それってどうなのか?

レス106
お気に入り245

そらら

ひと

初めて投稿します。
私の感覚がおかしいのか・・皆様にお尋ねしてみたいと思いどうぞよろしくお願いいたします。

主人についてです。
主人は父親の事をとても尊敬していて(もう既に亡くなっております。)たまに口にするのですが、「親父の子供に生まれて良かった」「尊敬している」との言葉を私に言います。
頻繁にではなくたまに言います。
そう思えることは本当に素晴らしいことだと思います。

そんな主人にこの前話しの中で(少し言い合いになりかけた時がありその時)「お父さんの命日知ってるの?」と聞くと「知らない」と言います。
そんな事はどうでもいい。
何を思い出に残してくれたかが重要と言います。
一瞬「はっ?」「この人は何を言ってるのだろう」

ちなみに実家に帰った時も別にお仏壇に手を合わせたりしません。

何回忌とかそういうのもどうでも良いそうです。
お坊さんのお経もどうでもいいようです。
(ありがたいお坊さんなんかいないという考えかたです。)
(お坊さんは金儲け的な存在にしか思っておりません。)

私は何回忌とかも意味のあるものだと思っていますし亡くなった人はお坊さんのお経で亡くなった後行けるところに押し上げてもらっていくのだろうなと思っています。

話しをもとに戻しますが、親がなくなり尊敬し大好きだった人なら尚のこと普通に命日って覚えていませんか?
仮に親のことが嫌いであったとしても命日はすぐに言えるし覚えているものだと思います。

「それって何かおかしい!」というと「別におかしくない!!」の一点張りです。
親のことが嫌いで命日なんか知らないならまだ分かるのですが。
皆さまこの考え方どう思われますか?

ユーザーID:1517881696

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数106

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ご主人に同意

    40歳女性。
    全てではありませんが、ご主人の考え方に同意します。

    私も大好きだった祖父母の命日をはっきりと覚えていません。

    実家に帰ればお仏壇には手を合わせて
    興味があって本をみながらお経を唱えたりしますが
    お坊さんならすべてありがたいとは考えていません。
    (尊敬すべき人もいれば、金儲け主義の人もいます。
    私の実家のお寺さんは住職は面白い人ですが金もうけ主義です)

    〇回忌等の法事は親戚と会って思い出話を楽しみたいので出席しますが
    絶対に必要とは考えません。

    私には子供はいません。
    自分が死んだあと甥姪や友人など誰かの記憶に少しでも残れば嬉しいと考えますが
    何かの記念日のように命日を覚えたり、高い金を払ってお坊さんにお経を唱えてほしい
    とは全く思いません。

    ご参考までに。

    ユーザーID:7063440946

  • ひとそれぞれ。

    気にする人もいるだろうし気にしない人もいる。
    そんなもんだろうと思います。
    私は自分は覚えてるタイプですが、覚えてない人をおかしいとは思いません。
    うちの主人も親が大好きですが、親の誕生日すら覚えてません。

    自分と価値観が違う。
    それだけの事なのに、そんな喧嘩ごしで指摘されたら
    ご主人も気分が悪いと思いますよ。

    ユーザーID:1559077233

  • 気にならない。

    尊敬してるけど命日はどうでもいいという価値観、驚くけどそれで終わりです。別に気にならない。
    そういう価値観の人もいるよな、と思うだけです。
    それにご主人がいうことも分からないではないです。人が作ったルールに則って死者を悼むのもいいですが、
    自分と生前のその人との関係性に鑑みて、自分なりの方法で死者を悼むこともできると思います。
    ないがしろにしてるわけではないのだから、余計な口出しはしないほうがいいのでは?

    ユーザーID:7030398897

  • 宗教観の違いだから

    親を大事にしているかしていないかの違いではないと思いますよ。

    >私は何回忌とかも意味のあるものだと思っていますし亡くなった人はお坊さんのお経で亡くなった後行けるところに押し上げてもらっていくのだろうなと思っています。

    私はあまりそう感じていません。
    トピ主さんとは死後に関する考え方に違いがあります。
    ご主人もそうなのだろうと思います。

    >親がなくなり尊敬し大好きだった人なら尚のこと普通に命日って覚えていませんか?

