乗馬のレッスンで落馬経験のある方へ

レス18
お気に入り41
トピ主のみ0

naopin

学ぶ

40歳で乗馬を初めて、現在、45鞍くらい乗りました。
大手ではない小中(?)の乗馬クラブにビジターで通っています。
私は初心者クラスなので、小さめの馬場に先生とマンツーマンかもう一人
(一頭)の合計二頭までで練習しています。

先日、レッスンの中盤で馬が突然暴走し始め、しばらくは制しようとしながら
乗っていましたが、うまく制することができず最後は振り落とされました。
幸いけがはありませんでした。
その日は暖かくて晴れて風もなく、特に馬が驚くようなこともなかったので、
不審に思って先生に暴走の原因をたずねたところ、私の鞭を嫌がって暴走した
という分析でした。

その馬は脚の反応がいまひとつだったので(私が下手だからですが)鞭を軽く
使うよう先生から指示があり使いました。でも、結果的には暴走(駆足より
早いスピードで)させてしまい落馬・・・。

とてもショックでした。
ケガはなかったものの、また落ちたらどうしようという恐怖心がなかなか
消えません。乗ることが一番の薬と思い、落馬直後も少し休んで最後10分
くらいは練習を再開しました。翌週も普段通り乗りましたが、違う馬でも
身体が固くなってしまい、以前のように騎乗できません。
クラブの先生に話しましたが「ちゃんと乗れてるから大丈夫」「あなたが
リラックスしないと馬も緊張しますよ」という感じです。
その馬は一昨年までレースに出ていたとかで、個人的にはまだ乗馬クラブ
仕様にはなっていない印象です。といっても小さいクラブですし馬を選べる
わけではありません。

どうしたら、恐怖心を乗り越えて再び乗馬を楽しめるようになれるでしょうか。
個人差もあると思いますし、様々な答えがあると思います。
少しでもヒントを得られたと思いますので、良いお知恵があれば教えてください。
よろしくお願いします。

ユーザーID:1055977170

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 乗馬に落馬は付きものです


    乗馬に落馬はつきものです。私は落馬したら、馬と自分のためにもすぐに乗れといわれました(常歩〜早足でいいから)馬が落とすことを覚えるからだそうです。
    怖くても乗って覚えるしかありません。気休めながら調教のときなどに使用する、見た目ダウンベストみたいなプロテクターも売ってますが。

    ユーザーID:7099297764

  • 落馬は怖いけど気にしない

    初級のころに、鞭入れたらはねて、空中に放り投げられて 背負い投げみたく背中から馬場に・・・

    障害飛越で、障害の手前で鞭入れたら 急停止 障害に頭から突っ込み 右鎖骨骨折
    復帰するまでに3か月以上かかりましたが その間も馬に会いにクラブに通ってました。

    落馬だけではなく、噛み癖のある子に 胸をガブリ 乳首の周りにはがたが・・・
    自分は男性ですが、女性会員さんも結構被害にあってましたね 明らかに胸をねらってかみつくからね(笑)

    まあ、馬はかわいいですからね それが優先されるから クラブに向かう時は 恐怖半分馬に会いたさ半分(笑)

    結局3年くらい通いましたが モンゴルに乗馬ツアーに行ってしばらくののちに、あまりにもお金がかかるので断念しました。

    ユーザーID:9832120771

  • 騎乗以前の準備運動、柔軟体操を入念に

    馬に乗らない日も柔軟体操をして体を柔らかくしておきましょう。
    それから、軽いランニングや反射神経を養うような運動もいいと思います。

    私はしょっちゅう落馬していました。
    障害飛越の試合でも落馬しました。野外騎乗では小川に落ちたこともあります。

    それでも不思議とけがはありませんでした。

    馬については、去勢していないオス馬、発情期のメス馬、前日休んでいたような馬(休馬明けの馬)は興奮しやすいですから、注意が必要です。

    初心者の方には7〜8歳以上の落ち着いた馬、または、ある程度運動したあとで少し疲れている馬などがよろしいとは思います。

    ユーザーID:6312994978

  • 馬 息子

    息子が乗馬してます。300鞍程乗ってます。もちろん落馬あります。万が一の落馬に備えてエアーのプロテクターに買い替えました。本人は落馬後は恐怖心もあり泣いたりもしてましたが、そんな事いってたら上達しないと 先生にフォローしてもらいながらやってます。今は落馬のリスク減らす為専用馬をとって乗ってます。

