、つまらない話を引き合いに出さないで欲しい。

旦那からしたら、形にばかりこだわって故人をないがしろにしていると思うし。

根底に、父親を尊敬している旦那を受け入れられないんじゃないですか?だって、トピ主さんにとっては関係ない人ですもんね。

ユーザーID:3273320677
忘れる?
ポチ
2017年2月22日 20:35

命日を覚えてないって人が多くてビックリ!普通命日忘れますか?

私は両親の命日も、子宮外妊娠で数週でお別れした子のさよならした日もしっかり覚えています。

そしてその日は心の中でお別れした時のことを思い出します。お経に関してはお寺さんが多いこともあり、ご主人よりですが…

命日を忘れるなんて驚きました。

ユーザーID:5108873517
価値観の押しつけ
匿名
2017年2月22日 20:31

やめてください。

ユーザーID:7494309845
ご主人寄りです。携帯からの書き込み
あさり
2017年2月22日 19:24

私も父をある病気で亡くしていて、
当時強く思ったのは、人の記憶の尊さです。

物や形式と違い、大切な思い出はずっと記憶に残ります。
だからご主人の仰る言葉の意味が凄く理解出来ます。

トピ主さんの、命日や法要を大切に思うお気持ちも勿論わかります。
ですが、ご主人が命日を忘れたからと言って「絶対おかしい!」と言うのは可哀想です。

人によって、故人を思う気持ちの現れ方も違うと言う事ですね。

ユーザーID:2591826029
私の父は。
ゆき
2017年2月22日 18:02

私の父はもっとスゴイですよ(笑)私が生まれるよりだいぶ前に、父の両親ともに他界しています。父はもういい年齢ですが、今もしょっちゅう亡き祖父母の思い出話をしますし、とくに祖母が作っていた料理にはひとかたならぬ思い入れがあるようで、きっとトピ主さまのご主人さま同様、自身の親を尊敬していると思います。が、そんな父は親の命日も、誕生日も、血液型も…そこまでならよくある?かもしれませんが、何と自分の母親の本名を知らなかったんです。たとえば祖母の本名がユキだとすると、ユキノだと思い込んでいました。ところが、戸籍謄本で見ると、ユキ。父はびっくりしておりました。『ユキノ婆さんのはずやけどなぁ』なんて言っていました。我が家では笑い話です。でも私がその亡き祖母の立場ならば、息子があれこれの日付も正しい名ですらも忘れていたとしても、年を重ねても母親である自分を思い出し、思い出話をしてくれることこそ嬉しいのではと思っています。ご主人さまも、そんなうちの父みたいな感じかもしれませんね。あくまで、母親の名前まで忘れる父は特殊ですが…(笑)

ユーザーID:1761966736
ばつが悪かった?
um
2017年2月22日 17:59

命日ね、私は覚えてるけど、思い出すのが辛かったりするんですよね。
私の父も大好きだった叔父も暑い8月になくなったから8月とか暑い夏を思うと胸がギュッと苦しくなる感じあるし… トピ主の旦那がそうかどうか知らないけど
あと何年に亡くなったか覚えてるけど、それが何回忌なのかとかは分からないな
私は宗教に熱心では全く無いですけど、一応、夫と一緒にお墓参りは正月、春と秋のお彼岸、お盆は行きます。私の夫は、毎朝お仏壇と神棚に手を合わせてます。法事は夫はやってないですね。お墓参りはしてるけど。確かに夫は信心深い方。

ここではトピ主を批判する人が多いみたいだけど、私は亡くなった人の命日を覚えてたり、仏壇に手を合わせることは別に普通だと思いますよ。覚えてなくて何が悪い。ってキレる事でもないと思う。ご先祖を大事にするのは当然のことだと思うし。旦那さん、トピ主に指摘されて、ちょっとバツが悪かったんじゃない?

ユーザーID:1454900664
おかしくない
うまお
2017年2月22日 15:36

40代既婚男です。

妻の父は、結婚前に他界しています。
盆や彼岸にはお墓参りに行きますが、毎回ではありません。
父親の事は大好きだったようですが、命日に特別に何かをしている様子もなく、命日を覚えているのかも分かりません。

故人の偲び方は人それぞれです。
トピ主様のように、かくあるべしと決めつける方に違和感を覚えます。

ユーザーID:8770349003
家庭環境のちがいかな
うーこ
2017年2月22日 15:33

私はトピ主さん側で命日や法要はきちんとやるべき派の家でそだったので
亡くなった方への尊敬の念はその後の法要でしめすべきと思いますが
ご主人みたいな人がいても別のおかしいとは思いませんね。

死んだあとどうなるかわからないから、やれることはやってあげたい。
生前の思い出と死後の供養は別のものです。
それにお墓参りのきっかけとして命日やお彼岸って意識すべきかな。

横ですが、ケントさんのレスでなるほどなぁと思いました。
ご主人は自分がいまでは「お世話する側」という意識が薄いんじゃないかな。
ご主人にとって父親とは「与える側」の人間で自分からなにか世話するという意識がない。

ユーザーID:6973253824
私も覚えられません
おやじサーファー
2017年2月22日 15:29

40代父親です。私も覚えられませんが、亡き父親のことは尊敬しています。
いつ亡くなったという点ではなくて、一緒に過ごした日々(線、イメージ)や色々な人から伝え聞いた父親の生い立ちを、自分のそれと重ねて、似ている事や、違う事を想像して遺伝子的、運命的である事の感傷にひたったりする事に、より重きを置いています。自分の子供達にも私が他界した後は、同じように感じてくれれば幸せだなと思います。記念日好きの人っていますよね。トピ主さんがそうで、旦那様(私も)は嫌いでもないけどそれほど好きでもないだけでは? うどん派、そば派みたいなものですよ。その事で争うのは不毛に思います。 

ユーザーID:2661122785
 
現在位置は
です