    私のことが好きだったら結婚記念日も付き合った記念日も覚えてるはず!という考えに似てますね。
    どうなんだろう、私は結婚記念日を時々忘れます。付き合った記念日はうろ覚えです。
    誕生日はイベントになっているし書類などにも記入するので忘れないですね。
    親の命日は経験がないのでわかりませんが、祖父母の命日は覚えていません。
    親のはきっと忘れたりはしないだろうとは思いますが、それが絶対に普通のことかどうかはわかりません。

    ユーザーID:5481458251

  • 宗教アレルギー かつ 記念日気にしない人?

    法要等に関しては、そういう人もいるだろうなと思いました
    自分だけ改宗しちゃった人にありがちですが
    トピ主さんの夫さんは「無神論者的な人」になっていらっしゃるのかなと

    しかしこれ、私としてはどうよと思ってます

    マザーテレサは皆さんご存知の通り
    キリスト教の神に仕えることに人生を捧げた方ですが
    彼女が救い世話をした死にゆく人にはその人の信仰する宗教を聞き
    その宗教で弔ってあげていたそうです

    私もこの考えに賛同していて
    トピ主さんのケースの場合私が夫さんなら
    尊敬する父の尊厳を一番重く考え
    彼の信仰する宗教の戒律に従った法要を行います

    トピ主さんの夫さんの場合
    父を尊敬してるとは言っても上っ面で
    父の尊厳を重視しない
    息子としての役割を果たそうともしない
    そういう風に見えてしまいかねないなと思いました

    世の坊さんに何か恨みでもあるんですかね?
    それとも宗教に夢見すぎてるのかな?

    ユーザーID:6642368517

  • 私もおかしくないと思います

    夫にとっては仏事なんて興味ないし関係ないと思っているのですよ。

    私もそうです。

    父との思いでだけしか頭にないのですよ。

    それはそれでいいと思いますがね。

    物事を全て一括りにするという考え方の方がおかしいと思います。

    ユーザーID:6671817130

  • 日時にも勝る思い出

    私も両親に愛情をたっぷりかけてもらいながら育ちました。
    でも、実を言うと…親の誕生日もおぼろげなんです。
    両親は大正生まれで、自分たちの誕生日とか結婚記念日とか、そういう事は大したことではなく、
    私は私で、親の何回忌とか命日とか即座に言えるわけでもないのです。

    でも愛された思い出はたっぷり頭の中にあります。
    父の言葉や笑い声、母の歌や背中の温かさ…。

    墓参りも思いついた時しか行かない親不孝娘かもしれません。
    でも、両親の娘で良かったと思っています。
    こういう人間もいますがいけませんか。
    人の心を他人がとやかく言う権利はないと思います。

    ユーザーID:5086386970

  • 貴女は自分で法事を仕切ったことがない

    >私は何回忌とかも意味のあるものだと思っていますし

    貴女は祖父母や両親の命日を全て覚えているのですか?
    全て覚えていて、すべてお坊さんに頼んで供養して貰うのですか? 

    そっちのほうがビックリ!です。

    私も母だけは覚えていて、命日には写真と花を飾りますが、それ以外はお彼岸だけです。

    そもそも親族が多かったら、金がいくらあっても足りませんよ。
    うちなど一族郎党が古い街の中で暮らしているので、毎月のように法事でした。つまり毎月のように金を包まなければならなかったのです。

    それがイヤなので、うちの母はもう一切をヤメにしたのです。寺も墓も法事もです。
    大正生まれなのに、大英断だったと思います。

    まさか貴女は供養供養と言いながら、金は一銭も出してないのではないですか?

    だったら貴女は口先だけで行動が伴ってない人です。
    夫のことをとやかく言える立場にありません。

    ユーザーID:9433527236

  • それってこうだよ。

     奥さんの誕生日
     結婚記念日
     付き合って〇ヵ月記念日とか
     手を繋いだ記念日など。

     女性は記念日大好き。

     でも、男性からすると記念日やプレゼント用意することってそんな大事?
     愛情ってそんなもんなの?
     プレゼントや記念日より、二人の関係性とか気持ちとかのほうが
    大事じゃない?ってか忘れてたら別れるとか離婚とかなによ?
     そんな感じじゃないかな?