    ユーザーID:3107372520

  • 落馬はまだ未経験ですが

    それは怖いですね。私はまだ20鞍の超初心者なのでアドバイスができませんが、お怪我がなくてなによりです。
    私も落馬のことを考えると怖くなります。私の教室では落馬のアドバイスはほとんどなくだからかえって気になるんですよね。
    だから落馬に関する心構えや、落ちるときはこうしたら良い、などの情報をネットで拾って読み漁りました。(ネット上にも少ないんですが)
    その中に「落下したらでんぐり返しをするように転がれると良い」とありました。これなら家でトレーニングできるからやっています。
    また再開できるといいですね。

    ユーザーID:7956138489

  • ひたすら騎乗して、乗り越えるしかない。

    痛みも無く、怪我も無く、よかったですね。

    残念ながら落馬は乗馬につき物と思います。
    小さなクラブでは馬の数も限られていますし、あてがわれた馬に乗るほかありませんよね。
    馬は生き物なので、何が原因で突如暴れだすか予測がつかない事でもあります。

    落馬の恐怖心を克服する方法は、
    ただひたすら乗るしかありません。

    身体がガチガチになり、思い通りに動かせなくても、
    緊張して身を硬〜くしている事を馬に見透かされても、
    それでも何度でも乗るしかありません。

    私は、落馬の恐怖心を乗り越えるまで2年かかりました。
    気長に乗るしかありません。

    ユーザーID:5664886523

  • 落馬は何度も致しましたよ

    ヘタであろうと上手であろうと乗馬に落馬はつきものです。 私はプロテクターを付けて乗っています。 ちょっとアイスホッケーの選手みたいに見えます。 首と背骨の障害は大変ですから。 それにしてもレースに出ていた馬を一般の人用の乗馬クラブに出すとはびっくり! レース馬は神経質です。 手綱を下に引いて馬をとめる練習をして下さい。 

    ユーザーID:0872392506

  • 鞭は使わず。

    乗馬経験者です。
    乗馬はイングリッシュスタイルですか?
    鞭を使うのは上級者です。
    何故指導される方が初心者に鞭を使えと言われたかはちょっと理解し難いですが、
    鞭は初心者には打つ加減が難しいので、馬を歩かせるには両脚で軽く馬の腹に刺激を与えれば動きます。
    そうすれば馬が暴走する事は有りません。
    鞭を使うのはもう少し上手く乗れる様になってからの方が良いと思いますよ。

    馬はデリケートな動物ですので、指導者が言われた様に乗り手の恐怖心を察知します。
    落馬を怖れずリラックスした状態で乗馬する様に心掛けましょう。
    馬と心を通わせられる様になれば、馬は貴女の言う事を聞いてくれますよ。

    ユーザーID:2064697677

  • 腹をくくる

    初心者のうちは、落ちても仕方ない(中級者でも落馬する)。
    下がコンクリじゃないから、怪我はしない。
    落ちた人を馬は踏まない。

    これらを頭に叩き込み、体は馬に慣れるようにひたすら乗る、という方法で。
    スキーと同じで転ばずには上達しないと開き直りましょう。

    馬は乗り手の気持ちをちゃんと嗅ぎ取る賢い動物ですね。
    レッスンで怖がりの友人が騎乗した時、馬はこれ幸いとだらだら歩いた挙句に、止まってしまいました。
    友人がどんなに馬に合図しても、本人が進みたくないのを馬は感じ取って無視してました。