    ユーザーID:2200860754

  • トピ主も自身の価値観にガチガチ。

    私の父は40年以上前に亡くなりました、
    人生初めての人の死で身内の死でした。
    私自身父の死で死後の捉え方が固まったかも知れません、
    別に仰々しく弔って欲しくないな〜と。
    母は仏壇に花や好きだった果物を供え当然手を合わせていますけど、
    私は帰っても手は合わせませんね。
    命日は覚えていますが行動には移しません、
    手を合わせなくても時折父の事は思い出してるから。
    怒られた思い出に子煩悩な父に連れられ出掛けた思い出、
    少ないからこそ鮮明になってるんでしょうが。
    お経は聞きますが心に沁みるとか亡くなった人の為だとか思いません、
    その道の勉強はしてるでしょうけど有難いとは思いませんね。
    トピ主も自分の意見は正しい事だ!と押し付け過ぎではないですか?
    好きだったらこうだろう!と。
    考え方等人の数だけ多様性があります、
    ご主人は自分の考えを押し付けてるの?おかしいと言い切ってるの?
    自分の親ですから好きな様にしても良いのでは?
    私は母が死んでも粘着質にやらないです、
    生きてる間に出来るだけ大事にして子の務めはやろうかなと。
    死んでから大事にしても本人は分からない。

    ユーザーID:3706219171

  • ご主人に1票!

    ご主人にほぼ同意です。

    もっとも弔い方とか、悲しみ方は
    人それぞれだと思うので
    トピ主さんのやり方を否定はしません。

    ユーザーID:0217815823

  • 偉人伝

    旦那さんにとって父親は「偉人」なんですよ。
    野口英世とか伊藤博文みたいなモノなのでしょう。
    生きてるとか死んでるなんて事は超越した存在に成ってるんじゃないかな。
    偉人たちの足跡や功績には興味ありますが、生年月日や命日にはそれほど興味はないでしょ?
    そういう気持ちなんじゃないかな。

    私も父親を尊敬はしていますが、それとは別に家族の情も持ち合わせています。
    私自身は宗教的な事はあまり信じていませんが、生前の父は信心深かったので父のために仏壇に手を合わせ命日やお盆には墓参りもします。

    旦那さんの考え方はおかしいとまでは言えないかな。
    もちろんトピ主さんの考え方は日本人として多数派の意見だと思いますよ。

    ユーザーID:1184012596

  • 死んだら無になる、なのかな?

    別におかしくはないと思います。
    ちょっと大げさですが、「死後の世界」をどう考えているかの違いではないですか?

    ご主人にとって、お父様との間柄についてはご存命の頃の出来事、思い出だけで完結しているのでしょう。
    単にトピ主さんと考えが違うだけで、どちらが正しいということではありませんから、義父様のご供養についてはご主人とご主人のご実家にお任せした方がいいですよ(トピ主さんが勝手にする分にはいいですけど、ご主人に無理強いしないようにして下さい)。

    ユーザーID:8459259403

  • おかしくない

    別におかしくないと思います。

    命日だとか、何回忌だとか、あの世だとか、お経で行けるところに押し上げてもらうだとか、そんなことはどうでも良いし信じていない、という人もいます。

    でも、お父さんのことは尊敬しているし感謝している気持ちは本当なんでしょう。

    人それぞれなので、仏教や宗教、信じるも信じないも自由です。

    ユーザーID:6888582151

  • たぶんそれは

    父を尊敬し、感謝している自分が好き....なんですよ。

    ユーザーID:1554641076

  • 私はご主人寄り

    私にとって祖父がそういう存在です。
    そんな祖父の命日は覚えていますが、
    何年に亡くなったか、何回忌とか全く覚えていません。
    14年前くらいに亡くなったと思います。
    私の実家は今の住まいから飛行機移動の距離で、
    父から法事に呼ばれたことも、法事の日程の連絡を受けたことがないのもあるでしょうが、
    私から確認したこともありません。
    葬式と初七日と四十九日には参列しましたが、
    お坊さんの読経の時は全く違うことを考えていました。
    だからって、私の祖父への気持ちに何か変わりがあるとかではありません。

    私の祖母、両親はまだ存命だけど、3人が亡くなったとして
    多分、誰の命日も覚えていられないと思う。
    祖父の存在は別格でしたし、初めて同居の家族が他界することを体験して
    脳裏に焼き付きやすかったのだと思います。

    わざわざ掲示板に書くほどのこと?
    「わたしの夫はこういう考えなんだ」で済むことだと思うんですけどね。
    人のことを「おかしい」とか言えるあなたの方がおかしいと思います。
    自分を絶対的に正しいと思うから、相手をおかしいと思うんでしょ?
    傲慢だな。

    ユーザーID:8915172454

  • 命日・・・

    父が50代で亡くなって30年
    父の命日に久しぶりに実家へお参りに行ったら母が「今日は何の用?」と・・・
    母は父にベタ惚れって周りにも言われてたし私も信じてたけど
    30年もたったらそんなものかぁ、と(母はまだ認知症ではありません)

    超マザコンだと思っていた夫は、母親の誕生日も知らないし命日の月日どころか、何年だったかも思い出せません。
    昨年の秋、父親が満100歳で亡くなったのですが、すでに日にちを忘れています。
    満百歳だと言っているのに、生まれた年がわかりません(西暦ならすぐわかるでしょ?って思うのに・・・)
    私は文系で数字にはめちゃ弱く、夫は理系なので得意だと思っていましたがそれとこれとは別のようです。

    私は50年も前に亡くなった祖母の命日も覚えているしその時の状況すら思い出すこともできます。
    でも、それ以外の祖母の思い出は全くありません。
    好きではなかった祖父の命日も近くなると必ず思い出すし、誕生日ですらざわつきます。
    従姉妹が亡くなった日も高校の同級生が亡くなった日も覚えています。
    でも、それを偉いと思ったことはありません。
    自己満足なセンチメンタリズムだと思っています。

    ユーザーID:8486526674

  • それは別物でしょう

    主さんは、ご自分の価値観をご主人に押し付けようとしていませんか?

    亡き父親を尊敬していることは、もう変えられません。
    それで、尊敬する人の命日を知らないからって、どうして非難されることになるのでしょう。

    ご主人の心の中には、いつも尊敬する父がいる。亡父には何よりの供養だと思いますけど?
    お仏壇に手を合わせること、回忌の法要など、弔い事に関する価値観は個々に違います。
    命日を覚えていないことを悪いことのように言われても・・
    覚えていないことを普通じゃないと決めつけられても・・

    私は、長男夫と結婚し、夫実家で姑と完全同居です。
    本家なのでもちろん仏壇もお墓もあります。
    別居の頃は、義家に帰省するとお線香をあげたりしていましたが、同居してからは全く手を合わせることはないです。

    同居してから、仏事なんてどうでもよくなりました。
    それでバチが当たっても構いません。
    私の死後は、火葬さえしてくれれば葬儀も読経も戒名も何も要りません。

    きっと、信仰心に厚い方々には非難されるでしょうね。

    ユーザーID:4651048988

  • そんなものでは

    うちの主人もそうですよ
    義母の事を尊敬し超が付くほどのマザコンですが
    誕生日も命日も覚えていません
    法事にも興味はない

    だから大事に思う事と別物なんだと思います
    小さいころから仏壇に向かう習慣がないと
    拝んだりしないかも
    私は義母の命日も誕生日もしっかり覚えているけど
    義母に対して思い入れがあるわけでもなんでもないです
    大好きでもないし尊敬もしていない
    必要があるから覚えているだけです

    ユーザーID:6803637398

  • 夫婦でも他人

    夫婦といえども他人なので
    夫は夫の価値観でいい。
    あなたは命日を大事にしたらいい。
    そのことについては
    今後一切話合わないこと。
    相手を尊重するとは
    こういうことです。

    ユーザーID:9559068479

  • 自分の考えが全て一番正しいと思わない方がいいと思います

    ご主人が父親を尊敬する気持ちが一番大切でしょ?
    命日だから覚えていて当然!おかしい!とあなたの価値観を押しつけておかしいと騒ぎまくっていることの方がおかしいと思います。
    覚えている方がいいけれど、覚えていても心の中でどうでもいいと思っているよりは、心の中で供養の気持ちを持っている方が断然良いと思います。