    信頼してくれる乗り手を、馬も信頼してくれますよ。
    そして、落馬は馬のせいではありませんので、馬を責める気持ちを絶対に持たないように。

    ユーザーID:3609755819

  • 楽しめるといいですね

    子供(5歳)が乗馬を始めて60鞍くらいですが、キャンター中に一度落ちました。ポニーではなく大き目の馬なので、結構な高さです。
    隣のアリーナに来た人が、埃が立たないようにするためのスプリンクラーを作動させた音にびっくりしてしまったようです。
    怖くて乗れないかな、と思ったら、インストラクターさんに、「上手になるまで50回落ちるよ、あと49回だね、オリンピックの選手も落ちるよ。」と言われ納得していました。幸い怪我には至らなかったのですが、子供を安心させるために病院に行きました。病院に到着するころには痛みも無く、何もせずに終わりました。

    一緒に始めたお友達は2度落馬して、手首にひびが入ってしまい、やはり恐怖心から休んでいます。
    鞭が原因と先生がおっしゃるなら、鞭を持たずにやってみてはいかがでしょうか?

    というのも、ほとんどのお宅が庭に馬場が続いているような住宅街で、馬用の道が市内をくまなく整備されている所に住んでいますが、鞭を持っている人を見たことがありません。日本で私がやっていた時は、鞭はアクセサリー的に持っているだけで、合図は足と習ったような気がします。

    ユーザーID:0309495481

  • 怖かったでしょう、が

    怖かったでしょう、がそれが乗せてもらうという事です。
    車もそう、何かあればケガをする、それが道具を使うという事。
    普段は何もないから気づいていないだけです。

    落ちたのに怪我がないのは幸いでしたね。
    エアジャケットを装着されていたのでしょうかね。

    逆に言えば、一度落ちたので落ちる感覚もなんとなくわかったのでは?
    柔道で受け身を学ぶのは負けるためではありません、ケガしないためです。

    落ちてもケガしなかった事実は好意的に受け止めてはどうでしょう。
    危ない乗り方をしようという事ではないですが、45鞍乗ってきて落馬がたまたまであれば、あと45鞍は落ちる事もないかもしれません。

    そんな感じで考える事は出来ませんか?
    まあ、実際は振り返るしかないです。
    少し手前の騎乗でやった事をしばらくは反復する事で慣れていくしか。

    ユーザーID:1912701979

  • 慣れ

    学生時代に乗馬クラブに所属していました。
    落馬経験ももちろんあります。
    教わったことは「落ちるときに手綱は絶対離さないように。」です。
    手綱を握って落ちれば頭からは落ちないから精々骨折で済むけど、頭から落ちれば下手すると死ぬからね、と。
    逆に、地面に落ちた後は早く手綱を離すこと、馬に踏みつけられたり下敷きになる恐れがあるから、だそうです。
    乗馬は結構危険なスポーツですが、気持ちいいし馬が可愛いですよねー。
    あとは慣れだと思います。
    楽しんで下さいね。

    ユーザーID:4955446836

  • 馬への敬意

    まず馬に対して乗せてもらうという謙虚な気持ちが大事だと思います。
    毎回今日もよろしくねって馬に語りかける。
    競馬でもいい騎乗が出来た時、人馬一体と言う表現がありますし。
    馬は賢い動物だから馬の気持ちに寄り添うことで、伝わるものがあると思います。

    ユーザーID:7127689268

  • 落ちるものです

    生き物にまたがるスポーツですから、たまには制御できずに落ちることもあります。
    乗馬はそういうものです。怪我が無ければ問題なし。
    恐怖心は、数を乗ることで埋まります。

    ユーザーID:3787590920

  • 焦らない

    お気持ち、良〜くわかります。私も同じ経験アリですもん。馬歴はかなり長い私ですが新馬に数回振り落とされて以来、恐怖で乗れなくなってしまいました。
    色々試しましたが結局は無理をせずに乗りたくなるまで待つ!これです。馬と触れあったりお世話だけしたり、馬との時間を楽しむうちに自然と乗りたくなりますよ。
    それから殆どのクラブの馬は元レース馬ですよ。生まれながらの乗馬用の馬はメッチヤ高ですから、クラブに数頭いれば良いほうじゃないかな。