    あなたの文章からは、自分とは違う価値観の人を徹底的におかしいと決めつけて自分の考えを押しつける強引さがグイグイ感じられてとても不快に感じます。

    ユーザーID:8796899397

  • う〜ん

    私も命日は覚えてませんね。
    でも、故人を好きであったり、尊敬していましたよ。

    宗教的な話になっちゃうなら、二度とレスしませんけど
    私はご主人の事をおかしいと思いません。

    トピ主さんの価値観の押しつけの方が窮屈に感じますね…

    ユーザーID:7719922029

  • 受け入れられていない


    尊敬するお父様が、亡くなったという現実を受け入れる事ができていないのではないでしょうか?

    私は、仕事柄、亡くなった方のお骨を拾うのに立ち会うのですが...、

    亡くなった方と、結びつきが強ければ強いほどお骨を拾う時、立ち会わない方が多い傾向にあります。

    本当は、ご命日も回忌日も知っても認める事は出来ない...

    まだ、どこかでお父様は生きているのでは?
    と、ご主人さまは思っていらっしゃる。

    これだと、命日を知らない?と言いますか受け入れられない事に説明がつくのでは?と思います。

    ユーザーID:3389314275

  • それは宗教観の違いなのでは

    私は特定の宗教を信じている者ではないですが、根底には仏教的な考え方があるとは思っています。父方は浄土宗で、小さい頃からお盆や法事の際にはそのやり方に則って祖母や祖父の供養をしているのを見てきたけど、自分が死んだら可能なら海とかに灰をまいてほしいなぁ、とか思ったり。(お墓にいれられたくない)

    命日のことも言われてみれば私もあまり気にしてないです。
    祖母のことはとても好きだったけど、何日に亡くなったか、そういえば覚えてない。
    季節だけは覚えています。

    命日を覚えていないことが罰当たりだなとは考えたことがありません。
    私もトピ主さんのご主人に近い考え方だと思います。

    仏教的に輪廻転生を信じていて、いろんな生物の一生をめぐっているんじゃないかとかは、思います。

    >亡くなった人はお坊さんのお経で亡くなった後行けるところに押し上げてもらっていくのだろうなと思っています。

    こういうのも、思ったことがないな。
    個人的には極楽浄土は人間だけの場所じゃないと思ってるから(笑
    だからお経あげてもらってない生き物も等しく、死んだら人間だろうが動物だろうが「魂」みたいのが集合してるかなとか思います。

    ユーザーID:3568137849

  • 50代女性です

    とくにおかしいこととは思いません。トピ主さんにはトピ主さんの考え方があるように、ご主人にはご主人なりの考え方があるだけです。どちらが正しくて、どちらが間違いであるか、ということはありません。

    思うに、ご主人は無宗教に近い考え方なのではないでしょうか。だから、父親にたいし個人として敬意を持っているけれど、宗教儀式などには重きを置いていないということでしょう。おそらく、形式にはこだわらず、心のなかで父親のことを思いつづけるのだと思います。一方、トピ主さんはまず形式を大事にするタイプだと思います。葬式や法要など、宗教儀式を行なうことこそ、故人にたいする敬意を表わすことだと考えているのです。故人を悼む様式がご主人とトピ主さんで異なるというだけです。

    要するに、どちらが正しいか、あるいはどちらが普通か、という問題ではありません。二人とも正しく、互いに互いのやり方を尊重すべきことだと思います。だから、トピ文を読んで、トピ主さんにこそ、「はっ!」「この人はなにを言っているのだろう」と感じてしまいます。人の考え方を自分の基準に合わせて批判する、トピ主さんの考え方がおかしいと思います。

    ユーザーID:6412445171

  • 人間って色々です

    トピ主さんの感覚がおかしいとは思いません、というより普通でしょう。
    ただし、色々な人がいるので故人となった親を深く尊敬あるいは敬愛して
    いながら命日を覚えていない者がいても不思議ではないです。
    ちなみに当方はまったく好きでなく我が人生の反面教師程度に考えていた
    父親の命日をよく記憶しています。
    旦那さんの云う「何を思い出に残してくれたかが重要」という考え方も
    一理はあるし、お経をよむお坊さんを金儲け的な存在にしか思っていない
    のは当方も同じです。
    トピ主さんは記憶力のいい人なのでしょうが、親の命日は覚えているもの
    とは限らない思います。

    ユーザーID:2937663768

  • 別におかしくない

    私も親の命日は正確には覚えてません。
    誕生日は覚えているし一緒に過ごした思い出はしっかり覚えてます。

    亡くなった肉親をどのような存在として記憶に残しているかはその人それぞれの価値観です。
    命日を大切にするのも法要を欠かさないのも良いことでしょう。
    でもそういうことに拘らない人もいるのです。
    私の親も拘らない人でした。
    人の価値観が自分と違うというだけでおかしいと言ってしまうのは視野が狭いだけです。

    先祖を大切にするのは大事なことだと思いますが、その偲び方は一つの決まった型に捕われるものではありません。

    私の場合、母が長く意識も無くそのまま死んで行った日付には思い入れがないんです。
    命日を覚えていたら故人のことを大事に思ってるなんてこともないですしね。
    仏壇の中に母はいませんし、自分の心の中に母はいます。
    私は全くご主人と同じ価値観です。

    ユーザーID:2152252709

  • 孝行は生きている間に

    供養って、亡くなった人のためと言うより、
    残された遺族のためにあると思っています。
    亡くなった方を偲び、自分の気持ちに区切りをつけるため・・・

    命日がそんなに大事なことでしょうか?
    亡くなった人のことをいつでも思い出し、懐かしみ、尊敬できるといえる
    御主人の中で、お父様は生き続けられるのです。

    >はお坊さんのお経で亡くなった後行けるところに押し上げてもらっていくのだろうなと思っています

    命日だけ思い出して形だけの供養をした方が立派とでも言うのでしょうか?

    私は親の命日は覚えては居ますが、御主人派ですね。
    仏壇やお墓に亡くなった人が居るわけではない
    そのような物体にしかよりどころを得られないのか
    御主人のように心の中によりどころがあるかの違いですね。

    仏壇で手を合わせることを否定しているわけではないですよ
    私も手をあわせますから
    供養の仕方は色々あるのでは無いでしょうかね。
    夫婦といえども口出し無用
    御主人の親のことですからね

    ユーザーID:6929033659

  • 余計なお世話です

    亡くなった人をどう想おうと、人それぞれだと思います。
    何回忌とか、仏教に興味がない私にもほんとにどうでもいいし、仏壇に故人がいるなんて思ったこともありません。
    仏壇に手を合わせることほど無意味なことはないと思っていますよ。

    命日については、、、私もあまり覚えない方ですね。
    実の親を亡くしてないからわかりませんが、もしかしたら、あまりに悲しい日は忘れたいのかもしれませんよね。
    そこをしつこくつつく主さんの神経の方がどうかしてると思います。

    どうなのかと言われれば、ご主人のような人は珍しくないし、そこにこだわる主さんの方がデリカシーに欠けると思いますね。

    ユーザーID:8141173052

  • 形式など、どうでもいい。

    私は完全に、ご主人寄りですね。
    格好良くて大好きな父が亡くなって10年。
    今でも子どもたちに、父の自慢をすることがあります。

    私の兄弟達も、父のことが大好きで尊敬していますが、
    何回忌など、何もしていませんね。
    命日は亡くなった翌年だけは覚えていましたが、今はうっすら覚えている位。

    何かの折に思い出しては、格好良かったな〜と思ったり、子ども達に話したり…
    いつも自分の近くで、見守ってくれてる気がしているので、
    父のことをよく知らないお坊さんが絡む行事なんて、どうでもいいことですね。

    そういえば、母も父のことが大好きで、こんなに素敵な人はいないのよーと、
    いまだに私達に言いますが、仏壇もないですね。
    もちろん、お線香もあげていません。
    形式ばったことは、どうでもいいです。
    いつでも、そばにいるのだから、命日や仏壇の前は特別ってことはないです。

    ユーザーID:4583659023

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