    焦らず乗りたくなるまで待ちましょ。無理して乗っても体が固まるだけで悪循環です。
    固い人を乗せると馬も背中が痛いんだそうです。

    馬が好きなら必ず乗りたい!と思える日が来ます。そうなると不思議と騎乗姿勢もリラックスしますよ。

    ユーザーID:5254802801

  • 今でもトラウマ

    万年初心者の不良乗馬ファンです。
    日高山脈で外乗中、山道で蜂に驚いた馬が突如疾走し、馬の右側面にへばりつくような形で数百メートル走り、ついに落ちました。左足が鞍、両手で馬の首にしがみついて左手で鬣を握っていたのを覚えています。そのときは冷静で、少し山道が広くなっているところで自ら落ちました。後ろにいた娘が、西部劇みたいだった、と笑っていましたが、それどころではなく、崖で落ちたら危なかったと思います。インストラクターは真っ青になっていました。
    競走馬あがりの馬は非常に敏感で、初心者にはきびしいです。

    しかし、超上級者の集まる障害競技でも落ちる人は居ますし、ほんとうに難しいものと思います。

    昨年の夏、ついに決心してモンゴルに行き、まるまる4日間、草原や丘を走り回りました。モンゴル競馬用の馬でギャロップも経験しました。相当あぶない瞬間もありましたが、メタルのハンドルが張り出したロシア鞍にも助けられて、落ちずに済みました。当然ですが、草原はグリーンの絨毯ではなく、岩あり、小川あり、ウサギの穴あり、です。
    私の技術では無茶だったかも知れませんが、またとない体験でした。

    ユーザーID:9376218717

  • 調馬索運動

    2回目です。

    落ち着いた馬で調馬索でレッスンをしてもらえるといいんですけどね。

    背が低めの馬であれば、「軽乗」などもできるとずいぶんバランス感覚が鍛えられます。

    軽乗は走ってる馬に飛び乗ったり飛び降りたりするのでとても楽しいものです。年齢的に飛び乗りはちょっときついかもしれませんが。

    ユーチュ−ブで「軽乗」で検索するといくつか動画が出てきます。
    初心者のころは結構やりました。逆立ちまではいきませんでしたが、馬上で体を回転(前→内横→後→外横→前)させたりぐらいはできるようになります。軽乗では途中で馬から滑り落ちたりもよくありますが、落馬とは違ってほとんどの場合、足で着地できますので怖くありません。それを何度も繰り返していると本当の落馬の時も結構うまく対処できると思うのです。

    ユーザーID:6312994978

  • 落馬しました

    倶楽部に通ったり本格的な乗馬ではありませんが、馬が大好きで国内外の施設で何度も乗馬体験はしています。今までは馬の性格やご機嫌、私との相性にもよりますが、大きな問題もなくそこそこに馬を乗りこなしてきました。
    今日はある所で、将来引馬をするための調教を始めて半年ほどの2歳馬で小さい頃から私も良く可愛がっていた馬に乗り落馬しました。引手の方がいて、引馬の状態での落馬です。右の腰から落ちたのでお尻が痛いです。
    他の方のご意見にもありますように、乗馬に落馬は付きものです。野球のレッドボールと同じです。
    本格的な経験のない私が大きなことは言えませんが、ご自身のペース、馬のペースを理解しあい、互いの信頼関係を築けば一生の友となることと思います。
    今日の馬は、私を落馬させた引馬レッスンのあとで放牧されたら、「ねーねーゴメンね」と言わんばかりの可愛い顔をして寄ってくるし…。この仔が一人前の引馬の出来る馬になるためのレッスンなら、何度落馬しながらでもこの仔のレッスンに付き合おうと思っています。但し、取り返しのつかない怪我はしないように十分注意をしなくては…とも思っています。
    落馬の恐怖心はあると思いますが、どうか、これからも乗馬を続けて下さい。

    ユーザーID:6337582083

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